「 かなダイ 」一覧

果南「ダイヤ、>>3しよ」ダイヤ「は?」

果南「ダイヤ、>>3しよ」ダイヤ「は?」

1: 名無しで叶える物語(庭) 2018/07/11(水) 20:05:57.36 ID:EdKbAQGG
>>3

続きを読む

果南「ダイヤと濃厚孕まSックスしたいなぁ」

果南「ダイヤと濃厚孕まSックスしたいなぁ」

2: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/06/23(土) 20:33:15.37 ID:DbA0xJes
~3年生の教室~

果南「うーん……」ムムム

果南「でもなぁ。私、おちんちん生えてないし……」

果南「沼津の女の子は 高確率でおちんちん生えてるけど……」

果南「なんで私にはないんだろ……」ハァ...

果南「どうにかしてダイヤとラブイチャ濃厚子づくりセックスできないかなん……?」ウーン...


ダイヤ「か、果南さん……?」

ダイヤ「あの、全部 聞こえているのですけど……」ドンビキ

続きを読む

【ss】お泊りダイヤちゃん

【ss】お泊りダイヤちゃん

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/05/04(金) 21:27:15.70 ID:TkHYtU/a
ダイヤ「お邪魔します…」

彼女が泊りに来た。

ダイヤ「今日は…その…っ」

ダイヤ「よ、よろしくお願いしますわっ!」

彼女とは1ヶ月前に知り合った

ステージの上でキラキラ輝きながら踊っていたダイヤちゃんが今、__の部屋に…!

ダイヤ(靴がうまく脱げな…いっ!)ヨロッ…

ダイヤ「あっ…!」

!!

ギュッ!

ダイヤ「……ご、ごめんなさい…///」ドキドキ

とてつもなくいい匂いが__の身体を包んだ

外は暗く、もう押し倒してもいい気がする…。

1.押し倒す
2.がまんする

>>3

続きを読む

ダイヤ「GALAXY HiKE and Seed」

ダイヤ「GALAXY HiKE and Seed」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 18:37:38.11 ID:/+hpBmw+0
『―――ヤ,どこにいったの?―――ヤ!』

―――
――――――
―――――――――
――――――――――――

続きを読む

ダイヤ「果南さんはお強いですわ」

ダイヤ「果南さんはお強いですわ」

1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/02/10(土) 22:45:33.44 ID:PcdAgISP
ダイヤ「んくぅーっ!」プルプル

ダイヤ「だめですわ」ハァハァ

果南「やっほーダイヤ」ガラ

ダイヤ「果南さん。良いところに」

果南「なになに?」

ダイヤ「この瓶の蓋がどうしても開かないので開けてくださいな」

果南「やってみる。」ニギ

果南「ん」ガシャァン

果南「ごめん割れた」

ダイヤ(果南さんはお強いですわ)

続きを読む

∫∫( c||^ヮ^||「ダイヤ~ねぇダイヤってば~」スリスリ ダイヤ「はぁ…」

∫∫( c||^ヮ^||「ダイヤ~ねぇダイヤってば~」スリスリ ダイヤ「はぁ…」

1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/01/18(木) 18:37:32.25 ID:CypC8caA
∫∫( c||^ヮ^||「ダイヤ~構ってよダイヤ~」スリスリ

ダイヤ「…果南さん」

∫∫( c||^ヮ^||「?」

ダイヤ「離れてくださる?」

∫∫( c||^ヮ^||「やだ」

ダイヤ「離れなさい」グググ

∫∫( c||^ヮ^||「やーーだーー!」ハグゥゥ

続きを読む

ダイヤ「く、臭過ぎますわ…っ」

ダイヤ「く、臭過ぎますわ…っ」

26: 名無しで叶える物語(茸) 2018/01/11(木) 17:59:38.01 ID:YuK33Yuq
果南「いや~練習着持って帰るの忘れちゃってさ~」

ダイヤ「まあ土日しまいっぱなしですの!?臭いだけじゃなくだらしないなんて許せませんわ!」

果南「そんなにプリプリしないでよ、ほらちゃんとファブリーズかけたからいい匂いだよ?」

ダイヤ「クンクン…くっさ!!!体臭とファブリーズが混ざって生ゴミのような臭いですわ!」

果南「そんなことないよ~クンクン、ほらね?」

ダイヤ「ほらじゃありませんわ!あなたって人は本当に……ってこの黒い染みはなんですの…?」

果南「あ、カビてるね」

ダイヤ「まああああああああああ!!!!!」

ダイヤさんとだらしない果南の読みたい

続きを読む

ダイヤ「果南さんに勉強を教えますわよ!」

ダイヤ「果南さんに勉強を教えますわよ!」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/03(水) 20:27:44.18 ID:blDiXPme
今日は果南さん鞠莉さんとお勉強…

只でさえ出席日数が危ないのに
勉強までダメだとなると果南さんが千歌さん達と同級生になってしまいますわ

続きを読む

ダイヤ「果南には鞠莉さんがいるのは分かってます、でも今だけは私を見て…抱いてください…」ギュッ

ダイヤ「果南には鞠莉さんがいるのは分かってます、でも今だけは私を見て…抱いてください…」ギュッ

1: 名無しで叶える物語(浮動国境) 2018/01/02(火) 16:21:35.73 ID:UNpBalA2
という設定の本を次の同人イベで出そうと画策する梨子ちゃん

続きを読む

酒と煙草と果南とダイヤ

酒と煙草と果南とダイヤ



 カンカンと音を立てながら金属製の階段を登る。
 その軽快なリズムとは裏腹にバイト上がりの私の体は底なし沼に囚われたかのように重かった。
 それでもなんとか自室の前までたどり着くと、疲れ切った体で無い余力を振り絞って扉を開け、私は一つ溜め息をつく。

ダイヤ「またですか……」

 視界に靄がかかった錯覚さえ催すほど部屋中に染み付いた煙草の臭いに混じって、新鮮でとげとげしい紫煙が私の鼻腔をくすぐった。
 かび臭い空気を吐き出すだけのエアコン、黄ばんだ壁紙、畳や台所の床には煙草の焦げ跡がチラホラと。とにかく安いところをと選んだ物件、広さと立地を考えれば信じられないような値段のアパートだったが、なるほど破格の値段には相応の理由があるというもの。
 国内中が禁煙ブームとはいえ、このボロアパートで今更煙草の一つや二つ吸ったところで誰も気にしない。私はもちろん、大家だって失火でもない限り何も言ってこないでしょう。

果南「ダイヤも吸う?」

 だから、私の呆れたような口ぶりは、灰皿の前に座って暢気そうに笑うこの幼馴染への逆恨みみたいなものでしかありません。

続きを読む

1 2 3 4