「 安価 」一覧

千歌「鍋たべたい」

千歌「鍋たべたい」

1: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 00:31:51.15 ID:J3auWbu6.net
AM 5:00

千歌「おはよーこざいます」ヒソヒソ

千歌「時刻は現在午前5時でございます」ヒソヒソ

グツグツ

千歌「えー今日は鍋パーティー当日なんですけども、参加者は誰一人来ていません」

千歌「皆になんにも言ってないし、当たり前なんだけどね」

千歌「いざパーティと行きたいところなんですが、なんとお鍋にはダシしか入っておりません」

千歌「そ、こ、で」

千歌「今から皆に具材を持ってきてもらおうと思います」

千歌「呼び出すもよし、起こしに行くのもよしのこの企画」

千歌「Aqoursのみんなはどんな具材を持ってきてくれるのでしょうか?」

千歌「さてさて、記念すべき最初のメンバーは...」

千歌「>>3にしたいと思います!」

続きを読む

曜「おねしょしちゃいました・・・///」

曜「おねしょしちゃいました・・・///」

1: 名無しで叶える物語 2017/12/02(土) 17:50:08.93 ID:iY8eHFb1.net
>>3>>6

続きを読む

海未「うぅ……寒い……」

海未「うぅ……寒い……」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/27(月) 18:24:03.77 ID:WvEMzgiR.net
海未「一日中家にいる身でこんなことを言うのは贅沢だとわかってはいるのですが、今日は一段と冷え込みますね……」

海未「独りだと余計寒く感じてしまいます。あの人かあの子が早く帰ってきてくれればいいのですが」ブルブル

海未「帰ってくるまで>>3して寒さを凌ぎましょう」

続きを読む

>>2「>>4」>>6「>>8」

>>2「>>4」>>6「>>8」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/30(木) 21:02:03.30 ID:6E0nfWrI.net
>>2「....」

続きを読む

ダイヤ「未来が見える眼鏡?」

ダイヤ「未来が見える眼鏡?」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/30(木) 13:02:12.33 ID:Y0UN6mjM.net
ダイヤ「なんですか……? それは」

???「お、興味あるんやね、まあ年ごろの高校生なんて将来に対する漠然とした不安と性欲くらいしかあらへんもんな」

ダイヤ「わ、わたくしは興味など……」

ダイヤ「だいたいそんな胡散臭い物、信用できませんわ」

???「おー? じゃあ、確認してみる?」

ダイヤ「はっ、そんな挑発には乗りません、大方適当に選んだ相手の未来を適当に言って信用させるんでしょう?」

???「知り合いならええんやろ? ほら、ここにうってつけの人物が」

ダイヤ「あれは……>>3 さんではありませんか >>3 さんの未来など……少ししか興味はありません」

>>3 (ルビィ以外)

続きを読む

善子「一人暮らしなう」

善子「一人暮らしなう」

1: 名無しで叶える物語 2017/12/01(金) 07:13:54.73 ID:nZm+k2yF.net
善子「サッポロ一番おいしいwwwつゆまで飲んじゃえwww」ズルズル

続きを読む

希「真姫ちゃんかわいい」

希「真姫ちゃんかわいい」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/29(水) 15:50:48.21 ID:+ZXBXYUL.net
ガチャ

希「って、真姫ちゃんだけやね」

真姫「あ、希・・」

希「なんか悩んでたん?」

真姫「・・・ちょっと聞いていい?」

希「ええよ?」

真姫「μ'sの中で一番歌が上手い人って誰だと思う?」

希「歌が上手い人かぁ・・」

1.真姫ちゃんかなぁ

2.えりちかな?

3.ウチやね

>>3

続きを読む

千歌「曜ちゃんが男の子だったら良かったのになあ」

千歌「曜ちゃんが男の子だったら良かったのになあ」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/28(火) 08:49:37.23 ID:7T3ru9ET.net
曜「なにそれー」

千歌「スポーツ万能でコミュ強イケメンだよ! 完璧超人じゃん」

曜「イケメンになるとは限らないよw もし私がそうだったら、千歌ちゃんは私と何がしたいの?」

続きを読む

千歌「渡辺曜開発計画」

千歌「渡辺曜開発計画」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/27(月) 23:55:41.99 ID:Oy2j83I5.net
千歌「……私は考えていました。なぜ、私の愛すべき幼馴染である渡辺曜が、私のことを襲ってくれないのかと」

千歌「考えて考えて、私はある結論に辿り着いた……そう、曜ちゃんはまだ性に目覚めていないのです! つまり、エロくないのです!」

千歌「でも、そうだとしたら現状はどうしようもない……そう思ってしまいましたが、逆に考えてみました……だったら、エロくしてしまえばよいのではないかと」

千歌「というわけで、私はこの計画を考えたのです。そして時は満ちた……いざ、計画実行の時!」


バサッ!


曜「ちょっと千歌ちゃん何なのこれ! 手が縛られて動けないんだけど! 早くほどいてよ!」

千歌「まぁまぁ曜ちゃん落ち着いて。これから曜ちゃんを目覚めさせてあげるからね……」

曜「千歌ちゃんが何を言ってるか全然分かんないよ!」

千歌「痛いことはしないから安心して。ただ、私がこれからやることに身を任せればいいよ」

曜「嫌な予感しかしないよ……」

千歌「ふふふ……じゃあまずは>>4から開発しようか」

続きを読む

>>2「>>3、>>5したい」

>>2「>>3、>>5したい」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/27(月) 23:50:19.90 ID:PPwWvmEv.net
>>2>>7!」

続きを読む

1 2 3 4 5 123
スポンサーリンク