花陽「占いのお姉さん?」希「六番目は緑の森」

シェアする

花陽-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 02:28:47.75 ID:L1a6Y3pX.net
【音ノ木坂・中庭】

ジリジリジリ…

花陽(ふー。ここなら日陰になって少しは涼しいよね)

花陽(アルパカさんのお世話と、花壇の水やりは済ませたから、あとは…)

花陽(なんだっけ…眠くなってきちゃった…深夜番組観てたから…)ファー

花陽「…」ウトウト

希「ん?…花陽ちゃん。来てたん?」

花陽「…」

希「あ、あれ?…花陽ちゃん!?」

花陽「…」スヤスヤ

希(なんや、寝てるだけか…でもこんなところで寝ちゃうなんて)クス

希(起こしちゃ悪いし、ずっと寝顔見てるのもデリカシー無い感じやし…どうしよ?)

希(占いでもして待ってようかな。タロット、タロット…)ゴソゴソ

ビュォォォ

希「わっ(…急に風が…)」

パシッ

希(カードが一枚、花陽ちゃんのそばに落ちてる…起こさないように、そーっと…)

希(…小アルカナ、杯の6やね。思い出、記憶、過去の影響…)

ザァ…

希(また風が吹いて…木々の梢が揺れる音がする)

希(木々?…いやいやいや!多すぎやない?…ここ、学校の中庭のはず…)

希(ウチ、夢でも見てるんかなぁ…花陽ちゃんにつられていつの間にか寝ちゃったとか)

希「あ、あれ?…そういえば花陽ちゃんは…?」

花陽「…」ジーッ

希「あ。いたいた…そんなところに隠れ…て」

花陽「!」ビクッ

希「な、なんか小さい?…えーと、花陽ちゃん…だよね?」

花陽「だれ?…おかあさんのおともだち…?」

希「え?…いや、花陽ちゃんのお母さんとは会ったことないはず…」

花陽「しらないひと…?」ビクビク

元スレ: 花陽「占いのお姉さん?」希「六番目は緑の森」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 02:31:09.69 ID:L1a6Y3pX.net
希(…おかしい。たぶん花陽ちゃんやと思うけど、小さすぎるし…小学生か、もっと年下くらいに見える)

花陽「…」サッ

希(隠れちゃった…警戒されてる?)

希「あ…いや、そうそう!ウチ、花陽ちゃんのお母さんと知り合いやったわ」

花陽「しり…?」

希「お友達や」

花陽「じゃあ、りんちゃんのおかあさんともおともだちなんだ」

希「へ?…凛ちゃんのお母さん?」

花陽「ちがうの…?」

希(疑いの眼差し…嘘はよくないけど、今は信用させたほうが良さそうやね)

希「そ、そうそう。二人とも仲良しや」

花陽「なかよし」ニヘー

希(か、かわいい…でもなんで小さい頃?の花陽ちゃんが…やっぱり夢なんかなぁ?)

花陽「それなに?」

希「え?…ああ、これはタロット」

花陽「たろ…?」

希「占いができるカードや」

花陽「うらないのカード?」

希「うん。恋愛とか金運とか、花陽ちゃんの将来とか…いろんなことがわかるんよ」

花陽「わー。すごい」キャッキャ

希「ふふふ。花陽ちゃんは大きくなったら何になりたいのかな?」

花陽「えーとね…はなよは、あい…」

希「?」

花陽「あのね、やっぱりひみつ」

希「あらら、そうなん?」

花陽「りんちゃんと、おかあさんと、りんちゃんのおかあさんだけなの」

希「へ、へえ…」

花陽「えへへ」

希(…まあ、聞かなくてもわかる気がするけど)クス
3: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 02:34:47.41 ID:L1a6Y3pX.net
花陽「…ききたい?」

希「えっ」

花陽「おかあさんのおともだちだから、とくべつにおしえてあげるー」

希「アハハ。それは楽しみやなあ」

花陽「…」ジーッ

希「ん?…どうしたん?」

花陽「…とどかない」シュン

希「へ?…何が?」

花陽「ないしょのおはなしするのー」

希「あー、もしかして…耳?」

花陽「うん」

希「ふふふ。じゃあ、抱っこかな?」

花陽「きゃー」タタタ

希「ちょ、なんで逃げるん…」

花陽「えっちー」

希「えぇ…ウチ何もしてないけど」

花陽「おにごっこ?」ワクワク

希「よーし。捕まえちゃうぞー!」

花陽「わー」キャッキャ

ドタバタ

希(…つ、疲れた。あの凛ちゃんと一緒に遊んでるだけあって、小さい花陽ちゃんも意外と体力あるんかなぁ)

希(それにしても…音ノ木坂に、こんな森みたいな場所あったっけ?)

