「 今日は何の日? 」一覧

絵里「四月十九日は」亜里沙「地図の日♪」

絵里「四月十九日は」亜里沙「地図の日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 19:05:18.97 ID:rSQ1LEPD.net
【音ノ木坂・図書館】

海未「そんなことも知らないのですか?…一年過ごした自分の学校なのに」

穂乃果「だ、だって…今まで行く機会がなかったんだもん」

ことり「まあ、まあ…じゃあ私が描いてあげるね♪」

穂乃果「ありがと、ことりちゃん♪」

海未「ところで…穂乃果。これなんですけど」

穂乃果「あー、うん。知ってるよ。私も作れるし…お母さんのほうが上手だけどね」

海未「本当ですか?…実は、ちょっと興味があったんです」

【翌日・生徒会室】

希「あと二人やね」

穂乃果「スクールアイドルって、今すごく人気があるんですよ。だから…」

絵里「認めるわけにはいかないわね」

【後日】

雪穂「ホントに行くの?亜里沙…」

亜里沙「ユキホ。…どうして?」

雪穂「いや、学校の図書室でよくない?音ノ木坂じゃなくても…」

亜里沙「オトノキへ行ってみたいと思ってたの♪」

雪穂「はあ…まあいいけどさ」

【図書館】

亜里沙「Хорошо!」

雪穂「うーん、さすが国立…やっぱりひと味違う感じだね」

亜里沙「味?…ユキホはヤギさん?」

雪穂「いや、本を食べるわけじゃなくてね…古かったり、情緒があるっていうの?そういう、見方によっては欠点にも見えるような個性なんかを、味とか味わいって言ったりするの」

亜里沙「ユキホは口がウマイの人です♪」

雪穂「それも微妙に違うような気がする…」

亜里沙「見たことない本がいっぱい♪どれから読もうかな♪」

雪穂「まあ、図書館ってちょっとワクワクするよね」

続きを読む

希「4月19日は」真姫「飼育の日?」

希「4月19日は」真姫「飼育の日?」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 00:05:35.25 ID:rSQ1LEPD.net
理事長「廃校」

希「…ふむ」パラララ

絵里「希!こんなときに占いなんて…」

希「まあ、まあ。エリち…落ち着いて。ほら、カードも言うてるよ」パタ

絵里「それは…女神?」

希「大アルカナの2番、女教皇。確かに、アルテミスの化身とも言われてるね」

絵里「それが私たちと何か関係あるの?」

希「このカードは知性の象徴や。感情に流されないことが大事やって意味があるんよ」

絵里「そんなこと言われても…じゃあ、どうすればいいっていうのよ?」

希「カードに描かれた、アルテミスの弓…これは楽器でもあるん」

絵里「…楽器?」

希「そう。ヴァイオリンとか弦楽器にも弓ってあるやろ?」

絵里「ああ、そういうこと…」

希「音楽は心を豊かにする。音ノ木坂もかつては音楽学校やったっていうし、古くから音ノ木坂には音楽が…」

絵里「悪いけど、今そんな気分じゃないわ。頭に浮かぶのは絶望的な音楽くらいよ」

希「エドヴァルド・グリーグの“オーゼの死”とか?」

絵里「…そんな感じね」

絵里(ペール・ギュントの母オーゼの死。“母校”を失うという意味では、的確かもね…)

希(死と絶望かぁ…音楽は音を楽しむって書くけど、たぶん海外の作曲家はそんなこと知らんもんなぁ…)

【音楽室】

希「…お?」

\ダイスキダ バンザーイ♪/

希(…そうそう、それでこそ音楽や)

希(ポジティブな歌詞、堂々とした歌声。それを彩る繊細かつ大胆なピアノ…)

希「いい!」ガラッ

真姫「ヴェぇ…な、何!?」

希「キミは…合唱部?」

真姫「違いますけど…」

希「あ、そう」

希(エリちにも聴かせてあげたいなぁ…)

