「 ダイかなまり 」一覧

【SS】梨子「やっぱりダイまりよね」 曜「え?ダイかなでしょ?」

【SS】梨子「やっぱりダイまりよね」 曜「え?ダイかなでしょ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 17:22:22.97 ID:fcoG8iuM0
梨子「......」

曜「......」





梨子「は?」

曜「あ?」

キャラ崩壊注意



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484209342

続きを読む

鞠莉「だから!なんでもって言ったでしょ!」

鞠莉「だから!なんでもって言ったでしょ!」

ワイワイガヤガヤ…

ダイヤ「…」ポケー

果南「確かに言ったけど…き、緊張した…」

鞠莉「そう?最高のステージだったと思わない?」ウィンク☆

ダイヤ「…はっ!?鞠莉さん!こうなるならこうとなぜ言わなかったんですか!?」

鞠莉「言ったよ~?『私たち3年生の新曲をパーティーで披露するよ♪』って」

ダイヤ「そのパーティーの規模です!パーティーはパーティーでも限度がありますわ!」

果南「ちょーちょーダイヤ!ライブも成功したんだし結果オーライじゃない!ま、いきなりヘリ乗せられた時は焦ったけど…」

鞠莉「新曲のタイトル通りじゃない?『G(豪華客)船上のシンデレラ』☆」

ダイヤ「一文字の意味の説明が抜けすぎですわ!そして一文字違いますわ!」

果南「あはは♪」

続きを読む

ダイヤ「また、明日」

ダイヤ「また、明日」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:48:26.61 ID:zUQblCNt.net
親友を乗せて徐々に遠ざかっていくヘリコプターと、すぐ隣にいる親友の頬を流れる涙の、その両方を思い返すと今でもやるせない気持ちになる。

すれ違い、離れてしまったあの日のことは頭の片隅にいつもこびりついていて、私はずっと考えていた。考えずにはいられなかった。

どうすればよかったのか。
私は、何をすれば、何を言えばよかったのか。

──今更、あの時のことをうじうじと後悔し続けるつもりはない。

ただ、叶うのなら、また三人で笑い合いたい。

どんな未来かは誰にも分からない。ならば、そんな奇跡が起きたって良いでしょう?

そんなことを思いながら、今日もまた一人で校門をくぐる。

今日から三年生。深く息を吸い込んで、気合を入れてみる。

──その時、視界の端に、みかん色の髪が揺れるのを見た。

続きを読む

|c||^.- ^||っ||テレビ|| | 「部室に家電を置きましたわ」

|c||^.- ^||っ||テレビ|| | 「部室に家電を置きましたわ」

1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 21:33:40.83 ID:d0rJRQrT.net
放課後 部室


ガラガラッ

| ||σ.-σ||  ||テレビ|| | <次のニュースです。本日未明、〇〇市で火災があり~


Jノ(qイ σノ_σリっ┃扉 「おっ」


| ||^.- ^||ノ 「あら、果南さん」

Jノ(qイ σノヮσリ 「さっそく見てるね?テレビ」

| ||^.- ^|| 「練習前のヒマツブシに丁度いいですわぁ」

Jノ(qイ σノ。σリ 「どれどれ、どんなテレビなの?」


テクテク ((( Jノ(qイ σノ。σリ  | ||^.- ^||  ||テレビ|| |


「ふむふむ」Jノ(qイ σノ_σリっ||^.- ^ || |「?」 ||テレビ|| |

続きを読む

梨子「みんなでお祭り」

梨子「みんなでお祭り」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 23:23:50.11 ID:S+9zVBK10

千歌「梨子ちゃーん、今日お祭り行かなーい?」

梨子「お祭り?」

千歌「そー。近くの神社でやるんだ」

梨子「うん、良いよ」

千歌「じゃあ、うちの前で待ち合わせね。四時に」

梨子「わかった」

ーお祭り会場ー

ワイワイ ガヤガヤ

千歌「はぁあ……いい匂い……」グゥー

梨子「千歌ちゃん……すごいお腹鳴ってるよ」

曜「やー、でも分かるなぁ。お祭りってさ、お腹空くよね」

梨子「それは確かに……。ソースの香りとかね」

千歌「うんうん! というわけで、早速突撃!」

曜「ヨーソロー!」

梨子「あっ、ちょっと、置いていかないで~!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480343029

