穂乃果「スクールアイドル政権、誕生だよ!」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ23
1: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:15:39.06 ID:I7oZvrVP.net
注意!
政治ネタあり。詳しくなくても楽しめるように書きましたが、高度な話はしてません。スレが荒れる原因にもなるので、政策の中身についてのレスは避けてほしいです。あと、Aqoursも出ます。


***************************************************************************


〜時は20XX年、この内閣の初閣議〜

穂乃果(内閣総理大臣)「いや〜、ついに組閣だよ!緊張しちゃうね〜!あっ、この椅子思ったより硬い!」ギシッ

海未(防衛大臣)「緊張してるどころかはしゃいでるじゃありませんか……」

ことり(内閣官房長官)「あはは……。総理大臣になっちゃっても穂乃果ちゃんは穂乃果ちゃんだね」

穂乃果「あっ、ちょっと、高坂総理と呼びなさい、南官房長官!」

元スレ: 穂乃果「スクールアイドル政権、誕生だよ!」

スポンサーリンク
2: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:17:12.20 ID:I7oZvrVP.net
真姫(財務大臣)「そういうのをはしゃいでるって言うのよ」

にこ(総務大臣)「そうよ、もう日本の顔なんだから、ちゃんとしなさいよねー」

凛(法務大臣)「総務省の顔がツインテールはちょっと寒いと思うにゃ…」

にこ「何よ、何か文句あるの?」ホッペタツネリ

凛「こ、国務大臣が暴力はダメにゃー!」

絵里(外務大臣)「もう、やめなさいにこ!」

希(環境大臣)「こらこら、あんまり騒いでると予算ワシワシ鷲掴みするよー?」

花陽(経済産業大臣)「環境省、予算すっごく少ないもんね……」

にこ「うちの省の50分の1よね……。同情するわよ……」

希「な、なんかウチが一番ダメージ受けてる気がする……」
3: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:18:56.47 ID:I7oZvrVP.net
穂乃果「まあまあ、これからは私たち閣僚が政治を引っ張っていくんだから、みんな仲良くしようよ!」

海未「『閣議主導の国政』ですか……。票を得たから良いものの、まだ不安ですね」

絵里「不安なんて言ってられないわ。国を動かす責任があるんだから、自信満々で行かないとね」

真姫「そんなこと今更言ってどうするのよ。もっと閣議らしい話をするわよ。……ことり、進行係って官房長官よね?」

ことり「あっ、うん、ごめんね。じゃあ総理、総理臨時代理の指名をお願いしますっ」



果南「総理臨時代理っていうのは、総理が急病になったりしたときに総理の仕事を代わりにやる人のことなんだ」

果南「基本的に5人指名されてそのうちの第1候補が副総理って言われる人なんだけど、今回は副総理だけ指名するよ」



穂乃果「えーっと、じゃあ、副総理は園田防衛大臣、お願いします!」

海未「ええ、わかりました。任せてください、穂乃果」

穂乃果「私の後は……任せたよ、海未ちゃん……」

海未「死ぬみたいじゃないですか、縁起でもない!」

ことり「あはは、じゃあこれで初閣議は終わりにします」
7: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:20:28.29 ID:I7oZvrVP.net
穂乃果「これが、私たち、スクールアイドル党の第一歩なんだ!よーし、頑張るぞー!」
9: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:21:06.46 ID:I7oZvrVP.net
〜内閣官房長官定例記者会見〜

ことり「初めに私から初閣議の概要を申し上げますっ。まず、閣議主導の国政という体制をあらためて確認しました。次に、総理から副総理が指名されて、園田海未防衛大臣に決まりました。私からは以上です」

記者「えー、MHKの新田です。スクールアイドル党はこの度初めての与党となりましたが、派閥間で政策がまとまっておらず政権の安定性を懸念する声が上がっています。それについて政府はどのように対処していくつもりですか」

ことり「確かに私たちは派閥ごとに政策に幅があって、それでたくさんの有権者の方たちから票をいただきました。なので、閣議で派閥の代表が公平に政策を話し合うことが、この国の先を決めていくのにいちばんだと思います」

ことり「閣議で決められたことは私がここで伝えていきます。よろしくお願いしますねっ」
10: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:22:17.64 ID:I7oZvrVP.net
〜とある焼肉店にて、スクールアイドル党「高坂派」懇親会〜

穂乃果「ふぁあ、疲れたあ〜」ジュージュー

海未「まだ1日目です、そんなことでは総理やっていけませんよ」ジュージュー

ことり「でも、ことりも疲れちゃったな〜」ジュージュー

穂乃果「ことりちゃん、今日の記者会見すっごくよかったよ!ブラボーだよっ!」

海未「ええ、初めてなのに記者の方への受け答えも立派でした。私もよかったと思います」

ことり「えへへ、照れちゃうよー」ジュージュー

穂乃果「だ・か・ら!ことりちゃんもたくさんお肉を食べるのだっ!」ヒョイパクッ

海未「あっ穂乃果!それ私が育ててたお肉ですよ!」ジュー

穂乃果「ふふーん、自分のお肉も守れない人に防衛大臣を任せたのは間違いだったかな」ムシャムシャ

海未「穂乃果ァッ!」ジュー
11: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:23:54.74 ID:I7oZvrVP.net
曜(防衛副大臣)「まあまあ、落ち着いてください……」

千歌(党幹事長)「そうですよ、せっかくの焼肉なんですから!」モグモグ

梨子(内閣官房副長官)「千歌ちゃん、それ食べてるの海未さんのお肉なんじゃ……」

千歌「はえっ?」

海未「もういいです……。私は序盤に頼んでから冷めっぱなしのこのビビンバを頂きます……」

穂乃果「すねないでよー。ほら、ちゃんと食べなきゃ明日の仕事できないよ?また閣議あるし」

曜「閣議主導、大変ですねー」
12: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:25:29.85 ID:I7oZvrVP.net
千歌「閣議主導、大丈夫だったんですか?密室で政治が決められてるーとか言われちゃうんじゃあ…」

ことり「大丈夫だよ!国会でちゃんと野党とお話しするし、閣議の内容は私が伝えるから」

穂乃果「今まで党内部の政務調査会とか国会対策委員会とかでやってたことを閣議でやるだけだから、むしろ今までよりもクリアでスピーディーなんじゃないかな?」

海未「今回の大臣は皆、それぞれの省庁の分野に詳しくもありますからね。穂乃果の人事も良かったです」

穂乃果「えへへ、でも海未ちゃんはどうかな?お肉いただきっ!」シュバッ

海未「くぅぅ〜〜〜〜っ!!」ジタバタ
13: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:27:13.58 ID:I7oZvrVP.net
〜〜〜

穂乃果「ふう、食べた食べた!」

海未「今までで一番損した割り勘だった気がします……」

ことり「あはは、今度は焼肉屋さんじゃないところに行こうね」

海未「そうですね…。今度は落ち着いて食べたいです」



穂乃果「……ねえ、ことりちゃん、海未ちゃん」

ことり「なに?」海未「何ですか?」

穂乃果「やり遂げようね、最後まで!」
14: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:32:04.67 ID:I7oZvrVP.net
〜矢澤家にて、「絢瀬派」懇親会〜

希「おおっ、総務大臣カレー美味しいやん!」モグモグ

絵里「さすがにこね!」モグモグ

にこ「別に大臣になったからってカレーの味は変わらないわよ……」モグモグ

鞠莉(内閣法制局長官)「ワーオ!とってもシャイニーなカリーね!」モグモグ

にこ「別に大臣になったからってカレーは光らないわよ……」

ダイヤ(財務副大臣)「それはそうと、御三方とも大臣就任おめでとうございます」

果南(党政務調査会長)「おめでとうございます!」

希「おっ、嬉しいやん」
15: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:33:49.82 ID:I7oZvrVP.net
絵里「ついに外務大臣になれたわ。穂乃果の人事に感謝ね」

にこ「私も総務大臣やってみたかったのよね。地方の面倒もちゃんと見てやらなくちゃいけないわ」

ダイヤ「やはりこれからも弱者救済を第一に掲げていくつもりですの?」

絵里「そうね、広がる格差を何とかしないと。地方創生はメインテーマの一つよ。穂乃果も経済政策の方向は早々に決めるつもりなんじゃないかしら」

にこ「だんだん不公平な社会になってるわ。貧しい家庭は教育費を払えないからさらに貧しく。人がいない地方は若者が去るからさらに過疎に」

希「福祉と経済政策はやっぱり重要やね」

鞠莉「あと憲法改正もね!経済と憲法は今ホットな話題よ!このカリーのようにね!」

果南「え、このカレー甘くない?」

にこ「私が辛いの苦手だから…悪かったわね」
16: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:34:20.58 ID:I7oZvrVP.net
ダイヤ「カレーはともかくとして憲法は熱い話題ですわ。日本人がここまで改憲について考えてるのは初めてじゃありませんかしら」

果南「特に9条、安易な改憲は許しちゃいけないよね……。平和あっての日本だから」

絵里「そこもきっちり訴えていきましょう。今の時代は国益より国際平和、人類の利益を守るべきだわ」

希「そうやね」

にこ「そうね」

絵里「ふふふ、まあ今日は飲みましょうよ。大臣が辛気臭い顔してられないわ!」

にこ「別に大臣になったからってお酒は用意して……」

絵里「今日は家からウォッカを持ってきたの。ロシア皇帝にも愛されたハラショーな品よ!さあ、飲んで飲んで♪」
17: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:35:55.50 ID:I7oZvrVP.net
〜とあるフランス料理店にて、「西木野派」懇親会〜

凛「どうしてフレンチなのー……。こんなにきれいに並んでるフォーク初めて見たにゃ……」

真姫「私が全額払うってのに文句言うんじゃないわよ。それにこうも完璧に個室になってるフランス料理店なんて、政治家の談議に向いてると思わない?」

凛「真姫ちゃんは形にこだわりすぎにゃ!次は凛のお財布でラーメンにしよっ!」

善子(党選挙対策委員長)「ラーメン?堕天使にはフレンチの方が似合うんじゃないかしら?」

花丸(総務副大臣)「オラはラーメンも苦手だけど、こういうお店は気後れしちゃうずら……」

凛「じゃあ今度は凛おすすめのあのお店に行くにゃ!あそこならきっとみんな楽しめるよ!」

ルビィ(経済産業副大臣)「じゃあルビィもそこがいい!」

花陽(ご、GoHAN-YAに行きたいとは言えない状況です……)

真姫「分かったわよ。次は凛に任せるわ」

凛「やったにゃ!」ガッツポーズ

真姫「ナイフ持ったままガッツポーズしないで!」
19: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:37:45.18 ID:I7oZvrVP.net
凛「まあまあ、今回凛は法務だったけど、うちの派閥が財務と経産って重要ポストもらえたんだし、今日はお祝いにゃ!」

真姫「そう手放しに喜んだら穂乃果の思う壺じゃない」

花陽「そ、そう?私は今回の人事は嬉しいなって思ったけど……」(の、農林水産がよかったとは言えない状況です……)

真姫「…防衛大臣は海未、外務大臣は絵里。副大臣も含めて外交・安全保障系のポストはうちにゼロよ。先の内閣の時アメリカのカード大統領が日本から米軍を撤退させるって言ってきたし、今一番欲しいのはこのポストだったのに……」

善子「確かにそうね…」

真姫「所詮私たち『右派』に外交安保は任せたくなかったんでしょうね。代わりに穂乃果たちと政策が近い経済系の重要ポストを私たちに回して満足させようって腹よ」

真姫「その裏で内閣官房の正副長官、党幹事長という次期総理ポストは自分の派閥で固めてる。絵里たちは閣議主導で無力化された政調会長を党役員として掴まされたけど、今頃念願の外務大臣が叶って喜んでることでしょうよ……」
20: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:38:38.23 ID:I7oZvrVP.net


ダイヤ「解説いたしましょう」

鞠莉「右派というのは、社会の安定や日本という国と伝統を大切にして政治をする人たちのことよ!」

ダイヤ「右翼とも言われますし、比較的穏やかな右派は保守とか中道右派とも呼ばれますわ」

鞠莉「対立するのは左派や左翼ね。この人たちは経済格差をなくして平等にすることや人権保護の徹底を進めるのが目標よ。そのための『平和』も右派より大切にする傾向があるわ」

ダイヤ「資本主義で格差が広がる社会ではそういう目標には『改革』が必要になりますの。一見誰もが賛成しそうな考えですが、右派と対立する理由はそこですわ」

鞠莉「平等は結局はソ連のような共産主義に繋がるから、『極左』と言われる人たちは今の日本の資本主義・民主主義とは真逆の共産主義を今でも目指しているわ。伝統かつ平等、カレー牛丼のような政治はなかなか難しいのね」

21: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:40:11.90 ID:I7oZvrVP.net
凛「ほ、穂乃果ちゃんああ見えて結構考えてたんだにゃー……」

