「 ラブライブ!サンシャイン!! 」一覧

梨子「チョコでお酒が」曜「止まらない」

梨子「チョコでお酒が」曜「止まらない」

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/14(水) 22:36:48.41 ID:bU42C6qG
※酒飲みシリーズ、ようりこ同棲設定です。



梨子「――ぷはぁーっ! 今日もお酒がうまいっ!」

曜「もーっ、また飲み過ぎじゃないの梨子ちゃん? バレンタインだからってチョコも一緒になんて……」ゴクゴク

梨子「いや曜ちゃんも結構飲んでるじゃん」

曜「うん……意外と合うもんなんだね、チョコレートとアルコールって」

梨子「そうそう、味が結構ついてるお酒とかにはチョコレート合うんだよね。ウイスキーとかワインとか」

曜「でも今日のはビールなんだよね。黒いビールって飲みにくいイメージあったけど……これはちょっと違うね」

梨子「同じ黒ビールでもすっごい苦かったり、どこかチョコみたいな香りがあったりするものもあって、結構いろいろあるんだよねぇ」

曜「ふぅん、世界は広いんだねぇ」ゴクゴク

梨子「……曜ちゃん、今日は飲むねぇ? なんかいいことでもあったの?」

曜「ん? いや、そんなことはないけど……」

梨子「ふぅん……そうなんだ」

梨子「……チョコ、いっぱいもらってるのに?」

曜「ぶふーっ!」

続きを読む

曜「千歌ちゃんに本命チョコもらえなかったし……」

曜「千歌ちゃんに本命チョコもらえなかったし……」

1: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/02/15(木) 12:48:21.22 ID:XbYduV4b
曜「善子ちゃんのアナルでチョコフォンデュしよっと」

善子「おぁぉぉぉぉぉぉぉい!!!」マングリィィィィ

続きを読む

善子「リリーと私のバレンタイン」

善子「リリーと私のバレンタイン」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/14(水) 23:45:41.63 ID:N1bQNAR+
―善子の家―

梨子「ねぇ、よっちゃん」

善子「なに?」

梨子「なんでチョコ渡すだけなのによっちゃんの家にわざわざ?」

善子「だって恥ずかしいじゃない……」

梨子「恥ずかしがらなくても女の子どうしじゃない」

善子「でも明らかに本命なのをみんなの前で渡すなんて……///」

梨子「それはあるけど、別に私たちの関係なんて今さらよ?」

続きを読む

【SS】ようダイポッキーゲエエエエエエエエエエエエエエエム

【SS】ようダイポッキーゲエエエエエエエエエエエエエエエム

1: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2018/02/14(水) 21:46:41.31 ID:Re51A3uW
ダイヤ「どうかなさいましたか?」ガラッ

曜「おっはよーっ!」ガラッ

ダイヤ「あら、曜さん」


『』ガラッ


ダイヤ「あなたも…と、いうことはもしかして」

曜「あぁ!宣材写真、今回はダイヤさんとなんだね!」

ダイヤ「なるほど…そういうことでしたか」

ダイヤ「よろしくお願いしますね、曜さん」

曜「お任せあれ!」

ダイヤ「それで?今月のテーマはなんですの?」


『』


ダイヤ「なるほど。バレンタインデー、ですか」

続きを読む

善子「聖バレンタインに憂鬱と祝福を」

善子「聖バレンタインに憂鬱と祝福を」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/02/14(水) 21:25:03.58 ID:q0VBvNut
―放課後

花丸「はぁ~、練習が終わったずら~。」グデェ

ルビィ「今日も練習ハードだったね♪」

善子「くくくっ、これくらいの練習このヨハネにかかればなんてことも無いわ!」ギランッ

花丸「その割には足元フラついてるずら?」ツンツン

善子「ちょっやめなさい!」

善子「今のヨハネに触れると大いなる災いが降りかかるわよ!」

花丸「災いが降りかかるのは善子ちゃんのほうじゃ・・・。」

ルビィ「今の善子ちゃん触れただけで倒れそうだもんねぇ!」

続きを読む

受け取ってください

受け取ってください

千歌「ふぅ・・・千歌特性!プリンチョコと抹茶チョコの完成なのだ!これでダイヤちゃんも喜んでくれるよね?」

千歌(ダイヤちゃんのために作ったチョコ。初めて作って、あんまり上手に作れなかったけど、千歌の愛情はたっぷり詰まってるのだ!この手紙を一緒に入れて・・・えへへ///明日が楽しみです♪)

