「 ほのゆき 」一覧

雪穂「八月!」穂乃果「三日は」あんじゅ「はちみつの日♪」

雪穂「八月!」穂乃果「三日は」あんじゅ「はちみつの日♪」

1: 名無しで叶える物語 2017/08/03(木) 00:06:37.37 ID:hsbOWCsn.net
【四月】

穂乃果「今日もパンがうまいっ♪」パク

ことり「あれ、今日はランチパックじゃないんだね」

海未「節約ですか?」

穂乃果「ううん。はちみつが食べたい気分だったの」モグモグ

絵里「ちょっといい?」

希「お。はちみつ&マーガリン…」

穂乃果「はい!先輩もこれ好きなんですか?」

希「たまに食べたくなるよね。それ以外にもいろんな味のがあるけど…」

穂乃果「家だったらトーストにたっぷりはちみつつけて食べたいけど、お外では難しいからこれにしました!」

絵里「そんなにハチミツが好きなの?」

穂乃果「昔から大好きなんです♪お料理にも使ったりしますよ」

希「国産、輸入、ニホンミツバチと西洋ミツバチの違いから、ハチが蜜を集める花の種類まで…ハチミツといってもいろいろや。見た目の色や香り、もちろん味まで変わってくるん」

絵里「ハチミツのパッケージに花の種類が書いてあるのは知ってたけど、そこまで気にしてなかったわ…」

穂乃果「養蜂は世界中で行われてるし、はちみつだけで言えば紀元前から人々にとって欠かせない食糧です。はちみつなら廃校だって阻止できますよ!」

絵里「!」

ことり「それはちょっと無理があるような…」

海未「はちみつが素晴らしいというのはわかりますが、音ノ木坂の入学希望者を増やすことには繋がらないでしょう?」

穂乃果「それは音ノ木坂でハチミツに関することを何もしてないからでしょ。もし音ノ木坂でいろいろな種類の美味しいハチミツを食べられるようになったら、きっと入学希望者が殺到するはずだよ!」

希「それって…つまり音ノ木坂で養蜂を始めようってこと?」

絵里「そ、そんなことできるの?…養蜂なんて、どこでやるつもり?」

穂乃果「んー。じゃあ、校内をあちこち見て回っていい場所を探しましょう♪」

ことり「大丈夫かなぁ…」

続きを読む

雪穂「お姉ちゃんと一緒」

雪穂「お姉ちゃんと一緒」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 15:30:29.37 ID:ChQgSI5z.net
亜里沙「穂乃果さんのこと好きでしょ!」

雪穂「は?」

亜里沙「雪穂、穂乃果さんのこと好きでしょー?」

雪穂「いや…何いってんの亜里沙、お姉ちゃんだよ?」

亜里沙「うん!」

雪穂「…妹のあたしがお姉ちゃんのことなんて、好きになる訳…」

亜里沙「むぅ…」

雪穂「ど、どうしたの亜里沙…?」

亜里沙「雪穂は嘘つき」

続きを読む

絵里「六月」穂乃果「十六日は」雪穂「和菓子の日♪」

絵里「六月」穂乃果「十六日は」雪穂「和菓子の日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 00:06:31.88 ID:9kK68GB2.net
【四月】

穂乃果「本当に学校、なくなっちゃうんですか…?」

絵里「あなたたちが気にすることじゃないわ」

スタスタ

希「あの子…穂むらちゃんやね」

絵里「ほむら?」

希「あれ、エリちは知らない?神田にある古い和菓子屋さんで、地元では結構有名なんよ」

絵里「そうなの?…私、和菓子ってあまり食べたことないから…」

希「ちゃんとした和菓子屋さんのお菓子はちょっと高いけど、何でも美味しいよ。ウチ、穂むらのおだんごが特に大好きなん」

絵里「ふーん…古いお店っていうけど、いつ頃からあるの?十年くらい?」

希「いや、そんなん古いうちに入らないやん。穂むらは確か江戸時代からあって、創業三百年くらいやったと思うよ」

絵里「さんびゃく!?…そ、そんなに…音ノ木坂よりずっと古いのね…」

希「まあ、神田にはそういう古いお店や建物が今も結構あるからね。おなじみの明神さんなんて千年以上前からあるし」

絵里「神社はそれくらい古いのが全国にたくさんあることは知ってるけど、お菓子だけのお店でそんなに長く続いてるのはすごいわね…こう言っては何だけど、なくても大丈夫な嗜好品なのに」

