「 誕生日 」一覧

千歌「曜ちゃんを、き、気持ちよくしに来ました。色々と」曜「ええ!?」

千歌「曜ちゃんを、き、気持ちよくしに来ました。色々と」曜「ええ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/17(月) 20:59:18.13 ID:kHukCmcj0
ようちかりこ



曜の家の前

千歌「ごほん。えー、では今から潜入しますのは、我が親友、曜ちゃんの家です」

梨子「あの、私、カメラ担当でいいの? あんまり上手く撮れないけど」

千歌「いいんです。いいんです」

梨子「それにこんな夜遅くに……」

千歌「曜ちゃんのお母さんの許可は取ってるから大丈夫だって。いざ、出陣!」

タタタタっ

梨子「あ、待ってよ千歌ちゃん」

タタタっ

千歌「覚悟しろー、曜ちゃん!」

梨子「大きな声出さないでってば」

続きを読む

真姫「誕生日は悪魔の誘惑と」

真姫「誕生日は悪魔の誘惑と」

1: 名無しで叶える物語 2017/04/25(火) 16:06:15.01 ID:wh64r70c.net
 


ゴト…



私はピアノを弾くのを止め、鍵盤に乗せていた手をそっと引いた。
名残惜しいかのように、空中で鍵を弾く仕草をする。

そんな自分の行為を自虐的に鼻で笑い、椅子を引いて立つ。

振り返ると、夕日がやけに眩しく降り注いでいた。


真姫「……」


白い部屋が、オレンジ色の夕焼けで染まっていた。
静かなこの空間が、ほんのりと音色を奏でているような気がする。

……私はこの光景に、何を想うのか。


それは勿論、あの音楽室での日々―――。



―――――
―――

続きを読む

千歌「よーちゃんの誕生日」

千歌「よーちゃんの誕生日」

1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 16:04:51.83 ID:235Enut4.net
曜ちゃん お誕生日おめでとう

ってことで曜ちゃんと千歌ちゃんのSS書きます
(書き溜めていないので、落ちないようにがんばります)

よろしくお願いしますm

続きを読む

真姫「今日は私の誕生日。練習もお休み。でも、なんで…」

真姫「今日は私の誕生日。練習もお休み。でも、なんで…」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 22:48:52.80 ID:vHoP67Fu.net
放課後、部室

真姫「なんで誰も祝ってくれないのよ!!

確かに私はみんなの誕生日を積極的に祝うキャラじゃないけど!!

それでも!!」

コンコン

真姫「ハッ はーい」

真姫「あら>>3

続きを読む

真姫「今日はわたしの誕生日よ!」 海未「そうですね」

真姫「今日はわたしの誕生日よ!」 海未「そうですね」

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 22:03:54.99 ID:FH5XE7qU.net
海未「おめでとうございます」

真姫「ありがと///」クルクル

真姫「って違うわよ!」

海未「え?」

真姫「これでまた海未と同い年になったの!」

海未「ええ、そうですね」

真姫「だからもう先輩面しないでよね!」

海未「してないつもりですが...」

真姫「してないわよ!」

海未「えぇ...」

続きを読む

絵里「真姫は素直じゃないの」

絵里「真姫は素直じゃないの」

1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 22:18:04.63 ID:SluTgbID.net
絵里「真姫って素直じゃないから、正直、ちょっぴり手が焼けるのよね」

絵里「そこがかわいいところでもあるんだけど♪」

絵里「でも、私としては、もう少し素直になって良いんじゃないかって思うし、ちょっと協力してあげましょう」

続きを読む

希「4月19日は」真姫「飼育の日?」

希「4月19日は」真姫「飼育の日?」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 00:05:35.25 ID:rSQ1LEPD.net
理事長「廃校」

希「…ふむ」パラララ

絵里「希!こんなときに占いなんて…」

希「まあ、まあ。エリち…落ち着いて。ほら、カードも言うてるよ」パタ

絵里「それは…女神?」

希「大アルカナの2番、女教皇。確かに、アルテミスの化身とも言われてるね」

絵里「それが私たちと何か関係あるの?」

希「このカードは知性の象徴や。感情に流されないことが大事やって意味があるんよ」

絵里「そんなこと言われても…じゃあ、どうすればいいっていうのよ?」

希「カードに描かれた、アルテミスの弓…これは楽器でもあるん」

絵里「…楽器?」

希「そう。ヴァイオリンとか弦楽器にも弓ってあるやろ?」

絵里「ああ、そういうこと…」

希「音楽は心を豊かにする。音ノ木坂もかつては音楽学校やったっていうし、古くから音ノ木坂には音楽が…」

絵里「悪いけど、今そんな気分じゃないわ。頭に浮かぶのは絶望的な音楽くらいよ」

希「エドヴァルド・グリーグの“オーゼの死”とか?」

絵里「…そんな感じね」

絵里(ペール・ギュントの母オーゼの死。“母校”を失うという意味では、的確かもね…)

