「 酒飲みシリーズ 」一覧

曜「特別な日には」梨子「特別なことを」

曜「特別な日には」梨子「特別なことを」

梨子「——はい、曜ちゃんお待たせー」

曜「わぁ、ハンバーグだ! すごい、おいしそう!」

梨子「えへへ、今日はちょっと張り切っちゃった……曜ちゃんの為に、頑張ったんだよ?」

曜「梨子ちゃん……嬉しいよ、ありがとう!」

梨子「だって今日は曜ちゃんの誕生日だし……ちょっと"特別"だしね?」

曜「えっへへ、なんか照れくさいなぁ……こういう誕生日、ちょっと久しぶりかも?」

梨子「うふふ、それじゃ早速食べちゃおうか? せっかく作ったから温かいうちに食べてほしいし」

曜「うん、そうだね。私も早く食べたいし! それじゃ、いただきま——」

梨子「あーちょっとその前に! まだ用意するものあったんだった……」

曜「……うん?」

梨子「——はい! 今日の為に用意した、ちょっと変わったビール! いろいろ買ってきたよ?」

曜「やっぱりか……」

続きを読む

曜「それぞれのお花見」

曜「それぞれのお花見」


曜「いや~綺麗に咲いたね! 満開って感じ!」

千歌「本当にねー……あ、学校の方も綺麗になってたよ? ちょうどいい時期に咲いたよね」

梨子「そうなんだぁ……そっちも後で見に行きたいね。……でも先に、3人の再会を祝して、やらない?」

曜「梨子ちゃん……早くお酒飲みたいんだね」

梨子「そ、そういうわけじゃないよ? でもさ、せっかく冷やしてきたのに早くしないと温くなっちゃうというか……」

千歌「よしよし、そんな梨子ちゃんのために、まずは乾杯だね!」

梨子「ち、違うって言ってるのにー!」

曜「まぁまぁ……ともかく、またこうして3人集まれたことを祝って――」



続きを読む

曜「たまには居酒屋もいいね」梨子「うぇーい!」

曜「たまには居酒屋もいいね」梨子「うぇーい!」

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/03/23(金) 00:48:11.53 ID:hS2FkS7w
※酒飲みシリーズ、ようりこは大学生で同棲設定です。



「「かんぱ~い!」」


梨子「――かぁーっ! 疲れた体に染み渡るー!」

曜「おつかれー……って、今日なんか疲れることあったの?」

梨子「いや、気分で言っただけなんだけど」

曜「気分かよっ!」

梨子「いーのいーの、こういうのは気分で言って。久々に外での飲みだし、ちょっとテンション上がるなぁ」

曜「確かにこうやって居酒屋で飲むのは久しぶりだよねー。でもこのお店、初めて入ったよ」

梨子「最近できた居酒屋なんだけど、結構巷では話題になってるよ。焼き鳥がおいしいんだって」

曜「へぇ~、いいね焼き鳥。今日はたくさん食べちゃおうかな~?」

梨子「おっ、曜ちゃん今日はノリがいいね~。じゃあ早速注文をしよっか。……それで、善子ちゃんは頼む??」

善子「……なんで2人がここにいるのよ」

続きを読む

梨子「チョコでお酒が」曜「止まらない」

梨子「チョコでお酒が」曜「止まらない」

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/14(水) 22:36:48.41 ID:bU42C6qG
※酒飲みシリーズ、ようりこ同棲設定です。



梨子「――ぷはぁーっ! 今日もお酒がうまいっ!」

曜「もーっ、また飲み過ぎじゃないの梨子ちゃん? バレンタインだからってチョコも一緒になんて……」ゴクゴク

梨子「いや曜ちゃんも結構飲んでるじゃん」

曜「うん……意外と合うもんなんだね、チョコレートとアルコールって」

梨子「そうそう、味が結構ついてるお酒とかにはチョコレート合うんだよね。ウイスキーとかワインとか」

曜「でも今日のはビールなんだよね。黒いビールって飲みにくいイメージあったけど……これはちょっと違うね」

梨子「同じ黒ビールでもすっごい苦かったり、どこかチョコみたいな香りがあったりするものもあって、結構いろいろあるんだよねぇ」

曜「ふぅん、世界は広いんだねぇ」ゴクゴク

梨子「……曜ちゃん、今日は飲むねぇ? なんかいいことでもあったの?」

曜「ん? いや、そんなことはないけど……」

梨子「ふぅん……そうなんだ」

梨子「……チョコ、いっぱいもらってるのに?」

曜「ぶふーっ!」

続きを読む

ダイヤ「お酒をお注ぎいたしますわ」曜「きょ、恐縮です……」

ダイヤ「お酒をお注ぎいたしますわ」曜「きょ、恐縮です……」

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 00:03:58.18 ID:6kKh0A/A
ダイヤ「ほら梨子さん、グラスが空ですわよ? 私が注いであげますわ」

梨子「えっ、そそ、そんな、悪いですよー」

ダイヤ「まぁまぁそう遠慮なさらずに、どんどん飲んでくださいな」

梨子「えへへ、ありがとうございます――んんーっ! うまいっ! やっぱりハイボールはさっぱりしてていいね!」

ルビィ「お姉ちゃん? 曜ちゃんのグラスも空になってるよ?」

ダイヤ「ああっ!? す、すみません曜さんっ! 私としたことが、気が付きませんでしたわ……」

曜「い、いえ、そんな気にすることでは……」

ルビィ「お姉ちゃんっ! ちゃんと曜ちゃんに謝って?」

ダイヤ「も、申し訳ございませんでした~!」

曜「ちょっ! や、やめてよダイヤちゃん! 顔を上げてよ……」

梨子「曜ちゃんっ! 先輩になんてことさせるの!」

曜「い、いや違くてー……」

曜(……なんでこんなことになったんだっけ?)

