絵里「炊きたてがいいよ!と君が叫ぶから」花陽「八月十八日は米の日」

シェアする

花陽-アイキャッチ16
1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 22:06:37.56 ID:d7yd+vtr.net
【五月・講堂】

絵里「どうするつもり?」

花陽(わあ、あの人…すっごい美人!…確か、生徒会長さん…だよね)

花陽(あの人もアイドルになればいいのに…でも話を聞いてるとスクールアイドルには否定的みたい…)

【後日・アルパカ小屋】

花陽(ふー。今日のお世話は完了♪…ん?)

絵里「…」スタスタ

花陽(あ。生徒会長さんだ…どこ行くんだろう?)

アルパカ「メ゙ェ?」

花陽「よしよし…ごめんね。ちょっと行ってくる」ナデナデ

【中庭】

花陽(思わずついて来ちゃった…ついでに花壇の水やりもしておこうかな?)

花陽(じょうろに水を汲んで…)ジャー

花陽(よいしょ…結構重い…凛ちゃんに手伝ってもらえばよかったかなぁ?)フラフラ

ドン

花陽「ピャァ!?」バシャ

絵里「!」

花陽「あ…ご、ごごごごごめんなさいっ!?」

絵里「いえ…私も、よそ見をしていたから」

花陽「えーと、ハンカチ…いや、タオルのほうが…」アセアセ

絵里「自分で拭くからいいわ。…それより悪かったわね。邪魔しちゃって…」

花陽「い、いえっ…こちらこそ、ごめんなさい…」

絵里「…」フキフキ

花陽「お花を…見てたんですか?」

絵里「ええ。…二年以上も居て、今まであまりよく見たことがなかったから…」

サァァァ…

花陽(小さな花壇だけど、いろんなお花が咲いてて賑やかでキレイ♪)

絵里「…」

花陽(でも生徒会長さんは、なんだか寂しそう…廃校になっちゃうから…かな)

元スレ: 絵里「炊きたてがいいよ!と君が叫ぶから」花陽「八月十八日は米の日」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 22:08:38.07 ID:d7yd+vtr.net
絵里「…」キョロキョロ

花陽「えっと…何してるんですか…?」

絵里「ここ濡れてるから…向こうがいいかしら」

花陽(花壇のそばに座って…お弁当食べようとしてたみたい)

花陽「あ、あのぉ…」モジモジ

絵里「え?…何?」

花陽「私も、一緒に…いいですか?」

絵里「…別に、ここは私の場所ってわけじゃないし…勝手にすればいいわ」

花陽「そ、そうですね…じゃあ」

花陽(金髪が水に濡れて、キラキラしてる…やっぱり生徒会長さん、きれいだな…)

花陽(可愛いお弁当…手作りかな?…なんか、女の子って感じ)クス

絵里「…なに?」

花陽「い、いえっ。…可愛いお弁当だなって…」

絵里「ああ、これ。今日は亜里沙…妹が作ったのよ」

花陽「へえ…(生徒会長さん、妹いるんだ)」

絵里「あなたのは…ずいぶん豪快ね」

花陽「はい。ごはんは何より重要な、活力の源ですから!」ドーン←巨大おむすび

絵里「ふーん…」クス

花陽(あ、笑って…か、かわいい…!)キュン

花陽「あ、あのー。もしかして…ダイエット、とか…してたり…」

絵里「え?…いえ、私はしてないけど」

花陽「じゃあ、よかったら…少し食べませんか?…私のおにぎり…」

絵里「遠慮しておくわ。これで足りるし…」

花陽「で、でも…ごはんが全然入ってないように見えるんですけど…」

絵里「別に、主食はお米じゃなくてもいいでしょう?」

花陽「…」ピク

絵里「な、なに?」

花陽「い、いえ。そう、ですね…お米じゃなくても…」プルプル

絵里(…変な子ね)
5: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 22:11:24.61 ID:d7yd+vtr.net
【六月】

絵里(うーん…)

花陽(あ、生徒会長さん。窓の外を見て…何か困ってる?)

