「 よしまる 」一覧

梨子「幼馴染には勝てないものなの」ルビィ「……」

梨子「幼馴染には勝てないものなの」ルビィ「……」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/(1級) (ワッチョイ fb33-wLUe) 2017/01/10(火) 17:16:18.37 ID:5r/5QXIk0.net

【閲覧注意】

善子「聞いてよルビィ!」

善子「私が必死に堕天使の歴史を語ってもズラ丸は全然興味もってくれないのよ」

ルビィ「へ~」

善子「どうすれば興味を持ってくれるのかしら?」

ルビィ「花丸ちゃんは本が好きだから堕天使がテーマの本を渡してみるのはどうかな?」

善子「知ってるわよ……というか試したのよ」

ルビィ「……」

ルビィ「そうなんだ」

ルビィ「知ってるんだね」

  VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

続きを読む

善子「ずら丸の本心を引き出す黒魔術のつもりが、なぜか魅了の黒魔術になっていた」

善子「ずら丸の本心を引き出す黒魔術のつもりが、なぜか魅了の黒魔術になっていた」

1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:12:11.49 ID:tbaKGbnv.net
内容は短め、あとで蛇足のifおまけがちょこっとあるかも

続きを読む

鞠莉「知ってた? 耳たぶとティクビの固さって同じなのよ」

鞠莉「知ってた? 耳たぶとティクビの固さって同じなのよ」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 17:13:42.57 ID:yVFY3mpd.net
鞠莉「というわけで、耳たぶ触らせて、果南?」

果南「はあ!? な、なに言ってるの?」

鞠莉「ねぇ、果南。ちょっとだけ、ちょっとだけでいいから!」

鞠莉「その白いうなじのてっぺんにぶら下がってるティ……耳たぶを触らせて!」

果南「い、意味がわからないって」

果南「耳たぶの固さが、その、ちく……と同じとか//」

果南「それに、そういう前置きされた後で触られれたくないって!」

鞠莉「ノー! ケチスメルとはこのことね、果南!」

鞠莉「いいから早く触らせなさい!」

果南「だ、だから嫌だって言ってるでしょ!//」

続きを読む

善子「ずら丸にレイプされた……」

善子「ずら丸にレイプされた……」

1:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:08:42.21 ID:W1ZtwRdO.net
~朝、校門前~

善子「…………」テクテク

タッタッタッタッ

善子(! 来る……!)

花丸「善子ちゃーん!」バッ ムギュウウ

善子「ずら丸……!」ムギュウウ

善子(くうっ、やっぱり身体が硬直して動かない……!)

花丸「おはよう♡」チュッ タッタッタッ

善子「!! こ、こんの~~~っ!!」

タッタッタッタッ

善子(いちいちキスしてくんなーーーっ!! 金縛り魔法の使い手め~~~~!!)

善子「はぁ、はぁ……声に出せないっ……! なぜ……っ!!」

続きを読む

花丸「これはGMZ!」 善子「はい? 」

花丸「これはGMZ!」 善子「はい? 」

5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 21:49:15.98 ID:OrUe3/uf.net
昔、とある国に花丸という1人の商人がいました

花丸「ありがとうございました!」

「またくるわ、頼むわよ花丸」

花丸「はーい♪」

花丸(今日は大量だったずら!さてと……)

花丸(たまには自分へのご褒美でも//)

花丸(いやいや…やはり商人たるもの慎ましく暮らさないと…)

花丸(しかし今を逃したら何か一生無理な気も…)


花丸(うぅ……決断の時ずら……)




花丸「よし……。」


花丸「レッツゴーずら!」

ーー

続きを読む

【Aqours昔話】善子「泣いた堕天使」

【Aqours昔話】善子「泣いた堕天使」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 22:45:26.69 ID:UdIkGkqk.net
昔昔あるところに堕天使と天使が仲良く暮らしていました。
え?堕天使と天使って普通は敵じゃないかって?
知りませんよそんなの。

