「 今日は何の日? 」一覧

絵里「十二月六日は」亜里沙「姉の日?」

絵里「十二月六日は」亜里沙「姉の日?」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 19:11:42.89 ID:ZAHLxwwl.net
※http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1479567713/とhttp://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1479826975/の続き

亜里沙(亜里沙のお姉ちゃんはキツネさんなの。穴を掘ったり、もともとある穴を巣にしたりして暮らします)

絵里「亜里沙。私、狩りに行ってくるわ」

亜里沙「え?…でも、どんぐりいっぱいあるよ?」

絵里「どんぐりはほかに食糧がないときのために蓄えておきましょう。動けるうちに、できるだけ外で食糧を探したほうがいいわ」

亜里沙(私は、どんぐりだけで充分だけど…お姉ちゃんはお肉のほうが好きみたい)

亜里沙「亜里沙も一緒に行っていい?」

絵里「そうね…でも天敵がいたり、危ないときはすぐに隠れるのよ?」

亜里沙「お姉ちゃんがいるから大丈夫よ♪」

ドバババ

亜里沙「寒いわ。お姉ちゃん…」フルフル

絵里「この滝の上まで駆け上がれば魚がたくさんいるの。亜里沙はここで待ってて」

亜里沙「でも…お姉ちゃんと一緒に行きたいな」

絵里「亜里沙…」

亜里沙「お、お姉ちゃん」ギュ

絵里「しっかりつかまってて。一気に行くわよ!」タタッ

ピョーン スタッ

亜里沙(お姉ちゃんはまるでダンスのように身軽な動きで崖を登っていった)

亜里沙「Хорошо♪」

絵里「ふふふ。まだまだ…獲物を手に入れなくちゃ、ここまで来た意味がないもの」

亜里沙「でも冬の川って、とても冷たそうよ…大丈夫?」

絵里「水に長時間浸かっていなくても魚は獲れるわ。頭を使えば…」

バササッ

亜里沙「?」

絵里(鳥がいるわね…魚を獲りに来たのかしら?)

理事長「うふふ。いるいる…いただきます♪」シュバッ

絵里(魚より鳥のほうが大物ね…)ギラリ

亜里沙(お姉ちゃん、あの鳥さんを狙ってるの…?)ドキドキ

続きを読む

真姫「十二月三日は…妻の日?」穂乃果「みかんの日♪」

真姫「十二月三日は…妻の日?」穂乃果「みかんの日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/03(土) 00:05:27.01 ID:2sFJvG89.net
【十二年前】

花陽ママ「はーい、みんなで歌ってねー♪」

真姫(うたはとくいよ。わたしがいちばんじょうずなんだから!)

穂乃果(5歳)「はぴほーりーでいはぴほーりーでいわらぐろーりあすたーもりいぇい♪」

真姫(たもり?)

穂乃果「くーりすーまーすーがこーとーしぃもーやってくーる♪」

真姫(あのこ、うまいわね…まけられない)メラメラ

穂乃果「けんたいきのうた、だいすき♪」

ことり(5歳)「けんたいき…?」

真姫(それをいうならケンタッキーでしょ。ばかね)

穂乃果「あのね、フライドチキンはね、とりさんのおにく!」

ことり「えぇ!?」

真姫(4歳)「チキンはにわとりよ。そのへんにとんでるとりのおにくじゃないわよ」

穂乃果「そうなんだ?ことりちゃんじゃないんだって!」

ことり「あたりまえだよ…」

真姫「あなた。ちょっときなさい!」ギュ

穂乃果「わ。なにー?」

真姫「いいからいくの」グイグイ

穂乃果「たすけてー。さわられるー」キャッキャ

ことり(さらわれる…かな?)

真姫「あなた。わたしとしょうぶして!」

穂乃果「あなたじゃないよ。ほのかだよ」

真姫「ほのか。わたしは、まきよ。にしきのまき」

穂乃果「まきちゃん♪いっしょにあそぼ♪」

真姫「あそびじゃなくてしょうぶよ。わたしがかったら…」

穂乃果「かったら…?」

続きを読む

希「十二月一日は」花陽「鉄の記念日♪」

希「十二月一日は」花陽「鉄の記念日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 20:14:10.50 ID:B7z5ouws.net
【十一年前】

