梨子「私がAqoursに入った理由」

シェアする

ちかりこ-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:40:27.58 ID:qVquwe6q.net
部室


梨子「ふふっ、みんな練習中は油断してるんだから」

梨子「鍵を持ったまま部室に入り、中からカギをかければ簡単な密室の出来上がり」

梨子「さーて、今日は曜ちゃんが水泳部に出た後だから……」ガサゴソ

梨子「はっけーん」

梨子「曜ちゃん水着(使用済み)」

梨子「これは国宝級のお宝ね」

梨子「まずは胸の所から」ペロッ

梨子「これは!」

梨子「曜ちゃん……いや渡辺曜の味がする!」

梨子「渡辺曜が口の中に広がっていく」

梨子「これはタマラナイわ」

元スレ: 梨子「私がAqoursに入った理由」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:42:49.46 ID:qVquwe6q.net
梨子「次は股間の所」チュパチュパ

梨子「ん、さっきとは味が違う」

梨子「使い込んでて味が染み渡ってる」

梨子「曜ちゃんは、とても努力家だからね」

梨子「この味は、曜ちゃんの努力の結晶だよ」

梨子「お口の中が曜ちゃんの水泳大会やー!」

梨子「彦麻呂がレポートする日も近いわね」

梨子「……このまま水着を返すのも勿体無い」

梨子「水分だけでも持って帰りましょう」

梨子「ふぬぬぬ」ギュー

梨子「出てきた出てきた」

梨子「これをスポイトで取ってと」ズズズ

梨子「後でシロップの代わりに、かき氷にかけて食べましょう」
5: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:47:10.48 ID:qVquwe6q.net
梨子の家

シャカシャカシャカシャカ

梨子「このかき氷に、曜ちゃんエキスをかけて……」

梨子「出来たわ!題して『泡沫の女神』」

梨子「なんて神々しい輝き」

梨子「曜ちゃんエキスをかけただけでかき氷が女神に早変わりよ」

梨子「いっただきまーす」

梨子「シャクシャクシャク」

梨子「」キーン

梨子「……なんて美味しさ。夏の定番になりそうね」キンキン

梨子「シャクシャクシャク」

梨子「」キーン

梨子「また来週、曜ちゃんエキス盗ってこよう」キンキン
6: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:52:23.78 ID:qVquwe6q.net
梨子「え〜 本日ご紹介するのはですね」

梨子「堕天使ヨハネことよっちゃんが使ってたとびっきりの品々!!」

梨子「よっちゃんの使ってたシャープペン!」

梨子「消しゴム!」

梨子「見てください。この至高の品の数々」

梨子「これ、ものすごいです」

梨子「更に今なら、よっちゃんが使ってる定規。これもつけます」

梨子「金利レズ料はジャパネット逢田が負担いたします!」

梨子「今日は、これぜーんぶシャブっちゃいます」

梨子「なんてったって、よっちゃんが授業中ずっと使ってますからね!」
8: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:58:26.64 ID:qVquwe6q.net
梨子「更にお家で勉強したり、居残りで勉強したりで」

梨子「熟成された味が染みこんでるはずだわ」

梨子「では、まずシャープペンからいただきます」

梨子「ジュボッ!ジュルルルルルルル!!グッポグッポ」

梨子「ジュボッ!ジュルルルルルルル!!グッポグッポ」

梨子「よっちゃんの汗がジックリ染み込んでる!」

梨子「なんて珍味」
10: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:02:27.09 ID:qVquwe6q.net
梨子「贅沢に、いっぺんに3つしゃぶっちゃうわ」

梨子「シャープ!消しゴム!定規!」

梨子「三種の神器よ」

梨子「んほおおおおぉおお!」ペロペロ

梨子「こんなに贅沢しちゃって良いの!」ペロペロ

梨子「バンザイ!Aqoursバンザイ!」ペロペロ

梨子「あぁあー!よっちゃんが私の中に入ってくるううぅう」

梨子「ほぁぁああっ!」

梨子「ふうっ、今日は作曲も捗りそうね」
11: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:06:16.08 ID:qVquwe6q.net
梨子「テテテッテテテテ♪テテテッテテテテ♪テテテッテテテテテテテ、テッテッテ♪」

梨子「ガチレズ梨子の3分クッキングの時間です」

梨子「最近暑いですよね?」

梨子「そんな時に、夏バテ防止でオススメしたいのがこの料理」

梨子「材料は……」

梨子「ダイヤちゃんの汗が染み込んだハンカチ」

梨子「ルビィちゃんが舐めていた飴の残り」

梨子「ダイヤちゃんの頭髪5本」

梨子「本当なら陰毛が望ましいのですが、入手が難しいので頭髪で代用です」

梨子「ルビィちゃんの髪留め」

梨子「これらをミキサーにかけて……」

ヴィイイイイインン!!!

梨子「粉々になった物を御飯にかけます」

梨子「出来ました!」

梨子「名付けてダイヤとルビィの姉妹丼」
12: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:11:53.03 ID:qVquwe6q.net
梨子「さて、お味の方は?」パクパク

梨子「美味い!!」テーレッテレー!

