穂乃果「大好きなμ'sのメンバーを紹介するよ!」

シェアする

μ's-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 17:44:37.45 ID:Y5FVYDE3.net
穂乃果「おはよう、海未ちゃん」

海未「穂乃果、おはようございます」ニコッ

おしとやかに笑顔で挨拶してくれた、この女の子は海未ちゃん!

性格はとても優しい大和撫子!
文武両道で、とにかくステキな女の子です。

穂乃果を含めて、憧れてる女の子も多いんだよ?

海未「いきなりどうしたのですか?」

海未「そんなに褒められると、少し恥ずかしいのですが」

海未ちゃんは穂乃果の事を、いつもそばで見ていてくれていて、
大事に思ってくれている大切な幼馴染です。

海未ちゃんみたいな幼馴染がいて、穂乃果は幸せです。

海未「穂乃果……ありがとうございます」

穂乃果「えへへ」

元スレ: 穂乃果「大好きなμ'sのメンバーを紹介するよ!」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 17:46:21.40 ID:Y5FVYDE3.net
あと、海未ちゃんは、穂乃果の事がとても大好きです。
もちろん穂乃果も海未ちゃんの事が大好きです!

海未「あの/// 聞こえてますよ? からかっているのですか?」

穂乃果「気にしないでいいよ~」

海未「そうですか……」

海未「そういえば、5時間目の宿題ですが」

海未ちゃんは時々難しい呪文を唱えてきます。

海未「いや、誤魔化さないでくださいよ。やりました……よね?」

海未ちゃんは時々難しい呪文を唱えてきます。

海未「またお昼休みに泣きついてくるパターンですか……」
4: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 17:48:23.84 ID:Y5FVYDE3.net
穂乃果「次の休み時間に教えて欲しいなぁ」

海未「それなら大歓迎です。一緒に勉強しましょうね」

穂乃果「やったぁ! 海未ちゃん大好き!」ギュッ

海未「穂乃果……はい、私も穂乃果が大好きです」ニコッ

穂乃果「へっ? そっ、そうなんだぁ。へぇ~///」

海未「穂乃果? どうしたのですか?」

穂乃果「だって、海未ちゃんってそういう事あんまり言わないし///」

海未「確かにそうかもしれませんね。でも、私は穂乃果の事をいつも大切に思っていますよ?」

穂乃果「うん、それは知ってるけど///」

海未「少し恥ずかしいですが、今度から穂乃果のように、もっと言うようにしますね」

穂乃果「海未ちゃんがそう思ってくれてるのは分かってるから。いつも通りで良いよ?」

海未「そうですか?」
5: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 17:49:18.60 ID:Y5FVYDE3.net
何でかな。
少しだけドキドキしちゃうし、心臓に悪い気がする。
何か落ち着かないし……えへへ。

海未「次の休み時間は、穂乃果が分かるまでトコトン付き合います」

海未ちゃんに教えてもらいたい気持ちもあったから、宿題をやってこなかった。
でも、これを言っちゃったら海未ちゃんに怒られちゃうから言わないよ。

穂乃果「いひゃい、いひゃいよぉ~」

海未「……」ムニムニ

海未ちゃんにほっぺたを引っ張られちゃったけど、こういうのも久しぶりで嬉しいです。
7: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 17:50:59.10 ID:Y5FVYDE3.net
海未「ちょっと出てきますね」

穂乃果「は~い」

穂乃果「~♪」

あっ、ことりちゃんだ。

穂乃果「おはよっ、ことりちゃん」

ことり「穂乃果ちゃん! おはよぉ~♪」

朝からちょっとテンションが高めな、この女の子は幼馴染のことりちゃん。

砂糖菓子をもっと甘くしたような、可愛くて女の子らしい女の子です。
衣装作りと可愛い物が大好きなんです。

ことり「穂乃果ちゃんに可愛いなんて言われたら照れちゃうなぁ///」

穂乃果にも甘くて、いつも笑顔で許してくれます。
でも、そんな優しさに甘え過ぎないようにしなきゃ、とも思います。

ことり「そうなの? ことりは穂乃果ちゃんのためなら何でもしてあげるよ?」

ことりちゃんは天使の生まれ変わりなのかもしれません。
でも、穂乃果も自立しなくちゃいけないし、ずっと頼っているのは良くないのかも。

ことり「そぉ? 困ったときはいつでも言ってね?」

ことり「ことりは穂乃果ちゃんに頼られたいのです」

かわいいです。
8: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 17:51:53.17 ID:Y5FVYDE3.net
ことりちゃんは穂乃果の事が大好きです。
もちろん穂乃果もことりちゃんが大好き!

