「 ダイよし 」一覧

善子「見果てぬ夢」

善子「見果てぬ夢」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/04/24(水) 21:19:17.84 ID:riupSpq1
夕暮れ時の生徒会室

誰もいない、誰も来ない時間

ダイヤ「やっ……待っ」

ダイヤ「んっ」

優しく、唇を触れさせる

拒絶するような言葉を吐く口は、

触れ合わせた唇までは拒まずに、受け入れてくれる

ダイヤ「っふ……っ」

見る見るうちに赤らんでいく頬

熱っぽく潤んでいく瞳

私を見てくれていたそれはゆっくりと逸れていく

ダイヤ「ま、まだ生徒会の仕事がありますから……」

そんなの明日でも出来るでしょ

そう言うと、それはそうですが。と、困った反応が返ってくる

迷いを悟らせるような視線の躊躇い

それがどこか愛らしくて、思わず苦笑する

続きを読む

ダイヤ「妹を甘やかしますわ」

ダイヤ「妹を甘やかしますわ」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2019/04/17(水) 17:36:50.95 ID:p9TLWyMq
ダイヤ「まずはルビィに>>2>>3をしますわ」

続きを読む

善子「黒歴史サイドストーリー」ダイヤ「厨二病の在り方」

善子「黒歴史サイドストーリー」ダイヤ「厨二病の在り方」

2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/03/31(日) 15:38:26.76 ID:6POtSnVI
ダイヤ「感じます…全ての闇が一部に収束されるのが…」

善子「そうね…お姉様……」

善子「この闇が世界を飲み込むとき!」

ダイヤ「世界に光はなくなる……!」

善子「そうすれば、ヨハネ達がその世界の神になれる!」

ダイヤ「そして世界は我の手に……!」

ダイヤ「ふ……ふふっ」

善子「ふふふっ……」

ダイよし「はーっはっはっは!!」

曜「いや、マジでなにやってるの?」

果南「部室で変なことしないでよ…」

続きを読む

男子「よぉ黒澤、中学以来じゃん」 ダイヤ「っ!」

男子「よぉ黒澤、中学以来じゃん」 ダイヤ「っ!」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/03/25(月) 20:34:11.58 ID:Dwq30Xe1
※事前知識

男(装した善)子

続きを読む

ダイヤ「YouTuberになりますわ」

ダイヤ「YouTuberになりますわ」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/03/13(水) 02:19:10.59 ID:zRClAh4O
ルビィ「ぴ、ぴぎぃ! いきなりどうしたの?お姉ちゃん」

ダイヤ「最近思ったのです」

ルビィ「な、なにを?」

ダイヤ「私のキャラが弱いと!!」

ルビィ「......!?」

ルビィ「そ、そんなことないと思うよ お姉ちゃん」

続きを読む

善子「同音異義の」ダイヤ「交錯」

善子「同音異義の」ダイヤ「交錯」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/02(土) 21:58:42.41 ID:EmG3BHV9O
─1年生教室─
善子「ルビィ! ずら丸!」

善子「今日集まって貰ったのは他でもないわ!」

善子「そう。このヨハネには悩みがあるの」

善子「分からない? 再生数よ再生数!」

善子「動画の再生数が伸び悩んでるの!」

善子「確かにヨハネの主戦場は配信よ? でも動画編集技術は確実に必要なの!」

善子「べ、別にAqoursのPVに活かしたいだなんて思ってないから!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1549112322

続きを読む

ヨハネとダイヤと時々花丸

ヨハネとダイヤと時々花丸

1: チョココロネ 2019/01/20(日) 12:30:27 ID:sFU
『ごめんなさい』

その真剣な眼に、今にも涙が零れそうな眼に

『私、好きな人がいるの』

私は、応えることができなかった

続きを読む

ルビィ「痔になっちゃった……」

ルビィ「痔になっちゃった……」

1: 名無しで叶える物語(玉音放送 typeR) 2018/12/30(日) 10:51:27.26 ID:SLbRYU4B
生徒会室

ルビィ「お姉ちゃん……」

ダイヤ「まったく……普段から生活習慣に気をつけないからそうなるのよ?」

ルビィ「うゅ……」

ダイヤ「仕方ありませんわね……私が薬を塗ってあげますわ」

ルビィ「! ありがとうお姉ちゃん!」

続きを読む

ダイヤ「ポッキーゲーム、とは?」 善子「自分で調べなさいよ」

ダイヤ「ポッキーゲーム、とは?」 善子「自分で調べなさいよ」

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/11/11(日) 14:13:14.21 ID:YrcoX0Id
ダイヤ「善子さん、あの…よろしいでしょうか?」

善子「ん? どうしたの、ダイヤさん?」

ダイヤ「少々お聞きしたいことがあって…生徒会室まで来ていただけますか?」

善子「珍しい…ここじゃダメなの?」

ダイヤ「ダメというか、人のいるところではその…あまり人に知られたくないのが正直なところで」

善子「なるほど密会を…くっくっく、ヨハネの智慧を所望するというのなら授けてやらないこともないが、相応の代償を」

ダイヤ「はぁ…なんでもいいのでお時間をいただきたいのです」

善子「なんて投げやりっ!?」

続きを読む

善子「初めてのドライブ」

善子「初めてのドライブ」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月) 01:00:42 ID:Ty3
前回のラブライブ!
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1538064112/

あらすじ
部室でカーセンサーを見ていたダイヤ。そこに善子が現れて車の話をする。
お互いスポーツ系が好きだと知り意気投合、善子はダイヤの家の車を私有地で運転させてもらえることになった。



―黒澤家―

ダイヤ「こちらへどうぞ」

門をくぐり裏手の方にある車庫へ歩いていく。白い悪魔とご対面できるかと思うと心の底からワクワクすると同時に気持ちを抑えられない自分がそこにいた。
ガラガラとダイヤがガレージのシャッターを開ける。そこには白い悪魔が佇んでいた…

善子「これね… やっぱ本物のRは雰囲気出てるわね」

ダイヤ「ホイールはRAYZ TE37 足回りはオーリンズのショックにスイフト製のバネを組み合わせています。純正形状しかマッチングしなくて中々探すのに苦労しましたが路面追従性や乗り心地は抜群にいいですよ。給排気はスズキスポーツ、ECUは果南さんのお父さん特性のROMが入ってます。」

ダイヤ「ダートラ用なのでボディ補強もしっかりしています。ロールバーは勿論スポット増し、メンバーブレースも知り合いからワンオフで制作して貰いました。」

善子「こりゃ凄い…」

続きを読む

1 2 3 4 10