「 ことほのうみ 」一覧

海未「私は何のために生きているのでしょうか」グスン

海未「私は何のために生きているのでしょうか」グスン

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/06(水) 23:03:05.86 ID:0VJfoaJC0
ことり「海未ちゃんのおかあさんに聞いても最近は様子が変だって」

穂乃果「学校だけじゃなかったんだ」

ことり「うん、部屋で一人で泣いてることが最近多くてよく目が腫れてるって...」

穂乃果「今から行こう!海未ちゃんの部屋に!!」

ことり「でも、家族にも相談してないのに勝手にその問題に入っていっていいのかな?...」

穂乃果「それは...分からない、でも!」

穂乃果「私は海未ちゃんが悲しんでるなら力になりたい!」

ことり「私も!!そうだよ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1512568985

続きを読む

海未「遊戯王の新しいパックを買いに行きましょう」

海未「遊戯王の新しいパックを買いに行きましょう」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/27(月) 22:09:01.22 ID:ORVEp5nu.net
※買いに来ただけでデュエルはしません

穗乃果「というわけでカードショップに来たよ!」

海未「目当てはハリファイバーですね」

ことり「二人は遊戯王好きだね」

穗乃果「海未ちゃんが久々にやろうって言うからね」

海未「20周年映画で懐かしい気持ちになりました」

穗乃果「今はリンク召喚?ってのがあるんだね」

海未「今日はマスタールール3でやりますから関係ありませんけどね」

続きを読む

海未 「穂乃果はコタツ、ほのかな温度」

海未 「穂乃果はコタツ、ほのかな温度」

1: ◆V2J9lvBO6Y 2017/11/27(月) 18:42:03 EGbDqsFg

木製の床と壁に囲まれた園田家の道場に、冬の風物詩がやってきた。


海未 「ついにやってきましたね、穂乃果」

コタツ 「……」


─ ── 頭がおかしくなったわけではない、ましてや穂乃果がコタツに変身したわけでもない。


きちんとした理性を保ったうえでの発言であるということを、私自身 自覚していた。


この状況になった理由を説明するには、時間を少々巻き戻さなくてはならない。

続きを読む

穂乃果「三人寄れば?」

穂乃果「三人寄れば?」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 19:34:26.85 ID:Bcm0BZVW.net
【褒められない】


海未「九十五点です。今回は少し難しかったですね」

ことり「海未ちゃんすごーい!」

ことり「穂乃果ちゃんは……」

穂乃果「……四十点」

ことり「あ……ま、まあ前よりは上がってるから……」

穂乃果「それ、褒めてるの?」

ことり「え……もちろんだよ!ね、海未ちゃん」

ことり「ってあれ、海未ちゃん?」

ことり「あ……」

続きを読む

ことり「一番の宝物」

ことり「一番の宝物」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 19:10:12.45 ID:GKpMvK7z.net
穂乃果「ふーむ、自分にとっての一番の宝物……かぁ」

海未「また難しい課題が出されましたね」

穂乃果「だよねー、宝物ってだけならいっぱいあるけど一番って言われると……悩む」

海未「私も、そう直ぐには出てきません……」

穂乃果「うーん……もうこの際、パンって書いて提出しよっかな?」

海未「別にそれでも構いませんけど、後で先生に呼び出されても知りませんからね?」

穂乃果「うぐっ……そ、それは嫌かも……」

海未「であれば、真面目に考えてください」

穂乃果「はーい……」

続きを読む

【ラブライブ!】ことりの恋愛模様

【ラブライブ!】ことりの恋愛模様

2: ◆HUg149YDMA 2017/10/30(月) 03:31:14.74 ID:aRg3u8HG0
「こ、ことり!ぁ・・・あの、あ、あの!貴女の事が、すっ、すっ、すっ、好きですっ!」

ある日の夕方、弓道場に響き渡った海未ちゃんの告白。

「ダメじゃないの。ダメじゃないんだけど・・・ちょっと、時間をください・・・。」

「は、はい。いつまでも待ちます!」

顔を真っ赤にしながら、カクカクと頷いていた海未ちゃんが、少し可笑しかった。

続きを読む

ことり「穂乃果ちゃんの部屋から5年物のおにぎりが出てきた」

ことり「穂乃果ちゃんの部屋から5年物のおにぎりが出てきた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/29(日) 01:10:26.57 ID:L6mIiv0/0
ことり「え。なにこれ。コンビニのおにぎりの袋の中に真っ黒い何かが詰まってる」

ことり「……うわ。凄い臭い」


穂乃果「ことりちゃんお待たせ! ジュースとお菓子持ってきたよ!」

ことり「ほのかちゃん。これなに?」

穂乃果「え? あー。おにぎり……だね」

ことり「中身が真っ黒だけど……」

穂乃果「賞味期限……2012年だね」


ことり「5年前……なんだね」

穂乃果「よくある事だよ」

ことり「よくはある事じゃ……ないと思うけど……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509207026

続きを読む

真姫「にこちゃんを目覚めさせる」 絵里「やめなさい」

真姫「にこちゃんを目覚めさせる」 絵里「やめなさい」

~研究所~

真姫 「必ず…眼を覚まさせてあがるわ…」

真姫 「私の命に、変えても…必ず…」

絵里 「真姫…もぅ、やめなさい…にこは、もぅ…」

真姫 「死んでなんかいないわ」

真姫 「にこちゃんは、死んでいないの」フフフ

真姫 「眠ってるだけよ」

真姫 「もぅ、寝すぎなんだから…そろそろ起きないと…遅刻するわよ?」

絵里 「真姫…」

パシィィィィン

絵里 「現実をみなさい!にこは…」

真姫 「生きてるわ」ヒリヒリ

真姫 「こんなに、安らかな顔してるのよ?死んでるって言う方が失礼よ」チュッ

絵里 「正気に、もどって!!!」

絵里 「あなたが、にこにしてるのは…人の道を外れてることなのよ」

続きを読む

穂乃果「ええっ?!海未ちゃん今朝穂乃果のパン作ってきたの?」

穂乃果「ええっ?!海未ちゃん今朝穂乃果のパン作ってきたの?」

1: 名無しで叶える物語 2017/10/13(金) 20:36:16.64 ID:hvTpJn7m.net
穂乃果「やったあ♪」


海未「はい?」

穂乃果「え?」


海未「なにが「やったあ」なのですか?」

穂乃果「え?だって穂乃果のだよね?」

海未「そうですが」

穂乃果「じゃあ穂乃果「やったあ」じゃないの?」


海未「??」

穂乃果「???」

続きを読む

穂乃果「スクールアイドルの日常!」

穂乃果「スクールアイドルの日常!」

1: ◆pozbQyoPDo 2017/10/01(日) 22:27:49 mGvOlX2A
「スクールアイドルと放課後」

──穂乃果の家

穂乃果「…」チラリ

海未「…」ペラッ

ことり「…」スッスッ

穂乃果「ねぇ」

海未「はい?」

ことり「うん?」

穂乃果「恋人ってさ…どうやったらできるのかな」

海未「…」ムクッ

海未「そりゃ、放課後の教室でですね、一人残ってプリントを配ってる女子がいるでしょう?」

海未「あそこにほら」スッ

ことり「」バァ──ン

仁王立ちをすることり

穂乃果「女子!?ていうかシュミレーションするの!?」

続きを読む

1 2 3 4 32
スポンサーリンク