善子(堕天使)「あ~暇~」

花丸(天使)「それはしょうがないずら」ズズズ

善子「私の分のお茶は?」

花丸「飲みたきゃいれるずら」

善子「いれてくれたっていいじゃないのよー!」ブーブー

このようにのんびりと、暮らしていました。

続きを読む

善子「ルビィに『突然オラァ!』って怒鳴るの面白すぎワロタwww」

善子「ルビィに『突然オラァ!』って怒鳴るの面白すぎワロタwww」

1: 名無しで叶える物語(WiMAX)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 15:42:55.36 ID:CzXN5GGL.net
ルビィ「でね、お姉ちゃんが晩御飯作るって言うからね、ルビィもお姉ちゃんのお手伝いしてあげようと思ってね、エプロンしたのね。
ピンク色のかわいいエプロン。でね、お姉ちゃんがまずコロッケ作るって言うからね、じゃぁルビィがジャガイモ洗ってあげようと思ったの」

善子「へぇ そうなんだ~」

ルビィ「うゅ、それでジャガイモ洗おうとしたんだけど、水が冷たくてねルビィが困ってたらお姉ちゃんがお湯にしてくれてね、
やっぱお姉ちゃんはすごあなぁって思ってね、ルビィも負けてられないと思って頑張ってジャガイモも洗ったんだけどね、
中々汚れが取れないのもあってね、ルビィ頑張ってゴシゴシ洗ってね、」

善子(あ~ ルビィの話クソ長くて全く内容なくてクソつまんないなぁ…)

ルビィ「でね、お姉ちゃんがパン粉が足りないって困ってたからね、
じゃぁルビィ買ってくゅ!って言ったんだけどね、1人で大丈夫?って心配されたけど、
ルビィもう高1だから大丈夫だよ!って言ったら、お姉ちゃんがさすが我が妹ねって褒めてくれてね、」

善子「へ、へぇ すごいな~」

善子(ほんと長いわね…てか全く同級生と話してる気がしないんですけど…ちゃんとオチあるんでしょうね?この話…)

善子(ずらまるはいつもこれに付き合ってあげてたの…?すごいなあいつ…)

続きを読む

善子「嫌いなものは」 花丸「口移しで」

善子「嫌いなものは」 花丸「口移しで」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 01:09:30.21 ID:PYqrikAf.net
後半 微エロ(?)

続きを読む

【SS】花丸「みかんおいしいずら~」 善子「どんだけ食べるのよアンタ」

【SS】花丸「みかんおいしいずら~」 善子「どんだけ食べるのよアンタ」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:16:30.92 ID:tkn+rlwo.net
花丸「コタツに入って、みかんが置いてあったらとりあえず食べるのが掟ずら」モグモグ

善子「何も山積みにされているのを全部食べなくったっていいじゃない……って言ってる間に」

花丸「最後の1個ずら」

善子「……やれやれね」

花丸「善子ちゃん食べる?」

善子「いらない」

花丸「だよね……おいしいのになぁ」パクッ モグモグ ゴクン

善子「…………」

花丸「…………」

善子「せっかくアンタの家に遊びに来といてなんだけどさ……」

善子「暇ね……」

花丸「そうだね……」

続きを読む

善子「ずら丸の家にお邪魔してる・・・けど」

善子「ずら丸の家にお邪魔してる・・・けど」

花丸『ごめんね善子ちゃん!おつかい頼まれちゃって…すぐ戻ってくるから!』

善子「…とのことで今一人で留守番してるわ」

善子「一緒に行っちゃダメなの?って聞いたけどお寺関係のことだから一人じゃないといけないらしいし…」

善子「もう!せっかく彼女が遊びに来たのにどーいうことよ!」プンスコ

善子「…」

善子「かのじょ…///」

続きを読む

1 2 3 4 6