「 にこぱな 」一覧

花陽「にこちゃ~ん♪」 にこ「うるさい」

花陽「にこちゃ~ん♪」 にこ「うるさい」

1: 名無しで叶える物語(京浜急行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 22:44:22.98 ID:UoYag5PU.net
花陽「がーん…」

花陽「ひどいよ!花陽は名前を呼んだだけなのに!」

にこ「3分間で100回も名前呼ばれたらそりゃうるさいって言いたくなるわよ」

花陽「だってにこちゃんが構ってくれないから!」

にこ「開き直るなぁ!」

続きを読む

にこ「やっぱあんたのこと嫌いだわ」

にこ「やっぱあんたのこと嫌いだわ」

にこぱな


放課後 部室


にこ「寒いわねぇ」ダラーン


花陽「もう冬だねぇ」グデーン


にこ「練習休みなんだし帰ったらー?」プラーンプラーン


花陽「あーにこちゃん、はなよに帰ってほしいんだー」


にこ「別にそういうわけじゃないけどぉ」


花陽「にこちゃんと一緒にいたいなぁって思ってですねー」ガサゴソ


にこ「あんた、今からおにぎり食べようとしてるでしょ」


花陽「ぎくっ」

続きを読む

にこ「花陽とハロウィーン」

にこ「花陽とハロウィーン」

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:10:40.97 ID:iAyMDgAl.net
にこぱな
書きためあり

続きを読む

花陽「十月二十六日は」にこ「柿の日」

花陽「十月二十六日は」にこ「柿の日」

1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/10/26(水) 00:06:12.80 ID:4nuIpeHp.net
にこ「にっかにっかにー!私はカニよ!」

にこ「おなかがすいたわ。おむすびでも食べようカニ」

花陽(にこちゃんのおむすび、おいしそう…でも人のものを欲しがっちゃいけないよね)

にこ「ん?…なによ、あんた」

花陽「わ、私は通りすがりのサルだよ…」

にこ「ふーん。猿が私に何の用?きびだんごなら持ってないわよ」

花陽「それは違う話だと思うけど…」

にこ「じゃあ、おむすびが欲しいのね?柿の種を持ってきたら交換してやってもいいわよ」

花陽「う、うん。じゃあ…はい」

にこ「このピーナッツとの黄金比が…」パリポリ

にこ「って違うわよ!おつまみじゃなくて、蒔いたら芽が出る本物の柿の種をよこしなさい!」

花陽「そんなこと言われても…種を手に入れるには柿を食べないと…」

にこ「じゃあ柿をもらいに行きましょ」

【星空家】

花陽「凛ちゃん。食べられる柿があったら、一つもらえないかなぁ?」

凛「干し柿にゃ」

花陽「えっ」

凛「うちの柿は全部干し柿にしちゃったよ」

花陽「そ、そうなんだ…種はいつ取り出すんだっけ?」

凛「二週間後くらいかなー?」

にこ「そんなに待てないわよ」

凛「真姫ちゃんちの庭に大きな柿の木があるでしょ?」

花陽「そ、そうだっけ?」

にこ「行ってみましょ」

【西木野邸】

真姫「…何の用?」

花陽「柿の実を一つもらえないかな?」

真姫「別にいいけど…たくさんあるから、いくつでも持ってっていいわよ」

花陽「わあ、ありがとう真姫ちゃん♪」

続きを読む

にこ「アンタこのプロフィール……」 花陽「え?」

にこ「アンタこのプロフィール……」 花陽「え?」

1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/08/03(水) 22:54:42.65 ID:zg1fRfLb.net
にこ「趣味に絵を描くことってあるじゃない」

花陽「う、うん」

にこ「どんな絵描いてるのかちょっと見せてみなさいよ」

花陽「えっ」ドキッ

にこ「いーじゃない減るもんじゃないし、今なんか持ってないの?」

花陽「えっ、えと、あの…」オロオロ

にこ「? 何……あっ、スケッチブックあんじゃない!ちょっとだけ見せ――」

花陽「やめてっ!!」ドンッ

にこ「ッ!!」ドサッ

花陽「はぁ、はぁ…」

にこ「………」


花陽「ごめん…」

にこ「…ゴメン」

続きを読む

>>3「>>5に>>7するわ!」

>>3「>>5に>>7するわ!」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 22:00:41.53 ID:rTsUpxcl.net
口調気にせず

続きを読む

にこ「タイムカプセル」

にこ「タイムカプセル」

1: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 08:58:06.27 ID:EVKxcKDW0
にこ「花陽、昨日のあれ、見たわよね?」

花陽「もちろん! もう流石って感じで……」

にこ「そうよね、歌もパフォーマンスも超一流で」

花陽「まさに!」

にこ「まさに?」

にこぱな「「生きる伝説!」」

にこ「よね!」グッ

花陽「うんっ!」グッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412899076

続きを読む

花陽「カリスマ」

花陽「カリスマ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 22:31:27.09 ID:UvARFro70
 μ'sをおしまいにしてから、一年と少しが経ちました。
 九人最後のステージに立って、まだ一年生だった私は、事の大きさや周りの変化についていけなかったんだと思います。どことなく上の空で、何をするにも焦ってばかりで、思い返せばただただ恥ずかしくて……、

「ダレカタスケテー」

 なんて。
 喜ばしい事に“助けてくれる誰か”に恵まれた私は、今もこうしてアイドル研究部二代目部長、さらに二期目の席に座っていられるのです。あちらこちらで転びながらも、ですが。
 部室の一番奥、引き違いの窓を背に、眼鏡越しの室内を見渡せる一番の椅子が私の居所になりました。夏に差し掛かる気配を見せる、賑やかな街区のざわめきを乗せた涼風が、私の後ろ髪を梳かしていきます。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464960686

続きを読む

花陽「幽霊にこちゃん」

花陽「幽霊にこちゃん」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/31(火) 20:24:36.54 ID:lJzYEHgJ.net
講堂

ザワザワ ザワザワ


花陽「わぁ…どうしようどうしよう」ウロウロ

にこ「ちょ、落ち着きなさいよ」

花陽「…だって、私にライブなんて…」

にこ「あーもう、うるさい!やるって決めたんだからグチグチ言わないの!それに、あんたは何も心配することないでしょ?」

花陽「うん…」

にこ「じゃあ花陽、行くわよ…」スゥゥゥゥ

花陽「……っ!」ギュイィィン


「大丈夫よ」


花陽(にこ)「全部このにこにーに任せときなさい!」

続きを読む

花陽(27)「にこにー弁当屋?」

花陽(27)「にこにー弁当屋?」

1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 21:37:28.34 ID:HAkaR7ia.net
花陽「またパートをクビになっしまいました…」

花陽「新しい仕事探さなきゃ…」

花陽「うぅ…悩んでたらお腹空いたよ」

花陽「あれ? このお店って…」

花陽「にこにー弁当屋?」



にこ「いらっしゃいませー!…って花陽⁉」

花陽「久しぶりだね!にこちゃん」

にこ「そうね、元気してた?」

花陽「うん…ぼちぼち…かな?」


ほのぼの 書き溜め半分

続きを読む

1 2 3 4