凛ママ「はいっ、みんな注目!」

のぞえりにこ「?」

凛ママ「この中で磁石にくっつくもの、どーれだ?」

にこ(小1)「くぎ!」

絵里(小1)「おでんの、あきかん!」

希(小1)「えーと…えーと…ぜんぶ?」

凛ママ「じゃあ、実際にやってみましょう♪」

希(鉄は磁石にくっつくんや。でも磁石にくっつくものが全部鉄ってわけやないんよ)

絵里「ハラショー♪」キャッキャ

希「スピリチュアルやね」

にこ「すぴ…?」

凛ママ「みんな、磁石の使い方はわかったかなー?」

のぞえりにこ「はーい♪」

凛ママ「じゃあ、みんなで砂場へ行ってみよう♪」

のぞえりにこ「わー♪」キャッキャ

凛ママ「廊下は走らないでねー?」

のぞえりにこ「はーい!」

にこ「のぞみ。スピなんとかってなによ?」

希「かがくではかいめいできないふしぎなチカラや」

絵里「じしゃくって、かがくのチカラじゃないのー?」

【八年前】

希(小4)「お。てつのツメを売れば、はがねのキバが買えるみたいや…」

希(鉄の爪のほうがカッコよくて強そうなのに…鉄と鋼鉄ってどう違うんやろな?)

続きを読む

雪穂「11月30日」亜里沙「も」「♪日の鏡」果乃穂

雪穂「11月30日」亜里沙「も」「♪日の鏡」果乃穂

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 19:11:02.80 ID:RULUpCUu.net
【八年前】

ことり(小3)「ほのかちゃん。ことりのおよめさんになって♪」

穂乃果(小3)「あー、ごめんね。ことりちゃんも大好きだけど…ほのか、ゆきほのおよめさんになるってやくそくしたんだ♪」

ことり「えぇ!?」

海未(小3)「でも、姉妹では結婚できないと思いますけど…」

穂乃果「え。…うそ!?」ガーン

【高坂家】

穂乃果「…」グスッ

雪穂(小1)「おねえちゃん?…どうしたの?」ナデナデ

穂乃果「ほのか、ゆきほのおよめさんになれないって…姉妹はケッコンできないから…」ポロポロ

雪穂「なかないで。おねえちゃん…ケッコンしなくても、ゆきほはずっとおねえちゃんといっしょだよ」ギュ

穂乃果「ゆきほ…ありがと…」ギュー

雪穂「おねえちゃん。だいすき」チュ

穂乃果(…ゆきほ///)

【四年前】

穂乃果(学年が違うから、学校でもクラスは別々…それでも今までは同じ小学校だったから、そんなに不安はなかった)

雪穂(でも今年から、お姉ちゃんが中学生になって…すぐに会いに行けないし、一緒にいられない時間が長く感じる…)

穂乃果(中1)「ただいまー」

雪穂(小5)「お姉ちゃん。遅いよ!どこ行ってたの?」

穂乃果「どこって、部活だよ。私ね、剣道部の」
雪穂「いいから来て」グイ

穂乃果「ちょっ、雪穂?」

穂乃果(ちょっとでも寂しさを忘れようと部活に打ち込んだけど…)

パタン

穂乃果「だ、だめだよ雪穂。私、汗くさいから…」ジタバタ

雪穂「じっとしてて。こっち向いてよ。お姉ちゃん」

穂乃果「…うん」

チュッ

穂乃果(ちょっと強引だけど…でも嬉しいな///)

続きを読む

ことり「十一月二十九日は」希「いい服の日♪」

ことり「十一月二十九日は」希「いい服の日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 19:07:14.07 ID:jwhcsjQu.net
希「ふー。今日も冷えるなあ…あとひと月ちょっとで今年も終わりや」

希(今年も地上では…いろいろ悪いことが起こった。毎日お祈りして、供物をして、神様を大切にしてくれる人たちも皆が幸せにはなれなかったんやな…)

希(ウチも来年こそ一人でも多くの人に福を届けられたら…)

希(…いや、まだ今年はひと月もある!始めるなら今からや。でも、どうやって福を届けたらいいんかな…?)

『鬼は外!福は内!』

希(豆まき…にはまだ早いし。そもそもウチが豆まいたくらいで福が誰かの元に届くんかな?)

