「 ようりこ 」一覧

曜「いいなあ…男の子って…」

曜「いいなあ…男の子って…」

1: 名無しで叶える物語(聖火リレー) 2018/03/09(金) 22:03:45.07 ID:QaXD1q1+
曜「身長も高くなって船長さんになりやすそうだし…」

曜「筋トレすれば筋肉いっぱいつくし…」

曜「かっこいい服いっぱい着れるし…」

曜「おしとやかにしろとか言われないし…」



曜「…それに…」チラッ

梨子「…?」

梨子「…曜ちゃんどうかしたの?」

曜「…///」

曜「…な、なんでもないもん!///」

続きを読む

鞠莉「舐めなさい」

鞠莉「舐めなさい」

1: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/03/06(火) 01:18:09.83 ID:BN3nf7JP
鞠莉「ほら、早く」スッ

千歌「…………っ」

鞠莉「聴こえなかった?練習が終わった後の洗ってない足を舐めろって言ったのよ」

千歌「…………」スッ

鞠莉「ストップ」

千歌「っ!」ビクッ

鞠莉「舐めさせてあげるのよ?感謝の言葉があってもいいんじゃないの?ねえ、千歌っち」

千歌「……はい。ありがとう……ございます……。鞠莉……さま……」

ペロッ

続きを読む

曜「梨子ちゃん....放課後...ちょっといいかな?」

曜「梨子ちゃん....放課後...ちょっといいかな?」

1: ンミチャ 2018/03/01(木) 23:07:56.57 ID:U4ADoQZg0
梨子 「うん特に用事も無いし大丈夫だよ。
どうして?」

曜 「い、いやぁ~ちょっとね//
えへへ///」

梨子 「耳真っ赤なだけど大丈夫?」

曜 「だ、だだ大丈夫!大丈夫!平気だよ!じゃあ放課後教室でね!!」 タッタッタッタ

梨子 「? 変な曜ちゃん。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1519913276

続きを読む

曜「梨子ちゃん制服は半脱ぎがベストだよ!!」

曜「梨子ちゃん制服は半脱ぎがベストだよ!!」

1: 名無しで叶える物語(江戸・武蔵國) 2018/02/26(月) 17:48:02.14 ID:XnpJ+8tZ
梨子「え…?」

曜「シャツを脱ぎきろうとしてなかった!?」

曜「ダメだよ! シャツは上からボタンを少しだけ外してブラが見えるくらいに留めておくのが良いんだよ?」

梨子「そ、そうなんだ、ごめんね…!」

曜「スカートとソックスも履いたままで脱ぐのはパンツだけね!」

曜「パンツだけをスカートの中からスルスルッと下ろしていって?」

梨子「う、うん…///」

曜「脱いだパンツは片足に引っ掛けておくのが良いかな」

曜「それか私が預かるよ?」

梨子「い、いや、それは…///」

曜「あっ! いっそのこと私がそこまで脱がしてあげよっか!?」

曜「とりあえず、まずは私の腰の上に跨がっ」

梨子「///」パシーン

曜「」ヒリヒリ

続きを読む

梨子「甘さの秘密」

梨子「甘さの秘密」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/02/22(木) 15:34:30.36 ID:fHBJ3q07
 
バレンタインを目前に控えた休日。

二月の寒さとほんの少しの緊張で震える体を抑えながら渡辺家のインターフォンを押す。

「はーい」と寒さを物ともしない元気そうな声が機械越しに聞こえてきた。本人は寒いの苦手だけど。


「わたし」


「今開けるね」と短い会話。逢瀬の様なやり取りにドキドキしてしまう。

確かに私達がこうして二人で会うことはみんなには秘密にしている。

けれど、それは決してラブロマンス的なものじゃなくて――なんて考えている間に扉が開いた。


「おはよう、梨子ちゃん。今日はありがとうね」

「おはよう、ううん。私の方こそお願いします」

続きを読む

曜「月が綺麗だね」

曜「月が綺麗だね」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/17(土) 00:31:11.01 ID:/msfDHJh0
曜「私と梨子ちゃんの二人だけで下校するって珍しいね」

