「 A-RISE 」一覧

英玲奈「コトリのアトリエ?」あんじゅ「十一月」希「二十六日は」ツバサ「いいチームの日?」ことり「いい風呂の日♪」

英玲奈「コトリのアトリエ?」あんじゅ「十一月」希「二十六日は」ツバサ「いいチームの日?」ことり「いい風呂の日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 17:51:48.22 ID:ZeWr8cp4.net
【五月】

ツバサ「チームワークよ!」

英玲奈「突然どうした?ツバサ…」

ツバサ「私たちって個々の能力は高いけど、個性はバラバラでしょ?」

あんじゅ「そーね」カミノケクルクル

ツバサ「だからこそ!私たちに必要なのはチームワークだと思うの!」

英玲奈「それはもっともだが…現状、我々にそれが欠けているようには感じない」

あんじゅ「そうよね。私たちって仲良しだから♪」

ツバサ「確かに私たちは仲良しだけど…それだけで満足していてもいいのかしら?」

えれあん「えっ」

あんじゅ「何がいけないっていうのよ?」

ツバサ「ただの仲良しとチームワークは別物よ。そう思わない?」

あんじゅ「もっともらしいこと言っちゃって…」

英玲奈「まあ、確かに…スポーツなどでも馴れ合いのチームが良い結果を出せないことはあるようだが」

あんじゅ「じゃあ、ツバサは具体的にどうしたいのよ?…まさか、距離を置こうとか言うつもり?」

ツバサ「いいえ。むしろ逆…ただの仲良しを超えて、私たちが本当の一体感の境地に達するためには…」

英玲奈「どうする気だ?ツバサ」

ツバサ「合宿よ!」

あんじゅ「アメリカ、メキシコ」

ツバサ「それは合衆国」

英玲奈「メキシコといえばグアダルーペの聖母だな」

ツバサ「それは褐色」

あんじゅ「三人でメキシコへ行くの?」

ツバサ「違うわよ。…いや行ってみたいとは思うけど、海外旅行じゃなくて合宿よ。合宿!」

あんじゅ「それはわかったけど、どこへ行くつもりなのよ?」

英玲奈「今年のGWは短いぞ。あまり遠出をするのは難しいと思うが」

ツバサ「ただの旅行じゃないんだから、遠くへ行くだけが合宿じゃないわ。三人で泊まれば、どこでも合宿はできる」

続きを読む

ムラムラするので>>2が>>4するSS書く

ムラムラするので>>2が>>4するSS書く

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:59:44.75 ID:4bufQhg0.net
ラブライブキャラで

続きを読む

ツバサ「ことほのうみごっこしたい」

ツバサ「ことほのうみごっこしたい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 14:46:29.35 ID:OCwJQEeXO

短めに。
キャラ崩壊注意。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478324789

続きを読む

ツバサ「ねえ、英玲奈」英玲奈「なんだ」

ツバサ「ねえ、英玲奈」英玲奈「なんだ」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:10:29.59 ID:zQiDVJn+.net
ツバサ「ロケットぱーんち!」ぽか

英玲奈「……」ぺちっ

ツバサ「しゅばばばばばばば!」ぺちぺちぺちっ


英玲奈「…おい、やめてくれ」

ツバサ「あちょー!」

英玲奈「……」


英玲奈「……」ガシッ

ツバサ「!?」

英玲奈「……」ギチギチギチギチ

ツバサ「い、いったああああああ!?あ、アイアンクローは反則!反則!」ギチギチギチギチ

続きを読む

あんじゅ「たわわチャレンジ」

あんじゅ「たわわチャレンジ」

1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 21:06:29.74 ID:pR520GrH.net
英玲奈「何だそれは?」

あんじゅ「最近Twitterで流行ってるのよ」

あんじゅ「おっぱいの上にスマホを乗せられるかどうかチャレンジするの」

ツバサ「おっぱいの」ピクッ

英玲奈「上に?」ピクッ

あんじゅ「何その反応?」

続きを読む

ツバサ「デュエマやるわよ!」

ツバサ「デュエマやるわよ!」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 21:22:18.36 ID:S2syVSQ8.net
ツバサ「やるわよ!」

あんじゅ「5マナでスリヴァーの女王出すわ」

英玲奈「ああ。対応はない」

ツバサ「やるわよ!」

あんじゅ「あら、ないなら私の勝ちなんだけど」

英玲奈「は?」

あんじゅ「ほら、このスリヴァーがサクって黒2マナを出せるでしょ?で、場にマナ編みとハートがいるから」

ツバサ「やるからね!」

英玲奈「・・・なるほど、無限マナからの無限トークンか。分かった、投了だ」

英玲奈「しかし、相変わらず嫌らしいデッキを使う」

あんじゅ「生き甲斐みたいなものよねぇ」

ツバサ「聞きなさいよ!!」

続きを読む

ツバサ「闇鍋を開催するわ」

ツバサ「闇鍋を開催するわ」

1: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/10/16(日) 19:05:02.98 ID:WUTpKxwE.net
-キラの家-


