「 ほのぱな 」一覧

穂乃果「頑張りすぎると疲れちゃうよ」花陽「でも…」

穂乃果「頑張りすぎると疲れちゃうよ」花陽「でも…」

1: 名無しで叶える物語 2017/01/17(火) 21:14:23.74
絵里「じゃあ今日はここまでね」

凛「かよちん、帰ろ?」

花陽「あ、ごめんね?今日はちょっと残ってく」

凛「そうなの?」

真姫「根詰めすぎも良くないわよ?」

花陽「うん、ありがと。早めに帰るから」

続きを読む

穂乃果「一月十七日は」花陽「おむすびの日♪」

穂乃果「一月十七日は」花陽「おむすびの日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 00:03:41.49 ID:Dj0hlQ5u.net
花陽(穂乃果ちゃんと結婚したけど、まだ二人とも高校生だからものすごく貧乏だよ)シクシク

穂乃果(今日は花陽ちゃんの誕生日…だけどケーキは買えないし、せめて花陽ちゃんの大好きなおむすびを作ろう)

穂乃果「はい、花陽ちゃん。今日のお弁当だよ」

花陽「いつもありがと。穂乃果ちゃん♪」チュ

穂乃果「えへへ///…じゃあ、学校行こっ♪」

花陽(登下校はもちろん一緒だけど…学年が違うから授業中は一緒に居られないんだよね)クスン

キーンコーンカーン…

花陽(はぁ、おなか空いたなぁ…ちょっと早いけど、おむすび一個だけ食べちゃおうかな?)

花陽(今日も穂乃果ちゃんが私のために作ってくれた、愛情たっぷりのおむすび…)

花陽(ああ、目から汗が出ておむすびがよく見えないや…)

ツルン

花陽「あっ!?」

コロコロ

花陽「う、嘘ぉ!?」

花陽(おむすびが転がり落ちて…アルミホイルを巻いてるから中身は無事だと思うけど)

花陽「止まらない…どこまで転がっていくのぉ!?」

コロコロ…

花陽「だ、ダレカタスケテー!じゃなくて、私のおむすび…ちょっと待ってー!」

\♪オムスビコロコロ…/

花陽「えっ。誰かが歌ってる…?」

「おむすびころころどんぶり子♪お米にハマってさあ大変♪」

花陽「それ、違う歌だよね!?」

コロコロ…ストン

花陽「ああっ!?なんでそんなところに穴なんかあいてるのぉ!?」

花陽「て、手が届かない…」プルプル

花陽「ピャァ!?」ドサ

花陽「いたたた…えっ。何ここ…私、どこに落っこちたの…?」

花陽(校舎が見える…まさか、さっきの穴の中!?)

続きを読む

花陽「一月十五日は」穂乃果「いちごの日♪」

花陽「一月十五日は」穂乃果「いちごの日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 00:02:52.59 ID:ZBhhB7qt.net
【十一年前】

穂乃果(6歳)「あかくて、つぶつぶ…はっぱがみどりでー」カキカキ

花陽ママ(あれは葉っぱじゃなくて萼片…って、まだ難しいかしら?)

花陽(4歳)「いちご?」

穂乃果「うん!ほのか、いちごだいすき♪」

花陽「そっか」

穂乃果「はなよちゃんは?いちごすきー?」

花陽「うん。すきだよ♪」

穂乃果「あのね、さがほのかっていういちごもあるの!」ドヤァ

花陽「さがほのか?」

穂乃果「うん。はなよちゃん、ほのかはすき?」

花陽「ほのかちゃん?だいすき♪」ギュ

穂乃果「えへへ。ほのかも、はなよちゃんだいすき♪」ギュー

【二月】

花陽「え?…ほのかちゃん、あばれたいの?」

穂乃果「ちがうー!きょうはバレンタインなの。はい、あげる♪」

花陽「これなにー?」

穂乃果「いちごだいふく♪」

花陽「だいふく?」

花陽ママ「あんこをお餅で包んだ物ね。いちごが入ってるのよ」

花陽「おもち…おこめ…ごはん」

穂乃果「ごはんじゃないよー?」

花陽「ほのかちゃんだいすき♪」チュ

穂乃果「わ///」

花陽ママ(あらあら♪)

