「 ようちか 」一覧

千歌「曜ちゃんエグゼ、トランスミッション!」

千歌「曜ちゃんエグゼ、トランスミッション!」

4: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/10/18(木) 00:16:12.08 ID:8E5jsiQ2
千歌「曜ちゃん!?」

果南「曜!!」

ダイヤ「曜さん!?誰か、救急車を!!早く!!」

あれ、私どうなったんだろ――――――?

身体うごかないや

あれれ?

続きを読む

千歌「培養液生活」

千歌「培養液生活」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/09/29(土) 23:55:20.02 ID:jsn/jDSS
千歌「そうそう!で、美渡ねぇが…」

曜「あははは!」

梨子「2人とも、明日早いからそろそろ寝るよ?」

千歌「は~い!じゃあ梨子ちゃん電気消して!」

梨子「もういい?じゃあ消しちゃうね。おやすみ」


―――――――――――――-


曜「ん……」ゴシゴシ

曜「トイレ行こ…」ボ-


曜「あれ?なんか焦げ臭い…?」

曜「わ…わわわっ!」

曜「火事だ…!!」

続きを読む

千歌「スパゲッティをスパゲッティって言えなくなった」

千歌「スパゲッティをスパゲッティって言えなくなった」

1: 名無しで叶える物語(家) 2018/09/30(日) 18:11:32.29 ID:BuO0nzjV
千歌「ねぇねぇ曜ちゃん」

曜「どしたの千歌ちゃん。深刻な顔して」

千歌「私、スパゲッティって言えなくなっちゃったんだ」

曜「………」

千歌「………」

曜「……ん?」

千歌「スパゲッティって言えなくなっちゃったんだ」

曜「スパゲッティ?」

千歌「うん」

曜「……待って待って、スパゲッティが言えなくなった?」

千歌「そうなんだよ」

曜「いや言えてるよね」

千歌「言えてないよ」

曜「いやいや一言一句言えてるから」

千歌「違うんだよ!曜ちゃんの言ってるスパゲッティはスパゲッティじゃないの!」

曜「ごめんよく意味がわからないんだけど」

千歌「だからさ、スパゲッティって言えなくなったの」

曜「そこはいいから意味を教えてくれるかな」

千歌「スパゲッティってあるじゃん」

曜「あるね」

千歌「もうひとつスパゲッティあるじゃん」

曜「そっからわからない」

続きを読む

千歌「よーちゃん、えっちも知らないの!?」

千歌「よーちゃん、えっちも知らないの!?」

1: 名無しで叶える物語(家) 2018/09/28(金) 00:07:33.53 ID:U0vTQmrl
曜「うん、知らない...」

千歌「じゃあ、えっち、したことはないの?」

曜「ないよ?」

千歌「じゃあじゃあ、オナニーは?」

曜「う~ん...ごめんね、さっきから千歌ちゃんが言ってること、全然わかんない...」

千歌「曜ちゃん...」

曜「ん?」

千歌「もしかして、セックスも知らない!?」

曜「せっくす?なに、それ...」

千歌「保健の授業で赤ちゃんの作り方ってやったでしょ?」

曜「やった気がするけど全然授業についていけなかった...」

続きを読む

梨子「善子ちゃんって、天使だよね」

梨子「善子ちゃんって、天使だよね」

1: やまといち(きしめん だぎゃー) 2018/09/23(日) 23:01:32.54 ID:GJWvb+ch
千歌「……え?」

梨子「だから、善子ちゃんって天使だよね」

千歌「いや聞こえてた、聞こえてたから二回も言わないで」

梨子「千歌ちゃんもそう思わない?」

千歌「いや、確かに素直で可愛いなぁって思う時あるけど」

千歌「なんで急に言い出したのさ」

梨子「昨日善子ちゃんと私の家でお泊り会してたの知ってるでしょ?」

千歌「うん」

梨子「私に比べて善子ちゃんって夜行性だから寝るの遅くてさ」

千歌「夜行性って言い方」

梨子「そろそろ寝よう?って言ったら、もっとリリーとお話ししたいって言うのよ」

梨子「んんんんんんん可愛い」

千歌「本性、本性が出てるよ梨子ちゃん」

梨子「なんとかその場では持ち堪えられたんだけど、その後がもうダメだったの」

千歌「その後?」

梨子「一緒に寝たいって、私の袖を掴んだのよ」

梨子「んんんんんんん好きっ!!!」

千歌「梨子ちゃん!気持ちは分からないけど声大きいよっ」

梨子「狙ってるの!?誘ってるの!?って感じよね」

梨子「思わず押し倒すかと思ったわ」

千歌「うん、思い留まって本当に良かった」

梨子「お陰で私は寝不足」

千歌「梨子ちゃんが意識し過ぎてるだけでしょ」

梨子「私ってそんなに魅力ない?」

千歌「魅力は十分過ぎるほどだと思うけど、多分その頭だと思うかな」

続きを読む

千歌「おしゃべりしよ」曜「うまうま」

千歌「おしゃべりしよ」曜「うまうま」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/02(日) 21:18:39.21 ID:ny7YgUPb
―カフェ―