花陽「それはたぶん海未ちゃんとかがそう教えたんじゃないかなあ?」

凛「海未ちゃんそういうの練るの得意そうだもんね…ほら、『ダイエットギリギリまで絞るプラン』だって」

花陽「や、やめてよぉ〜」

花丸「戦略を練ったりするのは梨子ちゃんも得意そうずら」

真姫「ことりも頭がよく回るタイプよ。高坂派は優秀なブレーンが揃ってる……。アホの絢瀬派が踊ってる間に、私たちは閣議で発言力を増さねばならないわ」

凛「時代に合わない憲法の改正と」

花陽「大規模投入による大企業主体の経済成長は」

真姫「譲れないからね。締まって行くわよ」
24: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:52:02.32 ID:I7oZvrVP.net
〜閣議〜

ことり「今回の議題は経済戦略です!」

穂乃果「国民が気にするのはいつだって経済が一番だからね。内閣の方針はできれば今日打ち出したいな」

真姫「私は大規模な財政出動と規制緩和で企業の成長を促して日本を支えていくべきだと思うわ」

絵里「反対よ。日本は海外に比べて消費者の立場が悪いわ。彼らを守っていく上で規制緩和は悪よ」

凛「規制緩和が悪?今まであんなに進めてきて、日本経済が上向いたのに?」

にこ「その結果採算が合わない市場が切り捨てられて、人気市場には企業が増えすぎてるのよ」

希「企業が増えるとみんな安くしよう安くしようって安全性を犠牲にすることもあるからね」



曜「説明しヨーソロー!規制緩和とは、政府が企業に対してやってる規制を緩める政策のことだよ」

善子「『郵政民営化』みたいに政府の事業を企業に移すものから、『電力自由化』みたいに今まで○○電力だけが独占してきた市場に他の企業が入れるようにするものまであるわ」

曜「市場にたくさんの企業が入って、競争の中でいい市場ができるけど、安全性や安定性の問題もあるんだ」

26: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:55:12.91 ID:I7oZvrVP.net
穂乃果「そんなに安全、安全って言ってて日本は大丈夫なのかな?中国とか、最近の新興国の経済成長には油断できないよ」

真姫「そうよ。それに先の内閣の大規模な金融緩和は世界的評価も高いわ」

絵里「安全、もっと言えば国民の生活を第一に考えるべきよ。それに金融緩和の評価が高かったのは日本の経済成長が世界経済を支えてたからで、当の日本国民は給料すら上がらなくて苦しんでるわよ」

花陽「経済政策の結果はそんなにすぐには出ないんじゃないかな?中小企業の景気だってだいぶ良くなったし、お給料もこれから増えるはずなんじゃ……」

海未「それに日本経済はもはや輸出に頼っていける状況じゃありません。パソコン・テレビなどの電機メーカー主要4社の時価総額の合計は韓国の一社の半分程度とも言われています」

凛「今こそ国内の市場を活発にしなきゃ!それには規制緩和以外何もないよ!」
27: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:56:13.77 ID:I7oZvrVP.net
にこ「いいや、いくら待ったってサラリーマンの給料なんて増えやしないわ。国民はそんなに待ってくれないわよ。そんな政策で物価が上がったら低所得者の生活は厳しくなる一方よ!」

絵里(低所得者の生活、ね……)

希(大臣になってからにこっちのカレーに牛肉が入るようになったの、ウチ知っとるよ……。苦労したんやね……)

ことり「でも輸出が伸び悩んでるのは気になるよね……。日本は技術立国だったのに」

穂乃果「技術……経済…うーん……」

海未「穂乃果、どうかしたんですか?」

穂乃果「そうだ、思い出した!グリーンニューディールだよ!みんな、グリーンニューディール政策って聞いたことある?」

凛「かよちん、グリーンヌードルって何?」コソコソ

花陽「エコなラーメンのことじゃないかな?凛ちゃんでも知らないの?」コソコソ
28: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 16:58:17.29 ID:I7oZvrVP.net
真姫「知ってるわ。2008年に環境問題・世界金融危機の対策として提言された一連の政策のことよね」

穂乃果「そう!それで、その中身は…えっと……」

海未「もう、主眼はエネルギー技術への投資ですよ」

穂乃果「そうそう、で、それ、アメリカとか中国とかは大規模にやってるらしいんだけど……」

希「日本はあんまり…。うちの環境省が地域規模でやるのを勧めてるけど、それくらいやね」

絵里「日本でも大規模にやろうってわけ?」

穂乃果「そう!お金を思いっきり……10兆円くらい投資しよう!」

真姫「じゅ、10兆円!?財源はどうするのよ!日本にお金がないことは百も承知でしょう?」

穂乃果「経済の活性化にも技術のためにも、大規模な投資は絶対に必要だよ!国債でもなんでも増やしちゃえ!技術大国ニッポンはエネルギー開発の部門で大復活するんだ!」

絵里「だから、そういう投資じゃ社会的弱者は…」

穂乃果「開発拠点を地方に設置するんだよ!大規模な研究施設は大都市じゃ無理だから……。たくさんの技術者と肉体労働者を集めて、そこで定職に就いてもらって、しかも人が増えるから地方の経済だってよくなるんだ!」

絵里「………」

凛「いいんじゃないかな?うまく行きそうだよ!」

穂乃果「うん、やろう!グリーンニューディール政策、日本経済はこの道しかないよ!」 
29: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 17:10:27.52 ID:I7oZvrVP.net
〜内閣官房長官定例記者会見〜

ことり「本日の閣議について概要を申し上げます。経済政策について、エネルギー技術に10兆円程度の大量投資を行うことで閣議決定されました。…………



〜絢瀬家にて、絢瀬派懇親会〜

にこ「うーん、絵里のペリメニはやっぱり美味しいわね!私の餃子の次に美味しいんじゃないかしら」

絵里「餃子とペリメニは別物だっていっつも言ってるじゃない……」

鞠莉「えーっ、あれ違うのーっ!?どこが違うのかしら……」シゲシゲ

ダイヤ「それはそうと、この前の閣議はいかがでしたの?全く予想外の結果でしたが」

希「ウチも予想外だったなあ……。穂乃果ちゃんに乗せられたというか」

絵里「あの場の誰もが穂乃果に反論できなかった……。ああ見えて高坂派はカリスマもブレーンも穂乃果なのかしら。私たちもいつまでも人事に浮かれてちゃいけないようね」
30: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 17:11:35.02 ID:I7oZvrVP.net
果南「あの政策、地方経済の活性化とか就職口の増加にはなるかもしれないけど、本当に弱者救済ができるわけじゃないよね」

にこ「そうね。女性の社会参加、労働状況の改善、…そういったことは別枠で何か考えなきゃダメだわ」

絵里「ええ、最低賃金の引き上げもね。経済格差を縮めるために、私たちには課題が山ほどあるわ」

鞠莉「あっ!」

希「どうかしたん?」

鞠莉「このペリメニ、ハート形だよぉ!」

果南「あっ、ホントだ」

絵里「うふふ、それはね、 Love and Peace の気持ちを込めて1つだけ特別に作ってみたのよ。誰が食べるか楽しみにしてたわ」

ダイヤ「なんと、食べ物で平和を願うとは……私、感動しましたわ!絵里さん、今度作り方を教えて頂けませんこと?」

絵里「あら、いいわよ、喜んで♪」

鞠莉「うーん、ダイヤの好みはよくわからないね」
39: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 19:16:10.51 ID:I7oZvrVP.net
〜閣議〜

ことり「今回は憲法改正について、閣内の意見をまとめましょうっ!」

海未「私は今の時代に合わせて改憲すべきと思います。特に改憲を難しくしている96条と平和ボケした9条は今の日本には要りません」

真姫「そうね、私は前文も含めて全面的に変えるべきだと思うけど」



千歌「説明するよ!」

梨子「96条は憲法の変え方を定めた条文なの。その中の『衆参両議院で3分の2以上の賛成が必要』っていうのはハードルが高いから変えるべきだっていうことがよく言われてるわ」

千歌「9条は『戦争しません』『軍を持ちません』『交戦権もありません』の3つでできてる条文だよ。これは時代に合わないから、自衛隊を持つことと自衛権、特に集団的自衛権を持つことを書いた方がいいとも言われてるんだ」

梨子「集団的自衛権っていうのは、日本が直接攻撃されてなくても日本にとって危ないことが起きたら自衛隊を使えるようにする権利のことね」

千歌「前文っていうのは…日本国憲法とか日本のあり方が書かれたもので…」

梨子「具体的にどうこうってより、大戦後にアメリカに押し付けられた感があって、それは独立した日本にふさわしくないっていう主張があるわ」

40: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 19:17:12.77 ID:I7oZvrVP.net
絵里「それは危険よ。憲法は表面的な政治の流れで変えるのではなく、政治がずっと目指していくものが書かれているべきだわ。平和主義も含めて今の憲法には日本の理想像が描かれているわ」

にこ「そうね。憲法はコロコロ変わっちゃ困るわ。安定させるべきよ」

穂乃果「いやいや、こんなに憲法を変えてないのは世界の中で日本だけだよ」

希「だからこそ日本は平和主義を貫いてここまでやってこられたんや」

真姫「ずっと正しいものなんて政治にはないわ。それこそ昔は天皇陛下が、それより昔は江戸将軍が政治のトップで、その秩序が正しいとされてたのよ。政治は時代に合わせてやっていかなきゃいけないの」

ことり「前の内閣が弱腰だったせいで日米同盟は大幅に改定されて、日本にいた米軍のうちもう3割が日本から撤退してる……。残りも将来的には全部いなくなるって……」

海未「北朝鮮は経済水域にミサイルを撃つし、中国の領土問題の火に油を注ぎ続ける姿勢も変わりません。アジア情勢だって相当マズいです」

絵里「それでも日本は平和のために行動して9条を守らなければいけないのよ。これは9条を持った日本人の義務よ」

真姫「アメリカ人に押し付けられたものを義務と言ってまで日本人が守る意味があるとでも思ってるの?」

凛「確かに平和は守りたいけど、理想を追ってるだけじゃ政治じゃないよ」

穂乃果「そうだよ、『実際に物事がうまく回るか』、これが政治のすべてだよ!改憲せずにうまく回すには憲法解釈を変えるしかない。でも、一内閣の判断次第で憲法の中身を事実上変えられる状態の方が不安定だよ」

にこ「まあ、私も解釈変更はやめた方がいいと思うわ……」

※注 日米同盟の改定は今後あり得る話ですが、現時点で改定されるとか米軍が日本からいなくなるとか、そういうことは一切決まっていません。
41: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 19:18:11.57 ID:I7oZvrVP.net
絵里「解釈変更?集団的自衛権のことかしら?そうね、活動の幅をあんまり広げるのは自衛官を無意味に危険に晒しているからやめるべきよ。それを解釈の変更なんかで通したことにも問題はあったわね」

海未「そうですね、確かに方法に若干の強引さがあったことは否めませんが、しかし集団的自衛権容認は正しいと思います。新しい情勢の中で日本国民を守るために必要だったのですから」

花陽「それに、いつまでもアメリカに守ってもらっている『子供』じゃいられないよ。責任ある大国であるためには、自衛隊の安全にあんまりこだわるより国際協力を優先した方がいいんじゃないかな?」

真姫「そうよ。それに何よ、危ないって……。日本国籍を持っていて自衛隊に所属してるなら、日本のために命を捧げる覚悟でやりなさいよ」

絵里「自衛隊は戦前の日本軍じゃないのよ。その発言は認められないわ」

ことり「ことりもそれは言い過ぎだと思うなあ……」

真姫「はぁ!?何よ、当然の主張でしょう?意味わかんない!」

凛「真姫ちゃん、落ち着いて、落ち着いて」

穂乃果「まあまあ、話がズレてるよ。改憲の話でしょ?」

真姫「……そうね」
42: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 19:18:58.37 ID:I7oZvrVP.net
穂乃果「私は今の時代、改憲なしで行くことはできないと思うんだけど」

絵里「でも、平和のための努力を…」

穂乃果「改憲は日本の防衛のためだよ。それをやったからって平和の道を捨てたことにはならない。絵里ちゃんにはもし危険な状態になったときに集団的自衛権で何とかする計画があるの?」

絵里「……」

花陽「私も平和が一番いいと思うよ?でも、だからといってずっと平和が続くと思って備えをしないのは間違ってるよ。何かあったとき国民を守れなきゃ……」

海未「そうです。そして国民を守る姿勢を明らかにするためには、憲法にきっちり書かなきゃダメなんです」

希「えりち……」

絵里「……分かったわ。改憲の方針を閣議決定しましょう。ただし、9条と96条に限るわよ」

真姫「……私の主張が通る空気じゃなさそうね。まあいいわ、他の条文は後回しでも……。その2つが私にとっても最優先だからね」

穂乃果「じゃあ、そういうことにしよう。細かい話は国会に回すとして……」



にこ「…………」
43: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 19:19:45.66 ID:I7oZvrVP.net
〜内閣官房長官定例記者会見〜

