SS『ルビィたんとダイヤさんはとっても仲良し』

シェアする

ダイヤルビィ-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:05:26.51 ID:0xxnoSwf.net
ダイヤ「ルビィ、髪の毛にゴミがついてますわよ」

ルビィ「えっ…どこ?えっと…」
ダイヤ「ここですわ」

ルビィ「わぁ…ありがとう!」

ダイヤ「いいんですの。私はあなたの姉なんですから」

ルビィ「うん!う、うん…」

ダイヤ「どうかしたの?元気がないようですわ」


ルビィ「あの…ね…お姉ちゃんに会って欲しい人がいるの」


ダイヤ「……」

元スレ: SS『ルビィたんとダイヤさんはとっても仲良し』

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:13:50.38 ID:Jyn6NPVr.net



花丸「ダイヤさん!ルビィちゃんをマルにくださいずら!」


ダイヤ「……」

ルビィ「お姉ちゃん…。こちら、国木田花丸ちゃん。ルビィのとっても大切な人だよ」


ダイヤ「……」

花丸「ダイヤさん!マルとルビィちゃんの結婚を認めて欲しいずら!」


ダイヤ「……」
ルビィ「お姉ちゃん…」


ダイヤ「…」
3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:15:14.40 ID:Jyn6NPVr.net
絵里「私から言えることはひとつ。自分で挨拶もできない相手と妹の結婚を認めることはできないわ」


ダイヤ「そうですわね。まずは自分の口から挨拶を言うのが礼儀……」


ダイヤ「えぇっ!?」


絵里「1人の姉として認められないわ!」


ダイヤ「!!」


ルビィ「えっ…!!」
花丸「ずら!」

ルビィ「どうしてここにμ'sの絢瀬絵里ちゃんがいるのぉぉ!!!」

花丸「ずら!!」
4: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:16:40.44 ID:Jyn6NPVr.net
花丸「じゃなくて…μ'sのメンバーに反対されたくないです!マルはルビィちゃんのお姉さんであるダイヤさんにお話ししてるずら!」


ダイヤ「えっ!?」

ルビィ「花丸ちゃんがこんな状況にも関わらず即対応してる…!さすが花丸ちゃんだね!」

花丸「ずらー」

ダイヤ「!!!」


絵里「こんな状況でもイチャイチャできるなんてさすがね…けれど、結婚を認めるわけにはいかないの」


絵里「あなたも1人の姉としてそう思わない?」

ダイヤ「あ…あの…」


穂乃果「うん!挨拶もできない人はちょっと嫌かな…」


ルビィ「えぇっ!?」
花丸「ずら!」


ダイヤ「μ'sの高坂穂乃果じゃありませんか!」

ルビィ「電話!千歌ちゃんに電話しないと!」
花丸「ず、ずら!」
5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:17:52.10 ID:Jyn6NPVr.net
絵里「亜里沙を」
穂乃果「雪穂を」


絵里・穂乃果「任せることなんてできない!」


ルビィ「えっ…それはお2人の妹さんの名前じゃ…」

ダイヤ「!!!」



花丸「なっ…!マルが欲しいのはルビィちゃんずら!ありさちゃんとゆきほちゃんはいらないずら!」


ルビィ「こんな状況にも関わらずやっぱり臨機応変に対応してくれてる花丸ちゃんはさすがだね!」


絵里「亜里沙がいらない…?ふふっ、面白いこと言うわね。天使よ。あの子は生きる天使よ」

穂乃果「雪穂だって美味しいお茶とか淹れてくれんだよ!やっぱりそんな人に雪穂を任せるなんてできないよ!」


花丸「だから…マルが欲しいのはルビィちゃんずら!ルビィちゃんのすべてが欲しいずら!」


ルビィ「えっ…もう、花丸ちゃん…ルビィ…照れちゃうよぉ…」


花丸「照れてるルビィちゃんもかわいいずら」

凛「うん!照れてるかよちんは世界一にゃー」

花丸「うん!ルビィちゃんは世界一……ずら?」

花丸「ずら…?」
凛「にゃー」
6: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:20:17.49 ID:Jyn6NPVr.net
ルビィ「あ…あれ?」ごしごし

