「 ダイかなまり 」一覧

|c||^.- ^||「何故わたくしをイスに縛り付けるのですか!?」

|c||^.- ^||「何故わたくしをイスに縛り付けるのですか!?」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/01/17(水) 01:39:52.99 ID:nh2XEgWW
|c||^.- ^||「乱暴はやめなさい!」

ノξソ>ω<ハ6 「別に|c||^.- ^||を虐めるために縛り付けたわけじゃないわ」

∫∫( c||^ヮ^||「そうそう。これからいくつか質問に答えて貰えればすぐに解放してあげるよ」

|c||^.- ^||「嫌な予感しかしませんわ...」

続きを読む

鞠莉「かなぁん♡」 果南「ちょっ!?くっつきすぎ////あと胸揉まないでっ!///」

鞠莉「かなぁん♡」 果南「ちょっ!?くっつきすぎ////あと胸揉まないでっ!///」

1: 名無しで叶える物語(関西地方) 2018/01/02(火) 07:36:01.96 ID:VIcIwcmy
果南「あのさ、鞠莉・・・週末は何処かに出掛けない?///」

鞠莉「Oh,sorry果南。週末はヨハネとデートなの♡また今度誘って♡」

果南「うん・・・・・何さ、普段はしつこいぐらいべったりなくせに人が誘ったら予定があるって」ボソッ

鞠莉「What's?何か言った?」クルッ

果南「何でもないっ!///」



|c||^.- ^||といった感じのかなまり誰かくださいまし!

続きを読む

果南「ダイヤだけ処女だよ?」ダイヤ「え?!」

果南「ダイヤだけ処女だよ?」ダイヤ「え?!」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 16:17:08.33 ID:2nzeWrpz
果南「私はお客の人と枕営業やらされたりレイプされたりしてるし」

ダイヤ「うぅ、果南さん、なんでその話する時いつもそんなにあっけらかんとしていられるのですか」

果南「鞠莉もね、お家のことで色々接待とかしてるもんね」

鞠莉「yes!身体張ってるよー!」

ダイヤ「二人ともだからなんでそんな」

ダイヤ「でもまさか他の人たちまで」

果南「千歌は想像つくよね?お布団敷いてる時とか良く襲われるんだって」

ダイヤ「えぇ?!そ、そんな」

続きを読む

ダイヤ「姉妹で恋愛など有り得ませんわ!!不純ですわ!!外道ですわ!!」

ダイヤ「姉妹で恋愛など有り得ませんわ!!不純ですわ!!外道ですわ!!」

1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2017/12/25(月) 19:03:34.14 ID:ZdLY1bcs
果南「わ、分かった!分かったから!」

鞠莉「アングリーなの?」

ダイヤ「当たり前です!何と言う事を仰いますの鞠莉さん!!」

ダイヤ「わたくしとルビィがその、姉妹でそういう関係なのではなどと…!」

ダイヤ「失礼にも程が有りますわぁ!?」

鞠莉「そ、ソーリーダイヤ。違ったみたいね 謝るわ」

ダイヤ「当たり前です全くもう…何を言い出すんですのこの方は全く。全く全く。」

果南「…んー…じゃあさ」

果南「昨夜私に誤爆したこれ、何?」スッ

鞠莉「『ごめんなさいルビィ 今日はだめなの これで我慢してね』…」

ダイヤ「音読やめて頂けます?」

続きを読む

果南「ねぇ、ダイヤ…いいでしょ?」ダイヤ「ダメです」

果南「ねぇ、ダイヤ…いいでしょ?」ダイヤ「ダメです」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/23(土) 16:55:06.88 ID:8QqLnEu3
果南「お願いだよ」

ダイヤ「だからダメですってば…」

果南「先っちょだけでもいいから?ねっ?」

ダイヤ「はい?意味がわかりません。ぶっぶーですわ」

続きを読む

鞠莉「ダイヤ、果南、一緒にお茶でも飲みましょ」

鞠莉「ダイヤ、果南、一緒にお茶でも飲みましょ」

1: 名無しで叶える物語(なっとう) 2017/11/28(火) 23:43:09.28 ID:bQyQOZwa
鞠莉「ダイヤ、果南、一緒にお茶でも飲みましょ」

鞠莉「美味しいお茶持ってきたの、マカロンもあるわよー♪」ドーン

ダイヤ「仕事もないですし…いいですわ」

果南「うん…」

あまり元気がなさそう、どうしたのかしら?

鞠莉「かなーん、話きいてたの?」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

続きを読む

果南「善子可愛い談議」

果南「善子可愛い談議」

果南「最近思うんだけどさ」

鞠莉「どうしたの?」

果南「善子って善い子だよね」

鞠莉「わかる」

ダイヤ「急にどうしたんですの?」

果南「いやだって、善子って第一印象があれじゃん?」

ダイヤ「まあ確かにあまり良くはないですね」

鞠莉「oh......、結構はっきり言うのね」

ダイヤ「事実ですから」

果南「でも実際話してみたら礼儀正しかったじゃん?」

ダイヤ「そうですね、花丸さんと同じくらいには礼儀正しかったですし、言葉遣いもしっかりしてましたからね」

鞠莉「まあ最初はだいぶ萎縮してたみたいだからねぇ」

果南「普段堕天使キャラで強気なのに上級生の前では大人しくなる善子可愛い」

ダイヤ・鞠莉「「わかる」」

ダイヤ「礼儀正しいと言えば、この前善子さんが家に来た時の話なのですが」

続きを読む

絵里「なんかよくわからないけど沼津にいた」

絵里「なんかよくわからないけど沼津にいた」




 ~私立浦の星女学院~

ダイヤ「鞠莉さん…また変なものを作ってきて…」

鞠莉「変なものじゃないよ!世紀の大発明!!」

果南「映画でよく人が中に入ってガスとか撒かれる円柱状のポッドが部室にあるんだけどあれ鞠莉の仕業!!?」

鞠莉「あ、果南も見た?すごいでしょ?」

果南「すごいも何もあれがあったらAqoursの皆が入れないじゃん!!さすがに片づけて!」

ダイヤ「一体全体なんですのあれは!?」

鞠莉「はいはいわかったわかった…説明するから部室まで行きましょ?」

果南「もう…早くしてよ?」

続きを読む

千歌「ダイヤさんが二股してるだってぇ!?」

千歌「ダイヤさんが二股してるだってぇ!?」

1: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 13:42:24.79 ID:tfU8kBxw.net
二年教室

千歌「またまたご冗談を」

曜「それが本当なんだって!」

梨子「私達見ちゃったの……」

千歌「どうせ見間違いでしょ」

千歌「ダイヤさんに限ってそんな――」

曜「そっか……千歌ちゃん興味ないか……」

千歌「えっ」

続きを読む

果南「“G”線上のシンデレラ」

果南「“G”線上のシンデレラ」

1: ◆8TImjtGSKs 2017/09/05(火) 21:54:27.53 ID:0nyyHNw6O
────とある土曜日の夜。


鞠莉「さて、そろそろ寝ましょうか」

ドンドンドン

「ま~り~……」

鞠莉「What!? ……って、果南じゃない。おどかさないでよ」

果南「──して」

鞠莉「?」

果南「鞠莉ん家のトイレ貸して!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1504616067

続きを読む

1 2 3 4 6
スポンサーリンク