「 ラブライブ!サンシャイン!! 」一覧

あほの子よーちゃん

あほの子よーちゃん

千歌「全然終わらないよぉ!!」

曜「頑張ってー」

千歌「歌詞全然思いつかない・・・」

曜「私も応援するから」

千歌「っていうか!」

曜「ん?」

千歌「そもそもなんでよーちゃんが家にいるのぉ!」

曜「え?」

続きを読む

ルビィ「鞠莉さんなんて嫌いです」

ルビィ「鞠莉さんなんて嫌いです」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 00:01:04.99 ID:x1eCXNrg0


ルビィ「お姉ちゃん、行ってらっしゃい!」

ダイヤ「ええ、留守は任せましたわ」

8月下旬、夏休みもそろそろ終わりごろ、お姉ちゃんたちは、また3人で出掛けていきました。

もうこの光景にも慣れっこです。お姉ちゃんはこの2年間を取り戻すかのように、いつも2人と一緒でしたから。


今日は果南さんと鞠莉さんと―――に行ってきましたの!

はしゃぐお姉ちゃんに、ルビィはいつも「よかったねぇ」と、そう返すんです。

それは決まって、お風呂から上がって、2人でアイスを食べているときでした。

「よかったねぇ」と言ったルビィは、お姉ちゃんのほうは見ないで、重たいバスタオルでくしゃくしゃと頭を隠しました。


ルビィはいつも花丸ちゃんと善子ちゃんと一緒でした。

千歌さんたちもたまに遊びに誘ってくれました。


ううん、お姉ちゃんたちも合わせて9人で集まったことだって、たくさんあるんです。

けれど。

ルビィ「今日も、お姉ちゃんをよろしくお願いします」

こう言ってぺこりと頭を下げてみせることが、一番多かったように思うんです。



夏休みが終わった後も、それは変わりませんでした。

秋は行事が山積みです。生徒会長と理事長は、それぞれ忙しくしていました。

その間に入って立ち回ることができるのは、果南さんだけでした。


ルビィ「お姉ちゃんをよろしくお願いします」

ルビィはまた頭を下げて、Aqoursの練習に向かいました。



これでルビィの話はおしまい。

お姉ちゃんたちは仕事をこなして、ルビィは必死に練習をして。

それはこの年、結局変わることはありませんでした。


でも、うーん、少しだけ変わったことがあったとしたら。



誕生日に、鞠莉さんと遊園地に行きました。



      *

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505919664

続きを読む

千歌「誕生日プレゼント何が欲しい? 」ルビィ「 アメ 」

千歌「誕生日プレゼント何が欲しい? 」ルビィ「 アメ 」

2: ◆V2J9lvBO6Y 2017/09/20(水) 23:57:51 OC9dW/w2
>>1誤字

【部室】

千歌「ルビィちゃん、」

『お誕生日おめでと~!!』

花丸「高校生になって初めての誕生日だね、ルビィちゃん! 」


ルビィ「うん、嬉しい……!! 」


千歌「はい、誕生日プレゼントだよ! 」スッ


鞠莉「はい、ルビィなら絶対喜ぶわよ~! 」ズドーン


ルビィ「鞠莉さんのだけ、サイズおかしくないですか……? 」

ルビィ「これ、ルビィの身長の3倍くらいあると思うんだけど……」

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

続きを読む

ルビィ「──気の引ける誕生日。」

ルビィ「──気の引ける誕生日。」

1: ◆tdNJrUZxQg 2017/09/20(水) 23:48:32.59 ID:O2RiTAst0
ラブライブ!サンシャイン!!SS

ルビィ誕生日のお話です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505918912

続きを読む

ルビィ「不思議なお姉さんに出会ったお話」

ルビィ「不思議なお姉さんに出会ったお話」

1: 名無しで叶える物語 2017/09/21(木) 00:15:46.33 ID:SmeoOkd1.net
ルビィ(今日は、ルビィのお誕生日・・・だけど・・・)

 

ダイヤ『ルビィ、貴方、今のステップ遅れてますわよ!』

ダイヤ『もう1回やってごらんなさい! はい、ワンツー、ワンツー!』

 

ルビィ(今日も、練習の時に、お姉ちゃんに怒られちゃった・・・)

ルビィ(ルビィ、やっぱりダメな子だなぁ・・・)シュン

続きを読む

梨子「お久しぶりです」

梨子「お久しぶりです」

1: ◆UUDpSWciis 2017/09/19(火) 23:01:16.03 ID:7SRng8NSO
梨子誕記念ifSS



「あー…ごめんね? ちょっと出かけてて…」


梨子「いえ、大丈夫です」


「大人になったねぇ梨子ちゃん」


梨子「え、そうですか?」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505829675

続きを読む

曜「生えた」

曜「生えた」

1: 名無しで叶える物語 2017/09/19(火) 23:00:48.40 ID:uDl6JeCl.net
曜「ん……」

目がさめると私は手錠で拘束され貼り付けにされていた

曜「ここは…」

曜「…って私裸じゃん!?」

「あ…目、覚めた?」

薄暗い中ゆっくりと近づいて来た子は私のよく知ってる人だった

千歌「よーちゃん♡」

続きを読む

善子「今日はリリーの生誕祭ね!」

善子「今日はリリーの生誕祭ね!」

1: 名無しで叶える物語 2017/09/19(火) 23:52:30.72 ID:M16CrLHg.net
善子「だからリリーを私の家に誘ったわ!」

善子「特別な人は2人きりでお祝いしたいしね」

善子「まぁ、私の誕生日の時にリリーの家でお祝いしてもらったお礼も兼ねているけど」

善子「それはともかく、ケーキって意外と簡単に作れちゃうのね」

善子「スポンジケーキは普通に売っているから、私がしたのはメレンゲを作ることと果物のカットだけだったわ」

善子「さすがに、それだと手抜きっぽいからこうしてリリーの好きなサンドイッチも作ったわ」

続きを読む

ダイヤ「あ…傘を忘れましたわ…」

ダイヤ「あ…傘を忘れましたわ…」

1: 名無しで叶える物語 2017/09/18(月) 23:35:03.53 ID:8pKK2aC8.net
ダイヤ「はぁ…私ともあろうものが…」

ダイヤ(これではルビィの事をとやかく言えませんわね…)

果南「あれ?ダイヤじゃん」

ダイヤ「!…果南さん」

続きを読む

ダイヤ「寝ているルビィの寝巻を起きないようにそっと脱がせてみます」

ダイヤ「寝ているルビィの寝巻を起きないようにそっと脱がせてみます」

1: 名無しで叶える物語 2017/09/19(火) 05:31:43.86 ID:C4CBDfXj.net
ダイヤ(気持ち良さそうに寝息をたてて眠っていますわ…きっと練習で疲れたのですわね…)

ルビィ「すー…すー…」スヤスヤ

絹のように白い肌に僅かにぺったんこの胸にぷっくりとした乳首。
触れたい気持ちを抑えながら、ルビィの可愛らしい下着をゆっくり脱がせてみることにしました。

続きを読む

1 2 3 4 5 6 273
スポンサーリンク