ことり「私から読み上げがあります。お手元の資料の通り、憲法第9条と第96条を修正した改正案を国会に提出することが閣議決定されました。………




〜GoHAN-YAにて、西木野派懇親会〜

花陽「ほわあぁあ〜〜」ポワァァ

凛「へへーん、どう?かよちん」

花陽「私、最近ずっとここに来たいって思ってたんだ!ありがとう、凛ちゃん!」

ルビィ「こ、ここって、どういうお店なんですか?なんだかどのメニューもお米がどっさり……」

花陽「そう、ここは黄金米を使ってる都内最高のごはん屋さんなんです!花陽一押しのお店だよ!」

真姫「高校1年の時ダイエットさぼって来始めたお店よね?確か……」

花陽「ま、真姫ちゃん、その話はやめてぇ…」
44: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 19:20:24.32 ID:I7oZvrVP.net
凛「でも真姫ちゃんもここのトマトライス気に入ってるにゃ!」

真姫「うぇえ、確かにそうだけど…。トマトにご飯って最初はびっくりしたわね」

花陽「みんな、注文決まった?あっ、店員さん、すみませーん!私はライス定食のごはん特々々盛で!」

善子「ラ、ライス定食って何よ…頭おかしいんじゃないの…」

〜〜〜

真姫「……で、とりあえず改憲の話はまとまったわね」

凛「そうだね。全面改訂じゃなくて96条と9条だけだったけど…」

真姫「平和憲法は日本の宝なんて言う輩は何なのかしらね。いい所がないわけじゃないけど、前文なんか敗戦国丸出しで読めたもんじゃないわ」

善子「そうね。一部改憲になった時点で私たちの勝ちとは言いがたいわねぇ」

真姫「……貴女には『新憲法草案審議会』の議長をやってもらってたのにね。申し訳ないわ」

花陽「すみませーん!ごはんおかわりお願いしますー!」
45: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 19:20:53.28 ID:I7oZvrVP.net
善子「……まぁ、改憲の方針を勝ち取れただけでもありがたいわよ。96条が変わればこれから先全面的に変えるのも難しい話じゃなくなるし」

花丸「そうずら。今日のところはとりあえずよかったことにしましょう?」

ルビィ「国会の審議はあるけど、改憲したがってる議員は3分の2以上いるし…」

真姫「何事もなければ国民投票もうまく行くはずよ」

凛「スクールアイドル党の支持は厚いもんね!」

花陽「すみませーん!ごはんおかわりー!」

凛「速っ!」
46: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 19:21:42.21 ID:I7oZvrVP.net
真姫「それに、2回の閣議を通して絵里たちの発言力が大したことないのも分かったわ」

花丸「そうだったんですか?」

真姫「ええ。やはり今の日本で左派は流行らないのよ」

凛「うーん、なんでなんだろう?」

真姫「一度中道左派の政党が政権を取ったことがあったけど、震災対応とかが滅茶苦茶で、それで国民が駄目だと思ったんでしょうね。右派がいいというより、左派政党がまともじゃないのよ」

花陽「今回の選挙で左派の人たちの票が絵里ちゃんたちの派閥に集まったのも、新しい左派政治家に賭けるつもりだったんじゃないかな?」
47: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 19:22:09.09 ID:I7oZvrVP.net
真姫「まあ、あの時たまたま震災があったのが不幸だっただけって意見もあるし、保守政権がいつも支持率高かったわけじゃないけどね。それでもそう思う国民が沢山いる限り、私たちの勢いは止まらないわ」

善子「それに全世界的に国粋主義が流行ってるわ。難民が移住して来て治安が悪化するヨーロッパも、実現しない世界平和のためにお節介焼いてきたアメリカも、それに領土問題とかで揉めまくってる東アジアも……。他の国のことを考えてやる余裕なんてないのよ」



ルビィ「か、解説しましゅ!」

花丸「国粋主義っていうのは右派の中でも比較的極端な人たちの思想ずら」

ルビィ「自分たちの国は優れているから、それに誇りを持って、えーっと、国第一の政治をしようってことだね」

花丸「民族固有の文化や利益を守れる一方、協調性に欠いたり他民族や他国に対して攻撃的になることもあるずらよ」



真姫「そう、そしてそれに応えられるのはこの党の中でも私たちしかないわ。国民の愛国心を育てて美しい日本を取り戻すべく、気を抜かずにやっていくわよ」
72: 1(もこりん【19:52 震度1】)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 19:57:34.68 ID:/9wc4TzL.net
〜〜〜

ニュース「本日、参議院にてスクールアイドル党憲法改正草案が有効議席数の3分の2以上の賛成をもって可決され、憲法改正の発議が行われることになりました」

ニュース「高坂総理によれば1か月後にも憲法改正を巡る国民投票が行われる見込みで、過半数を超える賛成が得られれば改正となります」

ニュース「では今回の改正のポイントを、MHKの徳井解説委員――………


真姫「ふふふ、やったわ、やっと通ったわね」

凛「待ちわびてたにゃ」

花陽「ついにあと1か月で改正にっ…!」

真姫「花陽、喜ぶのはまだ早いわ。これから改憲の議論を扱うテレビ番組がもっともっと増えるはずよ」

凛「そこで?」

真姫「改憲賛成をアピールするのよ!花丸ちゃん、あなたはうちの派閥屈指の憲法論者よ。どんどん出演してきなさい」

花丸「ええ〜っ!オラがテレビ出演!?」

真姫「副大臣にもなっておいて何テレビに怖気づいてるのよ。テレビ局とのコネはあるわ。スケジュールが空く限り出るのよ」

善子「ま、頑張りなさいよ、ずら丸」

ルビィ「うん、頑張ってね花丸ちゃん!」

花丸「ず、ずらぁ〜」
73: 1(もこりん【19:52 震度1】)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 19:58:33.29 ID:/9wc4TzL.net
〜〜〜

穂乃果「ふう、あとは国民のみんな次第だね」

ことり「そうだねっ」

海未「国民に対して特に呼びかけは行わないつもりですか?」

梨子「そうですよ。西木野・絢瀬両派は何かしてくるんじゃ……」

穂乃果「うーん、まあいいかな」

曜「ええーっ、そんなので本当にいいんですか?」

穂乃果「まあね、だって国民投票だもん、国会議員の出る幕じゃないよ……。国民のみんながどう思うか、それだけで決めるのが一番いいと思う!」

海未「そうですね…それも穂乃果らしい答えです」

穂乃果「千歌ちゃん、国民投票にあんまり干渉しないように、幹事長として党員に伝えておいてくれる?」

千歌「はい!了解です!」
74: 1(もこりん【19:52 震度1】)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 19:59:50.87 ID:/9wc4TzL.net
〜〜〜

絵里「あら、メールね」

希「ウチも来たわ。党員一斉送信かな?」

にこ「なになに?…国民投票期間に改憲の是非について国民に訴える活動は控えること、ですって?」

ダイヤ「そんなこと言っても、西木野派はやりかねませんけど…」

にこ「そうね。絶対やるわ、あいつらなら」

果南「どうする?私たちも何かするの?」

鞠莉「何かするって…誰がするつもりデェスカ?」

絵里「そうね…うちの派閥に憲法に強い人はあんまりいないし…」

にこ「派閥会長も閣議じゃ押されっぱなしだったもんね」

絵里「うう、やめてよ、にこ…」

希「心配はあるけど…ここは静観することにしよか」
75: 1(もこりん【19:52 震度1】)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 20:00:34.90 ID:/9wc4TzL.net
〜総務省副大臣室〜

花丸「ふわぁ〜、テレビ出演は疲れるずらぁ」

花丸「口癖を直すのにも気を遣うし、スタジオにないのに画面にだけ出てくるCGにびっくりしたら怒られちゃうし……」

花丸「今週の出演予定はっと…」

花丸「あっ、この日国会答弁と被ってる!」

花丸「テレビにはできるだけ出なきゃいけないから答弁を代わってもらわなきゃ。この日内田政務官は予定が入ってるって聞いたから…矢澤大臣にお願いしよう…」

花丸「あの人いつもスーパーのチラシ見てるし暇そうずら。グリーンニューディール政策の推進自治体への交付金の話だよね。よし、資料をまとめてっと…」
76: 1(もこりん【19:52 震度1】)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 20:01:36.59 ID:/9wc4TzL.net
〜総務省大臣室〜

にこ「ふんふん、今日はピーマンが安いのね。ここら辺の書類にハンコ押したらスーパーにダッシュだわ…」

コンコン

にこ(あっ、やばっ、チラシしまわなきゃ)「はい、どうぞ」

花丸「失礼します」カチャ

にこ「あら、国木田副大臣、どうしたの?」

花丸「うわぁ、すごい書類の山…。お忙しいところすみません」

にこ「い、いや、いいのよ、仕事だから。で、どうしたの?」

花丸「えっと、4日後の国会答弁なんですけど、私用事があって出られないので代わりにお願いできますか?」

にこ「うーん…4日後ね、いいわよ。案件はグリーンニューディール?」

花丸「の、自治体交付金の話です。資料はこちらですので…」

にこ「オッケー、分かったわ。おおっ、結構分厚いわね…」

花丸「では、よろしくお願いします。失礼しました」バタン

にこ(うーん、面倒ね…。まあ、後で考えればいいか!あっ、今日は挽き肉も安い…ピーマンの肉詰めにしようかしら…)
79: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 20:45:47.72 ID:/9wc4TzL.net
〜〜〜

新聞「園田防相 選挙不正か」「園田防衛相、有権者に饅頭」「園田副総理・防相に選挙違反発覚」

ニュース「高坂内閣の園田副総理兼防衛大臣に公職選挙法違反の疑いが強まっています。関係筋によれば、園田大臣は昨年11月に行われた選挙の際に――………

海未「こ、これは一体…」
80: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 20:46:15.18 ID:/9wc4TzL.net
〜スクールアイドル党本部・小会議室〜

にこ「海未!一体これはどういうことよ!」

海未「い、いや、私は…」

絵里「待ちなさい、にこ。話は順に進めていきましょう」

穂乃果「ことりちゃん、マスコミ記事の要約をお願い」

ことり「うん。報道各社によると、海未ちゃんは前の衆議院選挙のとき、有権者に投票をお願いしてほむまんを配ってたのが公職選挙法違反だって…」

穂乃果「うちのお饅頭じゃん!」

真姫「で、海未、事実なの?」

海未「私はそんなことをした覚えはありません…」
81: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 20:46:55.35 ID:/9wc4TzL.net
希「まったく?」

海未「全くありません」

にこ「そんな訳ないでしょー!火のない所に煙は立たないわ。あなた自身は潔白だとしても、後援会事務所にも管理は行き届いてたの?」

海未「それは…完璧にとは言えませんが…」

真姫「後援会がやったことに尾ひれがついて海未のやったことにされたのかも知れないわね」

海未「そ、そんな…」

ことり「ないとは言えないかも…」

穂乃果「……」
82: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 20:47:46.35 ID:/9wc4TzL.net
にこ「仮に海未じゃなくて後援会のやったことだとしても大問題よ」

絵里「どちらにせよ今回のことには海未に責任があるわ。内閣のイメージダウンは避けられないと思うけど、早めに防衛大臣を退いた方が良いんじゃないかしら」

花陽「…そうだね、どうせ辞めることになるなら潔い方がいいよ」

海未「そ、そんな、信じてください!私は誓って何もしてません!後援会だってやましいことはしないと信じられる人たちばかりです!」

希「それを国民が信じると思う?」

海未「それは……」

希「ウチは信じたいけど、国民の信用がなかったらもう大臣はできないよ…」

海未「そんな…そんな…」



凛「……」
84: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 20:55:32.57 ID:/9wc4TzL.net
〜法務省大臣室〜

コンコン

凛「……!はい、どうぞ…」

真姫「失礼」カチャ

凛「真姫ちゃん…」

真姫「海未の選挙問題に、最大野党のUTX党は攻勢を強めてるわね。うちの党のイメージダウンだけで改憲投票の結果が変わってしまうかもしれない」

凛「そう、だね…」
85: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 20:56:10.96 ID:/9wc4TzL.net
真姫「東京地検は明日にも海未の自邸と事務所、後援会を強制捜査するらしいわね。ガサ入れ前に大臣を辞任できなかったのは痛いわ」

凛「……」

真姫「ところで凛、今貴女が電話しようとしてた相手は誰?」

凛「…!」

真姫「率直に言うわ。指揮権の行使は止めなさい」

凛「…どうして…」

真姫「誰も喜ばないからよ…」

凛「どうして!凛が検事総長を指揮して、海未ちゃんの捜査をやめさせれば…!」

真姫「駄目よ」
86: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 20:56:43.32 ID:/9wc4TzL.net
真姫「法務大臣が汚職した大臣の逮捕を防ぐために指揮権を使うなんてことになったら、内閣はイメージダウンどころじゃ済まないわ」

凛「い、嫌だよ…」

凛「海未ちゃんが辞めちゃうなんてダメだよ!今は派閥が違うけど、μ'sのときからずっと凛たちを支えてくれた…。凛がふざけたりやりすぎちゃったりしたときは止めてくれた…」

凛「いい歌詞をたくさん書いてくれた…リリホワのときだって…山登りは辛かったけど、それでも、あの3人でやったこと全部が、あの3人での大切な思い出なんだ!」

凛「ちょっと真面目すぎるところはあるけど、楽しくて信頼も尊敬もできる、大切な仲間なんだよ!海未ちゃんとずっとやっていかなきゃ……ダメなんだよ………。こんなところで、こんなことで辞めちゃうなんて…嫌だよ……」