ことり「うんっ! えへへ、穂乃果ちゃん大好き///」ギュッ

穂乃果「わわっ、ことりちゃん///」

ことりちゃんはスキンシップが多くて、よくこうやって抱きついてきてくれるんです。
胸がちょっと当たって、柔らかくて……良いなぁって思います。

ことり「当ててるつもりは無いんだよ?」

ことり「穂乃果ちゃんに抱きつきたいから、どうしても、ね? イヤだった?」

まったくイヤではないです。
ことりちゃんは柔らかくて心地良いんだもん。

ことり「穂乃果ちゃんのも柔らかいよ? えいっ」

穂乃果「ひゃあっ/// もうっ、ことりちゃ~ん///」

ことり「えへへ、穂乃果ちゃんかわいい~♪」

こんな感じで、いつもイチャイチャしています。
いつまでも、こうして仲良くしていきたいなぁ。

ことり「ことりもそう思うよ!」
9: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 17:53:01.16 ID:Y5FVYDE3.net
ことり「あっ、でも……ことり、付き合ってる人がいるから遊べる時間は減っちゃうかも」

穂乃果「えっ!? ことりちゃんにそんな人が!? 誰だれ!?」

ことり「うん! それはぁ~……穂乃果ちゃんです!」

穂乃果「って、穂乃果か~い」ビシッ

ことり「えへへぇ~、冗談でしたぁ~。びっくりした?」

穂乃果「びっくりしたよぉ~。でも、もしそういう人が出来ても、ずっと穂乃果と仲良くしてね?」

ことり「当たり前だよぉ。ずっと穂乃果ちゃんと繋がってるからね」


穂乃果ちゃんはコロコロ表情が変わって、とてもカワイイですっ。

太陽のような笑顔で照らしてくれる穂乃果ちゃん。
びっくりして動揺してる穂乃果ちゃん。
お昼寝してる穂乃果ちゃん。

ぜんぶ、ぜ~んぶカワイイ! 大好きです。
ずっと、この表情の移り変わりをそばで見ていたいな。


穂乃果「ちょっ、それ穂乃果の心の声的なヤツ!」

ことり「えへへ、ことりもやりたくなっちゃった♪ マカロン食べる?」

穂乃果「マカロン食べる! わ~い」

ことり「あ~ん」

穂乃果「あ~ん、うんっ、おいしぃ~♪」

ことり「穂乃果ちゃん美味しそぉ~」
10: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 17:55:50.66 ID:Y5FVYDE3.net
1年生の教室まで来ちゃいました。
あっ、勉強は海未ちゃんに教えてもらったので完璧です! ぶい!

凛「あっ、穂乃果ちゃんだ! どうかしたの?」

この元気いっぱいの女の子は凛ちゃん!

運動神経バツグンで、走るのがすごく速いんです! ビューンって!

凛「? 凛の紹介?」

穂乃果「うん、そういう感じだよ」

凛「へぇ~、インタビュー受けてるみたいで面白いにゃ」

凛ちゃんは、たまに語尾に「にゃ」って付けています。
猫さんみたいですごく可愛いから、抱きしめたくなっちゃう。

凛「そう思ってくれてたの?」

うん!
凛ちゃんがにゃって言った時、穂乃果は凛ちゃんが今「にゃ」って言った! って思っています。

凛「その報告必要かな?」

うん!

