「 ようまり 」一覧

鞠莉「心を癒すその唇に」

鞠莉「心を癒すその唇に」

2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/02/02(土) 06:14:27.65 ID:1Qywf5TG
鞠莉「ぷぁっ…」

キスの終わり際は、いつも間の抜けた声が出てしまう。

蕩けきった後だから仕方ないって思うことにしてるけど…やっぱりカッコ悪い。

曜「そんなこと気にしなくてもいいのに」

キスの相手、曜は笑って答えた。

鞠莉「気になるのよ。やっぱりカッコよくありたいじゃない」

曜「そうなの?」

鞠莉「曜の前では、特にね」

続きを読む

鞠莉「いい!?絶対に悪い女に捕まっちゃだめよ!」曜「はぁ」

鞠莉「いい!?絶対に悪い女に捕まっちゃだめよ!」曜「はぁ」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2019/01/16(水) 06:32:24.81 ID:ZUfOKyCU
鞠莉「ヒック…ヒック…///あーあ、曜が恋人だったらなー…」

(*> ᴗ •*)ゞ

続きを読む

曜「あけましておめでとう、鞠莉ちゃん先生!」

曜「あけましておめでとう、鞠莉ちゃん先生!」

2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/01/12(土) 07:17:51.09 ID:T7+7EcKA
元日

鞠莉「年が明けて急に寒くなったわね。でもせっかくのお正月、そしてダイヤの誕生日。晴れてくれてよかったわ」

曜『明日の天気?うーむ…大丈夫、きっと晴れるよ!』

鞠莉「曜の予報のおかげかもね。あの寒がりさん、この寒さは大丈夫なのかしら」

曜「おーいっ!鞠莉ちゃーん!」

鞠莉「あら。ふふっ、噂をすれば」

曜「よっと、到着っ!」

鞠莉「走ると危ないわよ」

曜「えへへっ。鞠莉ちゃん、あけましておめでシャイニー!」

鞠莉「あけましておめでヨーソロー!」

続きを読む

曜「我が家の忘年会」

曜「我が家の忘年会」

4: 名無しで叶える物語(玉音放送) 2018/12/31(月) 07:27:04.56 ID:YmAVVG4G
冬休み、理事長室

鞠莉「――これでよし、と。来年の準備は済ませたし、書類の整理も完了。後はゴミを捨てて全部終わり。いよいよ大詰めね。ふぅ…」

鞠莉「…まだ4時半だっていうのに、もう日が暮れはじめてる。明るいうちに帰るためにも、最後のもうひと頑張り――」

コンコン

鞠莉「!」ビクッ

コンコン

鞠莉(ノックされた…今日は私以外、校内には誰もいないはずなのに…)

鞠莉(いったい誰が――)グッ

続きを読む

鞠莉「ふたりのクリスマス作戦」

鞠莉「ふたりのクリスマス作戦」

2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/12/22(土) 06:36:29.47 ID:SBJwxgzy
車内

鞠莉「突然呼び出したりして、ごめんなさいね」

運転手「いえいえ、なんなりとお申し付けください。本日はどのような?」

鞠莉「行き先は沼津。用件は明日のクリスマスパーティの買い出しよ」

運転手「かしこまりました。では、発車します」

鞠莉「お願いね」

運転手「はい」

鞠莉「…さて、と。初めて乗る車だからって、そんなに緊張しなくても良いのよ?曜」

続きを読む

曜「頼りにしてます、鞠莉ちゃん先生!」

曜「頼りにしてます、鞠莉ちゃん先生!」

2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/12/15(土) 06:42:28.65 ID:tgDFAC/e
善子「ねえ鞠莉さん。ちょっと教えて欲しいんだけど」

鞠莉「ああ、これはね――」

梨子「鞠莉さん鞠莉さん、実はずっと疑問に思ってたことがあって」

鞠莉「んー。ちょっと複雑だから、簡単に説明すると――」



曜「ふーむ」

続きを読む

曜「たまには甘いコーヒーを」

曜「たまには甘いコーヒーを」

2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/11/30(金) 06:10:31.40 ID:tnCquaOP
理事長室

鞠莉「――はい、はい、こちらこそよろしくお願いいたします。失礼します」ピッ

鞠莉「これでよし、と。なんとか区切りがつきそうね…ふぅ」

シーン…

鞠莉「…静かね。それに、なんだか無性に寂しい。最近忙しかったし、頑張りすぎちゃったかな」

鞠莉「こういう時って、誰かに側にいてもらいたい気分…」

コンコン

鞠莉「っ、はい」

続きを読む

曜「お願いします、鞠莉ちゃん先生!」

曜「お願いします、鞠莉ちゃん先生!」

2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/11/17(土) 06:11:17.45 ID:DJnmkBkj
部室

千歌「曜ちゃんって、最近物知りだよね」

曜「ん、そうかなぁ?」

千歌「そうだよ。本とか読んでるし、ネットであれこれ調べたりしてるし。さては、目指せ雑学王?」

曜「あはは、そういうわけじゃないけど」

善子「聞いたわ、鞠莉さんからも色々教わってるんでしょ」

千歌「鞠莉ちゃんから?」

曜「うん!鞠莉ちゃんってすごいんだよ。私が知らなかったことを、たくさん教えてくれるんだ!」

千歌「ええー、いいなぁ」

曜「自分で言うのもなんだけど、色々教わったり質問してるうちに、少しずつだけどヒャクシキになってきたって感じがするよー」

千歌「ん、ヒャクシキ…?」

続きを読む

曜「鞠莉ちゃんはお疲れ様」

曜「鞠莉ちゃんはお疲れ様」

2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/10/30(火) 06:44:22.52 ID:34iTxQ+U
理事長室

鞠莉「ふぅ…」

曜(ため息、これで3回目だ。鞠莉ちゃん、お疲れ様なのかな)

鞠莉「…あ。ふふ、油断しちゃった。ただでさえ待たせてるのに、ごめんね?」

曜(そりゃ疲れるよね。お仕事も大変なのに、ライブ目前で、ここのところは練習続きだし…)

鞠莉「仕事がちょっと山場でね。なんとか乗り切るつもりだけど、ふぅ…あっ」イケナイ

曜(――頑張る鞠莉ちゃんのために、私ができること…喜んでもらえそうなことって…)

曜(…あっ、そうだ!)

続きを読む

曜(……よし、寝てる鞠莉ちゃんオカズにチンズリしよ)

曜(……よし、寝てる鞠莉ちゃんオカズにチンズリしよ)

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/03(水) 15:24:25 ID:.kUfAtWo
鞠莉「Zzz……」スヤスヤ

曜(起こさないように静かに……っと)ヌギヌギ

ビンッ

鞠莉「Zzz……」スヤスヤ

曜(よしよし。よく寝てる……。お口にチンチンの先っちょ当てちゃお)ピトッ

ドピュッ

鞠莉「ん……クークー」

曜(……………………もう出た)

続きを読む

1 2 3 4 8