「 いじめ、自殺、鬱、残虐な描写 」一覧

曜「夢の結末」

曜「夢の結末」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/03(金) 12:24:02.67 ID:fhWwu39r0
曜(ここは・・・?)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1533266642

続きを読む

【SS】境界性的な行為

【SS】境界性的な行為

1: にこえり(あゆ) 2018/08/02(木) 22:31:30.94 ID:Ii+OrvGm
包丁を握って手首に刃を当てる。

そうするとどうなると思う?


痛いかしら?怪我をするのかしら?血が出ちゃうかしら?


ううん、どれも不正解。

正解は……


「ちょっと!なにやってんのよ!!」


『にこが心配してくれる』でした。


「そ、そんなもん早く下ろしなさい!」

「下ろす……?切り落とせって事?」

「そんなわけないでしょ!!元あった場所に戻せって言ってんのよ!」

「元あった場所……」


この包丁どこで買ったかしら?

レシートもないだろうし受け付けてくれないわよね。
刃先だって磨り減ってボロボロだし。


「バカな事考えてっ!」

「あっ……」


そんな事を考えてると、にこに包丁を奪われちゃった。


「……代わりに返品してくれるの?」

「はぁ?なに言ってんのよ!あんた!」

続きを読む

鞠莉「好きなのに嫌いなの」

鞠莉「好きなのに嫌いなの」

1: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/08/03(金) 00:24:02.24 ID:2Ies+cDy
ねぇ、ダイヤ。


もうすぐ卒業して私達離れ離れになっちゃうわね。

そうなったら会う機会も1年に1度とかになっちゃうのかしら?

今は毎日のように顔を合わせて、笑ったり怒ったり時々泣いたりしてるのに、
そんな出来事は遠い過去の日の思い出にして、別々の道を歩んじゃうのかしらね?

そうして次第に会う機会も連絡する事もなくなっちゃうのかしら……?

もしそうなるなら、
それってとても悲しい事じゃない?


ダイヤにとってはそうでもないかしら……?

続きを読む

【SS】自己愛性的な行為

【SS】自己愛性的な行為

1: まきぱな(あゆ) 2018/08/01(水) 18:57:33.56 ID:yFL81eiL
今日は花陽の夢を見た。

別に私は花陽の事なんて考えながら寝たわけでもないのに、何故かあの子の夢を見たのよ。

これって不思議じゃない?