花陽「どうかしましたか?」


ルビィ「う、うん…。あのね、今…μ'sの凛ちゃんが見えた気がして……」


ルビィ「あれ…?」

花陽「凛ちゃん…?凛ちゃんがどうかしましたか?」

ルビィ「うぇぇっ!!!」
7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:22:15.16 ID:Jyn6NPVr.net
凛「凛も負けずに言っちゃうよ!凛が欲しいのはかよちんのすべてにゃ!」


花陽「私も凛ちゃんのすべてが欲しい…。だから願いします!私たちの結婚を認めてください!」


凛「かよちんを凛にくださいにゃ!」

花陽「凛ちゃんを花陽にください!」


ルビィ・花丸「えぇっ!!」
8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:24:14.05 ID:Jyn6NPVr.net
ルビィ「は、花陽ちゃんだ!」
花丸「り、凛ちゃんもいるずら!!」

ルビィ「うわぁぁ…やっぱり可愛い…」
花丸「うん…かわいいずら…」

ルビィ「あっ…あの……は…花陽…さん…」


花陽「ん?どうかしましたか?」にこっ
ルビィ「わぁぁ…(可愛い!!!)」


花丸「えっと…星空凛さん……?」
凛「んー?なにかにゃー?」


花丸「(か…可愛いずら!!)」


ルビィ「花陽ちゃんと凛ちゃんの結婚を認めてあげてください!!」

花丸「そうずら!認めてあげて欲しいずら!」


ダイヤ「!!!」
9: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:28:56.55 ID:Jyn6NPVr.net
ダイヤ「ルビィ?あなた急に何を言い出すんですの?」

ルビィ「あっ…場の空気に飲み込まれちゃった…」


ルビィ「花丸ちゃん…間違えちゃったね」

花丸「そうだったね。マルが認めて欲しいのはルビィちゃんとの結婚ずら!」



花丸「ルビィちゃんと凛ちゃん達の結婚ずら!」


ダイヤ「なんかちょっと増えてますわよ!」


絵里「いいえ、認められないわ」
穂乃果「うん。認められないよ」
にこ「認められないわね」


ダイヤ「えっ…にこまで!?…これは一体どういう状況なんですの?」

ルビィ「分からないけど…ルビィ、今すごく幸せ!」
10: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:33:06.05 ID:Jyn6NPVr.net
ダイヤ「!!!」
花丸「ルビィちゃんが幸せなら嬉しいずらー」

ダイヤ「えっ……」


ダイヤ「……」


凛「どうして反対するにゃ!お姉ちゃんなら妹の幸せを第一に考えるべきにゃ!」

花陽「そうだよ!私は凛ちゃんじゃないと幸せになれないの!」

凛「凛だってそうにゃ!かよちんと結婚しないと幸せになれない…」



花陽「私は凛ちゃんと幸せになる!だから結婚する!」

凛「かよちんと結婚するにゃ!」
11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:37:43.32 ID:Jyn6NPVr.net
希「ごめんね。姉として、2人の結婚を認めるわけにはいかないんよ」

ルビィ「希ちゃんだ!!」

ダイヤ「μ'sの希まで!?…って、あなたはたしか一人っ子のはずでは…」


希「うちにとってはみんなが妹みたいなもんやん」


ダイヤ「それは…一体なんの話ですの…?」
12: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:42:31.51 ID:Jyn6NPVr.net
絵里「私たちは姉よ。愛する妹の結婚を簡単に認めることなんてできないわ。」