続きを読む

絵里「4月18日は」凛「よい歯の日!?」

絵里「4月18日は」凛「よい歯の日!?」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:03:07.26 ID:VEPJDtOe.net
【穂むら】

凛「これ、全部タダ!?」キラキラ

穂乃果「うん。今日だけ特別♪…ほかのお客さんには内緒だよ?」

花陽「す、すみません…」

穂乃果「いいの、いいの。そのかわり私たちを応援してね♪」

花陽「わ、私はもちろんそのつもりです…けど」チラ

凛「にゃ?」

穂乃果「えーと…アイドルとか興味ない?」

凛「そんなことないですよー。高坂先輩可愛いし♪」

穂乃果「そ、そうかな?…えへへ。ありがと♪」

凛「いただきまーす♪」パク

穂乃果「春は和菓子の季節だから、期間限定商品もいろいろあるよ♪」

凛「今だけしか食べられないって聞くと、全部食べなきゃ損って気がしますね♪」

穂乃果「その通り!うぐいす餅でしょ、いちご大福に、二種類の桜餅!それからヨモギの…」

花陽(こんなに食べちゃって大丈夫かなぁ?カロリーもだけど…)

凛「これも美味しい♪さすが三百年の伝統の味…」モグモグ

花陽「いちご大福はそんなに昔から無いと思うけど…」

穂乃果「アハハ…そうだね。でも私たちよりは年上のはずだよ」

凛「へー。じゃあ凛たちのお母さんくらいですかー?」

穂乃果「えーと…あれ、星空先生ってうちのお母さんより年下だっけ?」

花陽「さあ…?」

クシュン

花陽ママ「あらあら…花粉症ー?」

凛ママ「そ、そんなはずは…大丈夫にゃ!」ピョーン

続きを読む

花陽「四月十四日は」穂乃果「オレンジデー?」

花陽「四月十四日は」穂乃果「オレンジデー?」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/14(金) 00:13:06.92 ID:jFRQ+PpK.net
【二月十四日】

弓道部員「はい、園田さん♪」

海未(一年)「ありがとうございます」ニコ

弓道部員(やった、渡せた!喜んでくれたみたいだし、好感触!?)ドキドキ

穂乃果(一年)「…」

海未「お待たせしました。…ことり、穂乃果は?」

ことり(一年)「えーと…さっきまで一緒にいたんだけど…」

スタスタ

穂乃果(海未ちゃんってやっぱり女の子にモテるんだ…いろんな子にお菓子とか貰ってたし)

穂乃果「もう!海未ちゃんにはあげないっ」プンプン

ドン

穂乃果「あっ><」
「ピャァ!?」

穂乃果「ご、ごめんね。大丈夫?」

「は、はい。こちらこそ…ごめんなさい」ペコ

アルパカ「メ゙ェ?」

穂乃果「いや、そっちはアルパカさんだから…ぶつかったのは私だよ」

「す、すみません…メガネがないとよく見えなくて…えっと…メガネ、メガネ」アタフタ

穂乃果(中学の制服だ…かわいいなぁ♪)

穂乃果「これだよね?はい、メガネ」

「あ、ありがとうございます…」フキフキ

穂乃果「あなた、もしかして…音ノ木坂の新入生だったりする?」

「は、はい。四月からお世話になります。小泉、花陽…です」カチャ

穂乃果「小泉さん。よろしくね!私、高坂穂乃果♪」

花陽(?…何だろう…甘い香りがするような…?)