希「だからこそ、やないかな?…女の子はみんな甘いもの大好きやろ?お菓子は人生を豊かにするって思わない?」

絵里「まあ、私もチョコレートとか好きだし…わからなくはないわね」

希「和菓子も食べてみたらいいと思うよ。穂むらのお菓子を一度食べたら認識変わるかも」

絵里(三百年か…和菓子にはそれだけの力があるってことなのかしら。音ノ木坂にも、そういう何かがあれば…)

穂乃果「この像って独特のポーズだよね…誰が作ったんだろう?」

海未「誰の像かはともかく、誰が作ったかは今まで考えたことも無かったです…」

ことり「ちょっと真似したくなっちゃうね。このポーズ♪」

穂乃果「あはは。ちょっとやってみようか?…こんな感じ?」

ことり「こうじゃないかな?」グッ

絵里「こう?」サッ

海未「って、何やってるんですか。音ノ木坂のいいところを探そうという話だったはずでは?」

絵里「ご、ごめんなさい…」

穂乃果「って、生徒会長さん!?」

ことり「何してるんですか…?」

絵里「ちょっと…あなたに訊きたいことがあって」

穂乃果「え、私?」

続きを読む

穂乃果「あっー! 雪穂が雑誌のえっちな記事見てる!」

穂乃果「あっー! 雪穂が雑誌のえっちな記事見てる!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/23(月) 22:28:53.60 ID:yhq0HQPe0.net
雪穂「ち、違うよぉ! 私はこっち読んでたの! このページ!」

穂乃果「中学生なのに…まだ早いよ?」

穂乃果「どれどれ、それで何て書いてあるの?」

雪穂「ちょ、ちょっとおねーちゃん…」

穂乃果「えーっと…。キ、キスで分かる相性診断…」

雪穂「もうっ、返してよ。まだ見てたのに」

穂乃果「待って、ふむふむ…」

雪穂「なんで真剣に見てるの…」

続きを読む

海未「そんな…姉妹で、破廉恥です…。」

海未「そんな…姉妹で、破廉恥です…。」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/10(火) 00:20:32.08 ID:PfUqjOzV0.net
穂乃果「それじゃ帰ろっか海未ちゃん」

海未「はい、今日のデートも楽しかったです…♡」

穂乃果「穂乃果も海未ちゃんとお出かけできて嬉しいよ♪」

海未「穂乃果…いつもの、してください…♡」

穂乃果「もう、海未ちゃんってば~、恥ずかしいからほっぺね」

穂乃果「ん…ちゅっ」

海未「嬉しいです…穂乃果♡」

穂乃果「うん♪ また学校で会おうね」

海未「はい…♡」

続きを読む

凛「変声機を手に入れたよ!」 真姫「何よそれ」【後半安価】

凛「変声機を手に入れたよ!」 真姫「何よそれ」【後半安価】

1: ◆NL8WvejZ.U 2015/04/28(火) 21:54:32.23 ID:rAAcWLWK0
※一部また全部のキャラが崩壊する恐れがあります
バーーーローーは登場しません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430225662

続きを読む

クイズ!高坂雪穂の100のコト優勝記念

クイズ!高坂雪穂の100のコト優勝記念

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 15:10:51.30 ID:WcFfbOgkO
穂乃果「という事で今日は姉妹水入らずで鎌倉旅行です」