だって私、花陽の事なんて何とも思ってないのに、
あの子を無理矢理犯す夢なんて見ちゃって、こんなのおかしいわよね。

これはたぶん、花陽が「真姫ちゃんの夢に出てきますように」っておまじないとか念みたいなのを送り続けてきたに違いないわ。

少しでも自分の事を思ってくれるようにって。

きっと花陽は私の事が好きなのよ。

そう思うのには当然理由があるの。

例えば私がこの学校に入学して初めて友達になったのは花陽だし。

クラスでも部活でもやたらと気にかけてくれる。

何気なく私があの子にくっついたりしても、嫌な顔なんて1度もした事ないし、腕を腰に絡ませればそっとその腕に指先を触れさせてくれる。

きっと一目惚れってやつで、花陽は私に出会ってから今日まで、ずっと恋してたんだわ。この私に。


でも、女の子同士なんて正直考えた事もなかったし興味もなかった。

だから花陽の気持ちは嬉しいけど答えられそうにないわね。


……でも、花陽がどうしてもっていうなら一晩だけの思い出作りとか、
もっといえば親や友達に内緒で付き合うっていうのもやぶさかではないんだけど。

まぁ、あの子次第ね。

だから、チャンスを上げようかなって思ったのよ。

ほら、私って優しいから。

続きを読む

【ss】ルビィ「消せない想いの行く末」

【ss】ルビィ「消せない想いの行く末」

8: ぬし ◆z9ftktNqPQ (有限の箱庭) 2018/07/26(木) 21:33:06.00 ID:/BRlhQz4
お姉ちゃんが好き。

わたしが初めて思ったことは、それだった気がする。

きっとそんなことはなくて、覚えてない色んなことをいっぱいいっぱい思ってきたはずだけれど。

うーんうーんと頭を捻っても、それらを思い出すことはできなくて。

幼かった頃のことを一生懸命に思い出そうとしても、ふと浮かぶのは、いつだってその気持ちだけ。

わたしは座ってたっけ。

お姉ちゃんは立ってたかな。膝立ちだったかも。

とにかくわたしはお姉ちゃんを見上げていて、にこっと微笑む優しい瞳に、ああ――好きだなあ――なんて、思ったんだ。

そしてわたしがその気持ちを失ったことは、これまでに一度もない。

お姉ちゃんと喧嘩したときも、お姉ちゃん以外の誰か(たとえば花丸ちゃんとか)と仲良くなったときも。

一度もない。

わたしをわたしたらしめる最も太い幹のようなものがこの気持ちだということは、みんなが知ってる1たす1と同じくらい、真実だ。

だからわたしは今日も思う。

今日も言う。

いつまでだって、変わらないと誓えるこの想いを。


ルビィ「お姉ちゃん、だいすき」

***

続きを読む

ダイヤ「悪い夢」

ダイヤ「悪い夢」

1: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 18:30:00 ID:J12NzauQ
幼い頃から果南さんには普通の女性には備わっていない「男性器」があり、何も知らなかった私達は気にもとめずにいましたが、中学3年に上がった頃、突然押し倒されたことが全ての始まりでしたわ。

ダイヤ「か、果南さん!?」

 イタズラじゃない、ということは日を見るより明らかなほどその目はギラギラと飢えており、荒い息が前髪を荒く撫でる。

果南「ごめんダイヤ。でも、抑えられないんだ」

 無理やり重ねられた唇、乱雑に潜り込まれ口内を隅から隅まで呻く舌が蹂躙し、溢れんばかりの唾液が口端から零れていく。
 ファーストキスを最低の形で喪失し、私のか細い腕が果南さんの力に勝てるわけがなく、馬乗りになられたら抵抗するすべもありません。

果南「ダイヤダイヤダイヤ……!!!」

 余裕なく私の白い肌へ舌を這わし、何度も唇で鬱血の痕を刻む。だめ……そこは見えてしまう。
 しかし言葉だけの反抗は逆効果で「じゃあもっとつけないとね!」と、首筋は果南さんの痕でマーキングされましたわ。

続きを読む

果南「私達の道」

果南「私達の道」

1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/06/24(日) 21:06:24.93 ID:VqU6Tzk7
どこで間違えたんだろう

なにを間違えたんだろう

どうして何回も鞠莉が死ぬんだろう

私は一体何をしているんだろう

「誰か...助けて」

続きを読む

果南「内浦がゾンビだらけに・・・」

果南「内浦がゾンビだらけに・・・」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/06/02(土) 20:54:10.18 ID:Z3hdye8X0
タッタッタッタッ

千歌「ひぇぇ・・・待ってぇ・・・」

曜「置いてっちゃうよ~」

へたっ・・・へたっ・・・

花丸「善子ちゃん大丈夫?」

善子「この体は仮のからだ・・・こんなことで・・・ガクッ」

トッ・・・トッ・・・

ルビィ「ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ」

梨子「ルビ、、ちゃ・・・待っ・・・!」

ことり「おはよー。みんな頑張ってる?」

千歌「あっ!ことりさん!」

「おはようございます!」

続きを読む

曜「>>3するであります!」

曜「>>3するであります!」

1: 名無しで叶える物語(地図に無い場所) 2018/05/21(月) 20:23:22.59 ID:iNzHq6E0
ほぇ

続きを読む

縁と恋、2つの狭間に立たされて

縁と恋、2つの狭間に立たされて




「私、よーちゃんのことが好き!
 幼馴染としてじゃなく1人の女の子として、曜ちゃんのことが好きなの!」

それは千歌ちゃんが私の家に遊びにきていたときのことだった。

突如千歌ちゃんから放たれたその言葉を聞いたとき、
私は一体どうすればいいのか、わからなくなってしまった。

続きを読む

1 2 3 4 18