梨子「千歌ちゃんと善子ちゃんが風邪ひいちゃったからね」

曜「二人とも風邪ひいちゃったのは珍しいよね」

梨子「最近流行ってるのかしら?」

曜「後でお見舞いにいかないとね」

梨子「そうね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518795070

続きを読む

梨子「チョコでお酒が」曜「止まらない」

梨子「チョコでお酒が」曜「止まらない」

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/14(水) 22:36:48.41 ID:bU42C6qG
※酒飲みシリーズ、ようりこ同棲設定です。



梨子「――ぷはぁーっ! 今日もお酒がうまいっ!」

曜「もーっ、また飲み過ぎじゃないの梨子ちゃん? バレンタインだからってチョコも一緒になんて……」ゴクゴク

梨子「いや曜ちゃんも結構飲んでるじゃん」

曜「うん……意外と合うもんなんだね、チョコレートとアルコールって」

梨子「そうそう、味が結構ついてるお酒とかにはチョコレート合うんだよね。ウイスキーとかワインとか」

曜「でも今日のはビールなんだよね。黒いビールって飲みにくいイメージあったけど……これはちょっと違うね」

梨子「同じ黒ビールでもすっごい苦かったり、どこかチョコみたいな香りがあったりするものもあって、結構いろいろあるんだよねぇ」

曜「ふぅん、世界は広いんだねぇ」ゴクゴク

梨子「……曜ちゃん、今日は飲むねぇ? なんかいいことでもあったの?」

曜「ん? いや、そんなことはないけど……」

梨子「ふぅん……そうなんだ」

梨子「……チョコ、いっぱいもらってるのに?」

曜「ぶふーっ!」

続きを読む

ダイヤ「お酒をお注ぎいたしますわ」曜「きょ、恐縮です……」

ダイヤ「お酒をお注ぎいたしますわ」曜「きょ、恐縮です……」

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 00:03:58.18 ID:6kKh0A/A
ダイヤ「ほら梨子さん、グラスが空ですわよ? 私が注いであげますわ」

梨子「えっ、そそ、そんな、悪いですよー」

ダイヤ「まぁまぁそう遠慮なさらずに、どんどん飲んでくださいな」

梨子「えへへ、ありがとうございます――んんーっ! うまいっ! やっぱりハイボールはさっぱりしてていいね!」

ルビィ「お姉ちゃん? 曜ちゃんのグラスも空になってるよ?」

ダイヤ「ああっ!? す、すみません曜さんっ! 私としたことが、気が付きませんでしたわ……」

曜「い、いえ、そんな気にすることでは……」

ルビィ「お姉ちゃんっ! ちゃんと曜ちゃんに謝って?」

ダイヤ「も、申し訳ございませんでした~!」

曜「ちょっ! や、やめてよダイヤちゃん! 顔を上げてよ……」

梨子「曜ちゃんっ! 先輩になんてことさせるの!」

曜「い、いや違くてー……」

曜(……なんでこんなことになったんだっけ?)

続きを読む

曜「赤ちゃんの面倒見てくれだって…!?」

曜「赤ちゃんの面倒見てくれだって…!?」

1: 名無しで叶える物語(聖火リレー) 2018/01/31(水) 19:41:52.67 ID:+mf+aAKY
曜ママ「そ、そうなの!1日だけってお願いされたんだけど…」

曜ママ「すごい賢い子だから大丈夫って言われてね…」

「マンママンマ」

曜「かわいいねー!」デレデレ

曜「このアホ毛が千歌ちゃんそっくり!」ニコニコ

曜ママ「それでね…曜ちゃん…ママどうしても3時間くらい出かけなくちゃならなくて…」

曜「え」

曜ママ「何かあったらすぐ帰ってくるから少しだけ面倒見ててくれる?」

曜「」

続きを読む

曜・梨子「「ずっと言いたかったこと」」

曜・梨子「「ずっと言いたかったこと」」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2018/01/22(月) 20:27:50.71 ID:8f2RyLUK
――呼吸を整え、足元を覗き込む。

――飛び込み台から水面までの距離――10メートル。これまで何度も跳んできた高さだ、恐怖心はこれっぽっちも無い。

――ふと、観客席の方を見る。今はコンタクトを外しているからよくは見えないけれど、ぼんやりと二人の姿がわかった。

――一度だけ二人に軽く手を振ってから、改めて姿勢を整える。

――そして、全身のバネを使い台から跳躍。

――回転。

――着水する。

続きを読む

1 2 3 4 5 6 18