「 にこりん 」一覧

凛「ちょっと寒くないかニャ?」にこ「はあ?」

凛「ちょっと寒くないかニャ?」にこ「はあ?」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 19:29:38.35 ID:yvAhrBQu.net
にこ「何言ってるのよ、今日は暖かい方じゃない」

凛「えー? ニコちゃん風邪じゃないかニャ?」ピトッ

凛「わっ! ニコちゃん冷たい! まるで外にずっと立ってたみたい!」

凛「そういえば顔色も悪いし!」アワワ

カエル「」

にこ「凛、それはニコじゃなくて薬局の前によくいるカエルの置物」

凛「っ! ニコちゃんが2人!?」アワアワ

凛「もしかしてニコちゃん忍者だったの!?」

にこ「違うわよ!」

続きを読む

マイナーcpの短編SS書いてく

マイナーcpの短編SS書いてく

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 12:32:59.40 ID:SV2S3Wjq.net
1:ほのかよ
2:ことりん
3:ことのぞ
4:りんえり

>>6までで一番多かったやつから書いてく

続きを読む

りん「ここどこ?」俺「ぼくの家だよ~」

りん「ここどこ?」俺「ぼくの家だよ~」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/08(水) 18:21:46.86 ID:JsAoUtdr.net
にこ「ウーン…」

りん「矢澤!?手錠で縛られてる……」

俺「おうちかえりたいよね?」

りん「……うん」

りん「ひっ!?」ビクッ

俺「じゃあこれ、体のどっかにぺったんしようね~」ゴト…

俺「焼きごてだよ~~~」ジュゥゥゥ

続きを読む

凛「にこちゃん、いつもからかったりしてごめんね。」

凛「にこちゃん、いつもからかったりしてごめんね。」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/03/31(金) 11:51:16.70 ID:BzJuqXVz.net
部室

にこ「ふぅ~、とりあえずこんな感じでいいかしらね」カタカタッ ターン

にこ「PVの作成もひと段落ついたし、アイドル雑誌でも読んで帰ろうかしら…」

\りんりんりんがべー/

にこ「あら、この声は凛?今日は部活ないのに何の用かしら?」

にこ「!いいこと思いついた♪」

ガチャ
凛「部室に傘置き忘れたにゃ」

凛「あれ?にこちゃんだ…」

にこ「すー…すー…」

凛「…寝てるの?にこちゃん」ホッペツンツン

にこ(タヌキ寝入りタヌキ寝入り♪)

にこ(寝てるフリして凛の秘密をにぎってやるにこ♪)

凛「ぐっすりだにゃ…」

凛「凛もちょっと雨宿りしてこっと」ポスン

にこ(ラッキ~♪これで一人のときの凛の様子を観察し放題ね♪)

続きを読む

にこ「私の腕の中無邪気に笑う君を守りたい」

にこ「私の腕の中無邪気に笑う君を守りたい」

1: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 07:32:31.20 ID:UrHck58I.net
「……遅い。」

 にこは時計を見て一言そう呟いた。
 あくる日の土曜日、にこは凛と音ノ木坂学院下の交差点近くのコンビニの前で待ち合わせの約束をしていた。
 集合時間は十時だったのだが、先程にこが時計を見ると既に十時半を回っている。つまり、三十分遅刻しているわけだが、凛は一向にその姿を見せない。
 さすがに業を煮やしたのか。にこがスマホを立ち上げ、凛に連絡しようとしたその時、

「はあ……はあ……。」

 遠くの方から凛がこちらに向かってくるのが見えた。

続きを読む

にこ「恋人は凛って言いたい」

にこ「恋人は凛って言いたい」

1: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 10:59:14.03 ID:CJQON6f9.net
屋上



にこ「それじゃ、揃うまでにこにこにーの練習よ!」


凛「…ナニソレ。イミワカンナイ。」クルクル

真姫「…!ちょっと凛、それ誰の真似よ!」

花陽「凛ちゃん…」

にこ「いいから、やるわよ!!」

にこ「にっこに…」

ガチャッ

絵里「…あら、みんな早いわね。」

希「おまたせー。」

にこ「ちょっと!!せめて最後までやらせなさいよ!!」

希「…ん?どうかしたん、にこっち?」

続きを読む

にこ「12月31日は」凛「シンデレラ・デー?」

にこ「12月31日は」凛「シンデレラ・デー?」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:03:39.29 ID:k+jzxlpK.net
ヒデコ「姫さま。UTX王国の英玲奈姫さまがいらっしゃいました」