続きを読む

曜「制服同士で」梨子「語り合いたいな♪」

曜「制服同士で」梨子「語り合いたいな♪」

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/01/22(月) 18:37:31.34 ID:Kowd3MO+
※酒飲みようりこシリーズです。大学生の2人が同棲している設定です。



曜「よいしょ……よいしょと……ふぅーっ!」

曜「いやー……意外とあるな、私と梨子ちゃんの服……こんなに片付けが大変だとは思わなかった」

曜「……まぁ自分が昔の衣装とか変に持ってきてたりとかしてただけなんだけど……梨子ちゃんの私服はどれもかわいいのになぁ」

曜「……やっぱ女の子だし、オシャレには気を遣うよね。私もその辺、もうちょっと気にしないと……今度梨子ちゃんにいろいろ相談してみるか」

曜「さて、まだまだ片づけられそうなのがあるなー……お? これって……あっ!」

曜「……音ノ木坂の、制服?」

続きを読む

梨子「今日は飲み会だから!」曜「飲み過ぎちゃダメだよ」

梨子「今日は飲み会だから!」曜「飲み過ぎちゃダメだよ」

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/01/12(金) 22:41:05.92 ID:c+PLUZje
※酒飲みシリーズです。お酒は二十歳になってから!



曜「……」

曜「……」

曜「……遅いなー。もうこんな時間だけど、梨子ちゃん帰ってこない……」

曜「梨子ちゃんのことだし、飲み過ぎてないかな? 周りの人に迷惑かけてなければいいけど……」

曜「……酔っ払って変な人に連れてかれたりは、ないよね……」

曜「……」

曜「……」

曜「……なんか梨子ちゃんのことばっか心配してるな私……連絡入れた方がいいのかな? でも帰ってきてる途中だったら、嫌に思われちゃうかな……」

曜「……」

曜「とりあえずご飯にしよう、まずはそれからだ」

続きを読む

曜「正月は」梨子「ぬくぬくこたつで」鞠莉「お酒デース!」

曜「正月は」梨子「ぬくぬくこたつで」鞠莉「お酒デース!」

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/01/05(金) 01:08:30.05 ID:F3kNqI3U
※酒飲みようりこシリーズです。



梨子「はぁ~……こたつって素晴らしい。やっぱり正月はこうしてぬくぬくするのが一番ねぇ……」

曜「まったくもってその通りだねぇ……」

梨子「……曜ちゃんもぬくぬく気分?」

曜「うん……正月くらいはまったりねー……おせちも作ってあるし、あとはのーびんりするだけー……あ、おせち食べる?」

梨子「食べる食べるー! あーん……」

曜「……なんか犬みたい」

梨子「戌年だけに?」

曜「いや、そうじゃないけど」

梨子「わんわん! 酒飲み駄犬・りこっぴーだぞ~? わんわん!」

曜「……」

梨子「……」

曜「……はい、あーんして」

梨子「なんかごめん!」

続きを読む

曜「もうすぐ今年も終わるねぇ」梨子「そうだねぇ……」ゴクゴク

曜「もうすぐ今年も終わるねぇ」梨子「そうだねぇ……」ゴクゴク

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/31(日) 19:25:24.76 ID:2Us/lhCX
曜「ただいまー」

シーン……

曜「あれ? ただいまー……」

シーン……

曜「え? 誰もいないわけないよね? ただい――」

梨子「曜ちゃんおそーい!」

曜「うわぁっ、やっぱりいた!」

梨子「もー! 曜ちゃんってばー!」

曜「どうしたさ、そんな怖い顔して……」

梨子「だって曜ちゃん、帰ってくるの遅いんだもん……さみしかったー」

曜「今日は今年最後のサークルの飲み会だって言ってたでしょ? ……ちょっと終わりが長引いちゃったったのはごめんだけど」

梨子「そういう時は連絡して!」

曜「あはは、ごめんごめん、忘れてたよ」

梨子「むぅ……私よりサークル優先ですか」

曜「そ、そういうわけじゃないよ!」

続きを読む

曜「寒い日はやっぱり鍋でしょ!」梨子「あとお酒!」

曜「寒い日はやっぱり鍋でしょ!」梨子「あとお酒!」

1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/27(水) 23:00:46.39 ID:WHIlNaR1
曜「――おまたせー」

梨子「キタキター! 曜ちゃんお手製の鍋料理! 待ってたよ~!」

曜「うわ、既に出来上がってるし……」

梨子「いいからはやく開けて開けて! てか開けろー!」

曜「分かった分かった……ほい、っと」

梨子「――うわぁ……美味しそう……!」

曜「曜ちゃん特製、海鮮鍋であります! 今日のは自信作だよ!」

梨子「んんー――既に海の香りが……ジュル……」

曜「寒い冬にはやっぱりこれだね!」

梨子「うんうん! あとお酒もね!」

曜「お酒もかよっ!」

続きを読む

1 2