凛「恩返し…そうだよ、これは恩返しなんだ、ずっと不甲斐なかった凛が唯一できる……。凛が検事総長に電話すれば、海未ちゃんはずっと大臣を続けられるんだ…」

真姫「……駄目よ、凛。冷静になりなさい。それに、もし指揮権を使っても恩返しにはならない…むしろ、裏切りよ」

凛「どうして…?」

真姫「海未は、自分は潔白だって言ったじゃない。他の誰もが…国民も、他のメンバーも海未のことを信用しなくても、その言葉を信じてあげるのが恩返しなんじゃないの?」

真姫「海未の言葉が信じられなくて真実を闇に放り込むなんて…それこそ海未への裏切りよ。止めなさい」
87: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 20:57:15.24 ID:/9wc4TzL.net
凛「………うっ……ううっ、うえぇっ」グスッ

真姫「もう…大臣にもなって泣くんじゃないわよ。ほら、ハンカチ」

凛「うえぇぇーん……うう……うわぁぁあああああん!!」

凛「凛…分かんないよ……凛、どうすればいいの………海未ちゃん…嫌だよ……嫌だ…」

真姫「言ったでしょ。海未の言葉を信じて、成り行きを見守ってあげるのよ」

凛「うっ…ううっ………うえぇっ、うわああぁあぁぁああぁあああ!!」
88: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 20:58:06.56 ID:/9wc4TzL.net
〜〜〜

凛「うう……ぐすっ……」

真姫「…だいぶ落ち着いたみたいね。大丈夫?」

凛「うん、もう大丈夫……。ありがとう、真姫ちゃん」

真姫「ふん、いつまでも手が焼けるわ……。凛、今日はもう帰って休みなさい」

凛「うん、そうするね。……真姫ちゃん、本当にありがとう」

真姫「な、何よ、別にどうってことないわよ」クルクル

凛「えへへ」
89: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 21:02:13.50 ID:/9wc4TzL.net
〜翌朝〜

ニュース「では次のニュースです。来月12日に国民投票が行われる憲法改正に反対する市民らによる運動が、先日東京で行われ………」

ニュース「ただいまニュースの途中ですが、速報が入りました。えー、UTX党の優木あんじゅ代表代行が、園田防衛大臣の選挙不正問題はUTX党の工作による虚偽であることを、緊急の記者会見で告発しました」

ニュース「繰り返しお伝えします。速報が入りました。UTX党の………
90: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 21:02:50.97 ID:/9wc4TzL.net
あんじゅ「……ええ。繰り返し申し上げている通り、園田大臣の選挙不正はUTX党幹部がマスコミに虚偽の情報を伝えたことによる全くのでっち上げです。私の知る限りでは、内閣の支持率ダウンと改憲の失敗を目論んでのことで………」

〜〜〜

凛「良かった……。海未ちゃんは…海未ちゃんは、本当に無実だったんだ!」

花陽「本当によかったね、凛ちゃん!」

真姫「ふふん、だから私の言った通りだったでしょ?」

凛「うん…。真姫ちゃん、真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃーん!!」ダキシメッ

真姫「ちょっ、何するのよ!りーんー!」
91: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 21:03:27.08 ID:/9wc4TzL.net
〜スクールアイドル党本部・小会議室〜

海未「ふう、助かりました……」

ことり「うんうん、海未ちゃんがあんなことするはずないもんね♪」

にこ「その……責めて悪かったわね。突然のことだったから、私も…。でも、別に海未を疑ってたわけじゃないのよ」

絵里「私も、ごめんなさい。この前は言い方が強すぎたわ」

希「ごめんな、海未ちゃん…。でも本当にウチら、海未ちゃんのことは信じてたんよ」

海未「大丈夫ですよ、分かってます。私の方こそ、要らぬ心配をかけてすみませんでした」

凛(なんだ、みんなちゃんと海未ちゃんのこと信じてたんだ!)
92: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 21:04:53.98 ID:/9wc4TzL.net
海未「今回は優木さんに救われましたよ。感謝してもしきれません」

穂乃果「そのあんじゅさんだけどね、どうやらうちの党に来たいんだってさ」

花陽「ええっ!?」

真姫「そりゃあ告発なんかしたらUTX党には居づらいだろうし、工作した党なんているだけでイメージも下がりかねないわね」

ことり「できるだけ早くUTXに離党届を出して、受理され次第うちに入党届をくれるんだって」

にこ「優木あんじゅと言えば防衛族のエース的存在!UTXで政策通の大スターじゃない!」

花陽「さらに法学部出身で憲法学説にも詳しい……マスコミにも一目置かれる実力派議員ですっ」



ダイヤ「族議員とは特定の分野の政策に詳しい国会議員のことですわ」

果南「防衛族はその中で防衛に詳しい議員のこと。他にも農林水産の農水族、厚生労働の厚労族、財務の大蔵族とかがいるよ」

ダイヤ「初閣議後の記者会見で、海未さんが『今回の大臣は皆、それぞれの省庁の分野に詳しくもあります』とおっしゃっていましたが、これは各大臣が皆それぞれの省庁の族議員とも言えますわね」

果南「……本当に全員族議員なのかな?一部詳しくなさそうな人もいるんじゃ…」

ダイヤ「シッ!それ以上は怒られてしまいますわよ。では私たちはここで」

93: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 21:05:24.68 ID:/9wc4TzL.net
絵里(憲法に明るい……うちの派閥に欲しいわね)

真姫(防衛族!外交安保が得意なカードはぜひ欲しいわ。優木あんじゅ、うちに来ないかアタックをかけたいわね)

希「うふふ、面白そうなことになってきたやん?」
102: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 22:17:09.57 ID:IXFUkFBK.net
〜国会〜

議長「統堂英玲奈君」

英玲奈「ではグリーンニューディール政策の推進自治体への交付金の資金源はどうなさるおつもりですか?この計画では年間6兆円もの支出になると試算が出ておりますが」

議長「矢澤総務大臣」

にこ(まずいわね……ちゃんと資料読んどけばよかったわ……)「少々お待ちください…」ペラペラ

にこ「えー……総務省の試算では…年間…4兆5千億円となっております…」

議長「統堂英玲奈君」

英玲奈「まあ試算はですね、それを行う団体によって変わるものと存じますが、仮に総務省の試算が正しかったとしても、その財源はどこにあるのかということです」

議長「矢澤総務大臣」

にこ(まずいまずい…地方行政には明るいけど総務省の他の管轄なんてよく知らなかったし、ましてや財源なんて…財務省じゃないの?)「えーっと…」ペラペラ

にこ(どこにも書いてない…いや、見つけられなかったの?だいたいこの資料分厚すぎよ!500ページくらいあるんじゃないの)ペラペラ
103: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 22:19:05.09 ID:IXFUkFBK.net
にこ(ない……。資料を渡してくれる副大臣も政務官もいないし、もうしらばっくれるしかないわね)

にこ「えー、総務省としても急に任された事案ですので、その点については存じ上げておりません」

野次「知らないとはなんだー!」「財源がわからないでどうするんだー!」

議長「統堂英玲奈君」

英玲奈「えー、でしたら総務大臣ですら財源の見通しがつかない本法案は通すべきでないと思います」

野次「そうだそうだ―!」「できるわけないだろー!」

英玲奈「次にですが、交付金の対象となる自治体の区分について不明瞭な点があります。まずこの『エネルギー開発中心拠点』と『エネルギー開発特別拠点』はどの程度の開発規模を基準に分けられるのか、より具体的に数字でお教えください」

にこ(……)

議長「矢澤総務大臣」

にこ「その点についても、存じておりません…」

野次「ふざけるなー!」「責任がないのか!」「逆に何を知ってるんですか!」「矢澤仕事しろ―!」ワーワー
104: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 22:19:42.02 ID:IXFUkFBK.net
にこ「うるさいわね!グリーンニューディールだって改憲だって急に決まったんだから全部知ってる訳ないでしょ!」

野次「総務大臣は憲法についても知らないのか!」ワーワー

議長「静粛に、静粛に!!」

にこ「多少は知ってるけどね、改憲は先を急ぎすぎよ!」

野次「スクールアイドル党が改憲の拙速さを認めたぞ!」「お前の党はどうなってるんだ!」「やっぱり派閥政治は乱れてるじゃないか!」ワーワーワーワー

にこ(……あ、やば)
105: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 22:20:12.27 ID:IXFUkFBK.net
〜〜〜

新聞「矢澤総務相『憲法 先を急ぎすぎ』」「矢澤総務相失言『改憲は拙速』」「高坂内閣また不祥事 今度は総務相」

にこ「あわわわわわわ」
106: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 22:20:47.04 ID:IXFUkFBK.net
〜スクールアイドル党本部・小会議室〜

にこ「ほんっとすいませんでした」ペコリ

真姫「本っ当信じられないんだけど。あなた政治家としての責任ってもんがないの?」

にこ「うぐぐぐぐ…」

真姫「改憲反対なのか知らないけど、改憲案を通した与党政治家なんだからあんなこと言っちゃまずいって普通分かるでしょ」

絵里「まあまあ、真姫…」

凛「でも今回は全面的ににこちゃんが悪いと思うにゃー」

海未「そうですね…国会答弁がまともに出来なかったのがそもそもの発端らしいですし」

真姫「あーあ、うちの花丸ちゃんならいつも見事にかわしてたのにね」

にこ「…!」
107: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 22:21:31.65 ID:IXFUkFBK.net
にこ「何よ…」

真姫「何よって何よ。本当のことでしょー?」

にこ「何よ、偉そうに!総務省の仕事なんて全然知らないくせに!」

真姫「はあ?私は財務大臣だもの、当然じゃない」

にこ「分かったわよ、総務の勉強、徹底的にやってやるから!今度こそはこの道の政策通としてやってやるわ!」

にこ「だからもう一度チャンスをちょうだい!」

真姫「は、はあ!?何が分かったのよ!何を言ってるのよ!そんな話はしてないわ。私は与党政治家としての責任感があるのかって……」

穂乃果「いいよ」

真姫「はああぁぁぁ〜!?」

穂乃果「にこちゃんにその気があるならやってみなよ。総務大臣、続けてみてよ」
108: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 22:22:07.29 ID:IXFUkFBK.net
真姫「穂乃果ぁ?あなたね、今回の失言がどれだけ……」

穂乃果「やらせてみようよ!こんな目をしたにこちゃんにできないことなんてきっとないよ!」

穂乃果「政治家だって人を信じるところからだよ!私は今のにこちゃんなら信じられるよ。きっと挽回してくれるって!」

真姫(意味分かんない……)

にこ「……」

ことり「そうだね、私もそう思う♪」

海未「そうですね。私ももう一度チャンスを与えてみてもいいと思います」

真姫(えええ……)
109: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 22:22:39.68 ID:IXFUkFBK.net
真姫「分かった、分かった、私の負けよ…好きにすればいいじゃない…」

真姫「ただし、失言は早く記者会見開いて謝ってよね」

花陽「真姫ちゃん…」

にこ「ええ、勿論よ。……ありがとう」

真姫「礼を言われることじゃないわ。数に負けて折れただけよ」
110: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 22:28:06.40 ID:IXFUkFBK.net
〜〜〜

海未「しかし、穂乃果の言動にはいまだに驚かされますね」

ことり「チャンスを与えてって言ったにこちゃんに、まさか二つ返事でオーケーなんてね」

穂乃果「ふっふっふ、この大胆さに穂乃果の政治の良さがあるんだ!うん、今日もパンが……あれ?」

海未「どうしたんですか?穂乃果」

穂乃果「このパン、なんだか味がしないような……」

ことり「えーっ?ちょっと食べさせてもらってもいい?」

穂乃果「うん…」

ことり「もぐもぐ……んー?普通に味するよ?」

海未「私もちょっと……もぐもぐ……うん、いつも通りのパンですよ」

穂乃果「あれー?おっかしいなあ」

海未「味が濃いものばっかり食べて舌が鈍ってるんじゃないですか?……そうです、今度の懇親会は薄味の京料理にしましょう」

穂乃果「えーっ、やだよー!穂乃果焼肉がいい―!」

海未「はっきり言います……焼肉は無しです!」

ことり「あはは……」
111: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 23:15:33.01 ID:IXFUkFBK.net
〜〜〜

新聞「憲法改正、国民投票で否決」「改憲 国民の承認得られず」「改憲惜敗 賛成48%」


凛「うーん、負けちゃったかにゃー」

善子「はぁ…総務大臣が変なこと言わなきゃあと2%くらいどうにでもなったはずなのにぃー」

花陽「まあまあ、にこちゃんも反省してるみたいだから許してあげて?」

花丸「マルが番組の方をキャンセルして国会に出てれば…ごめんなさい…」

真姫「花丸ちゃんは悪くないわ。結局1か月で14本も出演して大活躍だったじゃない、改憲賛成の得票にかなり貢献したはずよ……悪かったのはテレビを優先しろって言ってた私の方よ」