千歌「今日からここに住む」

曜「お布団ないよ?」

千歌「クレープに包まれて寝るもん」

曜「朝起きたらアリに運ばれてるかも」

千歌「何それやだ……っていうか今何時?」

曜「9時ちょっと過ぎ~」

千歌「ショッピングモールって10時だっけ。それまで何しよっか」

曜「ひたすらパフェ食べる」モグモグ…

千歌「お腹壊しちゃうよ。ほらほら、いつものあれやろうよ」ニヤニヤ

曜「しょうがないなぁ……じゃあしりとりの『し』からね」

千歌「今年入ってしりとりするの初めてだよ。ちがーう!」

曜「古今東西!果南ちゃんの可愛いところ!」

千歌「2億個言えるけどそれでもないんだよ。お、しゃ、べ、り!」

曜「うまうま」

続きを読む

千歌「おしゃべりしよ」曜「そだね」

千歌「おしゃべりしよ」曜「そだね」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/25(土) 23:44:08.25 ID:+JhopGE+
―曜部屋―

曜「千歌ちゃん」

千歌「んー」

曜「遊びに行かないの?」

千歌「いや、そのつもりでここに来たけどさ。沼津駅の近くのショッピングモールに行こうって」

曜「そだね」

千歌「……カーテン開けて外を見てみて」

曜「うん」シャ-

ザァァァァァアアア……

千歌「近年稀に見る大雨で、明日の朝まで降水確率100%とか何とか」

曜「現実から目を逸らしても変わらないか……」

続きを読む

千歌「おしゃべりしよ」曜「あつーい」

千歌「おしゃべりしよ」曜「あつーい」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/20(月) 22:30:44.21 ID:aEsyMnu+
―浦の星女学院前バス停―

千歌「えー、大事なお知らせがあります」

曜「はい」

千歌「バスが行っちゃいました」

曜「練習終わってからのんびり着替えて、のんびりバス停に来ちゃったからね」

千歌「ということで歩いて帰ろ」

曜「えー」

千歌「えー、って何さ」

曜「午後の練習後ならともかく、こんな炎天下に歩くなんてヤバいって。お昼ご飯もまだだし」

千歌「たしかに暑いけど、そんな暑さを吹き飛ばすものがあると言ったら?」ニヤニヤ

曜「お、なになに?」

千歌「おしゃべり」

曜「はぁ……」トボトボトボ…

続きを読む

千歌「おしゃべりしよ」曜「だめー」

千歌「おしゃべりしよ」曜「だめー」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/14(火) 21:26:39.43 ID:PHRUN61O
―千歌部屋―

曜「……」カキカキ…

千歌「……むぅ」

曜「ん、どこか難しいとこあった?」

千歌「全部」

曜「あちゃー」

千歌「もぅやだー。あ~き~た~」ゴロンッ

曜「ほら起きて起きて。もう少し頑張ろ?」

千歌「いやでありますっ!」

曜「宿題教えてって千歌ちゃんが言い出したのに」

千歌「難しいんだもん。見てよこれ、どうやって解くの?」

曜「これは……む、難しいね。っていうか私より宿題進んでたんだ」

千歌「ううん。解けないのを後回しにしていたら最後まできちゃった♪」

曜「よく見たらまだ一問も解いてないし……でもこれ私もわかんないなぁ」

千歌「なら遊ぶしかないね。ぶっちゃけトーク!」

曜「ただのおしゃべりでしょ」

千歌「えへ♡」

曜「だめです」

続きを読む

千歌「おしゃべりしよ」曜「はーい」

千歌「おしゃべりしよ」曜「はーい」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/08(水) 19:29:06.93 ID:hlW7RrTw
―スクールアイドル部室―

千歌「えー、ということで」

曜「はい」

千歌「練習の時間を間違えました」

曜「普通、1時と3時って聞き間違える?」

千歌「じゅうさんじって聞こえたの……てへぺろ♡」

曜「可愛いから許します」

千歌「ぃよっし!」

曜「練習まで2時間もあるよ。一旦帰る?」

千歌「またバス乗って帰るの?」

曜「他にやることもないし……ランニングしよっか♪」

千歌「私ここの地縛霊だから離れられないの」

曜「いきなりカミングアウトきたね」

続きを読む

1 2 3 4 52