雪穂「お姉ちゃんと二人で遠出って久しぶり…って言うか初めてかな?」

穂乃果「う~ん。都内ならあるけど他県は初めてだね」

雪穂「お姉ちゃんは鎌倉に来たことあるの?」

穂乃果「中学生の時遠足で来たよ?中二の時。雪穂もでしょ?」

雪穂「え?私達の代は鎌倉に行ってないよ」

穂乃果「え?そうなの?」

雪穂「うん。だから、私は今日鎌倉初めてなんだよね」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480659051

続きを読む

【ラブライブ!】雪穂「私の趣味?」

【ラブライブ!】雪穂「私の趣味?」

1: ◆eyH5F3DPSk 2015/04/01(水) 00:51:38.04 ID:uMIwTh0n0
穂乃果「ねぇねぇ、雪穂の趣味って何?」

雪穂「え? 趣味?」

穂乃果「そうそう。好きなことでもいいよ」

雪穂「好きなこと……」



なんだろう。私の好きなこと。

趣味と言えるほど、のめりこむものって何だろう。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427817097

続きを読む

雪穂「11月30日」亜里沙「も」「♪日の鏡」果乃穂

雪穂「11月30日」亜里沙「も」「♪日の鏡」果乃穂

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 19:11:02.80 ID:RULUpCUu.net
【八年前】

ことり(小3)「ほのかちゃん。ことりのおよめさんになって♪」

穂乃果(小3)「あー、ごめんね。ことりちゃんも大好きだけど…ほのか、ゆきほのおよめさんになるってやくそくしたんだ♪」

ことり「えぇ!?」

海未(小3)「でも、姉妹では結婚できないと思いますけど…」

穂乃果「え。…うそ!?」ガーン

【高坂家】

穂乃果「…」グスッ

雪穂(小1)「おねえちゃん?…どうしたの?」ナデナデ

穂乃果「ほのか、ゆきほのおよめさんになれないって…姉妹はケッコンできないから…」ポロポロ

雪穂「なかないで。おねえちゃん…ケッコンしなくても、ゆきほはずっとおねえちゃんといっしょだよ」ギュ

穂乃果「ゆきほ…ありがと…」ギュー

雪穂「おねえちゃん。だいすき」チュ

穂乃果(…ゆきほ///)

【四年前】

穂乃果(学年が違うから、学校でもクラスは別々…それでも今までは同じ小学校だったから、そんなに不安はなかった)

雪穂(でも今年から、お姉ちゃんが中学生になって…すぐに会いに行けないし、一緒にいられない時間が長く感じる…)

穂乃果(中1)「ただいまー」

雪穂(小5)「お姉ちゃん。遅いよ!どこ行ってたの?」

穂乃果「どこって、部活だよ。私ね、剣道部の」
雪穂「いいから来て」グイ

穂乃果「ちょっ、雪穂?」

穂乃果(ちょっとでも寂しさを忘れようと部活に打ち込んだけど…)

パタン

穂乃果「だ、だめだよ雪穂。私、汗くさいから…」ジタバタ

雪穂「じっとしてて。こっち向いてよ。お姉ちゃん」

穂乃果「…うん」

チュッ

穂乃果(ちょっと強引だけど…でも嬉しいな///)

続きを読む

穂乃果「雪穂お帰りー」

穂乃果「雪穂お帰りー」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 20:40:11.96 ID:9zCHbKlz.net
雪穂「お姉ちゃん…いたんだ」

穂乃果「うん、午後の授業が休校になったんだ!ラッキーだよー」

雪穂「……」

穂乃果「雪穂はどうだったの?今日ライブやったんだよね?」

雪穂「…別に、普通だった」

穂乃果「もう、ちゃんと教えてよー」

雪穂「……るさい」

穂乃果「なに?」

雪穂「うるさいって言ったの!」

穂乃果「…え?」

続きを読む

1 2 3 4 6