穂乃果「小泉さん?」

花陽(中3)「あっ…は、はい。こちらこそ、よろしくお願いします…」ペコ

穂乃果「ふふふ。そんなにかしこまらなくてもいいよ…そだ、これあげる♪」

花陽「えっ。えーと…?」

続きを読む

ほの母「四月」雪穂「十二日は」穂乃果「パンの記念日♪」

ほの母「四月」雪穂「十二日は」穂乃果「パンの記念日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/12(水) 00:05:09.02 ID:U3Y5edfM.net
【音ノ木坂・中庭】

穂乃果「いやー、今日もパンがうまいっ♪」パク

海未「またパンですか?…栄養が偏りますよ」

穂乃果「朝と夜はちゃんと家でいろいろ食べてるからいいの」

ことり「でも穂乃果ちゃんってホントにパン好きだよね」

穂乃果「うん♪…ほら、もうこんなに貯まったよ♪」ペタ

ことり(春のパンまつりのシールだね)

海未「毎日食べていて飽きないんですか?」

『おまんじゅう うぐいすだんご もうあきた!』

穂乃果「パンは特別なの。だって…」

【十一年前・高坂家】

\アーン パーン マーン♪/

雪穂(3歳)「…」Zzz

穂乃果(5歳)「おかあさん!」キラキラ

ほの母「え?…なあに?穂乃果」

穂乃果「ほのかも、あんぱんたべたい!」

ほの母(そういえば…私も小さい頃アンパンマン見てて、あの大きなあんパン美味しそうだなって思ってたっけ)クス

ほの母「はい」

穂乃果「わー♪」キャッキャ

穂乃果「おいしい」モグモグ

ほの母「ふふ」

穂乃果「って、これおまんじゅうだよ!あんぱんじゃないよ!」プンプン

ほの母(バレたか…)

穂乃果「あんぱんたべたいー!」ジタバタ

ほの母「中身は一緒よ。あんこでしょ?」

穂乃果「おまんじゅうはパンじゃないもん」プクー

ほの母「パンが食べたいだけなら、あんパンじゃなくてもいいんじゃない?」

穂乃果「あんぱん、しょくぱん、カレーパン♪」

ほの母(アンパンマンを見てパンを食べたくなるなんて単純ねー。…まあ、私も子供の頃はそうだったけど)

続きを読む

ことり「3月20日は」穂乃果「サブレの日♪」

ことり「3月20日は」穂乃果「サブレの日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/03/20(月) 00:06:42.65 ID:YdnD0iRe.net
穂乃果「ただいまー。お母さん、おやつはー?」

カタカタ…

ほの母「…」ハァ

穂乃果「お母さん?…どうしたの?おなか空いてるの?」

ほの母「違うわよ。…お店の売り上げもずいぶん落ちて、食べる物ならいっぱいあるし」

穂乃果「アハハ…確かに和菓子ならたくさんあるね」

ほの母「笑いごとじゃないわよ…消費税の増税以来、すっかり客足が遠のいちゃったわ」

穂乃果「もともとそんなに流行ってなかった気もするけど…」

ほの母「それでも増税前は遥かにマシだったわよ。書き入れ時の春に、こんなにお客さんが来ない日なんて無かったし」

穂乃果「春って言っても、まだ寒いよ。みんな出かけるのが面倒くさいんじゃないかなぁ?」

ほの母「都会は大量生産の和菓子がコンビニやスーパーとかで幾らでも手に入るからね…うちはちゃんとした和菓子屋だから安くはないし」

穂乃果(消費税の増税って何年前だっけ…私が小学生の頃は、確かに今よりはお客さんも多かったかな)

穂乃果「えーと…これが本体価格で、税込だと…」トトトン

ほの母(…穂乃果も雪穂もそろばんくらいは使えるけど、今はまず使うことはないわね。私も電卓使うし)