千歌「でもどうやって渡そうかな・・・直接は恥ずかしいし・・・」

続きを読む

善子「チョコレートな私」

善子「チョコレートな私」



善子「ふふふ。刻んだ漆黒の結晶を温めながら溶かし、混ぜること幾ばくか」

善子「なめらかになったら型に流し込んで魔力を込める」

善子「……あとは冷やすだけ、か」

善子「なんだ。お菓子作りって案外簡単なのね」

善子「今まで失敗し続けてきたのは、単に慣れていなかっただけに違いないわ」

善子「これだけじゃ芸がないし、せっかくだから一工夫してみましょう」

続きを読む

梨子「曜ちゃんのチョコレート」

梨子「曜ちゃんのチョコレート」

梨子「美味しい」ペロペロ

曜「んほっ///んほぉぉおおおお!!」ビュルルルルッ

続きを読む

¶cリ˘ヮ˚)|「⌒°( ^ω^)°⌒のうしろあたま」

¶cリ˘ヮ˚)|「⌒°( ^ω^)°⌒のうしろあたま」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/13(火) 22:11:08.94 ID:smg33bG+
⌒°(  )°⌒ ピョンピョコピョンピョン

¶cリ˘ヮ˚)|「⌒°( ^ω^)°⌒の後頭部って、なんか可愛いわね」

続きを読む

果南「バレンタインデーねぇ」

果南「バレンタインデーねぇ」

1: 名無しで叶える物語(みかん) 2018/02/14(水) 08:34:07.57 ID:WwwAu5sW
曜「はいこれ!一日早いですけどチョコ」

水泳部後輩「わぁ///ありがとうございます!」

曜「あと○○さんもこれどうぞ!チョコ」


水泳部先輩「わ、曜ありがとう!可愛いことするなぁ曜はこのこの~」


曜「えへへ、ありがとうございます///」



果南「へぇ~やっぱりすごいなぁ曜は」


曜「…」ニコニコ

果南「…バレンタインデーねぇ」

曜「ん?あ!果南ちゃん!」

果南「あ、ごめんなんか覗き見るみたいな真似して」

曜「ううん、あ、そうだちょうど良かったはいこれ!果南ちゃん!いつも幼馴染としてお世話になってます!どうぞ!ハッピーバレンタイン!」

果南「え?私に!?あ、ありがとう……わ!しかも手作り?本当に出来た幼馴染だね曜は」

曜「いやいや…///そんなことないよ」

果南「謙遜しなくていいよ、そのまだ渡してないチョコみんな他のAqoursのみんなに渡すやつでしょ?全部それぞれメンバーによって違う手作りなんて…尊敬する」

曜「そ、そんな大袈裟な///こんなの簡単だよ…」


果南「そう?でもバレンタインチョコかぁ…私は貰うばっかでなんとなーく過ごしてるイベントだなぁ…」

曜「誰かに作ってあげたりしないの?例えばほら鞠莉ちゃんとかダイヤちゃんとか」

果南「あの二人?…いやいや無理無理恥ずかしくって自分がおかしくなりそうだよ…それにあいつら絶対私の下手くそなチョコ面白がってからかってくるだろうしさ」

曜「そう?大切な人から心込めて作ったものを貰って嬉しくない人はいないと思うけどなぁ」

果南「…そういうもんかねぇ…」

曜「そうだよきっと…特に果南ちゃんが今までやってきてこなかったんなら尚更…もう3年生でしょ?もうダイヤちゃんにも鞠莉ちゃんにも渡せる機会ってないかも知れない…だからこそ今果南ちゃんから贈るんだよ…きっとダイヤちゃんも鞠莉ちゃんも喜ぶと思うよ」ニコッ

果南「……まぁ…考えてみるよ」

曜「ふふ…もし作るとき分からないなら私で良ければいつでも相談してね?」

果南「うん…ありがとね曜…まあ多分作らないけどね」

続きを読む

1 2 3 4 5 6 357
スポンサーリンク