花丸「いえ、マルのミスです……ごめんなさい…」

真姫(誰かさんと違って大人しいわね…これはこれで何だか物足りない気がするわ……)
112: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 23:16:15.24 ID:IXFUkFBK.net
〜〜〜

絵里「改憲はとりあえず否決、ね」

にこ「素直に喜べないところはあるけど……まあよかったわ…」

希「喜んだらまた真姫ちゃんに怒られちゃうもんねー?」

にこ「やめてよ、もう」

絵里「それで、総務の勉強は進んでるの?」

にこ「それがね、グリーンニューディール政策一つだけでも結構奥が深くて大変で……エネルギー開発に投資するっていうからエネルギーについて色々調べてたら………」

絵里(へえ…。使えそうね)
113: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 23:16:45.00 ID:IXFUkFBK.net
〜とある寿司屋にて、高坂派懇親会〜

穂乃果「おっ寿司だーっ!」

海未「はしゃがないでください、みっともありませんよ」

穂乃果「いやーやっぱり総理大臣が来るお寿司屋さんは違うね!なんていうか、ゴージャス!?っていうか、和!?っていうか!」

梨子「そういえば曜ちゃん、生のお魚ダメじゃなかった?」

穂乃果「どぇえーっ!そうだったの!?ごめんね曜ちゃん、私の玉子焼きもあげるよ…」

曜「ううん、大丈夫です!お刺身の生臭いのはダメだけど、お寿司になると何とか…。それに、こういういいところのお魚は生臭くないし!」
114: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 23:17:15.45 ID:IXFUkFBK.net
〜〜〜

穂乃果「おお〜っ、美味しそうなマグロ!」

ことり「身が輝いて見えるねっ!」

千歌「もぐもぐ……うーん、美味しい―!」

海未「ええ、最高です!」

曜「そういえば、懇親会しばらく開いてませんでしたよね」

海未「忙しかったですからね……。選挙不正の嫌疑をかけられたり、にこの失言の火消しに回ったり」

ことり「そうだったね…。でも、海未ちゃんが無実で本当によかったよ!」

千歌「私は信じてましたよ!海未さんは絶対違うって!」

海未「ふふ、ありがとうございます」
115: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 23:17:49.36 ID:IXFUkFBK.net
梨子「でも、憲法改正は結局通りませんでしたね」

曜「そうだね…やっぱり失言がまずかったのかなあ」

穂乃果「それもそうかもしれないけど、私はにこちゃんが先を急ぎすぎたって言うのもわかる気がするなあ…」

海未「え?」

穂乃果「私たちは納得したけど、絵里ちゃんたちは納得させられたっていうか、心から改憲に賛成してなかったっていうか…。それに閣議決定から投票まで短すぎて、国民のみんなも考える時間があんまりなかったんじゃないかな」

梨子「そうかも、ですね…」

穂乃果「私は改憲した方がいいと思うからまだ改憲を目指すけど、もっと国民の間で議論を深めなきゃダメだよ!それで、国民のみんなが話して話して、それでも改憲しないってなったら、そしたら私もそれで納得できると思うな」

千歌「なるほど…」

穂乃果「テレビ討論を見て意見を決めたり、失言一つで票を動かしたりてるうちは改憲しない方が正しかったんじゃないかなってむしろ思うよ、私は」

海未「そうですね、いいこと言うではありませんか…。ってお醤油つけすぎです!ネタにもシャリにもつけたらもう味がわからないじゃありませんか!」

穂乃果「ええ〜、これくらいの方がいいと思うんだけどな〜…」

ことり「外国人の人とかにいるよね、お醤油たくさんつける人」

曜「あ、私、この前見ましたよ!鉄火巻きにシャワーみたいにドバドバお醤油かけてる人!」

ことり「え〜、それはことりも見たことないな〜」

穂乃果(うーん、こんなにお醤油つけてるのにすごく鉄っぽい味だなあ……。高いマグロ、あんまり美味しくないや)
124: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:22:56.85 ID:32+eIu7R.net
〜埼玉のキャンプ場〜

ことり「今日は第3回青空意見・情報交換会ですっ!」

ことり「今日はこの青空の下、派閥も役職もなーんにも考えないで自由に話し合いましょう!議題は『世代問題』です。交換会は、司会進行の南ことりと!」

梨子「解説の桜内梨子でお送りします」

ことり「最近は中学校の教科書にも、少ない若者がたくさんの高齢者を支えなきゃいけないという問題が載っています。まずはこの『世代間格差』について話し合いましょう」
125: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:23:50.16 ID:32+eIu7R.net
海未「戦後には10人以上の現役世代が1人の高齢者を支えていたのが、少子高齢化の影響で2010年にはたった3人の現役世代が1人の高齢者を支えるようになってしまいました。2050年頃には1人の現役世代で1人の高齢者を支えることになるだろうとも言われています」

梨子「『支える』というのは、具体的には年金や医療保険費などの社会保障費のことね。日本の国民年金は現役世代が納めたお金を高齢者世代に渡す『賦課方式』をとっているから、高齢者が増えて働き盛りの若者が減るとその時の若者が苦労することになるの」

果南「このままじゃ日本の社会保障政策は間違いなく破綻するね」

希「沢山年金を納めた今の若者も、おじいちゃんおばあちゃんになった時は若者がもっと少なくて年金あんまりもらえないもんなあ。報われないやん」

真姫「そもそも賦課方式が諸悪の根源なのよ。日本が年金を始めた時には若い時に払った保険料を引退後にもらう『積立方式』を採用してたわ。これなら世代間格差は起こりにくいの」

凛「っていうか年金って義務にしなきゃダメなの?アメリカとかは義務になってないし、大きなお世話だよ!って思うんだけど」

ダイヤ「アメリカで年金に入っていない人たちは、3世代家族で現役世代が親と子を養うことが多いみたいですの。核家族化が進んだ日本では難しいのではありませんかしら」

凛「うーん、それでも入りたくない人は入らなくていいと思うなあ。凛だって損するのがわかってるんだから嫌だよ」
126: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:24:39.32 ID:32+eIu7R.net
絵里「でも、急に抜けられたら高齢者の人たちが当てにしてた額の年金をもらえなくて困るわ。それを補填するには国債の発行が必要になってしまうし」

ルビィ「それに、年金にはセーフティーネットの役割もあります。将来もしお金が無くなっちゃっても年金さえあれば生活できるのは心強いんじゃないかなぁ」

梨子「セーフティーネットは簡単に言っちゃえば『少数のめちゃくちゃ困った人をみんなで助けましょう』って発想ね。もし病気しちゃっても医療費が少なくて済む医療保険とか、まともに暮らせないほど貧しい人を助ける生活保護とかもこれよ」

花陽「でも、生活の保障のはずの年金に『入りたくない』って人がたくさんいること自体、問題なんじゃないかな?」

鞠莉「そうデスネー。社会保障全体のシクミをせめてもうちょっと小さくした方がいいと思うわ」

絵里「でも、高齢者全体に負担を強いるのは良くないわ。現役時代の貯蓄の差などによる高齢者世代内での経済格差は意外にも広いの」

凛「へえ、知らなかったにゃ」
127: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:25:06.10 ID:32+eIu7R.net
海未「それに、高齢者に不利な政策はやりにくいですよね……。選挙に投票する人の40%が高齢者の方ですから」

絵里「いわゆる『シルバー民主主義』ってやつね。若い人にもっと投票してもらわなきゃダメね」

梨子「高齢者のことをシルバーって呼ぶのは、実は日本だけなの。昔の国鉄が高齢者向けのチケットに銀婚式を意識して『シルバー周遊券』って名前をつけたのが始まりと言われてるわ」

凛「それはどうでもいいにゃ」

穂乃果「高齢者にも若者にもできるだけ負担をかけない方法として、大企業やお金持ちの人にもっと税金を納めてもらうっていうのもあるよ。でも、あんまりそういうところからばっかりお金を取るのも考え物だよね」
128: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:25:37.83 ID:32+eIu7R.net
千歌「う〜ん……」

曜「千歌ちゃん?どうかした?」

千歌「あ、暑い……」

穂乃果「うん、ほんとに暑いね……」

にこ「何情けないこと言ってるのよ!大体静岡だって暑いんじゃないの?」

千歌「内浦は暑いけど、海が近いから風が吹くんですぅ…。埼玉の暑さは……なんかもう……」

ことり「そうだね、喉も渇いてきたし…。第1部はこれで終わりにして、お昼のバーベキューにしよっか!」

穂乃果「おおっ、さんせーい!」

希「やったー!ウチ、バーベキュー楽しみにしてたんや」

にこ「バーベキューのために交換会に来てるんじゃないわよね……。野菜も食べなさいよ?」

希「う、うん、ほどほどにするやん?」
129: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:26:06.84 ID:32+eIu7R.net
〜〜〜

にこ「あら、このお肉柔らかくて美味しいわね」

絵里「真姫が買ってきてくれたのよ?さすが真姫よね」

にこ「え゛え゛っ゛」

真姫「何か文句でもあるの?」

にこ「い、いや、こんなに買ってもらって悪いなって」

真姫「私のお財布なら全然余裕よ。政党交付金だって税金で賄われてるんだから、あんまり無駄遣いできないわよ」


千歌「うまい!うーん、うまいっ!」バクバク

曜「ち、千歌ちゃん?結構食べるね」

ルビィ「ストレスでも溜まってるんですか?」

千歌「ううん、ただ朝あんまり食べてなくて……みかんどら焼きを1個だけ」

ルビィ「ああ、あの松月の…」

曜「懐かしい思い出だね。あの時から千歌ちゃんは突拍子もないことを言ってたのかも」
130: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:27:18.66 ID:32+eIu7R.net
凛「希ちゃんさっきからお肉しか食べてないにゃー」

希「うっ」

海未「希、ちゃんと野菜も食べてください」

希「ええやんええやん、交換会第2部に備えて体力をつけておかなきゃ♪」


鞠莉「うぅーん、焼肉なんて2年ブゥリデスネ」

梨子「ブゥリデスカ」ボー

善子「ふふふ、堕天使の力でこの肉たちを煉獄の炎で焼き尽くしてあげるわ!」

梨子「よっちゃんすごいよー」ボー

善子「ねえ、リリー大丈夫?疲れてるの?悩みあったら聞くよ?…私でよかったらだけど」
131: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:27:42.37 ID:32+eIu7R.net
花丸「炎天下でバーベキューやってむしろ暑くなったような気がするずら…」

果南「そうだねえ…海に飛び込みたくなるよ」

ダイヤ「情けないですわよ、この程度の暑さで」ダラダラ

花丸「ダイヤさん、大丈夫ずら?汗だらだら……」

ダイヤ「わたくしは断然エリーチカ……派閥会長で外務大臣……クールですわぁ……」ヒューヒュー

果南「ちょっ、ダイヤ!誰か水もってきて水!」


ことり「2人とも、お茶注いであげるねっ♡」

花陽「ありがとう、ことりちゃん」

穂乃果「うーん、本当あっついね」

ことり「日焼けしちゃいそうだねぇ」

穂乃果「穂乃果はもう焼けちゃったよ〜。ほら、腕のここらへんなんか黄色っぽく焼けてるんだ」
132: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:28:08.52 ID:32+eIu7R.net
〜〜〜

ことり「さて、お昼ごはんも食べ終わったので第2部を始めたいと思います!」

ことり「テーマは『地球温暖化』です。暑さに負けずに話し合いましょう!」

ダイヤ「最近は本当に暑いのですわね…先ほどは危うく倒れてしまうところでしたわ」

絵里「ふふ、今度倒れそうになったらクールなエリーチカが冷やしてあげるわよ」

ダイヤ「聞いていらしたんですの!?うう、照れますわ…///」

真姫「……」
133: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:28:55.63 ID:32+eIu7R.net
にこ「何かにつけて地球温暖化って聞くけど、聞くことが多すぎて全体像が掴みにくいわよね」

凛「わかるにゃー。なんか問題が大きすぎる気がするにゃ」

希「温暖化は『自然への影響』とそれによって生じる『社会への影響』で分けて考えると分かりやすいと思うよ」

希「よく聞く自然への影響といえば『北極の氷が融けちゃう』ってやつやね。ホッキョクグマが絶滅の危機にあるし、海水面が上昇して島が消えちゃったりするんや」

にこ「氷が融けて海が冷えて、むしろ大寒冷化が進んで地球全体が氷と雪に包まれるっていう映画があったわね」

希「実際はむしろ逆で、氷が減って海が太陽熱を吸収しやすくなって暖まって、そのせいでまた温暖化が進んでるらしいんや」

希「あんまり知られてないけど、地球の自転が変化して1日の長さが1000分の1秒単位で変わってるっていうのもあるよ」

希「あとはやっぱり異常気象かなあ。最近猛暑とか大雨とか多くて、テレビでよく異常気象、異常気象って言ってるよね」
134: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:29:22.55 ID:32+eIu7R.net
花陽「そのせいで日本ではお米の品質低下問題が起こってるんです!ああ、昔のおいしい新米が食べたい……」

