海未「イヤです」

海未「イヤです」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 22:58:05.15 ID:niqv6wzCO

ふと書きたくなった小ネタ
今度こそ短く終わらせるにゃー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422367085

続きを読む

絵里「お嬢様朝です」

絵里「お嬢様朝です」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 23:22:28.15 ID:EgH9yONu0
ラブライブ!SSです
初投稿ですので温かく見守ってくれたら有難いです


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421504547

続きを読む

穂乃果「安価スレをたてたよ!」

穂乃果「安価スレをたてたよ!」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 23:12:02.68 ID:adnjOisK.net
穂乃果「へっへー♪ようやく穂乃果のスマホのチャイルドロックを解除できたよ。海未ちゃんったら過保護なんだから」

穂乃果「よし、スレ建て完了!まずは>>2をしよう!」

続きを読む

花陽「ラーメンライスぅ?」

花陽「ラーメンライスぅ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/10(火) 02:17:31.82 ID:hBoHWcXW0

真姫「はぁ?花陽と喧嘩したぁ?」

凛「そうなの!まったくかよちんったらひどいんだから!」

真姫「で、喧嘩の理由は何なのよ…」

凛「うん、あのねあのね………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423502251

続きを読む

穂乃果「ことりちゃんがパンツ食べ過ぎて入院した」

穂乃果「ことりちゃんがパンツ食べ過ぎて入院した」

1: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 01:26:57.84 ID:MtOwdCav.net
ことり「えへへ♪」

穂乃果「えへへ♪じゃないよ!!なんで私のパンツ食べるの!?」

ことり「だって美味しいんだもん」

穂乃果「私のパンツは食べ物じゃないよ!食べられませんだよ!!」

ことり「穂乃果ちゃん他の人に迷惑だから静かにしなきゃダメっ!」

穂乃果「いきなり常識叩きつけて来ないでよ….」

続きを読む

真姫「剛腕デッショー?」穂乃果「西木野さん♪」

真姫「剛腕デッショー?」穂乃果「西木野さん♪」

1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/25(木) 19:07:00.94 ID:XWAbeci/.net
【四月・音楽室】

穂乃果「おぉー!すごい!私よりできる…」

真姫「当たり前よ。私は、こう見えても…」

穂乃果「こう見えても?」

真姫「…たとえば、そこに空き缶があるでしょ」

穂乃果「コーヒーのスチール缶?…無糖ブラック…こんなの飲むんだ?西木野さん、オトナだね!」

真姫「いや、そういう話じゃなくて…ちょっと貸して」ヒョイ

穂乃果「でも音楽室でコーヒーなんて飲んでいいのー?」

真姫「これは教材ですよ。音楽の授業で使うんです。…ほら、ちゃんと洗って乾かしてあるでしょ」

穂乃果「ホントだ…よく見ると賞味期限もとっくに切れてるし…でも、こんな空き缶が何の教材になるの?」

真姫「空き缶って音が出るでしょ。パーカッションとかあるし…そういう意図で使うみたいです」

穂乃果「へー」

真姫「これを…」グシャ

穂乃果「え!?(片手で缶をつぶしちゃった…)」

真姫「私、運動はあまり得意じゃないんですけど…なぜか腕力だけ強くて。握力も、このとおり」ベコッ

穂乃果(つぶした缶を紙みたいに折り畳んだ…)

穂乃果「えーと…柔らかいスチール缶、とか?」

真姫「違いますよ。…じゃあ、やってみます?」

穂乃果「えっ」

真姫「私が折ったところ、元に戻せる?」

穂乃果「よ、よーし。それくらいなら私だって…」グググ

穂乃果「だ、ダメだぁ…全然開かないよ」

真姫「貸して」ヒョイ

真姫「…はい」パキ

穂乃果「缶が割れちゃった…教材を壊しちゃっていいの?」

真姫「問題ないですよ。…教材なんて嘘だし」

穂乃果「えぇ!?…だまされた…でも、飲み終わった空き缶をわざわざ洗って持ち歩いてるなんて…」クス

真姫「…なによ」

穂乃果「西木野さん、力の強さを自慢したいのかなって」

真姫「別に自慢ってわけじゃ…ただ、自分の力が何かの役に立てばと思って。…私の音楽は、もう終わったようなものだし…」

続きを読む

千歌「うぅ〜、この部屋暑いよぉ」曜「あはは、まぁまぁ」

千歌「うぅ〜、この部屋暑いよぉ」曜「あはは、まぁまぁ」

1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 02:39:40.55 ID:dwwRflOM.net
曜「こういうのは、っと、ちゃんとしとかないとっ、後が大変だからねー」ペタペタ

千歌「扇風機ほしい」

曜「我慢我慢、全部もう外に出しちゃったじゃん」

千歌「うー……」

曜「よし、これで完了っと」

千歌「……曜ちゃん、ごめんね?」

曜「え?あは、やだなぁ。なぁに? 部屋のことなら気にしなくていいよ。千歌ちゃんの家は旅館だから、色々後始末が大変だもんね」

千歌「そ、そうじゃなくて、巻き込んじゃって、さ」

曜「私が決めたことだから」

千歌「……そっか」

曜「それじゃ、始めよっか」パチッ

千歌「うん……」

曜「………」

千歌「……けほっ」

曜「……千歌ちゃん」ギュッ

千歌「うん……」ギュッ

曜「ずっと一緒だよ」

続きを読む

梨子「手軽にオーガズムが得られる枕?」

梨子「手軽にオーガズムが得られる枕?」

1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/08/25(木) 03:18:27.77 ID:mBf0AHW2.net
梨子「買っちゃった……//」

梨子「ちょっと胡散臭いけど、でも気になっちゃったし……」

ゴソゴソ

梨子「見た目は普通の枕ね」モフモフ

梨子「でもちょっと重いし、中に何か固いものも入ってるみたい。」

梨子「あ、説明書」

続きを読む

梨子「善い子と書いて善子」

梨子「善い子と書いて善子」

1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/08/24(水) 23:35:22.82 ID:dksv+6JK.net
梨子(…………)

花丸「えーっと……じゃあ、ここをこうすればいいずらね?」

善子「だから違うわよ!全く……ちょっと貸して」

梨子(よっちゃんが、花丸ちゃんにパソコンの使い方を教えてる)

梨子(花丸ちゃんはやはり機械はどうしても苦手らしく、さっきから何度も同じような間違いを繰り返している)

花丸「あ、なるほど……わかったずら!ここを押せばいいずらね!」

善子「そうよ!まったく、ずら丸もやれば出来るじゃない」

花丸「えへへ……善子ちゃんのおかげずら。善子ちゃん、ありがとう」

善子「べ、別にお礼言われるほどのことしてないわよ! まったくもう…………わからないことあったら、また聞きなさいよ?」

梨子(なのによっちゃんは、花丸ちゃんがちゃんと出来るようになるまで、一生懸命教えてあげていた)

梨子(よっちゃんは善い子)

続きを読む

花陽「立ち読みはポイントを絞って読むべし」

花陽「立ち読みはポイントを絞って読むべし」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/08/25(木) 10:17:07.42 ID:iB4HKl+5.net
カップ麺6個目

続きを読む

1 2 3 4 611