花陽「こ、こんにちは…」

絵里「…あなた」

絵里(この子も…高坂さんたちのアイドル部に入ったのよね。正式な部ではないけど)

花陽「何してるんですか…?」

絵里「別に…何もしていないわ」

花陽「でも…あの、もしかして何か困ってるんじゃ…」

絵里「そうだとしても、あなたには関係ないでしょう?」

花陽「そう、ですか…すみません」シュン

花陽(…生徒会長さん、やっぱりスクールアイドルが嫌いなのかなぁ…私がμ'sに入る前は、もっと優しそうな感じがしたのに…)

絵里「…外」

花陽「えっ」

絵里「空を見てたのよ。今にも雨が降りそうで…」

花陽「はあ。…言われてみれば、そうかも…」

絵里「だから…今日は中庭でお弁当食べるの、やめたほうがいいかと思って…それだけ」

花陽(それで困った顔してたんだ…やっぱり生徒会長さんって、かわいい♪)クス

絵里「…なによ」

花陽「い、いえ。…じゃあ、今日は屋上で食べませんか?」

絵里「いや、屋上でも同じでしょう?…屋根がないんだから、雨が降ったら…」

花陽「そのときは、中に入って出口のそばで食べればいいかと…たぶん、この天気なら誰も来ないし…」

絵里「やめておくわ。別に外じゃなくてもいいし…教室とか生徒会室にでも行くわ」

花陽「そ、そうですか。生徒会室…副会長さんと一緒に?」

絵里「希は…たぶん誰かほかの人と一緒じゃない?…最近、あなたたちとつるんでるみたいだし」

花陽「つるんでって…(私は副会長さんとは、ほとんど話したことないけど…)」

絵里「…ねえ」

花陽「は、はい?」

絵里「どうしてついて来るの?…私は生徒会室へ行くんだけど」
6: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 22:14:05.70 ID:d7yd+vtr.net
花陽「それは…だって、この間は…」

『…別に、ここは私の場所ってわけじゃないし…勝手にすればいいわ』

花陽「…って」

絵里「…確かに生徒会室は私的な場所ではないけれど。でも、あなたは生徒会じゃないし…」

花陽「あはは…ダメ、ですよね…ごめんなさい」

絵里「別に…私は構わないけど。でも、私の独断では決められないわ」

花陽「えーと…それって、つまり…?」

絵里「先に誰か来ていたら、諦めて。…二人きりなら、勝手にすればいいわ」

花陽「は、はいっ。…ありがとうございます♪」

絵里「…まだ、誰もいないかどうかはわからないわよ?」

花陽(…でも、二人きりだったら私と一緒にお弁当食べてくれるんだよね)

花陽「…えへへ」

絵里「…///」ガチャ

花陽(誰もいない…よかったぁ♪)

絵里「…」ジーッ

花陽「?…あ、生徒会長さんも食べますか?…おにぎり」

絵里「…海苔」

花陽「え?(…なんか一瞬、嫌そうな顔した…?)」

絵里「いえ…いつもそんなに大きなおにぎりなの?」

花陽「はい。…練習は結構大変ですから、ごはんをたくさん食べないと!」

絵里「…でも、雨が降ったら練習はできないんじゃない?」

花陽「あ、はい。…たぶんお休みになるかと…」

絵里「ふーん…それでそんなに食べて大丈夫なの?」

花陽「うぐっ…そ、それは…」

絵里「…まあ、あなたの場合スクールアイドルなんか始める前から、それくらい食べてたみたいだけど」クス

花陽(笑われた…でも、やっぱり可愛い笑顔だなぁ)キュン

花陽「生徒会長さんは…お弁当、いつも小さいですよね」

絵里「別に、普通でしょう?…私は三年生だから、もう成長期も過ぎたでしょうし…」

花陽「部活動とか、何かやってないんですか?」

絵里「今は生徒会で精一杯ね。今更、何か新しく始めるつもりもないし…」
9: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 22:16:50.48 ID:d7yd+vtr.net
花陽「…アイドル…」