凛「今の新米は?」

花陽「今の新米もおいしいよっ!」

希「砂漠化とか山火事の増加とか、挙げてったらキリないけど、あとメジャーなのは生態系の変化やね」

曜「昔は南にいたお魚が北に行っちゃったりするんだよね。お魚がいなくなって困る漁師さんと、今まで釣れなかった魚が釣れて嬉しい漁師さんがいるみたい」

穂乃果「そういうのはわかるけどさ、生態系の変化とか種の絶滅とかって何がダメなんだろうね?ホッキョクグマさんもかわいそうだとは思うけど、そんなのより人間の生活の方が大事じゃない?」
135: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:30:09.66 ID:32+eIu7R.net
真姫「ホッキョクグマの話は、大体は『他の種の身になって考える』という人間独自の考えでしょうね。倫理という考え方を動物まで広げた結果よ」

真姫「でもね、生態系が変わったら人間も困るのよ。外来生物で日本独特の生き物が駆逐されて害獣が人里に下りてきたりするでしょ?」

真姫「生態系というのは一度変わっても数百年単位で新しい生態系に生まれ変わって安定化するけど、その間の不安定な生態系の時、人間にどんな害があるか分からないのよ。生態系保存はそういう事なかれ主義的なところもあるわ」

海未「なるほど、そういう考え方もあるのですね」

絵里「包括的には人間の自制心と言えるかもしれないわ。19〜20世紀に人間が科学技術で自然界を変えすぎたせいで最近えらい目に遭ってるのよ。その反動で今世紀はできるだけ自然界はそのままにしておくのが『正義』だと考えられているようだわ」

千歌「私はかわいそうだと思うけどなあ…ホッキョクグマさん…」
136: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:30:48.90 ID:32+eIu7R.net
花丸「だいぶ前に温暖化懐疑論が流行ったずら。マルもよく本で読んだけど、あれはどうなったのかなあ?」

梨子「温暖化は本当に起きてるの?っていうのが懐疑論よ。色々なものがあるけれど、『温暖化は政治家の陰謀』『温暖化は地球のサイクル』『温暖化は資料の偽造で作り上げられてる』っていうのが有名ね」

ルビィ「中世くらいにも1回温暖化は起きてるんだよね。地球のサイクルって説はなるほどーって思ったなぁ」

希「でも計算で出される自然な温暖化の周期と合ってないっていう反論があるんや。陰謀論はそういうのが好きな人がいる限り流行るんだろうけど、懐疑論はほとんど下火になってるよ」

にこ「そうじゃないとしても、政治家はあるかないか分からないなら人間にとってより悪い説『ある』を取って対策しなきゃいけないの。それがリスク管理よ」
137: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:31:20.54 ID:32+eIu7R.net
海未「アメリカが不参加など効力を疑問視する人もいますが、温暖化に関しては京都議定書が採択されましたね」

果南「『二酸化炭素の排出枠』を国どうしで取引できるシステムは画期的だったよね」

鞠莉「日本国内でも企業どうしで排出枠を売買することになったわ。でもそれはもうビジネスになっちゃって、何十年も先の排出権を売り買いしてるわね」

善子「そもそも二酸化炭素の排出削減さえ、今までさんざん排出して発展してきた先進国とこれから排出しないと発展できない途上国で足並みが揃ってないし、温暖化対策にはまだ壁が立ちはだかってるわね」

梨子「壁クイというのは『壁ドン+顎クイ』のことよ。最近女性向け同人誌界で圧倒的なブームなの」ボー

善子「わわわ、リリーがついに言い訳できないことをぼやき出しちゃった……」
138: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:32:30.79 ID:32+eIu7R.net
真姫「温暖化対策が進まないのはタイムマシンがないからよ」

凛「どういうこと?」

真姫「温暖化で困るのは未来の人たちであって私たちじゃないわ。未来人がタイムマシンに乗って交渉に来ればいいんだろうけど、現代人が未来のために自制するのは今の利益追求型の社会じゃ難しいの」

真姫「『人類共通の問題』なんて体よく言ってるけど、それって誰かと誰かの間の問題じゃないってことよ。大体の問題は最後は争えば勝った方の利益という形で解決するのに、争う相手がいないんだもの」

穂乃果「…それってダメなことだよね。自分勝手に今の世代だけが楽しむのはダメだよ」

海未「今が最高!って訳ですね」ボソッ

真姫「そうね。私たちは次の世代に豊かさを残さなきゃいけない。伝統と誇りのある日本と素晴らしい人類文明を引き継ぐ使命があるのよ。政治家としてそれは忘れちゃいけないことだわ」

ことり「…うん!うまくまとまったところで今日はお開きにしましょうか」

絵里「ええ。今日はいい勉強になったわ。明日からまた派閥のライバル同士、切磋琢磨していきましょう」

ことり「じゃあ、第3回青空意見・情報交換会はこれにて終わりですっ!……ふう、暑かったぁ〜……」
146: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 23:10:13.27 ID:CYuZBrU5.net
〜閣議〜

ことり「今回の議題は原発について、です」

凛「原発?まあ、いつかは話さなきゃいけないことだけど、急だにゃー」

穂乃果「今回は絵里ちゃんから原発について議論すべきだって言われてね」

絵里「別に急じゃないわ。エネルギー部門に投資すると決めた以上、原発の是非は避けて通れないところよ」

花陽「原発問題というと、争点は『災害時の安全性』と『核のゴミ問題』かな」
151: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 23:11:42.22 ID:CYuZBrU5.net
海未「そうですね。今の電力供給に原発が欠かせないのは事実ですが、将来的にはその2点が不安です」

絵里「日本のように大地震が頻発する国では福島のように原子炉が暴走しかねないわ。安全性は大きな問題点ね」

希「それに核燃料を使い終わった後は強い放射能をもつ物質がゴミとして残るんや。これは地中深くに閉じ込めなきゃいけないんだけど、その候補地がなかなか見つからなくて困っとるんよ」

にこ「日本だと活発な地震や火山活動があっても問題なくて、地下水にも影響を与えない場所しか使えないからね」

海未「私は原発は止めるべきだと思います。何かあって放射線が地上に出ることがあれば、収束には数百、数千、数万年単位の時間がかかります」

にこ「原発をやめてエネルギー源はどうするのよ」
166: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 23:18:29.38 ID:CYuZBrU5.net
真姫「そうよ。日本は戦後以来ずっと国策として原発を推進してきたわ。危険性が知られてなかったことはしょうがないし、これから先も使っていくしかないのよ」

海未「エネルギー源は火力と自然エネルギーで何とかなるでしょう。現に福島の後原発がストップされましたがそれで急を凌げました」

にこ「それは急を凌いだだけよ。火力はもう資源となる化石燃料が残り少ないし、新エネルギーは日本の電力需要の2%しか支えられていないわ」

穂乃果「化石燃料が残り少ないって、あとどれくらいもつの?」

にこ「石油・天然ガスは50年から60年程度ね。まあ、全体的に『もって100年』ってところかしら」

海未「それだけの時間があれば新エネルギーの開発が進むはずです。現に今そうなるように投資しているのですから」
169: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 23:18:56.93 ID:CYuZBrU5.net
にこ「そうとも限らないわ。現段階の割合である2%のうち1.5%程度が廃棄物で発電するバイオマスで、廃棄物の量が変わらない限りここが爆発的に伸びることはないわ」

真姫「残る風力発電は騒音公害を生むし、太陽光発電は雨の多い日本では特に不安定な供給の原因になるからこれに多く頼る訳にもいかないのよ」

海未「デンマークでは25%程度を新エネルギーで賄えているそうですよ。洋上風力発電の効果だとか」

にこ「洋上風力発電はコストが凄まじいし、大量に設置すると生態系や漁業への影響もあり得るわ。洋上の気候も激しいし、日本には不向きだと言わざるを得ないわね」

海未「……」

真姫「ほらね、結局原発に頼るしかないのよ」

にこ「ふふ、真姫ちゃん、そうとも限らないわよ」

真姫「はぁ?」
173: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 23:19:30.02 ID:CYuZBrU5.net
凛「どういうことにゃ!今の話だと原発しかないみたいな言い方だったよ?」

にこ「将来的にはね。でも今使うのは問題よ。断層の上に建ってたり、津波が来たらメルトダウンしちゃったりするんだもの」

真姫「…何が言いたいの?」

にこ「原発は近いうちに一旦すべて停止するのが最善よ。それまでに火力と水力・風力・地熱・太陽光を改善して、原発ストップ後はこいつらに頑張ってもらうわ」

海未「火力は100年ももたないのでは……」

にこ「その間に全力で原子力の研究をするのよ。安全な場所に研究原子炉を建てて、グリーンニューディール特別開発拠点として資金をたくさん注ぎ込むの」

にこ「火力でエネルギーが賄えなくなる何十年後かまでに安全に高効率で使えるように、国の全力を尽くして研究するのよ。それしかないわ」

真姫「……」

海未「なるほど、確かに良い発想だと思います」
177: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 23:20:05.92 ID:CYuZBrU5.net
絵里「ふふっ、にこも賢くなったでしょう?頑張って勉強してたのよ」

希「頑張ったやんなーにこっちー」

にこ「ちょっ、うるさいわね!あんたたち!」

穂乃果「うん、そうだね!にこちゃん頑張ったよ!私、にこちゃんを大臣に選んで本当に良かったと思うよ!」

にこ「な、なによ、照れるじゃない……」

穂乃果「うん、じゃあ決めよう!グリーンニューディール政策の目玉は『安全で高効率な原子炉開発』だ!」
181: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 23:20:41.29 ID:CYuZBrU5.net
〜とあるイタリア料理店にて、西木野派懇親会〜

凛「まーたお高級そうなお店にゃあ〜……」

真姫「ええい、今日はトマトを食べないと気が済まないのよ。付き合いなさい」

花陽「…閣議、だよね。エネルギー部門は経産相の私が担当のはずなのに、全然言い返せなくて…ごめんなさい…」

凛「かよちんは悪くないよ!」

善子「なによ、今日の閣議はボロ負けだったの?」

花陽「ボロ負けっていうか…いつになくにこちゃんが猛威を振るってて…」

凛「なんかデータまで覚えてて、あんなのにこちゃんじゃないにゃー!数学の教科書を逆さまにして読んでたにこちゃんは、答弁の資料持ってたのにデータが言えなかったにこちゃんはどこに行ったんだにゃー!」
187: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 23:21:33.74 ID:CYuZBrU5.net
花丸「た、大変だったんですね…。お疲れ様です」

真姫「まあ、今回は私の負けよ。にこちゃんの言ってることは論理が通ってたわ。あの子もやればできるんじゃない」

凛「『将来絶対使えなくなる火力』『日本に向かない新エネルギー』『危険な原子力』がダメだったら『安全な原子力』に賭けるしかないもんね。悔しいけど筋は通ってるにゃ」

ルビィ「真姫さんが納得したんだったらよかったんじゃないかな?つ、次はがんばルビィ!してくださいね。え、えへへ…」

花陽「ふふ、ありがとうルビィちゃん」

真姫「うーん、でも原子力発電には1つどうしても取り除けない致命的な欠陥があるのよ」

花丸「?何ずら?」
192: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 23:22:17.32 ID:CYuZBrU5.net
真姫「攻撃対象になったらどんな攻撃も核攻撃に等しいってことよ。どれだけ安全に使えるようになっても、外から爆発させられたらひとたまりもないでしょうね」

凛「なるほどぉ…」

真姫「日本の国土は狭いから、どこに発電所を設置してもそこから大規模に放射性物質がバラ撒かれれば国土のかなりの割合が出入り不能の地帯になるわ。どこかの国のただのミサイル1発が日本の心臓を止めかねないの」ピピピ

真姫「…何よ、メール?」

ピピピ ピピピ ピピピ ピピピ ピピピ

凛「あれれ、凛にも届いたにゃ」

善子「ヨハネにも届いたわよ、地獄より授かりし言伝…」

真姫「…どうやら全員に届いたみたいね。一体何事かしら」ポチポチ
204: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 23:24:07.02 ID:CYuZBrU5.net
真姫「…!?」

凛「…ええーっ!?」

花陽「えええ〜〜っ!?そ、そんな……ダレカタスケテー!」

真姫「は、花丸ちゃん、貴女ワンセグ持ってたわよね、早くつけて!!」

花丸「い、今やってるずら………つきました!」



ニュース「…り返しお伝えします。本日午後5時頃、石川県沖に正体不明の物体が墜落したとの情報が入り、防衛省が解析を進めた所、ミサイルであったとの公表がただいまありました」

ニュース「ミサイルは北朝鮮のムスダンの型に非常に似ており、防衛省はさらなる解析を継続中との………――
247: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:46:43.67 ID:Tor7tvOc.net
〜国家安全保障会議緊急事態大臣会合〜



梨子「こんな時も解説は忘れません」

梨子「国家安全保障会議とは総理を中心に一部の大臣から構成される、安全保障の重要事項を話し合う場よ」

梨子「色々な形態があるのだけど、緊急事態大臣会合は緊急の時に開かれるもので、総理・官房長官と総理が指名した大臣他関係者が出席するわ。関係者には自衛隊の幕僚長などが想定されているけれど、今回は防衛副大臣の曜ちゃんね」



