穂乃果「スプーン2杯半のひとりごと」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:06:50.91 ID:TPqmSGiy.net
 ずっと手をつないでなきゃ死んじゃうってルール。

 だって実際そうじゃん、
 こうやって指先の皮膚をつなげ合わして
 汗で溶けてくっついちゃうぐらいにしながら
 浮いた足で雲みたいな横断歩道を渡ってくだけで、
 なんか空でも飛べちゃうぐらい生きてるって気がするし、
 それに生きてるの反対は「死」だ。

 もっと言うとえりちゃん手を離したらすぐどっか遠くなっちゃうの。

 ほのかの方が落ち着きないし
 危なっかしくて不安だとか
 えりちゃんとかうみちゃんとかよく言うけどさ、
 えりちゃんもタイガイだよ。

元スレ: 穂乃果「スプーン2杯半のひとりごと」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:07:55.71 ID:TPqmSGiy.net
 こないだだってほら、
 駅前のドトールでわたしアイスカフェオレえりちゃん抹茶ラテで
 テーブル挟んで座ってただけでも、
 えりちゃんはほのかの向こう、窓の外とか見てるみたいで、
 深い空の底みたいな目をしてて、

 えりちゃんの空に落っこちそうで足を何度も組み直したりとか
 (↑こういうとこ落ち着きないって言われる)
 勝手に抹茶ラテ2センチくらい飲んじゃったりとか
 (↑なんでか甘くなかった)

 こっちがそんなふうでもえりちゃんがたまにそうで、
 「綺麗」が怖かった。
 きれいなものってすぐ壊れちゃうから。
 小学校の時から使ってたマグカップとか。
4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:08:36.81 ID:TPqmSGiy.net
 小学校の時、借り物競走ってあって、
 よく覚えてないけど
 途中で右手のスプーンに卵を乗せて走んなきゃいけないターンがあって、
 私は練習の時から何度やっても落としちゃってた。

 ことりちゃんとかすっごいうまいの。
  「トリだからタマゴが得意なんだぜー」
 とか言ってた男子のきんたま蹴っ飛ばしてやったからすごい覚えてる。
 でも私はだめだった、
 最初のガラケーとかも画面落として割っちゃったし、
 私、
 人から借りたもの、
 よく壊しちゃうから。
5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:09:20.40 ID:TPqmSGiy.net
 別に恋人になったからって
 あなたはわたしのもので私もキミだけのもの、なんてことない。
 心の大事なとこ、ちょっとだけ借りてもいいってだけ。

 えりちゃんすぐちゅーしたがるし
 指とか肌とかくっつき合わせてぺとぺとしてたら、熱くもなっちゃうし、
 ほのかすごくなっちゃうから、
 終わったらなんかそれで全部一緒になれた感じもする、でも違うの。

 手を離したら、
 肌を離したら、
 すぐそこから冷えてっちゃうから。
 汗かいた分だけ湯冷めしたみたいに冷えてっちゃうの。
 キカネツ、っていうんだっけ。
 空に全部溶けていっちゃうやつ。
7: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:10:33.59 ID:TPqmSGiy.net
 だからさ、私まきちゃんほど生物とか詳しくないけど、
 手を離したら、
 穴の開いた風船みたいにしゅるしゅる抜けて消えちゃうの。
 よくわかんないけど私とえりちゃんの一番大事なぜんぶまとめて。

 でもそういうの、言葉で言っても、
 どっか頭のいい人に間違ってるって叱られちゃうだけだから秘密にしといて、
 私だけが守ればいいルールってことにしとくんだよ。

 

 スプーンが唇の先にふれて冷たくって、
 見たらえりちゃんがクッキー&クリームをひとさじすくって唇に押しつけてた。
 えさやりみたい。
 は?って思ってる間にもうおいしい。

 クッキーのちょっと焦げてる感じの味がチリチリ響いて、
 甘ったるさのなかでそこだけ気持ちいい。でもやっぱおかしい、
 そんなペットみたいなさぁ。あむ。やっぱりおいしい。
9: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:11:34.20 ID:TPqmSGiy.net
「あら、ほしかったんじゃないの?」
「べつにアイスはほしくないよ。アイスよりあいしてほしいの」

 ……スルー。うん、自分でも今のはナシだった。

「でも穂乃果、餌付けでもしとかないと不安なのよねえ」

 わざといってる。
 えりちゃんこういうときわざとそういうこと言うんだ。
 なんかこう、余裕もってる人っぽいキャラをやりたがるけど、
 まぁそういうとこも好きではあるんだけど(ふへへ)、でも今は違う。
 ほのか今そういうのにノらない女だから。

 ねぇ、って指が重なる。
 私の手の甲、あなたの手のひらから熱がしみてくる。

 ……だめだ、
 こんなので簡単にわたし、武装解除しちゃうんだから。
10: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:13:14.46 ID:TPqmSGiy.net
「どこかに行っても、
 どこに行っちゃってもいいけれど、穂乃果?
 行くなら私も連れていきなさい」

 ふたつの空が私をみてた。
 なんでこの人まじめに話してるんだろ、とかって思うけど、
 でも今この瞬間えりちゃんが私を選び取ってくれているのは、
 きっと真実だから。


「……かんがえとくね」

 ちょっとして、「もう!」って軽く怒ってるような声。
 なんかこっちがちゃかしたみたいだったから。

 でもさー、もうなんかにへへって笑えてきちゃう。
 ますますむくれる、すねたりする。
 そうやってえりちゃんが私の手をつなごうとしてくれてる。

 だからまだ、こうさかほのかは生きていられる。
 って言っても、

 ……言ったら、
 あなたぐらいには伝わっててほしいな。
11: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:14:14.81 ID:TPqmSGiy.net
 ねえ、そんな話なんだけど、わかった?

 だからまだこのスプーン、借りてていいよね?



おわり。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「スプーン2杯半のひとりごと」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。