「 ちかよし 」一覧

美渡「あれ? 善子ちゃんじゃん、そんなとこでどうしたの?」

美渡「あれ? 善子ちゃんじゃん、そんなとこでどうしたの?」

1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/25(日) 01:53:23.85 ID:GNtgV/9d
善子「えっと、千歌ちゃんと約束してたんですけど、なんか連絡がつかないみたいで」

美渡「あー、あいつならさっきしいたけの散歩に行っちゃったよ。さてはスマホ持って行かなかったなあのバカ千歌」

美渡「玄関で待ってるのもなんだしさ、上がりなよ」

善子「あ、はい。それじゃあお邪魔します」

続きを読む

千歌「善子ちゃん! 今日は何の日でしょうか♡」

千歌「善子ちゃん! 今日は何の日でしょうか♡」

5: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/09/25(火) 12:54:15.25 ID:wlh3SPrj
善子「なによ急に……」

善子「邪悪なる我らと対を成す聖の――」


千歌「はいクリスマス!! クリスマスイブだね!!」


善子「っ、そ、そうね……もう十分堪能したでしょ? ケーキも食べたし……」

千歌「もー寝ようとしてる」

善子「いや、だって」


千歌「……」

千歌「……ほ、ほかに千歌とシたいこととか……な、ないの?」チラ…//


善子「……」

 

善子「――え……?」

続きを読む

善子「世間を偽る」千歌「仮の姿」

善子「世間を偽る」千歌「仮の姿」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/29(日) 18:48:20.82 ID:Sb/SW72F
とあるお店

千歌「どうしたの善子ちゃん。さっきからずっと黙ってるけど……」

善子「……私は、馬鹿でどうしようもない女よ」

千歌「どうしたの? 急に……」

善子「黙って聞いて。私は確かに、頭は良くないし、運動ができるわけじゃないし、不幸体質で、偶に堕天使なんて言っちゃう痛い奴で……自分のダメなとこなんて、いくらでも出てくるわ」

千歌「そんなこと……」

善子「でもね、たった一つだけ……世界中の誰にも……貴女の幼馴染にだって負けない事がある。それは……千歌、貴女を思う気持ちよ」

千歌「うぇえ!?///な、なにもー!やだなもー!!ど、どうしたの急に?」

善子「……付き合ってから三年、貴女にどうしても伝えたい事があってね」

千歌「な、なに……?///」

善子「……千歌、私と……私とっ……」

千歌「……///」

善子「私と―――」

ピ-ピ-! ピ-ピ-!

善子「っ―――」

千歌「なに? 続けて? 」

続きを読む

梨子「天国より貴女へ」

梨子「天国より貴女へ」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/05/24(木) 21:46:22.35 ID:xErg7ck9
鞠莉「梨子ー」

梨子「はーい」

鞠莉「そろそろ集会の時間よ」

梨子「あれ、もうそんな時間ですか」

鞠莉「何してたの~?またイケナイ本でも読んでた?」

梨子「読んでません」

続きを読む

善子「お酒の力で」

善子「お酒の力で」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/06/26(火) 18:17:22.52 ID:FrmcXynr
千歌(21)「んぅ……、ふぁ……」

千歌「あー、もう朝か……」

千歌「んー? なんかいつもより布団が暖かい気がするし…、明らかに抱き枕じゃない温もりを抱き締めてるし……、寝息が聞こえるし………、お酒の飲みすぎで頭が痛いし…………」ダラダラ

善子(20)「ぅん……? あれ? 千歌さんもう起きたの?」

千歌「お、おはよう善子ちゃん」

続きを読む

善子(22)「何買ってるのよ……」千歌(23)「お酒だよ♡」

善子(22)「何買ってるのよ……」千歌(23)「お酒だよ♡」

1: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/26(火) 10:33:54.06 ID:0NIRLymJ
東京  駅前

 

千歌(23)「……どこかな、んん、駅間違ってないよね?」キョロキョロ

善子(22)「――ん、千歌」


千歌(23)「あっ!! 久しぶりー!!!!」


善子「久しぶり」

千歌(うわっ……かわいい…………綺麗って方が合ってるかな……)