希「あれ? 花陽ちゃーん?」

花陽「あ…あの」オドオド

希「あ、いたいた…(ん? 少し育ったような…)」

花陽「こんにちは…お母さんのお友だち…ですよね? おねえさん…」

希「うん(小学校低学年くらい…かなぁ。やっぱり可愛いけど)」

花陽「あの…うらないのカード…」モジモジ

希「あー、もしかして占ってほしいの?」

花陽「は、はい。…花陽…あ、アイドル…」
4: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 02:37:15.95 ID:L1a6Y3pX.net
希「んー?」

花陽「わたし、アイドルに…なれますか?」

希(スクールアイドルやってるよ…って言ってもわからんやろな)

希「よし。おねーさんが占ってあげよう」

花陽「!…ありがとう♪」

希(カード、空気読んでよ…まあ変なの出ても、いいように解釈するけど)シュタタタ

花陽「わー。手品みたい♪」

希「こうやって…めくってみて」

花陽「うん」パタ

希(ウチが示したカードは…大アルカナの4番、皇帝の正位置。意志力、行動力からの“成功”)

花陽「それ、なに?…お父さんのカード?」

希「え?…アハハ、お父さんっていうより王様のカードやね」

花陽「わたし、アイドルじゃなくて王さまになるの…?」フルフル

希「い、いや違うよ。アイドルになるって強く思っていれば、きっとなれる。そういう意味のカードや」

花陽「うん。花陽、アイドルになる!」

希「ふふ…頑張って♪」ナデナデ

希(そして…花陽ちゃん自身が引き当てたカードは、大アルカナの21番…“世界”の正位置)

希(“世界”は言わば“自分以外”の要因を示すもの…“運命の出会い”ってとこかな)

希(この組み合わせは…成功への強い意志、行動力が自分自身だけでは生み出せないことを示してる)

花陽「ひげーき、だぁーってかーまわない あーなたといきたいー♪」

希(それにしても…夢ならそろそろ醒める頃やと思うけど…ウチ自身が動かないとダメなんかな?)

希「花陽ちゃん。ウチ、そろそろ行くね。バイバイ」

花陽「まって!…あっ」コケッ

希「おっと…気をつけて。木の根っこがあるから」ギュ

花陽「う、うん…」ギュー

花陽「お母さんよりおっきい…」

希「え?…なに?」

花陽「な、なんでもないです…エヘヘ」

希「じゃあ、今度こそウチは帰るよ」

花陽「また会えますか…?」
5: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 02:40:09.68 ID:L1a6Y3pX.net
希「うん。少し時間かかるかもしれないけどね」

希(さて…帰るとは言ったものの、どっちへ行けば出られるんかな。この森…)

希(…戻って花陽ちゃんに訊こうかな?)

希「花陽ちゃん。まだいるー?」

花陽「え…?」

希(あ…メガネかけてる。また育ってるし…わりと最近の花陽ちゃんかな。小5か6くらい)

花陽「あ…えっと、占いのお姉さん…」

希「ん。どうしたの花陽ちゃん?…元気なさそやね」

花陽「うん…わたし、やっぱりアイドルになれないかも…」

希「そんなことないよ。…どうしてそう思うの?」

花陽「あのね…アイドルになりたいこと、ひみつにしてたでしょ」

『りんちゃんと、おかあさんと、りんちゃんのおかあさんだけなの』

希「ああ…そういえばそうやったね」

花陽「でも、凛ちゃんがみんなにばらしちゃって…」

『凛知ってるよ。かよちんは、アイドルになりたいんだよねー♪』

希「何か言われたん?」

花陽「そのときは、みんな応えんしてくれたけど…今は、アイドルなんて無理だって言う人もけっこういて」

希(少しずつ現実が見えてくる頃なんかな。…でも)

希「アイドルだけやなくて、夢を叶えるんは大変なことやからね」

花陽「たいへん?」

希「うん。ほかの人よりたくさん努力して、頑張った人だけが夢を叶えられるんやないかな?」

花陽「努力…」

希「そう。それが簡単なことやないって知ってるから、自分にはできないなって思ってる人は、無理って言うのかもね」

花陽「そっか。がんばらないとダメなんだ」

希「そやね。頑張れば、きっと──」

花陽「あの…また占ってくれませんか?」

希「占い?(さっきやったばっかりだけど…結果、変わるかな?)」

シュタタタ

希「えーと、最初のカードは…」スッ

希「あれ?…小アルカナは外したはずやのに、混ざってたんかな」
7: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 02:45:52.13 ID:L1a6Y3pX.net
希「!(…これ、杯の6…)」ゾク

花陽「?…お姉さん?」

希(この不思議な森…夢の世界に迷い込む前に、一枚だけ風で飛ばされたカード…)

希(過去の影響…もしかしたら、ただの夢やなくて…)

希(花陽ちゃんとウチしかいない、不思議な森…ここが花陽ちゃんの夢の中だとしたら)

花陽「えっと…占い、どうなんですか?…やっぱり、わたしアイドルには…」

希「い、いや…大丈夫や。これは“チャンスが巡ってくる”って意味のカードなんよ」

花陽「本当!?」

希(現在の…中庭の木陰で居眠りしてた高校生の花陽ちゃんの夢ならいいけど…もし本当に“過去”の花陽ちゃんだとしたら)

希(…たとえ夢の中でも、ウチが関わることで未来が変わってしまう可能性があるんやない?)