英玲奈「おいツバサ、なんかファンの子が来てるぞ」

英玲奈「なんかダンスナウって言ってる」

ツバサ「また自宅特定されたの…」

ツバサ「いいわ、行ってくる」


あんじゅ「自宅に押しかけるファンにまできちんと対応するなんてツバサってほんと真面目ね」

英玲奈「ふっ、あいつもなんだかんだでアイドルオタクだからファンの気持ちがわかるんだろう」

あんじゅ「…さて、私たちは準備よ」

英玲奈「と、言っても出来ることはダシを用意することくらいだが」カチャカチャ

続きを読む

英玲奈「東京が」ツバサ「停電で」あんじゅ「大変よ!」

英玲奈「東京が」ツバサ「停電で」あんじゅ「大変よ!」

1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 01:32:56.91 ID:KLEAacYy.net
【十月十二日午後・秋葉原UTX】

あんじゅ「あーあ。どうせなら満員のお客さんの前でやりたいわ」

ツバサ「完っ全にフルハウスってやつ?」

英玲奈「だが、どんな状況でも力を発揮できてこそ…」

あんじゅ「はいはい。わかってるわよ…常に完璧を目指すことがチャンピオンの義務だとか言うんでしょ」

英玲奈「わかっているなら何も言うことはない」

ツバサ「ふふふ。まあいいじゃない。屋上を三人だけで貸し切りなんて、私たちしかできないわよ?」

あんじゅ「そーね。たまには三人水入らずで…英玲奈?」

英玲奈「すまない。忘れ物だ…すぐ取ってくるから、二人は先に行っててくれ」

ツバサ「ええ」
あんじゅ「はーい」

チーン

あんじゅ「いつも完璧に見える英玲奈も、案外お茶目なところもあるのね」クス

ツバサ「きっと私たちしか知らないわよ。人前じゃ絶対そんなところ見せないもの」

あんじゅ「それでも屋上に着いてから気づいて引き返すとかじゃないのが英玲奈らしいわよね」

ツバサ「そうね。エレベーターに乗る前に気づいたのは、さすがって感じ」

【更衣室】

英玲奈「ロッカーに…!?」

英玲奈「誰だ?灯りを…いや、これは…停電?」

【エレベーター】

あんじゅ「え?…ちょっと、何?」

ツバサ「停まった…みたいね」

あんじゅ「なんで灯りまで消えるのよ。おかしくない?」

ツバサ「非常灯が点いてる…ってことは、停電ね」

あんじゅ「停電って…雷とか鳴ってなかったと思うんだけど」

ツバサ「それ以外の原因で停電したってことでしょ」

あんじゅ「なにそれ…地震でもないし、何なのよ?」

ツバサ「私に訊かれても…とりあえず非常電話で救援要請しましょ」

あんじゅ「あーあ。もう…完っ全にフルハウス」ハァ

続きを読む

ツバサ「何なの?あの9人組は」

ツバサ「何なの?あの9人組は」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 15:58:23.81 ID:jgWo3JUi.net
英玲奈「あれは静岡のスクールアイドルAqoursだ」

ツバサ「へぇ…スクールアイドル…懐かしい言葉ね」

英玲奈「どうするつもりだ」

ツバサ「決まってるでしょ?からかってあげるわ」

続きを読む

ツバサ「ことりさん」あんじゅ「お誕生日」英玲奈「おめでとう」

ツバサ「ことりさん」あんじゅ「お誕生日」英玲奈「おめでとう」

1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 20:11:35.96 ID:fe53gpbP.net
希(もうすぐ、ことりちゃんの誕生日…だけど、みんなそれどころやない感じ)

『二週間後に日本を発ちます』
『ちょっと…どういうこと?』
『海未ちゃんは知ってたんだ…』

『出場してどうするの?…出たってしょうがないよ』
『こんなことくらいで、やる気をなくすの!?』
『スクールアイドル、辞めます』
『あなたは最低です!』

希(このままやったら、ことりちゃんにとって最悪の誕生日になってしまう…けど、ウチ一人じゃどうにも…)

希(こんなときに役に立つのか、わからないけど…)

パラララ シュタタタ

希「カード…教えてよ。ウチはどうすればいい?」スッ

希(…大アルカナの1番、魔術師のカード…策略?…いや、サプライズ!)

希(でも、いったい何をすれば…あっ)パタ

希(スプレッド外のカードが一枚落ちて…これは、小アルカナ…ペンタクルの3や)

希(正位置では…技術、才能、プロ意識。逆位置なら、力不足)

『無理だよ。A-RISEみたいになんて…いくら練習したって、なれっこない』

希(一か八か…仕掛けてみるか)

あんじゅ「…ふーん」カミノケクルクル

『どない?』

あんじゅ「いいわね。面白そう♪」

『やってくれるん?』

あんじゅ「そうね…私たちの好きなようにやっていいの?」

『うん。任せるよ』

あんじゅ「うふふ。任されちゃった♪…その賭け、乗ったわ」クス

【秋葉原】

ことり(…これで必要な物は全部そろった…かな?)

「…あの子?」

「ああ。あのトサカ…間違いない」

ことり「…?」

「あなた…ミナリンスキーさんね?」

ことり「ち、違っ…!?」

ことり「あ、あなたたちは…!」

続きを読む

1 2 3 4 9