「 ことほのうみ 」一覧

ことり「スピカテリブルはご飯を作る前に家でお母さんを待ってる歌なんだよ」

ことり「スピカテリブルはご飯を作る前に家でお母さんを待ってる歌なんだよ」

1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/09/12(水) 18:39:16.89 ID:6WtnIQaA
穂乃果「えっ本当に?」

ことり「本当だよー!海未ちゃんが来たら確認してみて?」

穂乃果「絶対違うじゃん!」

ことり「信じてよ穂乃果ちゃん」

ことり「まず最初の部分はね」

穂乃果「解説始まっちゃったよ」

風がさらう落ち葉を 見守る夜の光
あなたはいま頃どこにいるの

ことり「風が落ち葉をさらうってことはだいぶ紅葉が進んでるってこと」

ことり「つまり秋の半ばってことだよ!そのくらいなら五時くらいでもけっこう真っ暗だよね?」

穂乃果「まあ…たしかにね」

続きを読む

海未「あそこのお店ですか」

海未「あそこのお店ですか」

1: 名無しで叶える物語(禿) 2018/06/01(金) 22:40:58.93 ID:itG+PoiH
放課後


穂乃果「早く練習しに行こうよっ!」


ことり「ほのかちゃんちょっとまって~、まだ準備できてないからっ」


海未「あれ?今日は練習はお休みですよ」


穂乃果「そうだったの?」


海未「言いませんでしたっけ…」


ことり「そ、そういえば…いってたような~」


穂乃果「あんまりおぼえてないなー」ハハ

続きを読む

穂乃果「穂乃果はずーっと君のモノ・・・♥」

穂乃果「穂乃果はずーっと君のモノ・・・♥」

絵里「皆さんは、奈良時代に出されたとある法令をご存知でしょうか?」

絵里「743年、財政難を解決する為に打ち出された計画・・・」

絵里「噛み砕いて言えば、土地を開墾すればその土地が永続的に自分の物になるのです」

絵里「与えられた土地は好きにして良いけれど、その分税金は払わなければなりません」

絵里「これが、『墾田永年私財法』です」


絵里「そう・・・対価さえ払えば、永久に自分のものに出来るのです・・・」

続きを読む

海未「なかなか冷え込んできましたね」

海未「なかなか冷え込んできましたね」

1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/04/07(土) 23:56:12.78 ID:T+beyVGx
もう間もなく五時ですか。

最近は暗くなるのが早いですね。

絵里「それじゃ、今日はこの辺でお開きにしましょう」

はーい。おつかれー。帰るにゃー。

絵里の一言で部室に一気に弛緩した空気が広がります。

今日も一日お疲れ様です。

軽く深呼吸をして、ぞろぞろと机のある隣の部室に移動するメンバーの後につきました。

続きを読む

穂乃果「ところで、そのリボン新しく買ったの?」ことり「あっわかる?」

穂乃果「ところで、そのリボン新しく買ったの?」ことり「あっわかる?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/29(木) 00:36:25.26 ID:jHFhyDf20
注意
* μ×A×虹
* ちょっと前の特番の内容を受けています
* 短め、書き溜め済みなので淡々と

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522251384

続きを読む

海未「こんなに生徒の要望があるんですから!」穂乃果「え~?なになに…学食のカレーがマズイ?」

海未「こんなに生徒の要望があるんですから!」穂乃果「え~?なになに…学食のカレーがマズイ?」

1: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/18(日) 06:16:49.42 ID:HZ92gV1y
穂乃果「これ生徒会長のやる事かなぁ…」

海未「当たり前です!生徒会長たるもの、全ての生徒の意見や希望を…!」

ことり「ま、まぁまぁ!とりあえずやるだけやって、ね?」

穂乃果「まぁ、そうだね~」

ガララ

穂乃果「こんにちは~!」

学食のおばちゃん「あら穂乃果ちゃん、今日はどうしたんだい?」

穂乃果「実は~…」

続きを読む

穂乃果「生徒会長選挙だよ!!」

穂乃果「生徒会長選挙だよ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 04:49:17.90 ID:765RZh1t0
海未「新学期になり、もうすぐ次の生徒会長選挙ですね」

ことり「絵里ちゃんの次は誰がなるのかなあ」

穂乃果「いいこと思いついた!穂乃果が生徒会長になればいいんじゃないかな!」

海未「穂乃果が生徒会長!?勉学やスクールアイドルと両立できるんですか?」

ことり「絵里ちゃんすごい大変そうだったよ」

穂乃果「細かいことは生徒会長になってから考えればいいよ。
それより、穂乃果が生徒会長になってアイドル研究部に予算とか融通すればμ'sも活動しやすくなるんじゃないかな!!」

海未「予算を融通!?それは権力の濫用じゃないですか!そんなことをしてはすぐにリコールされるだけですよ!」

穂乃果「それについては考えがあるから大丈夫。とにかく生徒会長になりたいから二人とも協力してよー!!」

ことり「穂乃果ちゃんがそこまで言うなら仕方ないなあ・・ことりは協力するよ♪」

穂乃果「ことりちゃんありがとう!海未ちゃんはどうするの?」

海未「穂乃果に振り回されるのはいつものことですが仕方ないですねえ・・私も協力しましょう」

穂乃果「二人ともありがとう!!目指せ生徒会長だよ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521143357

続きを読む

穂乃果「3月8日」

穂乃果「3月8日」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/05(月) 22:05:07.10 ID:UntNJ0300
明日、私達は卒業する。

ことり「この道をこうして三人で歩くのも明日で最後だね」

海未「そうですね。見慣れたこの景色ももう見納めですね」

穂乃果「え~海未ちゃんはこの街を出て行く訳じゃないじゃん」

海未「私はそう言う事を言っているのではありません」

穂乃果「え?じゃあ、どう言う事?」

海未「ですから、私が言いたいのは制服を着たあなたやことり越しに見るこの街の景色が…ってこんな気恥ずかしい事言わせないで下さい」

穂乃果「自分から言い出したんじゃん」

海未「もう…」

ことり「うふふ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1520255106

続きを読む

ことり「ことり達のバレンタイン」

ことり「ことり達のバレンタイン」

1: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2018/02/16(金) 20:31:10.52 ID:GhwHBTg2
「ハッピーバレンタイン!」

部室のドアを思いっきり開けて入ってきたのは、

いつにも増してとびっきり笑顔の穂乃果ちゃん。

「穂乃果ちゃん!どうしたの?」

「...廊下、走ってきましたね?」

隣で作詞をしてた海未ちゃんが、冷たい声色で穂乃果ちゃんに問いかける。

穂乃果ちゃんの乱れた息が、走ってきたことを物語ってる。

続きを読む

穂乃果「愛は太陽じゃない」

穂乃果「愛は太陽じゃない」



穂乃果「ねえねえ、おかーさん」

『なあに、穂乃果』

穂乃果「けっこんって、好きな人同士でするんでしょ? おかーさんもおとーさんのこと好きなの?」

『ええ。大好きよ。とっても愛してるわ』

穂乃果「ふぅん。"あい"ってどんなものなの?」

『そうねぇ。その人のことを考えると胸がポカポカと温かくなるような、太陽みたいなものかしら』

穂乃果「そっかぁ。じゃあほのか、おとーさんとおかーさんのことあいしてる!」

『ありがとう、穂乃果。私も穂乃果のこと愛してるわよ』

続きを読む

1 2 3 4 33