絵里「えっ」

花陽「アイドルとか…似合うと思うんですけど。…生徒会長さん、可愛」
絵里「やめて。…私は、スクールアイドルなんて認めない。…あなたたちの仲間にはならないわ」

花陽(ちょっと仲良くなれるかもって思ったのに…やっぱりスクールアイドルが嫌いなのかな。どうしてそこまで…)

ザァァァ…

花陽(あ…雨。やっぱり降ってきた…今日の練習は中止かな)

絵里「…お弁当」

花陽「え?」

絵里「いえ…何でもないわ」

花陽(何を言いかけたのかなぁ?)

【後日】

希「エリち!」

にこ「フン…ざまあみろってのよ」

花陽(ラブライブへのエントリーのために…私と真姫ちゃんは凛ちゃんの英語の勉強を手伝うことになった)

絵里「…」

花陽「あ…生徒会長さん」

絵里「小泉さん…今」

花陽「はい?…何ですか?」

絵里「いえ…特に用事ってわけじゃないの。…気にしないで」

花陽「あ、あのっ」

絵里「…なに?」

花陽「中庭…行こうかなって」

絵里「そう…私も行くつもりだったんだけど」

花陽(お弁当、一緒に食べようって誘いに来てくれたのかなぁ?)

『…お弁当』

花陽(じゃあ…もしかして、あのとき言いかけたのも…)

絵里「…勉強は?」

花陽「お昼をちゃんと食べないと、勉強も身につきませんから!」

絵里「…そうね」クス

花陽「あの…どうして」
11: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 22:24:01.01 ID:d7yd+vtr.net
絵里「え?」

花陽「来てくれると思わなかったから…」

絵里「…別に、あなたを呼びに行ったわけじゃ…」

花陽「そうなんですか?」

絵里「…あなたと」

花陽「?」

絵里「一緒だと…いつもより美味しいような気がするの」

花陽「…生徒会長さん」

絵里「だ、だから…少しは気分が晴れると思って」

花陽「ありがとうございます♪」

絵里「…自分のためよ」

花陽「はい♪」

絵里「…///」

花陽「おにぎり…食べませんか?」

絵里「いらないわ」

花陽「ごはんを食べれば、もっと元気が出ますよ!」

絵里「…本当に?」

花陽「本当です!」

絵里「そこまで言うなら…ひと口だけ、くれる?」

花陽「いっぱい食べてください!」

絵里「…ひと口だけ。頂戴」

花陽「どうぞ♪」

絵里「ありがとう…いただきます」パク

絵里「…」モグモグ

花陽「どうですか!?」

絵里「…おいしい」

花陽「これが、ごはんの実力です!」

絵里「実力って…」

花陽「感じませんか!?」

絵里「な、何…を?」
12: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 22:26:30.81 ID:d7yd+vtr.net
花陽「それは…生徒会長さんにはわかるはずです!」

絵里「そんなこと…」

絵里(…なんだか、体があたたかくて…ドキドキする///)

【十日後】

凛「かよちん!」

花陽「…だ、大丈夫」

絵里「もういいわ。今日はここまで」

花陽(…私が、みんなの足を引っ張ってる…)シュン

絵里「今度のオープンキャンパスには学校の存続が懸かっているの。もしできないっていうなら早めに言って。時間が勿体ないから」

【外】

花陽「ま、待って…生徒会長さん!」

絵里「何?…辞めたくなった?」

花陽「ち、違います…ごはん」

絵里「…?」

花陽「ごはん…食べましょう。一緒に!」

絵里「明日のお弁当の話?…だったら」
花陽「じゃなくて…炊きたてごはんです!」

絵里「何の話…?」

花陽「晩ごはんを…生徒会長さんと一緒に食べたいんです」

絵里「なに言ってるの。そんなこと…」

花陽「だ、ダメですか…?」

絵里「別にダメってわけじゃ…でも、そんなことをして何になるっていうのよ?」

花陽「お弁当や、おにぎりもいいですけど…炊きたてのごはんには特別なパワーがあるんです!」

絵里(くだらない…希みたいなことを)