花陽「大変ですっ!!」

絵里「落ち着きましょう、まずは状況を整理して欲しいわ。海未」

海未「はい。17時頃石川県沖に飛翔体が落下したとの地元漁民からの通報を警察が受けました。石川県警と自衛隊、海上保安庁が駆け付けたのが17時15分、金沢駐屯地でミサイルの破片と断定されたのが17時35分です」

海未「飛翔体は東京に運搬され、うちの省が目下解析を進めていますが、19時時点ではほぼムスダンで間違いないとのことです」

曜「15時30分撮影の衛星写真にも北朝鮮のウォンサンにミサイルらしきものが配備されている様子が写っていますし、間違いないと思います」
248: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:47:07.88 ID:Tor7tvOc.net
ことり「2016年の8月に日本の経済水域に落下したことはあったけど、まさか領海になんて…」

穂乃果「っていうかそれ私の誕生日の日だったんだよ!びっくりしたよホントに!」

真姫「領海に落とされたんじゃ弱腰じゃいられないわ。周辺にいた漁民が被害に遭う可能性だって高かったんだもの。これは明らかな戦争状態よ」

海未「ええ、日本の存立が脅かされる事態です。早急にアメリカ軍に協力を要請すべきです」

絵里「待って!まだ気が早いわ。実際の被害はなかったんだし、落ち着いて対処すべきよ」

凛「何言ってるの!本当に危ないところだったんだよ!?次があってはいけないにゃ!」

希「できるだけ議論で済ませるんや。すぐに戦争に走ったらアカンよ!」

凛「そういう弱腰が国民を危険に晒すの!突然領海にミサイル打ち込んでくる国と議論なんか成り立つ訳ないにゃ!」

にこ「何が危険よ!戦争の方がよっぽど危ないじゃない!」
249: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:47:36.64 ID:Tor7tvOc.net
海未「何を言ってるのです!アメリカ軍と協力してやればすぐに終わる戦争に決まってます。今後のためにも戦争が一番の選択です!」

絵里「自衛隊員の命が危ないじゃない!」

真姫「日本の危機で戦争状態にある時に自分の命を惜しむのは自衛隊員じゃないわ!これが自衛隊本来の仕事の筈でしょ!?」

希「核爆弾使われたらどうするん!?」

花陽「アメリカも核爆弾持ってるんだからそうやすやすとは使わないはずだよ。そういう弱腰な態度がダメなんだよっ!!」

曜「そうですよ!それに今回、米韓と上手く連携すれば北朝鮮からの攻撃は封殺して勝てるはずです!」

絵里「やすやすと使うかどうかなんて分からないじゃない。あの国が何考えてるのかなんて全っ然分からないわ!」

真姫「自分で何考えてるのか分からないって言ったじゃない!議論が成立しないことを認めたようなものよ!」
250: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:48:54.81 ID:Tor7tvOc.net
絵里「それでも戦争はダメよ。多くの人が無駄に死ぬのよ」

凛「議論も戦争もナシでどう対処するの?」

絵里「外務省を通じて厳重に抗議するのよ……」

海未「そんなの何もしてないようなものじゃないですか!一度調子に乗られたら今度は領土に撃ってくるかもしれません。そうなってからでは遅いのですよ!」

花陽「ここで弱腰な態度を見せたら中韓との領土問題も日本が不利になりかねないよ。やられた時にはしっかりやり返さなきゃ」

真姫「そうよ、やられたらやり返す姿勢を見せることが逆に決定的な対立を避ける手段になるのよ」

真姫「第二次世界大戦は戦争を避けてヒトラーを甘やかした英仏が引き起こしたが、ソ連がキューバに核を持ち込んだ時はアメリカが報復をちらつかせて戦争から逃れたとチャーチルが言っているわ」

海未「その通りです。ここで戦争を怖がっては北朝鮮・韓国・中国がつけ上がるだけでなく、アメリカにも見限られてしまうかもしれません」

絵里「だから!戦争はダメだって言ってるでしょ!あなたたちはそんなに戦争がしたいの!?」

真姫「私たちの話の何を聞いてたのよ!戦争をするリスクとしないリスクを公平に天秤にかけることができないわけ!?」
254: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:49:28.59 ID:Tor7tvOc.net
曜「戦争ダメダメって言って一番損するのは日本と日本国民です!これは歴とした防衛戦争ですよ!」

絵里「防衛だろうが何だろうが避けられる戦争は避けるのよ!外務大臣権限を使って今すぐ外務省に抗議させるわ!」ダンッ

真姫「はぁ!?何言ってるの、バカじゃないの!!?」

希「ちょっ、ちょっと、落ち着いてえりち」

絵里「……はあ、はあ………」

絵里「………ありがとう。落ち着いたわ、希」

真姫「じゃあもう分かったわね?可及的速やかに米韓両軍に協力を要請して宣戦布告の準備をすることで議決するわよ」

絵里「宣戦布告はっ……!」

希「えりち」

絵里「希……」

希「もうダメなんよ。分かってると思うけど、ウチらにもう説得力のある議論はできないみたいや。国家の緊急事態に外務大臣が足並み揃えないことがあっちゃいけないよ。……ここは折れよう?」

絵里「………そうね。分かったわ。私もその議決に賛成する」

真姫「じゃあ、やっと決まりね。こんな当然のことを決めるのにどれだけ時間かけてんだか……」

穂乃果「……待ってよ」
257: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:49:57.65 ID:Tor7tvOc.net
真姫「穂乃果?どうしたのよ、一体」

穂乃果「戦争はダメだよ。私は宣戦布告には反対するよ」

凛「ええー!?穂乃果ちゃん、今までの話聞いてたかにゃ?戦争反対は意見が通らなくて、絵里ちゃんまで折れたんだよ?」

海未「そうですよ。戦争反対が日本国民を危険に晒すって言ってるじゃないですか」

穂乃果「うん、わかってるよ。戦争もダメだけど、日本国民を危険に晒すのもダメだよ。私には内閣総理大臣として、国民の安全を守る責任がある」

真姫「意味わかんない。戦争も危険もナシなんてある訳ないじゃない……」

穂乃果「真姫ちゃん言ったよね?『やられたらやり返す姿勢を見せることが逆に決定的な対立を避ける手段になる』って」

真姫「言ったけど……」

穂乃果「要はその姿勢を見せればいいんだよ。宣戦布告はしないけど、アメリカと韓国の軍の協力は仰いで、それを一緒にやってもらうよ」

花陽「また共同軍事演習でもするつもりなの?もうそんなことが通用するような段階じゃ……」

穂乃果「いいや、違うよ……。北朝鮮と最終交渉だよ。私が北朝鮮に行く」
262: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:50:30.04 ID:Tor7tvOc.net
にこ「はっ、はああぁーー!?戦争ギリギリの国に行くって!?穂乃果が!?総理大臣が!?」

穂乃果「そうだよ、にこちゃん。韓国軍には国境ギリギリに軍隊を配備してもらって、アメリカ軍にはすでに日本から撤退した以上の数の兵隊を日本に呼んでもらって、交渉が決裂したらすぐにでも北朝鮮を集中砲火する準備をする」

穂乃果「決裂したらそれまでだけど、ここまで脅威が差し迫ってたら向こうも無駄な抵抗はしないと思うよ」

真姫「確かに有効な案かもしれないけど、穂乃果がそこまでする必要がないわ。あっちは本気で日米と戦争する気かもしれないのよ?そこに乗り込むなんて無茶よ」

穂乃果「真姫ちゃん、お願い!これが平和への最後のチャンスなんだ!日本が危ない時には命に代えても日本を守るのが自衛隊員の仕事、それは本当かもしれない。でも、隊員の人も同じ日本人だよ!私は死んでほしくない。そのために死んだとしても本望だよ」

ことり「穂乃果ちゃん……」

真姫「………」

真姫「穂乃果の命は個人の命じゃない。総理の命には責任があるから、『本望だ』なんて言ってほしくないけど……」

真姫「穂乃果を信じて、あなたに託してみるわ。その代わり、交渉が失敗したら次はないからね?」

穂乃果「ありがとう真姫ちゃん!うん、私頑張ってくるよ!」

凛「凛も応援するよ、穂乃果ちゃんのこと……。頑張ってね」

ことり「穂乃果ちゃん、頑張ってきてねっ!」

穂乃果「うん、凛ちゃんもことりちゃんもありがとう!」
263: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:50:55.96 ID:Tor7tvOc.net
海未「反対する人は………いないようですね……」

海未「こういうことはあまり言いたくはないのですが……。副総理は私です。あなたにこの立場を任されたことを、心から誇りに思います。あなたにもしものことがあっても、私が代わりにしっかりと務めを果たして見せませすから……安心して行ってきて下さい」

穂乃果「海未ちゃん……。うん、ありがとう、私も海未ちゃんを副総理に選んでよかったと思う」

穂乃果「じゃあ私、行ってくるよ。今が夜の8時半だから、明日の朝5時くらいに日本を発てるように手配してくる」

凛「ずいぶん急な話だにゃー……」

穂乃果「できるだけ早い方がいいからね。外交儀礼上あり得ない話だけど、領海にミサイルも外交儀礼上あり得ないし……」

絵里「じゃあ協力要請も異例の速さじゃなきゃいけないわね。米韓両軍には明日の朝から昼にかけて配備を行ってもらうよう、特別に頼んでおくわ」

穂乃果「うん、そうしておいてもらえると嬉しいな。じゃあみんな、今度は笑顔で会えることを祈って……、これで今回の国家安全保障会議緊急事態大臣会合を終了します」
264: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:51:13.26 ID:Tor7tvOc.net
〜神田明神〜

穂乃果「…………………」パン、パン

真姫「……やっぱりここにいたのね」

穂乃果「真姫ちゃん……。もう夜も遅いけどね、同じ千代田区にあるから官邸からも15分かかんないし。交渉成功祈願だよ」

真姫「そうね、私もお祈りして行こうかしら」

穂乃果「うん、それがいいよ!」

真姫「でもね、私が穂乃果に会いに来たのはそんな要件じゃないのよ。……私が北朝鮮行きに反対したのは単に安全性の問題だけじゃないわ」

穂乃果「……それは、どういう…」

真姫「穂乃果、あなた最近腕が黄色っぽいわね」
272: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:52:55.84 ID:Tor7tvOc.net
穂乃果「ああ、これ?この前の交換会で日焼けしちゃったみたいで……」

真姫「腕だけじゃなく白目も黄色っぽいわ。最近の紫外線は目も焼くのかしら?」

穂乃果「……」

真姫「海未から聞いたわよ。最近味覚がおかしくなったみたいね、パンの味がしなくなったとか。穂乃果、あなた……」

穂乃果「やめて!」

真姫「!」

穂乃果「やめて、言わないで……。私は行かなくちゃいけないから……」

真姫「…そう、分かってて行くのね。じゃあ何も言わないわ。私は穂乃果がそのことを分かってて決意したのか、知りたかっただけだから」

穂乃果「真姫ちゃん……」

真姫「神社でお祈りなんて高校生の時以来ね。お賽銭用の現金なんて持ってないからキャッシュカードでいいかしら」

穂乃果「ちょっ、ダメだよ!ほら、5円玉貸してあげるから!」

真姫「ふふ、ありがとう。じゃあ、えいっと……」チャリーン

真姫(このことが平和に終わって、穂乃果が無事に帰ってきますように……)パン、パン
274: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:53:15.63 ID:Tor7tvOc.net
〜北朝鮮・ピョンヤン〜

穂乃果「初めまして。日本の内閣総理大臣を務めている高坂穂乃果と申します」

北朝鮮最高指導者「初めまして……」

穂乃果「本日は急な訪問失礼致しますが、貴国の我が国への弾道ミサイル発射への抗議とそれに関する要求を伝えるべく参りました………」

〜〜〜

穂乃果「……それで要求というのは、第一に日本領海へのミサイル発射を公式に謝罪し、今後一切このような行為はしないと明言すること。第二に、今後核兵器を含む兵器開発を行わないこと」

穂乃果「そして第三に、5年以内に朝鮮人民軍を完全に解体し、以後二度と軍備しないこと。この3つです」

最高指導者「軍の解体だって!?そんなことは到底飲めません。兵器開発から手を引くことだって考えられませんよ」

穂乃果「要求にお従い頂けないのですか?」

最高指導者「当然です。謝罪に関しては後に話し合うにせよ、後の2つは内政干渉に当たりますよ」

穂乃果「その場合は我が国は交戦も辞しません。米韓両軍には既に応援を頼んでいますし、自衛隊も配備致しました。彼らは指示さえあれば1時間でピョンヤンに爆弾の雨を降らせることができます」

最高指導者「!!」
279: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:53:49.42 ID:Tor7tvOc.net
最高指導者「軍事力をもって内政干渉を強行しようと言うのですか!そんなことは国際法違反です!」

穂乃果「先に国際法を破って我が国にミサイルを落としたのは貴国ですから、正義は我々にあります」

最高指導者「……」

穂乃果「戦火によってこの国を焦土にするのは我々も気が引けることです。どうか冷静にどちらが利益になるかをお考え頂きたい」

最高指導者「そんな…暴力的だ……」

穂乃果「国ごと丸焼きにされて韓国領の一部にされるのがいいか、軍隊さえ持たない国であってもあなたがトップに居続けなさるのがいいか、ね」

最高指導者「……」

最高指導者「この交渉、明日に引き続き行うことにしましょう。朝早くからいらっしゃってお疲れでしょうし、本日は謝意も込めて歓迎会を大々的に催しますので……」

穂乃果(ここで他の北朝鮮幹部の意見を耳に入れさせちゃダメだ!今ここで押し切らなきゃ!)