千歌「……」ジ-ッ…


善子「な、なによ」


千歌「う、ううんなんでも! 1年半ぶりくらいだね!」

善子「それくらいかな、とりあえずここで話しててもあれだし……ウチに行きましょ」

千歌「うんっ、おじゃましまーす!♡」

千歌「近いの?」


善子「10分くらい」

続きを読む

千歌「ハローみなさん///♡ビッchの時間だよー///♡」

千歌「ハローみなさん///♡ビッchの時間だよー///♡」

1: 代行(茸) 2018/06/25(月) 23:49:03.78 ID:mQZq8xSJ
千歌「みなさんこんにちはー///みんなのビッチアイドル、心のお便器、ラッキーyoUでーす///気軽に"よーちゃん"って呼んでくださーい///♡はじめましての人も、そうじゃない人もよろしくね///♡」ヒラヒラ

『待ってた』

『WATER BLUE NEW WORLDで待ってた』

『ノーブラで待ってた』

『ノーブラ聴いて待ってた』

千歌「エッヘヘ///♡みんなありがチュー♡予告する♡あなたの精子いただくよ♡……なーんてね♡」

『国゛際゛警゛察゛の゛権゛限゛に゛お゛い゛で実゛力゛を゛行゛使゛ずる゛!!』

千歌「さてさて好評のビッch……今日も今日とて、私と一緒にみんなのおチンチンを盛り上げてくれるゲストさんは~……この人っ♡」

善子「クックックッ♪邪淫に囚われし哀れなシコルデーモンよ……今宵も我が魔眼に魅入られ、汚泥に等しき白き欲望を吐き出すことを赦そう♪我が名はヨハネ……堕天使ヨハネ!堕天……降臨っ!!♪」ギラン♪

千歌「はいっ♡とゆーわけで♡今日もヨハネ様と一緒に、エッチなこといーっぱいしちゃいまーす♡あ、じゃなくて……」

ヌギッ……

プルン♡

千歌「エッチなこと……いーっぱいされちゃいまーす///♡」

善子「ギラン♡」

続きを読む

千歌「飲みすぎにはご注意を」

千歌「飲みすぎにはご注意を」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/06/07(木) 13:09:41.20 ID:4H64XB5a
善子(19)「ん、いらっしゃい」

千歌(20)「えへへ、お邪魔しまーす」

善子「全く、来るなら来るでもっと早く連絡しなさいよ」

千歌「たまたまこっち来たからびっくりさせようかなって」

善子「何も準備してないわよ?」

千歌「それは大丈夫! お酒とかいっぱい買ってきたから!」

善子「私飲めないんだけど!?」

千歌「ふっふっふ……、今夜は寝かせないぜ」

善子「帰ってください」

千歌「酷い!?」

続きを読む

千歌「善子ちゃんとえっちがしたい」

千歌「善子ちゃんとえっちがしたい」

善子ちゃんと付き合い始めて3ヶ月。

手を繋いでデートもしたし、何度もお互いの家でお泊まり会もした。

そうなると今度はその次のステップに進みたいと思うのが人間だと思う。

つまりどういうことかと言うと、私は善子ちゃんとえっちがしたいです。

普通の女の子ならもって当然の欲のはず。曜ちゃんだって梨子ちゃんと付き合い始めて2ヶ月でしょや?を迎えたって言うし。

続きを読む

千歌「善子ちゃんは普通が嫌い?」

千歌「善子ちゃんは普通が嫌い?」

1: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/05/01(火) 13:36:11.38 ID:Hcm2wYB5
善子「なによ急に」

千歌「普通が嫌いなら、私の事も嫌いなのかなって思って」

善子「……」


本当になんなの?

急に変な質問してきて……


善子「そうね……」


意図はわからないけど、帰り支度をしている手を休めないで答えるわ。


善子「普通は嫌いよ」

千歌「そう」

善子「でも、貴方の事は……」

千歌「……?」

善子「嫌いじゃないわよ」

千歌「そうなんだ」

善子「まぁ、好きでもないけどね」

千歌「ふぅん、そっか」

善子「……」


言ってから「あぁ、また余計な事を言っちゃったわ」と後悔。

きっと「千歌先輩の事が大好きです」とでも言えば良かったんだろうけど……

実際口から出たのは「貴方の事は好きでも嫌いでもない」という、さっき休憩中に食べたアイスみたいに冷えた冷たい言葉。

そこには甘さなんて物はちっともなくて、
こんなキツい言葉ばかりが出てくる、自分の口が本当に嫌で仕方なくなっちゃう。

続きを読む

1 2 3 4