希「うーん…」カチ

希(へー。フグのことを“ふく”って言ったりするんやな…でも毒があるからウチには料理できないし)

希「…高すぎ!こんなお金あるんやったら毎日焼肉で幸せになれるわ」

希(お肉食べたくなった…検索しよ。和牛っと)カタカタ

希「ん?…なんやこれ」カチ

希(弓?…あ、和牛と間違えて“わきゅう”って打ってるやん…それで和弓か)

『海未ちゃんといえば和弓!弓が似合う巫女さんのイメージです♪』

希(へー。この巫女の衣装、本物やなくて自作なんや…よくできてるなぁ。作った人は…南ことり)

希「福…ふく…服!」ピーン

希(ウチが服を作って、それをいろんな人に着てもらえば…豆と違って福を身につけられる!名案やんな♪)

チョキチョキ チクチク…

希「…なんやこれ」ボロッ

希「ウチには服作りの才能がなかったんやな…そういえば全然作ったことないし」ガクッ

【南家】

ことり「行ってきまーす♪」ガチャ

希「師匠!」

パタン

ことり(…な、なに!?今の人…)

理事長「ことり?…忘れ物?」

ことり「う、ううん。なんでもないよ…アハハ」

理事長「?…そう?気をつけて行ってらっしゃい」

ガチャ

希「あっ、師匠!」

ことり「」

続きを読む

英玲奈「コトリのアトリエ?」あんじゅ「十一月」希「二十六日は」ツバサ「いいチームの日?」ことり「いい風呂の日♪」

英玲奈「コトリのアトリエ?」あんじゅ「十一月」希「二十六日は」ツバサ「いいチームの日?」ことり「いい風呂の日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 17:51:48.22 ID:ZeWr8cp4.net
【五月】

ツバサ「チームワークよ!」

英玲奈「突然どうした?ツバサ…」

ツバサ「私たちって個々の能力は高いけど、個性はバラバラでしょ?」

あんじゅ「そーね」カミノケクルクル

ツバサ「だからこそ!私たちに必要なのはチームワークだと思うの!」

英玲奈「それはもっともだが…現状、我々にそれが欠けているようには感じない」

あんじゅ「そうよね。私たちって仲良しだから♪」

ツバサ「確かに私たちは仲良しだけど…それだけで満足していてもいいのかしら?」

えれあん「えっ」

あんじゅ「何がいけないっていうのよ?」

ツバサ「ただの仲良しとチームワークは別物よ。そう思わない?」

あんじゅ「もっともらしいこと言っちゃって…」

英玲奈「まあ、確かに…スポーツなどでも馴れ合いのチームが良い結果を出せないことはあるようだが」

あんじゅ「じゃあ、ツバサは具体的にどうしたいのよ?…まさか、距離を置こうとか言うつもり?」

ツバサ「いいえ。むしろ逆…ただの仲良しを超えて、私たちが本当の一体感の境地に達するためには…」

英玲奈「どうする気だ?ツバサ」

ツバサ「合宿よ!」

あんじゅ「アメリカ、メキシコ」

ツバサ「それは合衆国」

英玲奈「メキシコといえばグアダルーペの聖母だな」

ツバサ「それは褐色」

あんじゅ「三人でメキシコへ行くの?」

ツバサ「違うわよ。…いや行ってみたいとは思うけど、海外旅行じゃなくて合宿よ。合宿!」

あんじゅ「それはわかったけど、どこへ行くつもりなのよ?」

英玲奈「今年のGWは短いぞ。あまり遠出をするのは難しいと思うが」

ツバサ「ただの旅行じゃないんだから、遠くへ行くだけが合宿じゃないわ。三人で泊まれば、どこでも合宿はできる」

続きを読む

凛ママ「十一月二十四日は」凛「かつおぶしの日?」

凛ママ「十一月二十四日は」凛「かつおぶしの日?」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 00:00:49.64 ID:V+NK5f5d.net
1ねん1くみ ほしぞら りん

りんは、ねこさんがすきです。でも、りんは、ねこアレルギーなので、ねこさんといっしょに、くらすことができません。
りんは、おさかながキライです。さかなは、なまぐさいし、ほねがあるから、ささったりしてあぶないです。
イルカや、あざらし、ペンギンなど、うみにすむいきものたちは、おさかながだいすきです。りんは、すいぞくかんでイルカやペンギンをみて、かわいいな。とおもいました。
だから、りんはペンギンさんといっしょにすみたいです。りんのキライな、おさかなをペンギンさんがよろこんでたべてくれて、りんもペンギンさんも、しあわせになるとおもいます。