穂乃果「いえ、今ここで交渉をまとめたく存じます。我々が合意することなくこの部屋を離れることは、交渉の決裂を意味すると考えて頂きたい」

最高指導者「…!」
283: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:54:20.10 ID:Tor7tvOc.net
〜記者会見〜

最高指導者「初めに、昨夜に日本領海にミサイルを墜落させたことに謝意を表明する。我々は意図して日本領海に発射したのではなく、この墜落は不運によるものである」

最高指導者「さらに、先程日本の高坂総理大臣との交渉が成立し、我々は理不尽な戦禍を被ることを回避することに見事にも成功した」

最高指導者「その代償として我々が遂行することは以下の2つの項目である。第一に、以後兵器の開発を止めること。第二に、朝鮮人民軍を5年以内に解体すること………」



〜成田空港〜

海未「穂乃果……やりましたね!」

絵里「ええ、軍の解体まで飲ませるなんて……大成功だわ!」

凛「さっすが穂乃果ちゃんだにゃー!」

にこ「ま、私は最初っからこうなるって分かってたけどね」

真姫「今18時13分ね。東アジアを戦争から救った英雄の凱旋は間もなくよ」
290: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:55:15.54 ID:Tor7tvOc.net
記者「飛行機が来たぞ!」

ことり「あっ!政府専用機だよっ!」

花陽「ふふっ、朝5時に出発して半日で帰国して空港でインタビューの嵐なんて、穂乃果ちゃんも大変だね」

凛「着陸したにゃ!穂乃果ちゃんが出てくるよ!」

穂乃果(うわぁ、たくさん人がいる……とりあえず手とか振っとけばいいのかな?)フリフリ

記者「総理!北朝鮮との交渉成功おめでとうございます!」

穂乃果「ありがとうございます!」

記者「総理!MHKの久保です!今回戦争を防いだと早くも国民の評価を受けている交渉成立ですが、総理は今回の件についてどのようにお考えですか?」

穂乃果「そうですね、まず戦争を防止したということ、日本国民の命を守れたということは非常に意味のあることだと考えています。さらに北朝鮮には軍隊の解散を………――」バタッ

記者「総理!?…高坂総理!?」「総理が倒れたぞ!」「救急車を!早く!」

真姫「穂乃果っ!」ダッ

希「穂乃果ちゃん!?」

海未「ほ、穂乃果!穂乃果!?」
293: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:55:34.33 ID:Tor7tvOc.net
〜西木野総合病院・院長室〜

真姫パパ「それで高坂さんはな、……………という状態だ」

真姫「そう……」

真姫パパ「いくら何でもあの症状に気付かないお前じゃないだろう。分かってて見過ごしたのか?」

真姫「……」

真姫パパ「まあいい、俺は政界のことは知らんからな。親しい党員にはお前から伝えておいてくれ。ご家族には俺から話す」

真姫「ええ、分かったわ」
301: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:56:44.61 ID:Tor7tvOc.net
〜西木野総合病院・控室〜

真姫「……全員揃ってるわね」

海未「それで穂乃果は、大丈夫なんですか?生きてるんですよね?」

真姫「ええ、勿論生きてるわ。私もさっき会ってきたし、元気そうにしていたわ」

ことり「よかったぁ〜…」

絵里「穂乃果はどういう状態なの?病気なの?」

真姫「穂乃果は末期の肝硬変を患っているわ。肝細胞が減って肝臓が固くなり肝機能が低下する病気で、死ぬことも少なくない病気よ」

花陽「どんな風になっちゃうの?」

真姫「穂乃果は肌や白目が黄色くなる黄疸やお腹に水が溜まる腹水、あと味覚低下を発症してたわ。今回倒れたのは肝性脳症という意識障害で、末期特有の症状ね」
306: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:57:21.78 ID:Tor7tvOc.net
花陽「そういえば穂乃果ちゃん、最近ウエスト苦しそうにしてたなあ……。暇ができたらまた2人でランニングしようねって言ってたのに……」

海未「パンの味がしないというのはそういうことだったのですか……。マグロのお寿司を食べてからずっと鉄の味がすると言ってたのも味覚異常でしょうか」

真姫「それは味覚異常かもしれないし、歯茎からの出血かも知れないわね。細かい症状のどれが出ているかは後で精査するわ」

凛「それで、いつ治るの?また総理大臣できるんだよね?」

真姫「……穂乃果の肝硬変は治らないわ。一部の症状は投薬や栄養摂取で改善するけど、これからは一生入院よ……」

花陽「ええっ!?」

海未「そんな…!」

にこ「ちょっと、そんなのないわよ!」

真姫「私もそう思うわ。でも、本当にどうしようもないのよ……」

ことり「そんな……そんなの酷いよ!穂乃果ちゃんはずっと国のために頑張って頑張って、危険なんかおかまいなしに北朝鮮まで行って交渉を成立させるところまでやってくれたのに……」

ことり「穂乃果ちゃんと一緒に政治できて本当に嬉しいし、穂乃果ちゃんと一緒だから頑張ってこれたのに……そんなのってあんまりだよ……」グスッ

海未「ことり……」

真姫「運命は残酷よ。だから私も初めはそれを受け入れられなかった……今でも受け入れられてないけれど、それでも先に進まなきゃいけないのよ、私たちは」

真姫「……穂乃果は病室で待ってるわ。私たちに伝えたいことがあるそうよ。悲しい顔はやめにして、穂乃果に会いに行きましょう?」
313: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:58:15.91 ID:Tor7tvOc.net
〜西木野総合病院・病室〜

絵里「穂乃果、来たわよ!」ガラッ

穂乃果「絵里ちゃん!みんな!」

凛「なーんだ、ホントに元気そうだにゃー」

海未「心配して損した気分ですね」

穂乃果「えー、ひどいよー!……ところで諸君、お見舞いのメロンは持ってきたかね?」

花陽「あっ」

穂乃果「花陽ちゃん!持ってきてくれたの!?」

花陽「そうじゃなくて……」

希「みんな駆けつけてくることに精一杯で、お土産の品とか誰も持ってきてないやんな……」

穂乃果「えー!ひっどーい!ケチ!」

海未「誰がケチですか!」
316: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 01:58:37.94 ID:Tor7tvOc.net
絵里「それにしても穂乃果、交渉頑張ったわね」

ことり「うんうん、かっこよかったよ♡」

穂乃果「ありがとう!えへへ、緊張したなー」

にこ「まさかその後倒れるなんて思わなかったけどね。まったく、交渉中に倒れたらどうするつもりだったのよ」

穂乃果「あはー、ごめんごめん」

海未「それで穂乃果、伝えたいこととは……」

穂乃果「うん、それなんだけどね、私もうこんなことになっちゃって、総理大臣どころか政治家も続けられないと思うんだ」

ことり「……」

穂乃果「私が前から考えてたのよりだいぶ早いけど、これからは私たちの下で色々働いて仕事を覚えてくれた新しい世代に政治の表舞台に立ってほしい」

穂乃果「スクールアイドル党幹事長、高海千歌さんを首相後継者に指名します」
335: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 02:03:43.95 ID:Tor7tvOc.net
〜5年後の8月3日、西木野総合病院・病室〜

ニュース「日本との交渉で軍の解体を承認し、反発する軍部の反乱から5年近くに亘って内乱状態が続いていた北朝鮮ですが、アメリカの介入を経て本日正午にピョンヤンにて和解が成立し、アメリカの支援による民主政権が誕生することになりました………――」ピッ

穂乃果(まさか民主化しちゃうとはね……)
371: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 17:53:34.32 ID:Tor7tvOc.net
穂乃果(グリーンニューディールのおかげで、風力と地熱と太陽光発電の効率が上がって10年後には電力供給の30%が新エネルギーになるらしい。発電技術の輸出で日本の景気も上向いた)

穂乃果(原発も小規模な施設で大量の発電ができるようになったから、設置する場所は減らせる……。危険性は相変わらずだけど、その克服もメドが立ってるみたい。日本のエネルギー問題は大丈夫そうだね)

穂乃果(改憲はあの後また国民投票で承認を得られなかったけど、今回は国民の間ですっごく議論が深まったと思う。みんなが政治や憲法に興味を持って、民主主義にもっとふさわしい国になったんじゃないかな)
372: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 17:54:23.53 ID:Tor7tvOc.net
穂乃果(そして北朝鮮と日本との戦争は避けられた。内戦で多くの命が失われたけど、民主化した今なら昔よりずっとずっと幸せに暮らしていけるはず)

穂乃果(うまくいったなあ……)

穂乃果(もちろん私一人の力じゃない。μ'sの皆が支えてくれたし、実際に政策を調整して実行してくれたのは省庁の人たちで、私たちが作った荒削りの案を引き継いで形にしてうまく進めてくれたのは千歌ちゃんたち)

穂乃果(だけど、それでも、私……)
373: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 17:54:37.89 ID:Tor7tvOc.net
穂乃果「……ねえ、ことりちゃん、海未ちゃん」

穂乃果「私、」





穂乃果「やり遂げたよ、最後まで」
374: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 17:56:09.24 ID:Tor7tvOc.net
〜西木野総合病院・廊下〜

真姫「凛、ローソクは準備できてる?」

凛「もっちろんにゃー!」

海未「元大臣が病院で火なんて……怒られますよ」

希「まあまあ、今日くらいはええんやない?」

ことり「穂乃果ちゃんの誕生日だもんねっ!お土産のメロンも持ってきたし♪」

にこ「あいつもしぶといわよねー。末期の肝硬変って言われてから5年経って元気そうにしてるのよ?」

花陽「にこちゃん、そういうこと病院では言わない方が……」

絵里「そろそろ病室に着くわよ」

真姫「凛、クラッカーは準備できてる?」

凛「もっちろんにゃー!」

海未「それは流石に駄目ですよ!」
375: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 17:56:48.51 ID:Tor7tvOc.net
〜病室〜

絵里「穂乃果、来たわよ!」ガラッ

凛「お誕生日、おめでとうにゃーっ!」

シーン

ことり「あれ?穂乃果ちゃん?」

希「寝てるん?」

絵里「ええ?もう、せっかく来たのよ?ちょっと穂乃果!」ユサユサ

絵里「………息、してないわよ……」

海未「何ですって!?」

ことり「穂乃果ちゃん!穂乃果ちゃん!!」

花陽「ええっ!?ど、どういうこと!?どうしよう!」

にこ「ナ、ナースコール押すわよ!」ピピピピピピピピ…
376: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 17:57:15.85 ID:Tor7tvOc.net
真姫「……脈も止まってるわ…」

希「ってことは、もう……」

ことり「い、いやだよ!!やめてよっ!!!」

凛「穂乃果ちゃん!起きてよぉ!」

海未「穂乃果……どうしてですか、嫌ですよそんな……うう、穂乃果……」

花陽「………」グスッ

絵里「…ねえ皆、見て、穂乃果の顔」

真姫「うーん……言われてみると、何だか自慢げな顔ね」

希「自慢げっていうか、やり遂げたぞーって顔やない?」

海未「……そうですね、穂乃果によく似合う表情です」

絵里「私の憶測でしかないけど、穂乃果は人生に後悔なく亡くなったんじゃないかしら」

海未「だとすれば、嬉しいことですが……」

にこ「じゃあ、私たちが泣いてお別れするんのは違うんじゃない?」

絵里「そうね。笑顔で送ってあげるべきよ」

凛「…そうだね…」

ことり「……うん、ことりも笑うよ」

絵里「ふふ、じゃあ『笑顔でお別れ』で閣議決定かしらね」
377: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 17:57:57.63 ID:Tor7tvOc.net
ことり「穂乃果ちゃん」

海未「穂乃果」

真姫「穂乃果」

凛「穂乃果ちゃん」

花陽「穂乃果ちゃん」

にこ「穂乃果」

希「穂乃果ちゃん」

絵里「穂乃果」
378: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 17:58:48.82 ID:Tor7tvOc.net
「今までありがとう、さようなら」






END
379: 1(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/22(月) 18:02:27.54 ID:Tor7tvOc.net
以上で完結です!

最後は時間帯変えて投稿したら妨害に会いませんでした……最初からこうしてればよかった……

妨害には遭いましたけど、投稿前の予想よりよっぽど批判的なレスは少なかったし、荒らされても支援してくれる人が沢山いて本当に嬉しかったです!
ここまで読んでくれた人たち、ありがとう!

(二次転載はかまいませんが、その際はできれば>>19 の「両手放し」を「手放し」に訂正して、>>24 のミスも直してください……)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「スクールアイドル政権、誕生だよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。