希(死と絶望かぁ…音楽は音を楽しむって書くけど、たぶん海外の作曲家はそんなこと知らんもんなぁ…)

【音楽室】

希「…お?」

\ダイスキダ バンザーイ♪/

希(…そうそう、それでこそ音楽や)

希(ポジティブな歌詞、堂々とした歌声。それを彩る繊細かつ大胆なピアノ…)

希「いい!」ガラッ

真姫「ヴェぇ…な、何!?」

希「キミは…合唱部?」

真姫「違いますけど…」

希「あ、そう」

希(エリちにも聴かせてあげたいなぁ…)

続きを読む

にこ「誕生日の真姫ちゃんと十千万にお泊り」

にこ「誕生日の真姫ちゃんと十千万にお泊り」

1: ◆N2ciT2iELQ (新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 10:53:46.72 ID:jv3ZsATb.net
にこ「にっこにっこにー! 今日にこは、親友の真姫ちゃんと静岡にやってきたにこ☆」

真姫「プライベートなのにそのノリやめてくれる?」

にこ「いや〜職業病でね? ほらにこにーって、根っからのアイドルだから」

真姫「キモチワルイ」

にこ「真姫ちゃん照れないの♡」

真姫(…アイドルデビューして仕事の調子も出てきて、ますますウザさに磨きがかかってきたわね…)

真姫(なんでこんなウザい人が好きなんだろう…)ハァ

にこ「なんとかいいなさいよー」ツンツン

真姫「…最初の一言、一つ訂正して」

にこ「? …にこっ!?」チュッ

にこ「んっ、あっ…真姫ちゃん、駄目…誰かに見られちゃう…」

真姫「『親友』じゃないでしょ? 私達」

にこ「…うん」

真姫「ちゃんと何なのか、言ってご覧なさい?」

にこ「にこは、真姫ちゃんの……恋人です//」カアア

真姫「よろしい」

真姫(私だってもう大学生。ちょろいなんて言わせないんだから。にこちゃんを常にリードし続けるのよ)

にこ「……// あ、あっ! 宿が見えてきたにこ!」

真姫「えっと…『十千万』?」

続きを読む

【SS】真姫「最近なんだか避けられている気がするわ」

【SS】真姫「最近なんだか避けられている気がするわ」

1: 名無しで叶える物語(きびだんご)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 14:18:02.01 ID:ZMVeuJW9.net
花陽「大変ですっ!!!!」

穂乃果「どうしたの花陽ちゃん?」

真姫「今度は何よ?!」

花陽「すぅ...はぁ...すぅ...はぁ...また...」

海未「また?」

花陽「また!」

ことほのりん「「「また?」」」

花陽「また開催されますっ!」

凛「それってまさか...」

花陽「そうですっ!今やスクールアイドル全盛期と言っても過言ではないこの時代を、わずか二回で作り上げたあの伝説の大会、ラブライブの第三回大会の開催が早くも決まりましたっ!!!」

続きを読む

穂乃果「プレゼントは私?」

穂乃果「プレゼントは私?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/19(日) 19:15:49.76 ID:1KIkn5P60
穂乃果「明日はいよいよ真姫ちゃんの誕生日!この日のために穂乃果、準備とか色々頑張ったんだー」

穂乃果「だから、絶対に成功させないとね。」

穂乃果「ずーっと、準備してたらちょっとトイレ行きたくなっちゃったなー」

穂乃果「ちょっとトイレ行こうかな」

~数分後~

穂乃果「おかしい、う??ちが出てこない。」

穂乃果「便??になっちゃったなー?
もうちょっとだけ踏ん張ろう。便??は我慢すると辛いからね」

穂乃果「うぅん、うぅ……うん」

ぽたんっ

穂乃果「ふぅ、すっき…痛い、痛い痛い痛ーい」

穂乃果「な、何?」

穂乃果は怪しく思ってトイレットペーパーでお尻を拭くと

穂乃果「血がついてる?もしかして切れ痔?」

穂乃果「どうしよう、明日は真姫ちゃんの誕生日、なのにこんなにお尻が痛い」

穂乃果「痛いよー」

穂乃果「どうしようこの痛み、なんとかしないと…。」

穂乃果「それに、これじゃプレゼントは穂乃果だよ作戦はできない…。」

穂乃果「本当にどうすれば…。」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429438549

続きを読む

1 2 3 4 34