花陽「私、がんばります。ありがとう!お姉さん♪」

希「うん。…またね」フリフリ

タタタ…コケッ

希「根っこが…遅かった」

花陽「うぅ…いたいよぉ…」シクシク

希「だ、大丈夫?」

花陽「うん…ケガはしてないみたい…」

希「そっか。…気をつけて帰るんよ」

花陽「はい。じゃあまた…」

希(…傷はなかったけど、夢の中でも痛みは感じるんかな?)

希「…って、しまったぁ!?(…花陽ちゃんについて行けば、この森から出られたかもしれないのに)」ガクッ

希(でも…これ以上、影響を与えないようにしないとマズいかもね…どうやったら夢から醒めるんやろ?)

希(このカードをかざしたら、さっきみたいに風が吹いたりしないかな…)ヒラヒラ

花陽「こんにちは」

希「あ。…花陽ちゃん」ドキ

花陽「…」ペコ

希(中学の制服やね…また可愛くなってる)

花陽「よかった。また会えて…名前も連絡先も聞いてなかったから」

希「う、うん。そやね…」
8: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 02:48:53.46 ID:L1a6Y3pX.net
希「えっ。…いやぁ、花陽ちゃん大きくなったなぁと思って」

花陽「アハハ…やっぱり…私、そんなに太って見えます?」

希「へ?…いやいや、そうじゃなくて。成長したってこと」

花陽「いいですよ…気をつかってくれなくても…ごはんが美味しくて、つい…」シクシク

希「ま、まああれや。育ち盛りやし」

花陽「…お姉さんは」

希「ん?」

花陽「全然、変わらないんですね」

希「え」

ザァ…

花陽「まあ、うちの母も若く見られるほうで…凛ちゃんのお母さんにも、昔と全然変わってないってよく言われるんですけど」クス

希(…花陽ちゃんも、ウチの存在に疑問を感じ始めてる。やっぱり、これはただの夢やない…早く目を醒まさないと本格的にマズいことになるかも)

希「…恋愛運?」

花陽「はい。…最近ちょっと気になる人がいて…占ってくれますか?」

希(…カードがウチをここへ連れてきたなら…もしかして?)

パラララ シュタタタ

希(ウチの占いが、花陽ちゃんの運命を変えるとも思えないけど…そうなる前に、一か八か…!)スッ

希「大アルカナの11番…“正義”の逆位置」

花陽「意味は…?」

希「えーと…片想い」

花陽「アハハ…ですよね」

希(花陽ちゃんから見ればそうなるけど…向かい合ってるウチから見れば、これは正位置…“正しい判断”)

希(…やっぱり、ここから脱出する鍵はカードと見て間違いなさそうや)

花陽「えっと…次は私がめくるんですよね?」

希「うん」

花陽「これは…天使?」

希「大アルカナの20番“審判”の正位置。意味は…再会?」

希(んん?…花陽ちゃんの気になる人って、今はそばにいない人なんかな?)

希(ウチから見ると逆位置で“別れ”になるけど…)
9: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 02:51:25.67 ID:L1a6Y3pX.net
花陽「お姉さん?…終わりですか?」

希「あ、ゴメン。もう一枚…」スッ

希「よっしゃ!キター!杯の7、逆位置や!」

花陽「え?…え?」

希(“夢から醒める”)

希「またね。花陽ちゃん…頑張って」ナデナデ

花陽「あっ…お姉さん!?」

ビュォォォ

希「っ…!どない!?」

花陽「あれ…希ちゃん?」ファー

希(学校の中庭や。…無事に起きられたみたいやね)ホッ

希「おはよう。花陽ちゃん…よく眠れた?」

花陽「い、いつからいたの…?」

希「いつからやったっけ…なんか、ずいぶん長い間、花陽ちゃんと過ごした気がするよ」クス

花陽「はあ…そういえば私、思い出したんだけど」

希「え。…な、なに?」

花陽「占いのお姉さん…」

希「!?」
10: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 02:52:37.73 ID:L1a6Y3pX.net
花陽「昔ね、占ってくれた人がいたの…花陽はきっとアイドルになれるって」

希「へ、へえ…そうなんや?」

花陽「顔も名前も思い出せないけど…ちょっと希ちゃんに似てた気がする」

希「あ、アハハ…顔覚えてないのに、なんでウチに似てると思ったん?」

花陽「んー?」

希(やっぱり、あれは花陽ちゃんの夢の中やったんかなぁ?…それとも)

花陽「あの…希ちゃん。お願いがあるんだけど」

希「何か占ってあげようか?」

花陽「ううん。そうじゃなくて…抱きついてもいい?」

希「え!?」

『お母さんよりおっきい…』
『全然、変わらないんですね』

希(それは…マズい気がする。なんとなく…)

希「えっと…ウチ、そろそろ行くわ。ほなー」

花陽「あっ、待って希ちゃん…ちょっとだけギュッとさせてよぉ!」

『よかった。また会えて…』
『最近ちょっと気になる人がいて…』
『意味は…再会?』

希「あかーん!!」ドタバタ

花陽「待ってよぉ!どうして逃げるの!?希ちゃーん!」タタタ



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「占いのお姉さん?」希「六番目は緑の森」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。