続きを読む

【果南ダイヤ鞠莉】三人で一緒【SS】

【果南ダイヤ鞠莉】三人で一緒【SS】

1: 試される大也(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 22:22:11.98 ID:9gMN3Rhx.net
鞠莉(理事長の仕事って判子ばかりでつまらないわね)テクテク

鞠莉(早く練習行かないと。果南とダイヤは教室かしら?)

ダイヤ「これなんていかがでしょう」

果南「あ、うん、可愛いね」

鞠莉「」サッ

鞠莉(あら?なんでか隠れちゃったわ。でも、果南とダイヤ、楽しそう)チラ

果南「もう少しシンプルにして、こういうのは?」

ダイヤ「果南さんにしては良いですわね」

果南「なにさ、それー」ケラケラ

鞠莉(あんな自然な笑顔なんて、私といる時はしてたかしら。…やっぱり2年も離れてたし…ううん!そんなの気にするようなマリーじゃないわ!)

鞠莉「チャオ!何してるの?」

果南「うわ、鞠莉!?」サッ

続きを読む

ダイヤ「果南さんに熱愛発覚ですって!!?」

ダイヤ「果南さんに熱愛発覚ですって!!?」

1: 名無しで叶える物語 2016/11/29(火) 12:22:24.36
ドタドタドタ ガラッ

ダイヤ「鞠莉さん!」

鞠莉「ダイヤ。廊下は走らない、ドアはノックする」

ダイヤ「そんな事より、あのメールは何ですの!?」

鞠莉「そのままの内容だけど」

ダイヤ「何かの間違いではないのですか?」

ドタドタドタ ガラッ

果南「鞠莉! あのメールどういう事!」

続きを読む

果南「うーん…って、えっ!?」

果南「うーん…って、えっ!?」

BGM~♪

鞠莉「前回の果南ハイライト~♪」

果南『ファイトかなん?』ニコッ

  『海の藻屑にしちゃうぞ!』ガオー

  『ペンペンペーン///』

  『ダイヤみたいな人のことをポンコ…』

鞠莉「と~ってもシャイニーだったわね!」

果南「…」プルプル

鞠莉「さあ!今回もファイトかなん?」ニコッ

果南「もう///鞠莉!!」

ダイヤ「今日も相変わらずですわ…」

続きを読む

ルビィ「くーりすまっすがこっとっしっもやぁてくるぅ~♪」善子「たのしっかった♪できごっとっをっ♪」

ルビィ「くーりすまっすがこっとっしっもやぁてくるぅ~♪」善子「たのしっかった♪できごっとっをっ♪」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:41:35.82 ID:2VQq0y/1.net
花丸「消し去るように♪」

善子「……………」

ルビィ「………ことしはサンタさんなにくれるかなぁ……」

善子「高望みはしないわ……PS4……」

花丸(もう16だよ?……)

続きを読む

ダイヤ「私は断然"ようちか"ですわぁ!」

ダイヤ「私は断然"ようちか"ですわぁ!」

1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 00:12:40.28 ID:7omHuzHH.net
ダイヤ「幼馴染みで恋人!キュートですわあ~^」

果南「何言ってんのダイヤ!"ちかりこ"に決まってるでしょ!」

鞠莉「オーマイガッ!二人が"ようりこ"の良さもわからないフールだったなんて!」

ダイヤ・果南・鞠莉「ぐぬぬ~」

果南「"ちかりこ"はねぇ!壁クイまでする仲なの!」

鞠莉「"ようりこ"のちかっちを優しく見守る良さがわかんないかな~」

ダイヤ「……良いでしょう!そこまで言うなら教えて差し上げますわ!」

ダイヤ「"ようちか"の尊さを!」

続きを読む

1 2 3