花陽「おいしい♪」モグモグ

続きを読む

にこ「百合談義で掲示板が盛り上がってる」カタカタ

にこ「百合談義で掲示板が盛り上がってる」カタカタ

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 17:56:23.17 ID:P3YcIyMP.net
にこ「カプ論争…あほね、こいつら」カタカタ

花陽「はい…。μ'sはみんな仲良し。誰が誰とであれ成立し、素晴らしいものになりますから…」カタカタ

ことり「うーん。でも、この様子だといくらそんなこと言っても平行線になりそう…」画面ノゾキコミ

穂乃果「…そうだ!だったら私たちで証明しよう!」

海未「まーた穂乃果は」

希「どうするん?」

穂乃果「どんな組み合わせでも素敵な百合ができることを証明すればいいんだよね!だから、二人でペアをつくってそれを公開するの。そうすればみんなわかってくれるよ!」

絵里「ペアってどうするのよ」

穂乃果「くじびきをつくったよ!」

凛「どこでやるにゃ?」

穂乃果「真姫ちゃんの別荘だよ!」

真姫「ヴェェェ…」

続きを読む

スクールアイドルラジオ〜第三夜〜

スクールアイドルラジオ〜第三夜〜

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 16:09:20.22 ID:GXotJd6KO
スクールアイドルラジオ〜第二夜〜http://ss.vip2ch.com/jmp/1473551791

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473664160

続きを読む

穂乃果「東京は、 くもり のち 晴れ !」

穂乃果「東京は、 くもり のち 晴れ !」

1: ※ほのぱな(某所にて投下済み) 2015/02/14(土) 05:01:20.31 ID:XZ4s6zFjo

 そりゃ穂乃果だって
 地球が止まってる ように見えて
 実は ぐるぐる回ってることくらい分かってるし、

 自転するおかげで
 お日さまと お月さまが ぐるぐる 無限に追いかけっこして
 昼と夜とが回ってる って分かってる、
 分かってるんだよ、

 しかも 地球はひとりで回ってるだけじゃなくって
 太陽の周りを ぐるりと一年かけて 回ってるもんだから、
 いま 穂乃果の目の前が 真っ暗くもり空で
 分厚い雲のおふとんが 視界ぜんぶを ふさいじゃってたってさ、

 きっと どっか遠い国、
 さっき テレビでやってた外国の天気、クアラルンプールとか?
 ボスニア=ヘルツェゴビナとか?ストラストビーチェとか?
 よく知らないけど、

 私の知らないとこでは 太陽がさんさんに降ってて
 穂乃果の分まであっためてくれてるんだ、そんなの分かってる、
 分かってるんだって ほんとに、

 だから 今日がくもりでも
 自分のターンまでガマンしなさいって、そりゃあね、うん……。



 って、そんなの知らないよっ!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423857680

続きを読む

花陽「穂乃果お姉ちゃんとお泊り」

花陽「穂乃果お姉ちゃんとお泊り」

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/08/06(土) 03:20:12.30 ID:F6ahdLSY.net
花陽「姉妹っていいな」
からのほのぱな派生


生徒会室


穂乃果「ごめんね花陽ちゃん、海未ちゃんもことりちゃんも手が離せなくて……代わりに生徒会のお仕事手伝ってもらっちゃって」

花陽「ううん、花陽でもお役に立てるならそれだけで十分だから」ニコッ

穂乃果「花陽ちゃん……♡」

ギュッ

花陽「ぴゃあ!? ほ、穂乃果ちゃん!?」

穂乃果「ああもう花陽ちゃん可愛すぎるよぉ♡」スリスリ

花陽「ほ、穂乃果ちゃん……恥ずかしいよぉ」

穂乃果「だってー、この前は穂乃果だけ花陽ちゃんを抱きしめてないんだもん! みんなずるいよ穂乃果のいないところで花陽ちゃんぎゅってしてたんだもん!」プンプン

花陽「あ、あの……」

穂乃果「でも花陽ちゃんって本当に柔らかくて温かいなぁ♡ ことりちゃんが抱きつきたくなる気持ちがわかるよ」

花陽「うぅ……///」

続きを読む

花陽「穂乃果ちゃん」穂乃果「なーに?」

花陽「穂乃果ちゃん」穂乃果「なーに?」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 13:26:23.69 ID:buG+mA/W.net
花陽「…わ、私のこと好き?」