穂乃果「うわぁ…こんなに高くなっちゃうんだ…これは私なら買わないなぁ」

ことり「そっかぁ…お店って大変だね」

穂乃果「まあ、うちだけが特別苦労してるってわけでもないと思うけどね。老舗ってことで地元ではそこそこ有名だし」

ことり「私も、ちょっとは売り上げに貢献しなくちゃ…」

穂乃果「んー。でもことりちゃんには私もお世話になってるし、今までどおりサービスするよ♪」

ことり「何か、それ以外で力になれたらいいんだけど…」

穂乃果「んー。あ、じゃあ人気が出そうな新作和菓子のアイデアとか」

ことり「新しいお菓子?」

穂乃果「うん。何か思いついたらでいいんだけど…ほら、ことりちゃんもお菓子作り上手でしょ?」

ことり「和菓子では穂乃果ちゃんにかなわないよ。私は作るなら洋菓子派だもん」

穂乃果「洋菓子?」

ことり「ケーキやパイ、タルトにクッキー、プリンやシュークリームとか♪」

穂乃果「なるほど。洋菓子かぁ…」

ことり「え?」

続きを読む

絵里「3月19日は」真姫「カメラ発明記念日?」穂乃果「ミュージックの日!」

絵里「3月19日は」真姫「カメラ発明記念日?」穂乃果「ミュージックの日!」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 00:08:19.76 ID:zHKA5SXs.net
【十年前】

花陽ママ「はーい。お写真撮るから、みんな並んでー」

凛(5歳)「りんは、かよちんのとーなり♪」

花陽(5歳)「うん。…えへへ♪」

真姫(5歳)「…」プイッ

穂乃果(6歳)「まきちゃん♪」ギュ

真姫「…ほのか」

パシャ

真姫(まだカメラが日本に入ってきて間もない頃…その性能上の欠陥から写真の出来が悪く“魂を抜かれる”などと迷信が生まれ、当時の人々はカメラを嫌ったという)

真姫(そんな話とは関係なく…私もカメラは苦手だった。自分が撮る側になるまでは)

【神田明神】

チュン(・8・)チュン

希「…」サッサッ

真姫「…」

パシャシャ

希(…ん?)

バササッ

希(あの子…スズメの写真を撮ってたんかな?)

希「こんにちは」

真姫「…どうも」

希「今なら巫女さんも撮れるよ♪」ドヤァ

真姫「いや、そういうのは別に…」

希「あ、そう。…生き物や風景なんかを撮るん?」

真姫「ええ。…昔は東京なんて興味なかったけど…被写体を探して歩いてみると、結構面白い街ですよね」

希「そやね。田舎に比べて自然や生き物は少なくても、町ならではの景色と生き物の組み合わせは都会のほうがバリエーションが豊富やし」

真姫「そうそう。自然の中に生き物がいるのはある意味当たり前だけど、人が作り出した風景と野生生物の組み合わせってレアな感じがするから」

真姫(年末年始とか、TVのニュースでもよく見る人混みの神田明神とは…まるで別の場所みたい。こういう何もない日のほうが気楽でいいわね)

続きを読む

雪穂「三月十六日は」穂乃果「十六団子だよっ!」

雪穂「三月十六日は」穂乃果「十六団子だよっ!」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 00:08:19.78 ID:tUB7fVMK.net
雪穂「十六団子?」

穂乃果「そう。春になると田んぼの神様が山から帰ってくるんだって。その神様を迎えるためにお団子をお供えするんだよー」

雪穂「へー」

穂乃果「でも十六団子って東北地方の風習らしいから、東京では全然知られてないんだよね…」

雪穂「まあ、この辺りに田んぼなんてないし…山もないし」

穂乃果「でも要はお団子をたくさん作るイベントでしょ。穂むらとしては無視できないと思わない!?」

雪穂「そもそも誰に聞いたの。そんな話…」

穂乃果「お母さん」

雪穂「そうなんだ…でもお母さんも東京出身だよね?」

穂乃果「そのはずだけど…」

雪穂(お母さんは東北地方の風習をどこで知ったんだろう?)

穂乃果「とにかく!お団子はお父さんとお母さんに任せて、私たちは十六団子のことをみんなに知ってもらわなくちゃ!」

雪穂「みんなって…うちに来るお客さんはほとんど地元の人でしょ。田んぼがあるところに住んでる人は滅多に来ないと思うけど…」

穂乃果「でもみんな毎日お米は食べるでしょ。日本人なら、田んぼの神様が全く無関係ってことはないはずだよ!」

雪穂「まあね…」

穂乃果「よーし。じゃあ早速、協力してくれそうな人を集めよう!」

雪穂(大丈夫かなぁ…)

