「 ようよし 」一覧

曜「最終列車」

曜「最終列車」




 また一つ、けたたましい発車ベルを鳴らして電車が駅を出ていった。
 乗らなきゃいけないのに、まるで根っこでも生えたみたいに私の足は一歩も動かなかった。
 もう何時間こうしているだろう。必要最低限を詰め込んだ鞄を抱えてここに座り込んでから。
 動こうとするたびに、この場にはいない善子ちゃんの、聞こえるはずのない声や見えるはずのない影がそれを押し留める。

「はぁ」

 今日何度目かのため息をつく。いくじなしの私は当分動けそうにない。
 高飛び込みなんて度胸あるねとか、いろんなことができて凄いねなんて言われることもあるけど、笑っちゃう。
 本当の私はこうして躊躇ってばかりで、電車に乗ることすらできない臆病者なのに。
 目を瞑って自嘲していると、瞼の裏に自然と色々な思い出が映し出されていった。

続きを読む

善子 「私たち、友達よね?」 曜 「こんなの友達じゃないッ!」

善子 「私たち、友達よね?」 曜 「こんなの友達じゃないッ!」

2: 名無しで叶える物語 2017/08/13(日) 19:41:25.52 ID:mUberQ6i.net
―罪の意識は、全くなかった

悪者を倒したのに、経験値さえ入らないのかと、思わずため息が漏れる程だ

今私が倒したこの敵は、スルーができる類のザコ敵では決してなく、言わば中ボス。つまりこれは必要な “殺し” だったのだ


――なのに何故、彼女はこんなにも怯えている?


曜 「よ、善子ちゃん……なんで……!」

続きを読む

善子「エンジェル&ヨハネ」

善子「エンジェル&ヨハネ」



千歌「あれ、曜ちゃんこれから水泳部行くの?」

曜「うん。大会も近いし、こっちが午前で終わったから、午後はちょっと向こうに顔出そうかなって」

善子(曜さん、凄いわね。Aqoursも高飛び込みも、どっちかだけでも大変なのに、両方とも手を抜かずに)

善子(というか、半日だけとはいえそれなりにハードと思うんだけど、タフすぎない?)

曜「ということなので、渡辺曜、ちょっくら行ってくるであります!」

善子「ま、待って」

曜「?」

善子(どうしよう。曜さんのこと考えてたら、思わず呼び止めちゃった)

続きを読む

善子「私って実は魔法使いなの」

善子「私って実は魔法使いなの」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/07/24(月) 23:36:13.23 ID:fGpmaY0F.net
曜「え?善子ちゃん?」

善子「私って実は魔法使いなの」

曜「いや、聞こえてるよ!」

曜「どうしちゃったの?いきなり」

曜「善子ちゃんは堕天使じゃなかったの?」

善子「ごめんなさい 堕天使って設定だったのよ」

曜「そんな…」

続きを読む

曜「えっ?私が善子ちゃんと付き合ってる?」

曜「えっ?私が善子ちゃんと付き合ってる?」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 23:42:13.82 ID:a//6Vmiy.net
曜「~♪」

ガラッ

曜「おはヨーソロー♪」

千歌「あ、曜ちゃん」ニヤニヤ

梨子「おはよう」ニヤニヤ

曜「ん?どうしたの?
私の顔になにかついてる?」

千歌「ううん、付いてないよ?」

曜「じゃあどうして2人してニヤニヤしてるの?
…もしかして私に隠し事…?」

梨子「違うよ?…というか曜ちゃんが、ねぇ千歌ちゃん」ニヤニヤ

千歌「うん、曜ちゃんが隠し事してたじゃん」ニヤニヤ

曜「え?何のこと?ほんとに分からないんだけど…」

千歌「またまたぁ」ニヤニヤ

梨子「よっちゃんと付き合ってるんだってね」ニヤニヤ

曜「よっちゃん…善子ちゃんと?
誰が?」

千歌「誰がって…曜ちゃんに決まってるでしょ?」

続きを読む

善子「曜さんにキスされた」

善子「曜さんにキスされた」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 00:22:24.47 ID:4Ppd45Nz.net
善子「…………」

曜「………」

シーン…

善子「……」

曜(ヤバイ、バスが揺れた衝撃で善子ちゃんの口に私の唇が触れてしまった)

曜「……あ、あの」

善子「……」

曜(ヤバイ)

続きを読む

曜「暑すぎて眠れない…」

曜「暑すぎて眠れない…」

4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:13:13.81 ID:gUdkznCc.net
曜「あっづ…」

曜「何これなんでこんな暑いの…夜だよ…」

曜「室温は…27℃…」

曜「27℃とか死ぬじゃん…お湯沸かせるじゃん…」

曜「…気晴らしにコンビニ行こっと」

続きを読む

曜「おはヨーシコー!」パイタッチ

曜「おはヨーシコー!」パイタッチ

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 22:14:30.35 ID:JOB3hkvb.net
善子「よよよ曜さん!?」

曜「んー?どうしたの?」

善子「どうしたの?じゃないわよ!」

善子「い、いま胸を…」

曜「ごめんごめん!当たっちゃった?」

曜「おはヨーシコーってこうやって手を上げるときに…」パイタッチ

善子「あんっ」

続きを読む

ダイヤ「黒澤9姉妹の日常」曜「四女!」

ダイヤ「黒澤9姉妹の日常」曜「四女!」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 22:10:13.32 ID:GmCmdvL0.net
曜「ふんふふーん♪ あ、ダイヤお姉ちゃん!」

ダイヤ「ん、オブシディアン。どうしました?」

曜「んーん、ただお姉ちゃんがいたから!」

ダイヤ「ふふ、オブシディアンはかわいいですわね」ナデナデ

曜「えへへー」

ダイヤ「ん、オブシディアン?」

曜「んー?」

ダイヤ「髪のケアはしてます?」

曜「してないけど?」

続きを読む

曜「千歌ちゃんに振られちゃった……」善子「……」

曜「千歌ちゃんに振られちゃった……」善子「……」

1: 名無しで叶える物語 2017/06/10(土) 16:14:42.46 ID:lV+sY7ul.net
屋上


曜「やっぱ女の子同士は難しいって……」

曜「ごめんね……あんなに協力してくれたのに……」

善子「……気にしなくていいわ」

善子「それより……平気なの?その……」

曜「うん……平気。一晩泣いたらスッキリしたよ」

善子「……そう」

善子「あなたはよく頑張ったわ……私の胸でよければいつでも貸すから……」

曜「ありがとう善子ちゃん……でも大丈夫。私、もう全然気にしてないから」

曜「どうせ明日にはこの世にいないし」

善子「めっちゃ気にしてるじゃん!!」

続きを読む

1 2 3 4 5
スポンサーリンク