「 長編 」一覧

千歌「誰がドスケベボディのビッ千歌だぁ!!!」バンッ!

千歌「誰がドスケベボディのビッ千歌だぁ!!!」バンッ!

1: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/05/30(水) 01:23:10.69 ID:PZAWPZAX
千歌「おふっ!!♡おごぉぉぉぉ!!♡」

曜「あ~♡やっぱり千歌ちゃんのトロマン最高~♡」パンパンパンパン♡

千歌「んぉぉぉぉ!!♡」

梨子「口も気持ちいいわ♡さすが全身性器の変態ビッチね♡」グポッ♡ズポッ♡

千歌「違ッ♡ビッチじゃないも――――」

曜「うりゃっ♡膣出しぃ♡」ドピュルルルルル

千歌「んむぅんんんんんん!!♡♡」ビクンッビクンッ!

続きを読む

ダイヤ「蒸気と」梨子「鉄と」果南「瘴気の街に」

ダイヤ「蒸気と」梨子「鉄と」果南「瘴気の街に」

2: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/06/03(日) 22:20:20.62 ID:OpYkUzDb
錆び付いた歯車が軋む度に、眉をひそめて耳に手を添える

「少し下層になるだけですぐこれね…」

目的地にはまだ遠い。ため息がマスクを曇らせ視界を白く染めた

「ルビィ、これから深いところに入ります。体調は大丈夫?」

ルビィ「うん、酸素残量も充分。お姉ちゃん、ライトはルビィが持つね」

続きを読む

善子・ルビィ「誓いの指輪を貴女に」

善子・ルビィ「誓いの指輪を貴女に」

1: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/03/12(月) 13:07:40.51 ID:3bI4bLyW
もし───


ルビィ「ねえよっちゃん」

善子「ん、なに?」


もしも、自分の大切なものが守れるとして─


ルビィ「ルビィとよっちゃんが会ってから、もう少しで十年になるんだよね」

善子「……ええ、そうね」

ルビィ「懐かしいなぁ…最初に会ったときはビックリしちゃったけど」

善子「そうかもね…あの時は、そう…私も驚いたわ」


たとえ、その代わりに…別の大切なものを失うことになったとしても


善子「……でもね、それでも私は貴女と一緒にいたいと思った」

善子「責任とかじゃなくて、ただ貴女のことが…何よりも大切だったから」

善子「それに……約束したしね」

ルビィ「……よっちゃん?」

善子「ねえ、ルビィ──」

善子「聞いてくれる? 貴女に応える…十年越しの私の告白を」




それでも、アナタは運命を変えたいですか?

続きを読む

【SS】 リリーのアトリエ

【SS】 リリーのアトリエ

4: 名無しで叶える物語(しか) 2018/03/30(金) 00:04:16.07 ID:guSn0Z3h
梨子「ハァ、ハァ……水……」フラフラ


 彼女は今作の主人公 桜内梨子ちゃんです


梨子「あ、町が見えてきた……これで……」フラッ


 バタッ


梨子「………………」


 しかしさっそく死にかけているようです
 

続きを読む

善子「ふたりのヨハネ」

善子「ふたりのヨハネ」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 20:06:34.85 ID:LACEqc8n
~善子の部屋~


善子「ククク……クフフフ……」

善子「買ってしまった……ふふ、買ってしまったわ」

善子「悪魔の鏡!」


【悪魔の鏡】※ヨハネ命名
学校の帰り道にたまたま見つけた怪しい骨董店で買った鏡。
小さな手鏡のように見えるけれど、鏡面じゃない方を光に翳すと鏡面がぼんやりと輝いて見えるの。謎のアイテム感がヨハネ的に高ポイント!