穂乃果「ことりちゃんも海未ちゃんもおだんごは好きだよね」

雪穂「おだんご嫌いな人なんてそうそういないと思うけど…」

穂乃果「特に海未ちゃんは日本の伝統文化には興味がありそうだし」

雪穂「まあ、海外よりは日本のことが好きそうな感じがするね」

ことり「十六団子?」

穂乃果「そう。おだんごをたくさん作ってお供えするんだよー♪」

ことり「へー。お月見みたいな感じかなぁ?」

穂乃果「んー?…まあ、そうかも」

ことり「でもお花見にはまだ早いよね…東京の桜は咲いてないし」

穂乃果「特に何かを見たりするイベントじゃないから…田んぼの神様を迎えるためのおだんごだよ」

ことり「田んぼは近くにないけど…」

穂乃果「そ、そうなんだけど…お米は食べるでしょ?一応っていうか、田んぼの神様には感謝したほうがいいのかなって」

ことり「そっか。そうだね♪」

続きを読む

海未「三月十五日は」穂乃果「靴の記念日♪」

海未「三月十五日は」穂乃果「靴の記念日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 00:13:18.00 ID:Lv0EfHck.net
【二月】

穂乃果「えへへ。海~未ちゃん♪」ギュ

海未「穂乃果…な、何ですか?」

穂乃果「今日は何の日か、わかるよね?」

海未「今日は…二月十四日ですね」

穂乃果「といえば?」

海未「ふんどしの日です」

穂乃果「ふ、ふんどし!?」

海未「ええ。二(ふ)十(と)四(し)…という語呂合わせだと思いますが」

穂乃果「そういうのじゃなくてさあ…もっと大事なこと忘れてない?」

海未「あとは煮干しの日ですね。これも2(に)1(棒)4(し)という語呂合わせで」

穂乃果「じゃなくて…もう!今日はバレンタインデーでしょ!?」

海未「はあ」

穂乃果「せっかく頑張って作ったのに…いらないんだったらあげないよ」プクー

海未「え。穂乃果の…手作り!?」

穂乃果「…いらない?」

海未「い、いえ。そんなことは…」

穂乃果「お母さんと雪穂にも味見してもらったから大丈夫だよ。食べて!」

海未「穂乃果の手作り…」

穂乃果「海未ちゃんに大好きって気持ちをちゃんと伝えたかったから!…どこかで買ってきたのより、ちゃんと自分で作ったほうがいいかなって」

海未「穂乃果///…あ、ありがとうございます」

続きを読む

希「毎月29日は肉の日!」ことり「1月29日は?」

希「毎月29日は肉の日!」ことり「1月29日は?」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 00:06:19.07 ID:dKHjaQWW.net
【十三年前】

希(5歳)「おっきくて、しろくて…もようはくろなん」ヌリヌリ

穂乃果(4歳)「それなにー?」

ことり(4歳)「うし?」

希「そう、うしさんや。ぼくじょうにいっぱいいるんよ」

穂乃果「へー。ほのか、ぎゅうにゅうすき!」

ことり「ことりも♪」

希(牛といえば白地に黒の模様で、牛といえばやっぱり牛乳。そのときはウチもそう思ってたん)

【十一年前】

理事長「今日はおうちで焼肉の日よ♪」

ことり(6歳)「やきにく?」

理事長「29日は肉の日って言って、売り出しがあったりするの」

ことり「へー」

理事長「希ちゃんも遠慮しないで食べて♪」

希(小1)「おにく…?」

希(ウチの好きな物は、おうどんさんと、穂むらのおだんご。焼肉にはまだあまり興味がなかった)

ジュー

理事長「焼けてきたら、こうやって裏返して…」ヒョイ

希「なんか、いいにおいがする…」

ことり「もうたべていいのー?」

理事長「まだよ。もう少し…」

希(半額になってるとはいえ、ちょっと上等な牛肉からは脂が出てきて…食卓は湯気、匂い、お肉の焼ける音で満たされる)

続きを読む

1 2 3 4 7