短編 凛 「女の子が一人ー」

シェアする

凛-アイキャッチ18
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/26(金) 21:19:07.25 ID:L0VNE3Fn0
「凛たちが通う音ノ木坂は生徒数がだんだん減って、空き教室が多いんだけど…」

「ある日、凛が一人のとき、空き教室の横を通ったにゃ」
「その時に、ふと、教室の中を見たんだけど…」
「中はもちろん電気も消えててカーテンも閉まってて何も見えないー。」
「見えるのは反射で鏡になって写る凛だけー。って思ったらー。」

「女の子が一人ー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472213946

元スレ: 短編 凛 「女の子が一人ー」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/26(金) 21:29:43.72 ID:L0VNE3Fn0
「ー空き教室だから、誰もいないはずなのに…」
「そう思ってもう一回見てみようと思った。なぜか怖くなかったし…」
「でも凛は見なかった―」

「なんとなく、見てはいけなかったのかも…」

「次の日も、その教室の横を通ったにゃ―」
「凛は教室の中を見た―。」

「昨日の子がまた―」

「もしかしたら凛、ドッキリのターゲットかにゃ?」
「なんて思ったけどー」
「何かが違う気がした。」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/26(金) 21:35:37.62 ID:L0VNE3Fn0
「雰囲気が…」

「少し考えたけど、その時はかよちんを待たせていたからすぐに離れた。」
「でも、やっぱり思った―」

「やっぱり、見てはいけなかったのかも…。」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/26(金) 21:42:44.96 ID:L0VNE3Fn0
「その次の日も、その次の日も、凛は教室にいる女の子を見たにゃ―。」
「四日間毎日見たのに、どういう姿だったのかははっきりしなかったにゃ―。」

「そして五日目、またあの教室の横を通った。」
「やっぱり女の子がいる…」

「そこまでにしておけば良かったのに、週の終わり、凛はすっきりしなくて…」

「入ってみよう」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/26(金) 21:46:39.08 ID:L0VNE3Fn0
「この日は何故か教室に入ってみたくなった―」
「だから…」

ガラガラ
「……」

「女の子はいなかったにゃ」

「あれ?って思ってドアを閉めた。」
「ドアの前に…」

「女の子が写っていたにゃ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/26(金) 21:50:42.14 ID:L0VNE3Fn0
「少しびっくりして、もしかして錯覚?って思ってふと、後ろを振り返る。」


「女の子にゃ」


「凛が教室にいると思った女の子は、本当は凛の後ろにいたんだにゃー」終

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
短編 凛 「女の子が一人ー」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『短編 凛 「女の子が一人ー」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。