凛「それならしょうがないね!」
11: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 17:57:27.67 ID:Y5FVYDE3.net
穂乃果「凛ちゃんは何をやってたの?」

凛「凛? 凛は……トイレ///」

穂乃果「あぁっ、ごめん///」

凛「……ちっ、小さい方!」

穂乃果「うん、大丈夫! 分かってるよ!」

凛「うぅ……ちょっと恥ずかしい///」ウルウル

穂乃果「ごめんね、よしよし」

凛「穂乃果ちゃんは悪くないよ。凛は泣き虫だから、こういう所直さないとダメだよね……」

凛ちゃんは基本的に明るいけど、結構周りの目を気にするタイプなのかも。
泣き虫だとしても、それは個性だし、良いと思うんだけどなぁ。

凛「そうかなぁ?」

穂乃果「うん、凛ちゃんの個性だもん。凛ちゃんはそのままでいて欲しい!」

凛「穂乃果ちゃん……ありがとう、大好き!」

凛ちゃんの手が私の手を握ります。
穂乃果はその小さな手を強く握り返して。

穂乃果「私も凛ちゃんが大好きだよ」
12: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 17:58:24.32 ID:Y5FVYDE3.net
凛「えへへ……ごめんね。ちょっと湿っぽくなっちゃった」

凛「あっ、そうだ! 次はかよちんを呼んでくるね!」

凛「かよちんもインタビューしたいかも」

穂乃果「うん、分かった。急がなくても良いよ?」

凛「は~い」
13: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 17:59:12.30 ID:Y5FVYDE3.net
花陽「あのぉ、穂乃果ちゃん。凛ちゃんから呼ばれたんだけど……いんたびゅー?」

穂乃果「うん、そういう感じかな。来てくれてありがとう」

この小動物のような女の子は花陽ちゃん!

ごはんが大好き! アイドルも大好き!
にこちゃんとは、よくアイドルの話で盛り上がっています。
たまに好きな物を語って熱くなる花陽ちゃんも、穂乃果は好きです。

花陽「あはは……あの時はごめんねぇ。自分でも収まりが付かなくって」
15: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:00:15.66 ID:Y5FVYDE3.net
花陽ちゃんの手はあったかいな。

花陽「穂乃果ちゃん? どうしたの?」

穂乃果「ううん、花陽ちゃんと一緒にいると和むなぁって」

花陽「ふふっ、それは嬉しいな」

穂乃果「花陽ちゃん、お昼前の休み時間に小さいおにぎり食べてるってホント?」

花陽「何でそれ知ってるの!?」

穂乃果「えへへ、凛ちゃんが言ってたよ」

花陽「あはは、恥ずかしいなぁ///」

花陽「この前授業中にお腹が鳴っちゃって……それを避けるためにね」

穂乃果「そうなんだ。穂乃果もよく鳴ってるよ。鳴らしっぱなしだけど」

花陽「ふふっ、穂乃果ちゃん。鳴らしっぱなしって……」クスクス

穂乃果「うん、グ~グ~って。次の休み時間に、ことりちゃんにお菓子貰ってしのいだよ」

花陽「ふふっ」
17: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:01:19.62 ID:Y5FVYDE3.net
花陽「穂乃果ちゃんはかっこいいなぁ」

穂乃果「何で!? 授業中にお腹鳴らしてるんだよ?」

穂乃果「カッコ良いっていうと、海未ちゃんとかじゃない?」

花陽「海未ちゃんもかっこいいけど……穂乃果ちゃんもかっこいいよ」

花陽「だって、穂乃果ちゃんは自分の恥ずかしい話を、私に言ってくれたもん」

花陽「それを自然に話してくれるのは、優しい人じゃないと出来ないよ」

花陽「自分をさらけ出すカッコ良い人……憧れちゃうなぁ」

花陽ちゃんは、人の魅力を見つけ出す天才だと思います。
尊敬しちゃうなぁ。

花陽「あはは、ありがとう。思ったことを言っただけだよ」

穂乃果「うぅ……花陽ちゃんが良い子すぎる」ウルウル

花陽「何で泣いちゃったの!?」

穂乃果「なんだろう……分かんないけど涙が出てきた。うぅ」

花陽「ふふっ、よしよし」

穂乃果「何かごめんね……」
19: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:04:02.74 ID:Y5FVYDE3.net
ご飯も食べて、お昼休みです。
今くらいの時間だと、あの子はピアノを弾いてる気がする。

穂乃果「あっ、やっぱりここにいた!」

真姫「穂乃果? どうしたの? 何か用?」

このキリッとした目が特徴的な女の子が真姫ちゃん!

1年生だけど芯が強くて、作曲も勉強もできるパーフェクトな女の子だよ。
あと、すごくお金持ち!

