千歌「いやぁぁぁあああ!!助けてぇ!!」

シェアする

千歌-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:06:14.28 ID:z8ug+5vf.net
千歌「ごごごごごごっ、ゴキブっ…!」

曜「しかもデカイ……」

梨子「部室は散らかってるとは思ってたけど、やっぱりいたのね…!」

ルビィ「……」

花丸「大変ずらっ、ルビィちゃんが気絶してるずらー!?」

善子「落ち着きなさい花丸…所詮は無害な虫よ、慌てることは無いわ」

花丸「善子ちゃんこんな時くらい机から降りて……ん?」

ガクガクッ

花丸「違うこれこわいから登ってる!?」

善子「べっ、別に怖くなんかないし!」

元スレ: 千歌「いやぁぁぁあああ!!助けてぇ!!」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:10:20.17 ID:z8ug+5vf.net
千歌「とにかくアレを退治しよう…」

曜「でもどうやって…」

梨子「潰すと卵を産んでから、っていうし……」

善子「マリーに殺虫剤でも借りてきましょうよ…」

善子「この間理事長室に置いてあるの、見た」

花丸「そうしよ! そうと決まれば…」

カサカサ……

千歌「ひえっ……」
7: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:14:06.92 ID:z8ug+5vf.net
花丸「ああっ、そっちはだめ〜!」

梨子「あっ、ドアの前に…!」

千歌「うわっー!? どいて、どいてよー!」

……

曜「まったくうごかなくなっちゃった…」

千歌「どうしよう……そうだ、この箒で」
11: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:18:06.84 ID:z8ug+5vf.net
千歌「そいっ、ほいっ……」ツンツン

カサカサ……

千歌「動いたっ、おおおととと……! あっ、そっちは!」

ルビィ「う、ううーん……」

花丸「ルビィちゃん、気がついた!?」

ルビィ「…あれ、ルビィ、何して……」

カサカサカサカサ……

ルビィ「ピギィッー!?」

花丸「うわわわわわっ!?」

善子「うわっ、ちょっ、こっち来ないでっ?!」

ーーー

梨子「結局またドアの前に陣取られちゃった…」

曜「どうにかしないと…ドアさえあけば…」

ガチャッ

曜「え?」
12: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:27:22.53 ID:z8ug+5vf.net
果南「ふ〜、あっついー」

曜「果南ちゃん!!」

果南「あれ、どうしたのみんな。そんなに固まって」

千歌「何かあったけど今は聞かないで!そのまま、そのまま、ゆっくりバーック…」

果南「? 何言って…」カサカサ

果南「ん?」

カサカサカサカサ……

果南「うわっ、びっくりした! …ははぁん、そういう事だったんだ」

千歌「か、果南ちゃん?」

果南「大丈夫、私が外出してあげるから」

花丸「か、果南ちゃん、平気なの?!」

果南「まあ海っていうか、あのへんフナムシとかたくさん見てるから、平気っていうか」

果南「似たようなものって考えたら、割と」
15: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:31:32.35 ID:z8ug+5vf.net
ーーー

果南「よしっ、これでOK」

ルビィ「助かりました…」

善子「ええ……い、いや別に怖くな…」

花丸「兎にも角にもこれで一件落着ずら!」

果南「ふふ、それじゃ、あとはダイヤと鞠莉が来るのを待っ…」

カサカサカサ…

千歌「ん? …わっ!」

曜「でっかい蜘蛛!」
16: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:33:08.71 ID:z8ug+5vf.net
花丸「しかもさっきのゴキブリよりずっと大きいっー!?」

ルビィ「……」

花丸「ルビィちゃんがまた気絶したー!?」

善子「落ち着きなさいっ……か、果南!あなたならさっきみたいに、ちょちょいっ、と…」

果南「……」

千歌「そうだね! お願い、果南ちゃん!」

果南「……」

曜「……? 果南ちゃん?」
19: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:38:04.31 ID:z8ug+5vf.net
果南「…む、無理」

