「 モブライブ! 」一覧

千鶴子「仁美さんを休日デートにお誘いしますわ」

千鶴子「仁美さんを休日デートにお誘いしますわ」

1: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 20:12:15.56 ID:4eA2b6UZ.net
千鶴子「酷いですわ~!」タッタッタッ

命「……?」

~~~

命「あの…今、千鶴子さんが泣いて走っていきましたけど」

仁美「知ってる」

命「いつも有り余る愛をスルーされつ続けても平気な千鶴子さんが泣くなんてよっぽどだと思うんですが」

仁美「いや、俺にも何が気に入らなかったのかサッパリわからない」

命「とりあえず話してみてくださいよ。何かわかるかもしれません」

続きを読む

彼方「遥ちゃんと…」遥「姉妹でクッキング!」

彼方「遥ちゃんと…」遥「姉妹でクッキング!」

5: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:00:24.76 ID:QMdyQrxt.net
彼方「うぅん…もう夕方…」

彼方(今日はスクールアイドルの練習もないから一日中お昼寝しちゃった)

彼方「そろそろ遥ちゃんが迎えに来る頃…」

ガラッ

彼方「あっ、はる…」

遥「どうしようお姉ちゃんっ」ギュッ

彼方「えっ、えっ?どうしたの遥ちゃん?」

遥「私、調理実習の班長になっちゃった!」

続きを読む

宮下「メンバーの皆にごほーししちゃいますよ~」

宮下「メンバーの皆にごほーししちゃいますよ~」

1: 名無しで叶える物語 2017/06/02(金) 09:03:38.77 ID:hnZDoqri.net
宮下ココ「まずは>>2ちゃんにごほーしですよ~」

※東雲学院メンバーでお願いします

続きを読む

彼方「気がついたら知らない学校にいた…」

彼方「気がついたら知らない学校にいた…」

1: 名無しで叶える物語 2017/05/18(木) 20:53:38.82 ID:0bbbQbMD.net
彼方「ここは…?」

彼方(気がつくと私は知らない校舎にいた)

彼方「なんだか怖いな…」フルフル

彼方「遥ちゃんに電話して迎えにきてもらおう…」

彼方「あれ?」

彼方(携帯に遥ちゃんの番号がない)

彼方(寝ぼけて消しちゃったなんてことないよね…?)

続きを読む

さち子「本物の魔導書を手に入れてしまった…」

さち子「本物の魔導書を手に入れてしまった…」

1: 名無しで叶える物語 2017/05/09(火) 20:12:43.30 ID:BZ1UR4Pt.net
さち子「ふぁ~、今日は各々の部活に行く日だから暇だな」

さち子(どうせオカルト研は幽霊部員ばかりで部室に行っても我しか居ないし)

さち子「帰るか」ガラッ

~~~

さち子「さて、帰ったらオリジナル魔法陣の続きを…」

ヒュー…ゴンッ!

さち子「痛ぁ!何だ!?」

続きを読む

姫乃「雨の日バレンタイン」

姫乃「雨の日バレンタイン」

1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 22:08:50.22 ID:/4em7rBx.net
姫乃「ホワイトチョコで文字を書いて…と」

姫乃「できました!手作りチョコ!」

姫乃「えへへ、思ったより大変でしたね」

姫乃(でも、これなら剣ちゃんも気に入ってくれますよね)

隼「おっ、その様子だと完成したの?」

姫乃「はい。あとはラッピングをすれば完成です」

優香「美味しそうですね~」

姫乃「ありがとうございます♪」

続きを読む

かさね「みんなの頭の上に数字が見える…」

かさね「みんなの頭の上に数字が見える…」

1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/01/24(火) 22:20:48.99 ID:9OXr4WxD.net
紗菜「はぁ?アンタまた変なものでも拾い食いしたんじゃ…って、ホントに見える!」

ココ「優理ちゃんの上にも見えますね~」

優理「ココの上にもあるぞ。(20)って数字が」

瑞希「えっ?ココの数字は(0)じゃないの?」

遥「んー…私には(6)に見えますけど」

かさね「(1)だね!見る人によって違うのかなぁ」

続きを読む

ふみ「月が綺麗ですね」

ふみ「月が綺麗ですね」

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/05/13(金) 20:04:19.49 ID:Ny1ppBXt.net
――帰り道

風「それじゃ、また明日ねー!」ブンブン

隼「うん、また明日ー」

ふみ「またねー」



隼「…じゃ、行こっか」

ふみ「…うん」

続きを読む

姫乃「恵方巻きゲームをしましょう!」

姫乃「恵方巻きゲームをしましょう!」

1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 08:45:29.26 ID:o1QwHrx9.net
隼「恵方巻きゲーム?」

姫乃「そうです!ポッキーゲームのように恵方巻きを2人で両側から食べて行って、先に口を離したほうが負けのシンプルなゲームです」

美咲「へぇ、面白そうじゃない」

風「でも、何でわざわざ恵方巻きゲーム?普通に食べたんじゃダメなの?」

姫乃「いいですか?皆さん節分は毎年恵方巻きを食べますよね?」

優香「食べますね」

姫乃「でも、いつもいつも普通に食べてばかりいてはあまりに面白味がないとは思いませんかっ!」

剣「いや別に伝統行事だし面白さは…」

姫乃「……」ゲシゲシ

剣「痛っ!痛い!無言でスネ蹴るのやめて!」

続きを読む

小雪「最近、涼ちゃんが所構わずキスしてくるんだ…」姫乃「ふむふむ」

小雪「最近、涼ちゃんが所構わずキスしてくるんだ…」姫乃「ふむふむ」

1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ (ワッチョイ fbfc-JJIl) 2015/12/02(水) 21:09:50.13 ID:aF/lV7kU0.net
小雪「最初はほっぺにキスするくらいだったんだけど…」

姫乃「いきなりハードル高くないですか!?」

小雪「そのくらいならまあ、よかったんだ」

ふみ「いいんだ…」

小雪「その内、口にキスするようになってきて」

優香「2人は…、そういう関係なんですか?」

小雪「ち、違うよっ!」

小雪「それで、口にキスぐらいなら、私もそう嫌じゃなかったんだけど……」

姫乃「ここから更にエスカレートするんですか!?」

小雪「その……、だんだん、舌を入れてくるように……」

ふみ「ぶふっ!」

姫乃「わっ!? ふみちゃん大丈夫ですか!?」

ふみ「ごほっ、ごほ、ごほ! だ、大丈夫。驚きすぎてむせちゃっただけ」

続きを読む

1 2