真姫「他に誰かいるの? いないみたいだけど……」

真姫「褒めても何も出ないからね?」

そう言いつつ、褒められて嬉しそうな表情のかわいい真姫ちゃんです。

真姫「そんな事ないってば///」

真姫ちゃんはいつも可愛い反応をしてくれるので、皆にイジられています。愛だね。
でも、この話は真姫ちゃんにはナイショだよ?

真姫「全部聞こえてるんだけど!?」

穂乃果「ごめんごめん。穂乃果は真姫ちゃんに会うために来たんだ」

真姫「ふ~ん、そうなのね」カミノケクルクル
21: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:07:24.42 ID:Y5FVYDE3.net
この髪の毛をクルクルさせてるのは、真姫ちゃんのクセです。
確か、こっちを見ながら髪の毛を触る人って緊張してるんだっけ?
何で緊張してるのかなぁ?

真姫「……別に緊張してないわよ」

穂乃果「そうだよね。相手が穂乃果で緊張する訳ないもんね」

真姫「そうね。穂乃果みたいなお気楽な人に緊張はしないわね」

穂乃果「もぉ~、真姫ちゃん」

真姫「穂乃果が言い出したんでしょ? ふふっ」

真姫ちゃんにイジられるのも好き。
真姫ちゃんと本当の友達になれた気がして嬉しいなぁって思うんです。

穂乃果「真姫ちゃんは何をしてたの?」

真姫「私? 私は新しい曲を作ろうかなって思って」

穂乃果「ほんと!? すごぉい! ねぇねぇ、穂乃果が手伝える事ってある?」

真姫「う~ん、特に無いわね。そこで黙ってお座りしてて?」

穂乃果「えぇ~、穂乃果は犬じゃないんだから」
22: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:08:11.64 ID:Y5FVYDE3.net
真姫「って言われてもね……今はホントに無いわよ」

穂乃果「真姫ちゃんの助けになりたいなぁ」

真姫「う~ん……じゃあ、未来の私をもっと楽しませてあげて?」

真姫「最初に会った時、私をここだけじゃない世界に連れて行ってくれたようにね」

真姫「穂乃果には、できるわよね?」

……真姫ちゃんが、すごく恥ずかしい事を言っています。

真姫「今作曲中なんだから、詩的な表現になってるだけよ////」

穂乃果「でも、分かった! 真姫ちゃんが楽しめるように、穂乃果頑張る!」

穂乃果「ファイトだよ!」

真姫「ふふっ、ありがとう」

真姫ちゃんは一見クールですが、すごくピュアな女の子です。
そういう可愛い所も穂乃果は大好きです。

真姫「何なのよ、もう///」
23: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:09:52.52 ID:Y5FVYDE3.net
真姫ちゃんの愛してるばんざーい! は良いなぁ。
ちょっと部室に行ってみましょう。
う~ん、誰か居るかな?

穂乃果「あっ、開いてる」ガチャッ

にこ「穂乃果? どうかした?」

穂乃果「にこちゃん……ううん、誰かいるかなぁって」

にこ「ふぅん」

このツインテールの女の子はにこちゃん!

アイドルに憧れを持っていて、自分の決めポーズも考えています。
1年生で小さいのに部長です。頑張り屋さん!

ほのにこ「だれが1年よ!」

にこ「ハモるな!!」

あっ、そうでした。にこちゃんはこう見えて3年生です。
しっぱいしっぱい。

にこ「ったく」
24: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:10:57.85 ID:Y5FVYDE3.net
……と、こうやってイジられるのがとても好きらしいです。
希ちゃんが言っていたので、たぶん合っています。
希ちゃんは後から紹介するねっ!

にこ「いや、全然そんな事ないんだけど? 希めぇ……」

表情の緩みを抑えきれないご様子です。

にこ「そんな顔してなかったわよね!?」

かわいい。

にこ「さっきから何なのよ! その紹介してる風のヤツ!」

にこ「最後はもう、穂乃果の口調と同じになってるし、意味無いでしょ!」

ごめんね。

にこ「それよ、それ! それやめなさい!!」

にこ「」ゼェゼェ

穂乃果「にこちゃん、楽しそうだね」

にこ「まぁ、悪くないわ」

よかった。

にこ「……」
25: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:12:39.40 ID:Y5FVYDE3.net
穂乃果「にこちゃんはパソコンで遊んでるの?」