善子「店の主人が言うには……おのれの心を実体化させるらしいんだけど……」

善子「ふふ、そういう曰く付きなアイテムが一番ポイント高いのよね」

善子「明日ルビィとずらまるに自慢しよーっと」

『善子~? そろそろ寝なさーい』

善子「善子言うなー! もう……分かってるわよ寝るわよ」


カチッ(消灯)


善子「わ、月明かりがすごい」

善子「ククク……このような夜は我が魔力が高ぶる夜……ふふふ、今宵はいかなる魔力を我がリトルデーモン達に授けようか……」

善子「んふふ、でも今日は自分の魔力を溜め込む日だけどね」

続きを読む

千歌「決めた…!私、この転校を機にヤンキー辞めて、真面目に生きる!!」

千歌「決めた…!私、この転校を機にヤンキー辞めて、真面目に生きる!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/27(火) 20:07:58.64 ID:7FYcCPl60
生徒 ザワザワ…

千歌 ドキドキドキ…

先生「はーい、みんな静かにー!高海さんが挨拶できないでしょー」

先生「じゃあ、高海さん、簡単に自己紹介だけして貰っていいかしら?」

千歌「はい…!」ドキドキドキ…

千歌「え…えっと……静岡の浦の星女学院っていう所から来ました…!高海千歌です…!み…みなさん…よろしくお願いします……!」

千歌(よし…!練習通りできた…!)

生徒 パチパチパチパチ…!

千歌「え…えへへ……///」

千歌(おー!好感触だねー!!東京の子達は冷たいって言うから不安だったけど、みんな良い子そうで良かったよ~!)

千歌(この感じなら私の第二の高校生活も希望が持て…)

ヤンキー ニヤニヤ… ジロジロ…

千歌「あ゛?」ギロリッ…


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1519729678

続きを読む

にこ「音ノ木コーポの日常」

にこ「音ノ木コーポの日常」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/02/05(月) 19:21:38.75 ID:+Z8j2jxK
・1

穂乃果「ぐぅ……ぐぅ……」


ピンポーン


穂乃果「むにゃ……パン祭りだー……」


ピンポンピンポン


穂乃果「……んぅ……?」

続きを読む

千歌「吸血鬼になったのだ!」

千歌「吸血鬼になったのだ!」

1: ◆PChhdNeYjM (庭) 2018/01/09(火) 14:39:28.09 ID:DtQr2eK+
曜「……何言ってんの?」

千歌「ホントだよ。ほら、この歯見てよ」

曜「わ、すごい尖ってる」

千歌「ね。こんなのが生えてるなんて、これはもうひとつしかないよ」

曜「ひとつって?」

千歌「吸血鬼だよ!」

曜「いや、牙が生えてる生き物なんてたくさんいるでしょ」

千歌「うぅ、私はもう人間には戻れなくなってしまったのだ……」

曜「おーい、千歌ちゃーん…………聞いてないし」

続きを読む

曜「詐欺に遭った」

曜「詐欺に遭った」

2: ◆PChhdNeYjM (庭) 2018/01/08(月) 13:54:18.44 ID:ly0Kn4CS
曜「え? Aqoursが……復活するかもしれない?」


男「ええ。あの伝説のスクールアイドル、Aqoursを再始動させたいと願うスポンサーがいましてね」

男「私、こういう者です」


曜(手袋してる……寒いからかな。私はまだいらないけど)


曜「ワタ〇ベ事務所……マネージャー?」

曜「これって、A〇Bとか出してるところですよね……すごい……」


曜「で、でも……私たちはあの時、Aqoursは続けないって決めたんです」

曜「私たちだけの思い出にしようって」


男「みなさん賛成して集まっているんですよ? 貴方以外はね」


曜「え! まさか、そんなことって……」

続きを読む

穂乃果「いくよ、変身!」

穂乃果「いくよ、変身!」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/26(火) 20:25:41.69 ID:IccVswLi
穂乃果「もういいんだよ、戦わなくて」

穂乃果「私が戦うから」

ことり「でも!」

穂乃果「……ううん、これが一番なんだ」

穂乃果「作られることしかできないわたしたちなら、また作られさえすればいい」

穂乃果「誰かの手によって変えられるなら……」

穂乃果「みんなが幸せになるまで変えられてみせる!」

ことり「また……穂乃果ちゃんが……」

穂乃果「私はいいんだ、みんなが笑えるなら」

穂乃果「死ななくて済むような……」

穂乃果「だから! 私はそのために戦う!」ガシャンッ


穂乃果「いくぞ、変身!」バッ

続きを読む

1 2 3 4 22