希「あー。はいはい…」

ヒデコ「姫さま。…お気持ちはお察し致しますが…」

希「わかってるって。お客さんの前ではちゃんとするよ」

希(ウチも18歳になったし…両親はウチを結婚させたいみたいや。次々とウチの花嫁候補がお城へ呼ばれてくる…)

希(でも正直、ウチの心をときめかせる相手は今のところ居ないんよ。悪いけど…)

英玲奈「統堂英玲奈だ」

希「英玲奈さん。ようこそ音ノ木城へ…東條希です」ニコ

英玲奈「これ、おみやげだ」

希「ありがとうございます♪」

のぞえれ「…」

希「…いや、なんか喋ってよ」

英玲奈「そうだな…もうすぐ今年も終わりだが」

希「あっという間の一年やったなあ」

英玲奈「一年の最後の日といえば大晦日だ」

希「そやね」

英玲奈「“つごもり”とも読むが…“みそか”は本来、三十日と書く」

希「うん」

英玲奈「現在の暦では31日まであるからおかしなことになっているが、旧暦では丗日で終わりだった。だから“みそか”と呼ぶんだ」

希「…それで?」

英玲奈「それだけだが」

ヒデコ「姫さま…」

希「…いや、いい人やと思うよ?…けど話が続かないんよ。結婚しても絶対アカンわ」

ヒデコ「どなたか想い人はいらっしゃらないのですか?」

希「いないよ。…別に、焦って探すようなものでもないやろ?」

ヒデコ「それはそうですけど…」

続きを読む

凛「あー、にこちゃん。スーパーで半額の惣菜買ってるにゃー!」にこ「お、大きな声出すんじゃないわよ・・・」

凛「あー、にこちゃん。スーパーで半額の惣菜買ってるにゃー!」にこ「お、大きな声出すんじゃないわよ・・・」

8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:11:05.02 ID:tNw81BxK.net
にこ「半額のお惣菜のどこがいけないのよ!」

凛「だってスーパーのお惣菜って、そんなに美味しくなくないかにゃ?」

凛「凛はそんなの食べるくらいなら、にこちゃん手作りの唐揚げが食べたいにゃ~」

にこ「……なによ、誉めたって何にもでないわよ///」



こういうのもアリだと思うんだ

続きを読む

凛「毎日お前のラーメンが食べたい」

凛「毎日お前のラーメンが食べたい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/14(木) 22:57:55.72 ID:NYFmxaW/0




凛「かよちんおはよーにゃ!」


花陽「凛ちゃんおはよう、今日は寒いね~」


凛「この前なんか暑かったのにね~」


花陽「そうだね…」





凛「……えい!」ギュッ


花陽「わっ!どうしたの凛ちゃん?」


凛「えへへ、かよちんの手あったかいにゃ~」






凛「…凛、ずっとかよちんと手を繋いでいたいにゃ!」


花陽「えっ///」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431611865

続きを読む

凛「…気のせい?」にこ「にこっ」

凛「…気のせい?」にこ「にこっ」

1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 02:59:58.50 ID:q4xZbwNA.net
【四月・中庭】

凛「木登り!?」

穂乃果「うん。小さい頃は、こーんな大きい木に登ったりもしたんだよー♪」

凛「本当ですかー?」

穂乃果「ホントだよー。今も頑張れば、この木にだって登れるよ!」

凛「手や足を引っ掛けるところがないと難しいんじゃないですかー?」

穂乃果「あの枝のところにつかまれば何とかなりそうだよ。ね、登れたら私たちのライブ見に来てくれる?」

凛「無理だと思いますけど…」

穂乃果「大丈夫だって!…よーし、見てて」グッ

凛「待って、先輩!」

穂乃果「わぁ!?」ズルッ

穂乃果「いったーい!」

凛「だ、大丈夫ですかー?><」

穂乃果「うぅ…急に呼び止めないでよー」

凛「ご、ごめんにゃ…でも登ったりしたら木を傷つけちゃうと思って…」

穂乃果「あ…そうだね。…やめとこっか」

凛「うん」

凛(…凛も昔、かよちんに言われたことがあったんだよね)

『あ…枝、折れちゃったにゃ』

『だ、ダメだよぉ…木がかわいそうだよ…』

穂乃果「ライブ見に来てねー!」フリフリ

凛「気が向いたら行きます」ボソ

「ありがとう…」

凛「えっ。…誰?」

花陽「凛ちゃん。…どうしたの?」

凛「なーんだ、かよちんかぁ…びっくりしたにゃ」

花陽「?」

続きを読む

1 2 3
スポンサーリンク