にこ「違うわよ。これでμ's公式サイトの更新をしているの」

にこ「にこの可愛さを、もっとファンの皆に伝えなきゃね」

にこ「まぁ、他のメンバーのも更新したりしてるけど。ついでにね」

やっぱり頑張り屋さんです。
にこちゃんの意外としっかりしてる所、大好き。

にこ「はいはい……穂乃果、ここのプロフィール見て。特になしはダメ。書き直しね」

穂乃果「えぇ~、だって好きな食べ物っていっぱいあって選べないもん」

にこ「分かってないわねぇ。ファンはこういう所が気になったりするのよ?」

にこ「好きなら、細かい所までとことん知りたくなるものなの」

穂乃果「へぇ~、そうなんだぁ。じゃあ……イチゴ!」

にこ「イチゴね……あんまりイメージ無いけど、まぁ特になしよりはマシね」

穂乃果「そう言うにこちゃんは?」

にこ「おかし」

何だか腑に落ちません。

にこ「良いでしょ別に! おかしってカワイイでしょ?」

穂乃果「あはは」

にこ「その、心のない笑顔やめなさいよ! 目が笑ってない! 目が!」

穂乃果「他の人は何を書いてるの? にこちゃんはいいとして他の人は……焼き肉」

にこ「希はそれで良いのよ」

アイドルって難しいです。
26: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:15:13.88 ID:Y5FVYDE3.net
穂乃果「じゃーね、にこちゃん」

にこ「放課後ね~」

他のμ'sのメンバーを探さないと。
誰か近くにいるかなぁ。

絵里「あら、穂乃果。偶然ね」

穂乃果「あっ、ううううううう絵里ちゃん!」

絵里「ためたわね……」

このスタイルの良い、頭の良さそうな女の子は絵里ちゃん!

海未ちゃんと同じくらい女の子からの人気があるんです。
確かに、大人っぽくて憧れちゃうよね。

ちなみに元生徒会長なので、金髪が許されています。

絵里「これは自毛なんだけど……」

穂乃果「うそうそ、絵里ちゃんって髪の毛もキレイだよね」

絵里「そう? ありがとう、嬉しいわ。自分でも結構気に入ってるのよね」

絵里「あっ、髪といえば……穂乃果の髪をおろした所も、また見てみたいわ」

穂乃果「えぇっ、いいよぉ。何かこの髪型じゃないと恥ずかしいし」

絵里「見たいわ……見せてくれない?」

穂乃果「……こんどね」

絵里「ふふっ、絶対よ?」
27: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:16:02.74 ID:Y5FVYDE3.net
穂乃果の頼れる先輩です。
あっ先輩禁止だった。頼れる仲間です。

絵里「(さっきからこの口調は何なのかしら)」

先輩禁止っていうのは、3年生が決めたルールみたいなものです。
もしかしたら、早くも年齢を気にしてるんだと思います。

絵里「いやいや、違うわよ」

穂乃果「冗談だよぉ~」

絵里「ふふっ、もう穂乃果ったら。馬耳東風かと思ったわ」

穂乃果「あはは」

たまに絵里ちゃんはお経をとなえます。
穂乃果には少し難しいので、笑ってごまかしています。

絵里「そうだったの? 今度から解説してあげるわ」

穂乃果「うん、ありがとう! 絵里ちゃん大好き」ギュッ

絵里「あら、穂乃果。私も好きよ///」

絵里ちゃんはスキンシップをとると顔が赤くなります。
コ……クォ……くおーたーさんなので肌が白くて分かりやすいんです。
可愛いから頻繁にやりたくなっちゃう。

絵里「クォーターよ、穂乃果」

穂乃果「そっか、ありがとう♪」

絵里「ふふっ、どういたしまして」
28: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:17:09.86 ID:Y5FVYDE3.net
穂乃果「ところで絵里ちゃんはここで何をしてたの?」