【九年前】

花陽ママ「ふふっ…凛ちゃんったら、そんなにお魚が苦手なのね。ふふふ」

凛ママ「もう。他人事だと思って…私は何とか凛にお魚を食べさせようと日々努力してるっていうのに」

花陽ママ「まあ栄養のバランスを考えたら、食べないより食べたほうがいいのはわかるけど…」

凛ママ「そうでしょ。幼稚園のときに克服できなかったのは、あなたの責任でもあるんだからね」プクー

花陽ママ「そうは言っても、お魚苦手な子は少なくないし…そういう子でも食べられる物を食べさせたほうが無駄もなくていいのよ。何より子供たちが喜んでくれるし♪」

凛ママ「でも骨がなくて魚くさくない魚となると、だいぶ限られてくるわよ…ツナ缶なんかほとんど脂肪分でしょ」

花陽ママ「そうねー。ツナは高カロリーだし…カルシウムとか摂るならツナ缶よりは、ちりめんじゃこみたいな小さくて丸ごと食べられるお魚が基本かしら…」

凛ママ「カルシウム以外はどうなの?…DHAとかEPAとか、ちりめんじゃこで摂れるの?」

花陽ママ「魚の種類でいえばイワシの稚魚だったりするみたいだから、DHAやEPAも含まれてると思うわ。マグロの赤身や鰹なんかより遥かに多いはずよ」

凛ママ「鰹って栄養ないの?」

花陽ママ「そんなことないわよ。たとえば…かつおぶしはタンパク質、カルシウム、カリウム、ビタミンD、Eとか栄養が豊富で、ツナと違って脂肪分も少ないし消化もいいから子供に食べさせるにはすごくいいみたい」

凛ママ「なるほど。かつおぶし…それなら魚っぽくないし、ちりめんじゃこより抵抗なく食べてくれるかも?」

凛(小1)「おむぎり!なかみ、なにー?」

凛ママ「おむすび。中身は食べてみてのお楽しみ♪」

続きを読む

ことり「ことりのおうち?」希「十一月二十三日は」英玲奈「手袋の日」

ことり「ことりのおうち?」希「十一月二十三日は」英玲奈「手袋の日」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 00:02:55.47 ID:+rGo6lOV.net
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1479567713/の続き

ことり「ふん♪ふん♪ふふふふん♪」

希「ことりちゃん。…それ、何?」

ことり「んー?なんだろ?巣の材料になるかなぁと思って拾ってきたの」

希「へー」

ことり「このままでもあったかいよ。希ちゃんの毛皮みたいに♪」

希「確かに、あったかそうやね…」モゾモゾ

ことり「中に入れるようになってるんだね。…これ、誰かの巣なのかなぁ?」

希「奥のほうは狭すぎてウチでも入れないよ。四つに分かれた小さな部屋があるみたいや」

ことり「こっち側にも小さな部屋があるから、五つじゃないかなぁ?」

希「そっか。でも二人で入るんやったら広い部屋だけで充分やね」

ことり「二人だと、ちょっと狭いけどね。ふふふ」ギュー

希「とりあえず中には何も居ないみたいや」

ことり「うん。…でも、巣の主が出かけてるだけって可能性もあるのかな?」

希「どうやろ…もしそうなら今頃誰かが困ってるんかな?」

ことり「あったかくて素敵だから、手放すのは惜しいけど…返してあげたほうがいいかなぁ?」

希「そやね。森のみんなに訊いてみようか…」

亜里沙「わあ、あったかいね♪」スリスリ

ことり「亜里沙ちゃんのじゃないみたいだね」

亜里沙「はい。亜里沙はリスだから…自分で巣を作るより、もともと木にあいてる穴とかを使ったりするの」

希「あの木の穴、貸してくれてありがとね。助かったよ♪」

亜里沙「どういたしまして。亜里沙も、お姉ちゃんと一緒に暮らせて嬉しい♪」

絵里「あら、それ何?素敵な毛皮ね♪」

亜里沙「柔らかくてあったかいよ。お姉ちゃんも触ってみて♪」

絵里「ふかふかね。あったかくて気持ちいい♪」モフモフ

亜里沙「お姉ちゃんのしっぽもフサフサして気持ちいいよ♪」モフモフ

絵里「亜里沙…くすぐったいわ///」パタパタ

希「エリちのでもなさそうやね…」

絵里「何の話?」パタパタ

ことり「これ、中に入れるようになってるの。だから誰かの巣なんじゃないかと思って、持ち主を探してるんだけど…」

続きを読む

希「十一月二十二日は」花陽「ボタンの日」

希「十一月二十二日は」花陽「ボタンの日」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:01:47.66 ID:v9W8xNnL.net
【昨年】