『なんで、こんな暑い日にわざわざ…私は行かないわよ』

『陽の光を浴びると、スピリチュアルなパワーをもらえるんよ。ごはんも外で食べると特別おいしい感じがするやろ?』

花陽「廃校を防ぐためには、ものすごくパワーが必要です。だから…」

絵里「私は帰るわ。…ついて来るなら勝手にすれば」

花陽「は、はい!」
14: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 22:29:49.71 ID:d7yd+vtr.net
【絢瀬家】

亜里沙「μ'sの小泉花陽さん…!」キラキラ

花陽「こ、こんばんは…お邪魔します」ペコ

シャカシャカ ザバー

絵里「亜里沙。スイッチを…」
亜里沙「うん」
花陽「ダメです!!」

亜里沙「Ой!?」

絵里「な、何事…?」

花陽「ごはんを炊くときの水は、ただ上から注げばいいんじゃないんです!時間をおいてお米が水を吸収して初めて、ただの水ではなく、ごはんの水分になるんです!」

絵里「そ、そう…」

亜里沙「Хорошо…」

ピーッ

絵里「やっと炊けたわね。じゃあ早速」
花陽「いけません!」

絵里「…今度は何なの?」

花陽「炊く前の浸水とあわせて、欠かせないのが炊き上がり直後数分の“蒸らし”です!蒸らさずに混ぜてしまうと、本来の目的である水分を均等に行き渡らせるはずが、逆効果になってしまうんです!」

絵里「そ、そうなの?…知らなかったわ」

亜里沙(蒸らすどころか、いつも混ぜないで食べてるし…)

えりありぱな「いただきます♪」

花陽「嗚呼、魅惑の炊きたてごはん…美しいツヤ、素晴らしい香り!立ち昇る湯気まで、さながら絹糸のよう…至福のひとときです…」

絵里(早く食べればいいのに…)パク

亜里沙「おいしい♪」モグモグ

絵里「小泉さん。今日は来てくれて…ありがとう///」

亜里沙「ありがとうございました♪楽しかったです!ごはんも美味しかったし♪」

花陽「は、はい。じゃあ…また明日」

『…ありがとう///』

花陽(今度こそ…少しは気持ちの距離も近づいたかなぁ?)
15: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 22:30:32.34 ID:d7yd+vtr.net
【翌日】

穂乃果「絵里さん。μ'sに入ってください」

絵里「私はアイドルなんて…それにグループはチームワークでしょう。…あなたたちの中に私が入ったら、せっかく今まで築き上げてきたものが台無しに」
花陽「ごはんです!」

ことほのうみのぞえりにこまきりん「えっ」

花陽「おいしいごはんを食べれば、みんな一緒です!」

絵里「いや、意味がわからないんだけど…」

花陽「大丈夫です!…私を信じてください」ギュ

絵里「…あなたが一番心配だけどね。練習」

花陽「えぇ!?」ガーン

絵里「仕方ないから…面倒見るわ」クス

【夏合宿】

絵里「花陽だけ、お茶碗にごはん…?」

花陽「気にしないでください!」

絵里「あら、私にはくれないの?…特別なパワーの源を、ひと口♪」

花陽「…絵里先輩」

絵里「禁止」

花陽「ど、どうぞ。…絵里ちゃん♪」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「炊きたてがいいよ!と君が叫ぶから」花陽「八月十八日は米の日」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。