穂乃果「うん」
希「そうや」

ダイヤ「もう何がなんだか……」

ルビィ「…どうして認めてくれないんですか?」
花丸「ルビィちゃん…」



ルビィ「私と花丸ちゃんは愛し合っています!それなのにどうして結婚を認めてくれないんですか!」

穂乃果「どうして…?ってそれは…」

花陽「そうだよ、どうして認めてくれないの?」
凛「どうしてにゃ!」
13: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:44:48.46 ID:Jyn6NPVr.net
穂乃果「どうしてって…。そうだね。だって雪穂は穂乃果の妹だから」

花丸「それは…理由になってないずら」

穂乃果「本当?あはは…ごめんね。こういう説明って苦手で…」


穂乃果「だからね、雪穂は穂乃果の妹なんだよ。大好きで大好きでたまらない…たった1人の大切な妹なの!だから…絶対に幸せになって欲しい!」


絵里「…そうね。妹の幸せを願わない姉はいないわ。幸せにしてくれない相手との結婚を認めるわけにはいかないの」

希「うん。心の底から幸せになって欲しいね…」


絵里「だって愛してやまない妹ですもの」
穂乃果「よく怒られるけど…妹だよ!妹なんだもん…」


穂乃果「ね?あなたもそうだよね?」

絵里「1人の姉として私たちと同じ気持ちのはずよ。そうでしょ?」


ダイヤ「……」

ルビィ「お姉ちゃん…」
14: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 10:48:38.09 ID:Jyn6NPVr.net
ダイヤ「ルビィは…しっかりしてそうに見えて少し抜けているところがあります。怖がりで恥ずかしがり屋で…人前でオドオドするルビィを私はずっとみてきましたの」


ダイヤ「あなたにそんなルビィを幸せにできますか?」


ルビィ「お姉ちゃん…」

花丸「はい、できます!」
ルビィ「花丸ちゃん…」
15: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 11:02:21.08 ID:Jyn6NPVr.net
ダイヤ「高校を卒業してからまたいらしてください」


花丸「返答がリアルずら…けど、そうだね。高校卒業して一人前になってからまたご挨拶に来るずら!」

ルビィ「うん、そうだね」

ダイヤ「えぇ。その時を待っていますわ」



ルビィ「お姉ちゃん…」

ダイヤ「ルビィが認めた人に悪い人はいませんわ。」

ルビィ「お姉ちゃん…!」
16: 名無しで叶える物語 2016/08/14(日) 23:56:05.90
ルビィ「お姉ちゃん…っ!!」ぎゅっ
花陽・凛「お姉ちゃん!!」ぎゅっ


ダイヤ「へっ!?」
ルビィ「お、お姉ちゃん!い、いま…花陽ちゃんと凛ちゃんに抱きつかれてるよ!」
ダイヤ「な、何故ですの!状況がまったく理解できませんわ!」

ダイヤ「けれど幸せでたまりませんわ!!」
ルビィ「ルビィも幸せだぉぉぉ!!」

穂乃果「2人の結婚と凛ちゃんと花陽ちゃんの結婚はうまくいきそうだね」

絵里「では、私たちからも祝福させてください」

花丸「ずら?」
ルビィ「えっ…私たちと花陽ちゃんたちの?」
凛「凛とかよちんの祝福はいらないにゃー」
花陽「だから、あなたたち2人の結婚をお祝いさせてください」
17: 名無しで叶える物語 2016/08/14(日) 23:58:35.43
花丸「ずら?」
ルビィ「えっ…」

海未「この日のために練習してきました」
ことり「うんっ!衣装も作り直したんだよ」
真姫「結婚?私たちが祝福しに来たんだから幸せになりなさいよね!」

にこ「にっこにっこにー、にこも祝福するにこー……ふふっ、私の高感度上がりまくりね」
希「うん。結婚には最高のカードやね」

凛「では聴いて下さい!」
花陽「μ'sで!」


μ's「愛してるばんざーい!」
18: 名無しで叶える物語 2016/08/15(月) 00:00:08.48
ダイヤ「!!!!!」
ルビィ「μ'sが全員いる!うわぁぁ…みんな可愛いよぉ…」