絵里「えっと……何だっかしら。あっ、にこに呼び出されてるんだったわ」

絵里ちゃんは、いつもしっかりしてますが、たまに抜けている所があります。
でも、そんな所もチャームポイントです。

絵里「私って、そんなに抜けてるかしら」

絵里「でも、こういう穏やかな日常になってからは、ボーっとする事が多くなった気がするわ」

絵里「今は、とてもステキな気持ちよ」

絵里「穂乃果のおかげね。ありがとう」ギュッ

穂乃果「絵里ちゃん? ちょっ///」

絵里「さっきドキドキさせられたお返しよ」

絵里「じゃあ、また放課後ね」

穂乃果「うっ、うん///」

絵里ちゃんに抱きしめられて耳元で囁かれたら、誰でも顔を真っ赤にしちゃうと思います。
海未ちゃんだったら、固まって口をパクパクしてそう。

穂乃果「えへへっ」
29: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:19:04.31 ID:Y5FVYDE3.net
穂乃果「」ポケーッ

希「あっ、穂乃果ちゃん。顔を赤くして、ゴキゲンそうやね」

穂乃果「のっ、希ちゃん!」

突然現れたスピリチュアルな雰囲気を漂わせる、この女の子は希ちゃん!

皆を笑顔で包み込んでくれる……慈愛、だったかな?
そういう希ちゃんの気持ちが溢れてくるようです。

希「どうしたん? 褒めてくれたけど」

穂乃果「ううん、穂乃果の独り言だから気にしないでいいよ」

希「そうなん?」

希「顔を赤くしてニヤニヤしてたから、何かあったんかなって思ってね」

穂乃果「それは、え~っと……何でもないよぉ~?」

希「ふふっ、それはウソを付いている目やね」

希「言わない子は……わしわししちゃうよぉ~」

穂乃果「きゃあっ、えへへっ///」テッテッテ

この「わしわし」っていうのは希ちゃんの得意技で、
おっぱいをわしわし~って揉む事を意味しています。

恥ずかしいけど、希ちゃんと触れ合えて嬉しい気持ちになります。
30: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:20:33.87 ID:Y5FVYDE3.net
希「って言っても、カードで何があったか分かっちゃうんやけどね」ピラッ

穂乃果「ほんと? 当たったらすごいと思うんだけど」

希「分かっちゃうんだなぁ。ふむふむ」

最初この雰囲気と能力を見た時、希ちゃんは魔女っぽいなと思いました。
希ちゃんは何かしらの魔法を使えそう。

希「魔女? それ良い……スピリチュアルやね」

意味深に笑う所だったり、何でも知ってそうな所とか。
やっぱり魔女っぽいです……アバダ・ケダブラ!

希「ちょっ、死の呪文唱えんといて」

穂乃果「あれっ、そうだったっけ? ごめんね」

希「ふふっ……なるほど、えりちかなぁ?」

希「えりちにドキドキさせられたんやね?」

穂乃果「すごい! 正解だよ!」

希「えっへん(本当はえりちが歩いて行くトコが少し見えただけなんやけどね)」
31: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:21:23.77 ID:Y5FVYDE3.net
希ちゃんは、μ'sで一番おっぱいが大きいです。
なので、穂乃果は希ちゃんと話す時、たまにチラ見しています。
羨ましいなぁ。

希「ふふっ、そうなん? もっとじっくり見てもいいんよ?」

穂乃果「ほんと? じゃあ、見てるだけじゃ勿体無いし、希ちゃんのおっぱい揉んじゃうぞぉ~」

希「きゃ~っ、ふふっ」テッテッテ

こうやって希ちゃんのおっぱいの話で盛り上がったり、
希ちゃんのおっぱいをイジったりしています。

あっ、今のおっぱいをイジってるっていうのは、希ちゃんのおっぱいを触ってるとか、
おっぱいを揉んでるとかじゃなくって、単に話のネタとしてのおっぱいをイジるって意味で、
穂乃果に、いやらしい気持ちはまったくありません!

でも、おっぱいは大好きです!

希「ちょっ、落ち着いて穂乃果ちゃん」

希「お……おっぱいおっぱい言い過ぎだと思うん///」

穂乃果「……たしかに//// うぅ」

希「ふふっ、穂乃果ちゃん可愛い」クスクス

穂乃果「えへへ、失敗しちゃったぁ////」

希「じゃあ、また放課後ね」

穂乃果「うん、希ちゃんばいばーい!」
32: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 18:21:59.64 ID:Y5FVYDE3.net
歩きまわってたら疲れちゃった。

あっ、これでμ'sのメンバーの紹介を終わります。

穂乃果の紹介は……まぁ、見てたら大体分かるよね?

じゃあねっ!


完だよっ!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「大好きなμ'sのメンバーを紹介するよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。