穂乃果「大好きだよ♡」



花陽「……嘘」

穂乃果「え?」


花陽「わかってるから… 穂乃果ちゃんは優しいから仕方なく花陽とお付き合いしてくれてるんだよね…」ドヨン

穂乃果「そんなことないよ」

花陽「あ、今面倒臭い人だと思った…?思ったよね…思うよね…」ドヨーン

穂乃果「思ってないよー」

花陽「いいの…この話するの四回目だし…」ドヨンド




凛「あ、ネガティブかよちんだ」

真姫「なにそれ」

凛「ネガティブになったかよちんのことにゃ」

真姫「……」




穂乃果「…花陽ちゃん」ギュ

花陽「ほ、穂乃果ちゃん?」

穂乃果「穂乃果ね、本当に花陽ちゃんのこと…大好きだよ?」


花陽「!」

穂乃果「えへ…///」


花陽「…は、花陽も!花陽も穂乃果ちゃんのこと大好きです…!////」


穂乃果「私達、両思いだね♡」スキスキ

花陽「うん♡」プワプワ



真姫「」

凛「真姫ちゃん、顔顔」

続きを読む

海未「希、少し相談したいことがあるのですが」 希「ええよ?」

海未「希、少し相談したいことがあるのですが」 希「ええよ?」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/11(土) 14:54:55.25 ID:UgNWY3aT.net
海未「暫く考えたのですが…少々格好つけすぎだと思うんですよ」

希「何が?」

海未「星空海未という名前」

希「…ん?」

海未「字面は悪くないですし、名前から受ける印象もストレートでいいと思います。
ですが逆に率直過ぎるというか。確かにこういったモノは嫌いではないすが…趣きがないというか」

希「……」

海未「やはり園田凛のほうがいいですね。嫌味が無くスッキリとしています。
何よりも凛の格好よさが際立つような名前だと思いませんか?」

希「何その…何の話? え、結婚するん?」

海未「結婚? 誰がですか?」

希「海未ちゃんと凛ちゃん」

海未「はぁ? 何を言ってるのですか希は。凛と私が結婚など、今のところはそんな話はありませんよ」

希「そうやよね。あははっ、ビックリしたわ。海未ちゃんがいきなり変な話持ってくるもんで…今のところ?」

海未「で、ですが将来的には…その…ですので前準備というかイメージトレーニングというか…」///

希「どっちでもええんやない?」

海未「そ、そうですね、大事なことは他人を頼らずに二人で決めろということですね」

希「いや、そうでなくて…」

海未「わかりました…希、ありがとうございます。これから凛と話し合ってきますね」

希「……」

海未「相談してよかったです。では、失礼します…」

続きを読む

穂乃果「クールビズだよっ!」 花陽「ビズ…?」 アルパカ「メ゙ェー♪」

穂乃果「クールビズだよっ!」 花陽「ビズ…?」 アルパカ「メ゙ェー♪」

1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 20:52:42.86 ID:DmGEDZBQ.net
関連スレhttp://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1467370451/

ここあ「またね、アルパカさん♪」フリフリ

花陽「…んー?」

穂乃果「花陽ちゃん?…どうかした?」

花陽「いえ…私たちも行きましょうか。練習…」

穂乃果「?…うん」

【休憩中】

花陽(やっぱり、ほとんど減ってない…)

アルパカ「メ゙ェー」

【昼】

にこ「花陽?…私は(こころ達が届けてくれた)お弁当あるからいいわよ。気にしないで食べなさいよ」

花陽「…」

穂乃果「花陽ちゃん?…どうしたの?」

花陽「食欲がないみたいなんです」

凛「え、かよちんが!?」

真姫「夏バテ?…体調が悪いの?」

花陽「私じゃないよぉ…アルパカさんが食欲ないみたいで」

穂乃果「あ…それでさっき、じっと見てたんだね」

花陽「はい…特に病気やケガしてる様子はなかったんだけど…夏バテ、かなぁ?」

凛「真姫ちゃんに診てもらえばいいにゃ」

真姫「私は動物は専門じゃないし、アルパカの体調なんて花陽よりわからないわよ」

花陽「ごはん食べ終わったら、また様子を見てこよう…」

にこ「午後の練習に遅れるんじゃないわよ」

花陽「ごちそうさま♪」

穂乃果「早すぎ!?」

【アルパカ小屋】

花陽(あ、あれは…)

絵里「…あなた」

花陽「こ、こんにちは」ペコ

続きを読む

1 2 3