梨子「えっ、でも…」

果南「でももなにもないよっ、蜘蛛は本当に勘弁して……!」

千歌「えっー!?」

曜「ゴキブリは触れるのに!?」

果南「あんなのはカブトムシと一緒と思えばいけるの、だけど蜘蛛ってもうビジュアルが……うう」

果南「足がいっぱいあるのは本当に無理なの…」

花丸(フナムシの方が足多い気が……)
21: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:41:50.32 ID:z8ug+5vf.net
曜「2本増えただけじゃん!なんとかしてよ!」

果南「無理だってば!」

カサカサカサ

果南「ひぃー!?」ビクッ

千歌「あっ、危ない、果南ちゃん!」

果南「こっち来ないでー!?」

梨子「……ねえ。今なら部屋から出られるんじゃ…」

7人「あ」

ーーー

千歌「……よしっ!」

果南「いやよしじゃないから! 結局中に蜘蛛はいるまま!」
24: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 19:50:23.45 ID:z8ug+5vf.net
鞠莉「それは困ったねぇ…」

果南「ええ、本当に……!?」

善子「いつの間に…」

鞠莉「ちゃおー☆」

鞠莉「……ふうん、それで。中に蜘蛛がいるから入れないって、事?」

鞠莉「んー、でも。蜘蛛って虫食べてくれるから、いた方がいいんじゃないかな?」

鞠莉「それこそゴキブリだって食べてくれるよ?」

梨子「確かに…ゴキブリと比べれば、蜘蛛ならまだ平気だし…」

果南「…え」

花丸「そうずらね…ゴキブリがいないほうがいいずら」

果南「ちょっと」

曜「ん?どうしたの?」

果南「な、なんで蜘蛛を追い出さない事になってるの!?」
25: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:00:31.23 ID:z8ug+5vf.net
鞠莉「ん〜、でもね、果南」

鞠莉「蜘蛛は何もしてこないわ」

果南「そ、そうかもしれないけど……」

鞠莉「それにみんなは大丈夫って、言ってるんだし、あなた一人がイヤイヤ言っても仕方ないわよ?」

果南「む……」

鞠莉「でもどーしても、っていうのなら、私が蜘蛛を追い払ってあげる」

果南「! 本当に?!」

鞠莉「ええ♪ ……その代わり」

ーーー
29: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 20:14:45.25 ID:z8ug+5vf.net
鞠莉「ふんふふ〜ん♪……はっー、今日も疲れちゃったなー」

鞠莉「かな〜ん、一緒にお風呂はいりましょっ!」

果南「……」

鞠莉「果南?」

果南「……わかった」

鞠莉「もー、果南? そうじゃないでしょ?」

鞠莉「メイドさんは『かしこまりました、お嬢様』……ん? とかなのかな? どうなんだろ」

果南「自分だってわかってないじゃない…はあ」

ーーー

果南『……ま、鞠莉のメイド?』

鞠莉『そ! 三日間だけでいいから〜』

果南『……』

ーーー

果南「今思えばあの時少し考える頭があればこんな事には…」

鞠莉「かなーん! はやくぅー!」

鞠莉「…はいはい」
40: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 21:08:22.89 ID:z8ug+5vf.net
鞠莉「ううーん、気持ちいい♪」

果南「それは良かったわね…」

鞠莉「ねね、果南。背中流してくれない?」

果南「それくらい自分で…」

鞠莉「か・な・ん?」

果南「……わかりました」

ーーー

鞠莉「うんっ、気持ちいいっ」

果南「…ねえ、鞠莉」

鞠莉「ん?」
41: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 21:14:24.26 ID:z8ug+5vf.net
果南「なんでメイドなんかに…」

鞠莉「それは、…うーん」

鞠莉「なんていうのかな」

鞠莉「特に理由はないかな」

果南「特にはって…」

鞠莉「正直なところ、果南だったら形はなんでも良かった」
43: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 21:33:24.32 ID:z8ug+5vf.net
果南「え…?」