絵里(二年)「牡丹?…春の花だったかしら?」

希(二年)「秋から冬にかけて咲く品種もあるんよ。…って、花の牡丹やないよ。制服のボタンの話」

絵里「ブレザーのボタンがどうかしたの?」

希「三月に卒業しちゃう先輩がいるやろ?エリちは誰かのボタン貰ったりするん?」

絵里「別に、そんな予定はないけど…そんな物もらってどうするの?」

希「あれ、エリちは知らない?…好きな先輩が卒業するとき後輩がボタン貰ったりするのは定番なんよ」

絵里「そんなこと言われても…ボタンって二つあるじゃない。貰うならリボンじゃないの?」

希「まあリボンでもいいんだけど…ボタンは二つで一対やろ。二つしかない物を恋人と自分で一つずつ持ってる。それって結婚指輪みたいやん?」

絵里「…そういう話なら、尚更そんな物を貰う気はないわ」

希「エリちは気になる先輩は居ないの?」

絵里「ある程度尊敬できる人くらいは居るけど、だからってその人と恋愛関係になりたいとは思わないわ」

希「ふーん…じゃあ、エリちの恋愛対象は同級生か後輩なん?」

絵里「…」

『あっちであそぼ。えりちゃん』

絵里「…い、居ないわよ。そんなもの」

希「ふーん?」

絵里「そういう希はどうなの?…そんなこと考えてるんだから、そういう相手がいるんでしょ?」

希「いや、ウチも特に気になる先輩は居ないかな…」

絵里「そうなの?」

希「うん。だって、どの先輩よりエリちのほうが美人やし♪」

絵里「そんなこと言っても、ボタンもリボンもあげないわよ」

希「まあウチらの卒業はまだまだ先やし、ボタンもリボンもまだ使うもんね」

絵里(卒業まで一年と四ヶ月足らずか…これから先、そんな相手が現れるのかしら?)

続きを読む

ことり「ことりのおうちに」希「住マウスて♪」亜里沙「十一月二十日は毛皮の日」

ことり「ことりのおうちに」希「住マウスて♪」亜里沙「十一月二十日は毛皮の日」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 00:01:53.06 ID:+uKq6zNL.net
ことり「ふん♪ふふふふふん♪ふふふふふん♪ふふふふふふふふん♪」チクチク

ことり「できた!葉っぱを縫い合わせて作った、ことりの巣♪」

ドタバタ

凛「まてまてまてー!」タタタ

希(あの猫、めっちゃ速い…このままやったら捕まっちゃうやんな)

希「はっ!」ピョーン

モゾモゾ

ことり「えっ。きゃあ!?」

希「しーっ。大きな声出したらアカン…」

ことり「な、何なのぉ!?ことりのおうちにいきなり入ってきて…」

希「ウチは東條ねずみ。お腹を空かせた猫に追われてるんや。ちょっと隠れさせて」

ことり「猫さん?…って、もしかして鳥も食べたりする…?」

希「まあ、そういうこともあるやろな…ねずみの肉より鳥のほうが美味しいかもしれないし」

ことり「そ、そんな…」ガクブル

希「でも、この葉っぱの巣の中にいれば猫は入って来られないやろ?」

ことり「まあ、葉っぱじゃ猫さんの体重は支えられないし…大きさ的に無理だよね」

希「というわけで、ことりちゃん!」ギュ

ことり「は、はい?」

希「ここでウチと一緒に暮らそう!」

ことり「それって…プロポーズ!?///」ドキドキ

希「うん。…まあ、哺乳類と鳥類で子供ができるかは知らんけど」

ことり「タマゴから生まれるネズミさんなんて聞いたことないし、無理じゃないかなぁ…」

希「でも、ことりちゃん可愛いし♪ここに居てもいいんやったら、ウチがことりちゃんを守ってあげる!」

ことり「希ちゃん…えへへ。じゃあ、よろしくお願いします♪」

希「へー。葉っぱを蜘蛛の糸で縫ってるんやね…」

ことり「あとは寒くないように、枯れ草とか集めてきて敷き詰めるんだよ♪」

希(低木の枝先にぶら下がった不安定な巣やけど、ウチらの体重なら何とか大丈夫みたいや)

ことり「ねずみさんって結構ふさふさしてて、あったかいんだね♪」ギュー

希「ことりちゃん…///」ドキドキ

続きを読む

1 2 3 4