「 誕生日 」一覧

希「1日遅れのサンタさん」

希「1日遅れのサンタさん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 16:08:32.24 ID:ObyB4TLz0
希「昨日は久しぶりにお母さんとお父さんに会えたんよ!」

絵里「あら、そうなの?だからそんなに嬉しそうなのね」

希「うん!ケーキも食べたし楽しかった!」

絵里(あれ?誕生日は今日じゃ?まぁ、ご両親の都合かしら)

絵里「うふふっ可愛いところあるじゃない」

希「へっ///何いうてるんよ///」

絵里「そういうところよ」

希「からかわんといてよ!」

絵里「ごめんなさい!あまりにも可愛かったから」

希「絵里ち~!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1528614511

続きを読む

理亞「スクールアイドル・鹿角聖良」

理亞「スクールアイドル・鹿角聖良」

1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/05/04(金) 19:53:44.60 ID:Miwc+2Aq
理亞「聴いたよ。あなた達の新曲。新しい学校でも活動できてるみたいで安心した」

ルビィ『ありがとう。理亞ちゃんの方はどう?』

理亞「順調……かな。新しいメンバーとも上手くやれてる、と思う。今はみんなで新曲作ってるところ」

ルビィ『うちは梨子ちゃんも千歌ちゃんも残ってるからいいけど、そっちは大変そうだね?』

理亞「まあね。やっぱり姉様の存在は大きい……まあ、何とかするけど」

理亞「ゴールデンウィークには姉様も帰ってくるから、作曲のコツとかいろいろ聞いておかないと」

続きを読む

たったのひとこと

たったのひとこと

「曜先輩、誕生日おめでとうございます!」
「渡辺さん、お誕生日おめでとう!」
「曜ちゃん、誕生日おめでとう!」

今日は私の誕生日。それは、私を産んでくれた両親に感謝する日であり、私、渡辺曜の新たな人生を祝う日でもある。
そう、今日は私、渡辺曜の二十歳の誕生日。世間でいう所の大人の仲間入りである。お酒だって飲めるし、タバコだって吸えてしまう。まぁ、吸わないけれど。

続きを読む

梨子「焼き鳥屋・宜候」四

梨子「焼き鳥屋・宜候」四

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/17(火) 01:44:33.68 ID:TWyvQGMf0
薄紅の風が空を流れる春の季節がやって来た。

顔を撫でる潮風は柔らかく胸に吸い込む空気はふんわりと温かく気分がいい。

桜舞う春は此処、太陽と海の町である内浦にも変わらずやってきました。

そんな、海辺の町の片隅に一軒、近場の島と富士山がよく見える位置に焼き鳥屋がありました。

新しい店なのに内装は煙で偸み、席はたったのカウンター五席。店員は一人と時々現れるお手伝いのみ。若く快活な女性が店主として切り盛りしてるようです。



その小さな小さな焼き鳥屋は……店主のかつての夢に掛け『焼き鳥屋・宜候』の看板で今日も営業していました。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523897073

続きを読む

千歌「わたしって普通だから…」曜「千歌ちゃん…」

千歌「わたしって普通だから…」曜「千歌ちゃん…」

千歌「誕生日プレゼントはわたし♡しか思いつかなくて…」←裸リボン

曜「うん、普通ってなんだったっけ」

千歌「ごめんねよーちゃん。もっと変わったプレゼント用意してあげられればよかったんだけど」

曜「ううん、わたしは普通にプレゼントもらえればそれだけで喜ぶから」

千歌「そっか、普通にわたしをプレゼントすれば喜んでくれるんだね」

曜「千歌ちゃん?もっと普通でいいんだよ?」

続きを読む

曜「特別な日には」梨子「特別なことを」

曜「特別な日には」梨子「特別なことを」

梨子「——はい、曜ちゃんお待たせー」

曜「わぁ、ハンバーグだ! すごい、おいしそう!」

梨子「えへへ、今日はちょっと張り切っちゃった……曜ちゃんの為に、頑張ったんだよ?」

曜「梨子ちゃん……嬉しいよ、ありがとう!」

梨子「だって今日は曜ちゃんの誕生日だし……ちょっと"特別"だしね?」

曜「えっへへ、なんか照れくさいなぁ……こういう誕生日、ちょっと久しぶりかも?」

梨子「うふふ、それじゃ早速食べちゃおうか? せっかく作ったから温かいうちに食べてほしいし」

曜「うん、そうだね。私も早く食べたいし! それじゃ、いただきま——」

梨子「あーちょっとその前に! まだ用意するものあったんだった……」

曜「……うん?」

梨子「——はい! 今日の為に用意した、ちょっと変わったビール! いろいろ買ってきたよ?」

曜「やっぱりか……」

続きを読む

善子「貴女が喜ぶプレゼントは」

善子「貴女が喜ぶプレゼントは」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/17(火) 17:09:56.41 ID:xvK/WDk20
善子(誕生日プレゼントを選ぶのは難しい)

善子(一年に一度だけの、大切な人への贈り物)

善子(相手が欲している物をあげないとありがた迷惑になりかねない)

善子(だけど相手から直接欲しい物を聞くわけにもいかない)

善子(それじゃあプレゼントの意味がなくなるから)

善子(でも大切な人には、素敵な物をプレゼントしたい)

善子(心から喜んで、満面の笑みを見せてほしい)

善子(その為には、やっぱり情報を集める必要がある)

善子(というわけで――)

続きを読む

曜「明日は私の誕生日!」

曜「明日は私の誕生日!」

〜曜'sハウス〜

曜「先月の花丸ちゃんの誕生日は楽しかったな」

曜「3年生の皆もいなくなって、私たちも新しい学校に行く事になって……」

曜「どうなる事かと思ったけど、皆受け入れてくれて良かったよ。そして新しい学校に来てもう1週間」

曜「そして!!」

曜「明日は私、曜ちゃんの誕生日であります」

続きを読む

海未「17歳最初の夜」

海未「17歳最初の夜」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/03/15(木) 23:24:31.22 ID:Kgcg+cON
―海未の家―

海未「おかしいです……」

海未「いつもならばもうことりが来ていてもいい頃なのに……」 

海未「ことりのことです、変なサプライズでもしようとしているのでしょうか」

海未「ですが私の誕生日にここまで待たせるのも珍しいですね」

ピンポーン

海未「噂をすれば」

続きを読む

海未「いつもと同じように」

海未「いつもと同じように」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 20:07:37.80 ID:8Oag3JimO

ことり「今日は海未ちゃんの誕生日だよ~!おめでとぉ~♡」パチパチ

海未「……」ジ-

ことり「あれ?海未ちゃんどうしたの?ことりのお祝いが嬉しすぎて言葉を失っちゃったとか♪」

海未「……ことり、今何時ですか?」

ことり「朝の五時だよ?」

海未「ことりが私の部屋に入った時、私はどのような状態でした?」

ことり「ぐっすり寝てたよ。すやすや~って。可愛かったなぁ~♡」ヤンヤン


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521112057

続きを読む

1 2 3 4 46