梨子「これは、御飯に合いますね」パクパク

梨子「幾らでも食べられます」パクパク

梨子「ふぅ、完食」

梨子「皆さんもお試し下さいね。ではまた」

「来週は、レズゆでたまごです」
13: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:15:25.13 ID:qVquwe6q.net
梨子「遂に手に入れたわ!果南ちゃんのダイビングスーツ!」

梨子「き、着てみようかな?」ドキドキ

梨子「これを着たら私が果南ちゃんと一緒になれるって事よね」

梨子「せっかく盗ってきたんだから着ないと勿体無いよ」

梨子「そうだ。着る前に匂い嗅いでおかないと」クンクン

梨子「磯の香りに混じって果南ちゃんの匂いがすりゅ///」

梨子「果南ちゃん」ハァハァ

梨子「それでは、いよいよ果南ちゃんと一つになります」

梨子「よいしょっと、少し大きいかな?」

梨子「特に胸のあたり」

梨子「果南ちゃんのデカパイで伸びちゃったのかな?」
14: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:18:27.72 ID:qVquwe6q.net
梨子「これで装着完了」

梨子「何かしらこの感覚は?まるで果南ちゃんとレズセックスしてる様な」

梨子「ヤバイ……興奮してきたわ」

梨子「梨子ちゃん、ここが感じるの?」果南の声真似で

梨子「う、うん///」クチュクチュ

梨子「もうこんなに濡れてきたよ?」果南の声真似で

梨子「ああっ、もう……恥ずかしいよ果南ちゃん///」クチュクチュ

梨子「イキそう?イッちゃいなさい」果南の声真似で

梨子「ああぁっ!もうイク」クチュクチュ

梨子「われめDEポン!!」

梨子「最高のレズセックスだったわ///」ハァハァ
16: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:25:21.54 ID:qVquwe6q.net
部室

梨子「これは?花丸ちゃんの黒タイツ!」

梨子「部室に脱ぎ忘れていったんだわ」

梨子「」キョロキョロ

梨子「……」クンカクンカ

梨子「……」スーハースーハー

梨子「花スメルは最高だわ」

梨子「黒タイツの定番と言えば……」

梨子「被りましょう」

梨子「タイツを被ると顔が悲惨な事になるのが欠点よね」モゾモゾ

梨子「チラッ」カガミ

梨子「ブーッ!!」

梨子「まるで鬼ね」

梨子「レズ鬼が出たぞ!!なんちゃって」
18: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:32:02.35 ID:qVquwe6q.net
ガチャリ

梨子「へ?」

千歌「やっぱり」

善子「犯人はリリーだった」

ダイヤ「近頃私物が良く無くなるなって皆で話していたのです」

ルビィ「私の髪留めとか」

果南「私のダイビングスーツも」

曜「私の水着も荒らされてた」

花丸「撒き餌として、私のタイツを部室に置いておいたらまんまと釣れたズラ」

梨子「何で鍵が?」

千歌「合い鍵があるんだよ」

鞠莉「言い逃れは出来ませんよ?」
19: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:34:05.20 ID:qVquwe6q.net
梨子「わ、私はレズ鬼よ」

梨子「リリー、何の事です?」

梨子(タイツを取られなければ顔は見られてない)

梨子(逃げ切れるわ)

果南「タイツ被ってるからってシラを切り通すつもりね」

千歌「大丈夫。タイツなんて取らなくても」

千歌「あなたが梨子ちゃんだって証拠は、ここにあるんだよ!」

ビリビリビリ!

梨子「キャー///」

ダイヤ「これは?」

鞠莉「乳首にプリクラ貼ってる?」

善子「いや、よく見るとこれは?」

千歌「そう。私と一緒に撮ったプリクラだよ」

千歌「そんなプリクラを持ってるなんて梨子ちゃんしか居ない」

果南(タイツ取ったほうが早いし、確実だったんじゃ)
20: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:36:12.06 ID:qVquwe6q.net
梨子「うっうっ、ごめんなさい」

梨子「レズの私からすれば、ここはお宝の山」

梨子「宝物庫だったの」

ルビィ「梨子ちゃん」

善子「謝る前にタイツ脱いだほうが良いよ」

梨子「ハッ///」ヌギヌギ

梨子「もう二度としないから」

果南「まあ、謝ってるんだし許しますか」

曜「うん」

ダイヤ「そうですわね」

花丸「出来心って奴ズラね」

ルビィ「そうだね」

善子「次は無いからね」

千歌「鍵は今度から私と鞠莉ちゃんで預かるから」

鞠莉「おかしな真似はさせないわよ」
21: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:39:04.30 ID:qVquwe6q.net
部室


千歌「梨子ちゃんの上履き!」

千歌「たまらないね」スーハースーハー

千歌「ああ、梨子ちゃん梨子ちゃん」スーハースーハー

鞠莉「か、果南の体操着」

鞠莉「これを着れば、ずっと果南と一緒に居られる///」



おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「私がAqoursに入った理由」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。