花丸「なんかよく分からない展開ズラ…とにかくルビィちゃん、ここはμ'sを応援ずら!」
ルビィ「うん!!」

ルビィ「はぁ…大好きなμ'sが私の眼の前で私達のためだけに歌ってくれるなんて夢みたい…」

ルビィ「夢みたい…?あっ!!!!!」
19: 名無しで叶える物語 2016/08/15(月) 00:03:29.89
ルビィ「んんー…うぅっ……はぁっ!」
チュンチュン…

ルビィ「夢…」ごしごし
ルビィ「花丸ちゃんと結婚する夢見ちゃった…ふふっ」

ルビィ「それに、夢の中の花陽ちゃん達も可愛かったな…」
ルビィ「あとで学校で千歌ちゃんに自慢しちゃおっ」
ルビィ「あっ、もうこんな時間!早く用意しないと遅刻しちゃう!」

ルビィ「お姉ちゃーん!おはよう!どうしたの?」
ダイヤ「…えっ、えぇ。おはようございますルビィ…」
20: 名無しで叶える物語 2016/08/15(月) 00:06:58.73
ルビィ「お部屋に入らないの?早くしないと遅刻しちゃうよ?」
ダイヤ「それが…」
ルビィ「へっ…?」

凛「えぇー!どうして塩鮭なの?凛が食べられないの知ってるくせにー」
花陽「ごめんね…卵を買い忘れちゃってたみたいで…」

凛「だからって塩鮭はないにゃ!」
花陽「本当にごめんね…凛ちゃんは食べなくていいから…」

凛「えっ…」
花陽「やっぱりパンにすればよかったね…私が朝はご飯が食べたいからってご飯に合うおかずを出しちゃったけど…凛ちゃんは迷惑だったよね?」

花陽「押し付けちゃってごめんね…すぐに作り直すから」
凛「待って!やっぱり全部食べるにゃ!だって…大好きなかよちんが作った朝ごはんだから…」
花陽「凛ちゃん…」
凛「わがまま言ってごめんね…かよちん」
21: 名無しで叶える物語 2016/08/15(月) 00:08:26.52
花陽「…ううん。私こそお魚なんかだしちゃってごめんね…凛ちゃんが食べられないって知ってたのに…」

凛「そんなことで落ち込んじゃダメにゃ!凛はかよちんを幸せにするって約束したもん!作ってくれた朝ごはんも食べられないで幸せになんてできないにゃ!」
花陽「本当に…?ふふっ。その言葉だけで花陽はすっごく幸せだよ!」

凛「けど今度からはお魚は出さないでほしいにゃー」
花陽「うん!気をつけるね」

凛「まったく…それにしても一体何時だと思ってるにゃ。早くしないと遅刻するにゃ」
花陽「本当だね。ダイヤちゃんルビィちゃん!早くしないと遅刻しちゃうよー」


ルビィ「私達のお母さんとお父さんが…」

ダイヤ「花陽と凛になってる……」
ルビィ「しかも本当のお母さんとお父さん達よりイチャイチャしてる…。お姉ちゃん!ど、どうしよう!!お姉ちゃん!」
22: 名無しで叶える物語 2016/08/15(月) 00:10:10.21
ダイヤ「うっ…うぅ……どうせなら絵里と海未の娘が良かったですわ…」

ルビィ「お姉ちゃんの本音が聞こえてきちゃった!そ、そうだ!これも私の夢なんだ!夢なら早く目を覚まさないと!」

真姫「……」
ルビィ「えっ…!真姫ちゃん…?どうしてμ'sの真姫ちゃんがうちに…」


真姫「イミワカンナイ!!」
ルビィ「へっ…?」


真姫「イミワカンナイ!!!」

ルビィ「えっと…」

おしまい
ルビィ「えぇっ!!!」
23: 名無しで叶える物語 2016/08/15(月) 00:11:35.91
以上です。ありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『SS『ルビィたんとダイヤさんはとっても仲良し』』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。