鞠莉「……」

鞠莉「果南ー、手が止まってる!」

果南「あ、ああ、うん…」ゴシゴシ…

ーーー

鞠莉「…果南、髪乾かしてあげる」

果南「うん」

鞠莉「…果南の髪は、海の匂いがするわね」

果南「え、なにそれ。ちゃんと洗えてないって事?」

鞠莉「ううん、そうじゃない」

鞠莉「果南の匂い」

果南「……」
45: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 21:37:06.87 ID:z8ug+5vf.net
鞠莉「…実はね、あの部屋に」

果南「え?」

鞠莉「蜘蛛入れたの私なの」

果南「へえ……え!?」

鞠莉「ごめんね☆」

果南「い、いや、な……じゃあこれは…」

鞠莉「うん、全部計画通り」

果南「どうしてそんな事を…」

鞠莉「そうだね…果南養分が欲しかったのかな」

果南「?」
49: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 21:47:28.12 ID:z8ug+5vf.net
果南「…」

鞠莉「帰ってきたのも、その一つだったり……」

果南「え、なに?」

鞠莉「なんでもなーい」

鞠莉「それと、耳かきも頼んでいい?」

果南「…ふう。はいはい、今日はとことん付き合ってあげる」

ーーー

果南「…どう?」

鞠莉「うぅ〜ん、なかなか…」

果南「って言っても、そんなに耳垢溜まってないよ」
50: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 21:53:36.58 ID:z8ug+5vf.net
鞠莉「…」

果南「…鞠莉?」

鞠莉「……」zzz

果南「ちょっとー、膝で寝ないでよ…」

果南「鞠莉、まーりー?」

果南「…もう、完全に寝ちゃってるや」

……

果南「ん?」

鞠莉「……、…」

果南「…鞠莉? 起きてるの? …寝言?」


鞠莉「…んね」

果南「ん…?」
51: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 21:57:38.11 ID:z8ug+5vf.net
鞠莉「…ごめん、ね……果南……ダイヤ……」ポロポロ

果南「ーー」

果南「……」ナデナデ

果南「…もう、怒ってないよ」

果南「…私だって、帰ってきてくれて…嬉しかったんだから」

果南「……」

鞠莉「…本当に?」

果南「うん、本…………」

鞠莉「……」ニマニマ

果南「……寝てたんじゃ」

鞠莉「今おきたの。本当」

果南「…」ブスッー

鞠莉「ふふふ、ごめんね」
53: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 22:03:54.00 ID:z8ug+5vf.net
鞠莉「ん、ふぁあ…でも、もうそろそろ寝たいわね…」

果南「…そろそろ寝よう」

ーーー

鞠莉「一緒のお布団で寝るのなんて、いつぶりかしら」

果南「そうね…」

鞠莉「……ねえ果南」

果南「なに?」

鞠莉「…これからは、その……なんて言ったらいいのかしらね」

鞠莉「今までの分を取り戻すってわけじゃないけど……」

鞠莉「…これからも友達でいてくれる?」

果南「…友達、ね。それはどうかな」

鞠莉「え……」

果南「親友でしょ」

鞠莉「ーー」
57: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 22:14:18.47 ID:z8ug+5vf.net
果南「…なんて、ちょっとくさいかな……」

鞠莉「……」ポロポロ

果南「っ、え、鞠莉?」

鞠莉「え、あ、……はは、ううん、何でもないの…」

果南「…」ギュッ

鞠莉「……手、あったかい」

果南「そういえば、言ってなかったね」


果南「…おかえり」

鞠莉「……ただいま」
61: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 22:32:50.40 ID:z8ug+5vf.net
ーーー

果南「う、ううん…朝……」

鞠莉「……」zzz

果南「…」

果南(…手、繋いだまま寝てた)

鞠莉「…ん」

果南「?」

鞠莉「……ずっと…親友…」ニヘッ

果南「!」

鞠莉「…」zzz

果南(…二度寝、しちゃお)


なお、その日は遅刻したようです。




おわり
63: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 22:35:35.42 ID:z8ug+5vf.net
実は昨日、スレタイからかけ離れて、善子がみんなが実は意外とひとりエッチしてて困惑してるなか鞠莉と意気投合する、ていうの書いたんですけど、ちょっとしたスレタイ詐欺ですかね。今回も。

ありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「いやぁぁぁあああ!!助けてぇ!!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。