【ラブライブ】ことりハピネス

シェアする

ことり-アイキャッチ19
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:04:30.81 ID:QgtNr3os0
希「ねえ、ことりちゃん」

ことり「なぁに?」

希「好きだよ!」

ことり「うん、ことりも好きだよ!」

希「あ、あぅ……///」

ことり「あっ、私生徒会行かなきゃ!」

希「あっ、うん…」

ことり「じゃあまた後でね~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424099070

元スレ: 【ラブライブ】ことりハピネス

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:05:30.50 ID:QgtNr3os0
にこ「……で、どうだった?」

希「やっぱりウチじゃだめだったよ…」

凛「やっぱりかぁ…」

にこ「希でもダメとなると……」


真姫「ねえ、皆どうしたの?」

にこ「」チラッ

凛「」チラッ

希「」チラッ

にこ「真姫ちゃんは駄目ね」

凛「ダメだにゃ」

希「だめやね」

真姫「………ひどい」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:06:13.79 ID:QgtNr3os0
真姫「そもそも私は何の事なのかわからないのに」

にこ「あぁ、真姫ちゃん知らないのね」

凛「簡単に言うと、ことりちゃんを照れさせようとしてたんだにゃ」

真姫「なんでそんなこと…」

希「じゃあさ、真姫ちゃんってことりちゃんが本気で照れてる所を見た事ある?」

真姫「え?ことりが照れてる所…?」

真姫「……」

真姫「……」

真姫「……」

真姫「確かに見た事ないわね」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:06:43.66 ID:QgtNr3os0
凛「でっしょー?」

真姫「……それ私の真似?」

凛「それでね、凛たちは思ったの」

真姫「無視しないでよ…」

凛「ことりちゃんを本気で照れさせて顔真っ赤にさせたいって!」

真姫「はぁ……そう…」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:08:06.20 ID:QgtNr3os0
凛「希隊長!真姫ちゃんの食いつきが悪いにゃ!」

希「そうか!凛二等兵よ!じゃあここから先は私に任せてもらおう」

凛「了解したにゃ!」

真姫「でもあなた達はどんな時でも平常運転なのね」

希「まぁまぁ真姫ちゃん、一回考えてみよ?」

希「あのことりちゃんが顔を赤くして、照れ隠しの一言を言う姿を!」

真姫「…………」

ことり『い、いきなり変な事言わないでよ!』

ことり『あぅ……顔が熱くなってきちゃった…』ポー

ことり『もう!真姫ちゃんのせいなんだからね!』

真姫「……確かにいいかもね」

希「でっしょー?」

にこ「それ流行ってるの?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:19:03.49 ID:QgtNr3os0
希「じゃあ次は、ことりちゃんが照れながら好きって言ってくれる所を想像してみて!」

真姫「ことりが好き……」


ことり『え!?真姫ちゃん、ことりの事が好きって………』

ことり『うれしいな……え?ことりはって……い、一回しか言わないからね!』

ことり『すき……だよ』


真姫「いいわね」

凛「でっしょー!」

希「とまぁ、そんな感じにことりちゃんは顔を赤くさせるとすごく可愛くなると思うんよ」

真姫「普段、穂乃果達の陰に隠れてる感ある分、ギャップみたいな物はあるわね」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:19:47.52 ID:QgtNr3os0
真姫「それで、あなた達はことりを照れさせようと奮闘してるわけね」

希「うん、でももう手詰まりみたいなんだよね」

真姫「その様子だと二人も行ったのね」

凛「うん、凛はことりちゃんに抱き付いてみたんだけど……」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:20:55.34 ID:QgtNr3os0
――――――――――――――――――――――――――――――――――

凛『ことりちゃ~ん!』ダキッ

ことり『わわっ! もう、凛ちゃん。いきなり抱きついちゃ危ないよ?』

凛「あっ、ごめん…」

ことり『それに廊下は走っちゃダメなんだよ!ね?』

凛『うん……』

ことり『よろしい!じゃあ、仕切り直してもう一回ハグしよっか?』


凛『え?』

ことり『はい、ことりはいつでも大丈夫だよ?』

ことり『ほら?』ニコニコ 

凛『あっ……うっ……』

凛『ごめんなさい~~~!』

ことり『あっ!凛ちゃん!廊下は走っちゃダメだって!』

――――――――――――――――――――――――――――――――――
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:21:23.86 ID:QgtNr3os0
凛「優しいお姉ちゃんみたいですっごく可愛かったにゃぁ~」

真姫「完敗ね」

にこ「で、私は昨日、普段の感謝を伝えるついでにベタ褒めする方向で行こうと思ったんだけど……」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:23:36.26 ID:QgtNr3os0
――――――――――――――――――――――――――――――――――

にこ『ねえ、ことり』

ことり『なぁに?』

にこ『その……いつもありがとね』

ことり『?』

にこ『いや、いつも衣装のデザインとか振りつけとか……生徒会の仕事とかあなた自身も忙しいのに』

にこ『それで……いままでお礼とかキチンと言ってなかったなって』 

ことり『あぅ……ありがとう』

ことり『でも、そんな事だったのかぁ』

にこ『そんな事って』

ことり『確かに大変だけど、にこちゃんが心配する程じゃないよ?』

ことり『にこちゃん達も手伝ってくれるしね♪』

にこ『じゃあ、そうね……これからは私達ももっと手伝うわよ』

にこ『ことりには無理しすぎないようにしてもらわなきゃいけないしね』

ことり『で、でもにこちゃんに悪いよぉ』

にこ『このままじゃ私がことりに悪いのよ』

ことり『あっ……』 

にこ『たまには先輩にいい顔させなさいよ』

ことり『で、でも…』

にこ『あんたも意外と強情ねぇ』

にこ『そうだ、じゃあこの後二人でパフェでも食べない?』

ことり『この後!?』

にこ『ええ、もし予定とか無ければだけれど』

ことり『ないけど……でもいいの?』

にこ『ええ、たまにはμ's一の働き者の女神様にパフェの一つでも奢らせなさい』

ことり『女神様……//』

にこ『じゃあ、放課後迎えに行くから待っててね、あっ、穂乃果と海未には秘密よ!』

にこ『それじゃ、またあとでね』

ことり『あっ、うん…あとでね』 


ことり『にこちゃんと……二人きりかぁ……』


――――――――――――――――――――――――――――――――――
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:24:26.34 ID:QgtNr3os0
にこ「とまぁ、悔しい事に私の完敗だったわ」

にこ「もうひと押しで行けそうな手ごたえはあったんだけどね」

真姫「………あれ?ことり照れてない?」

にこ「私の中ではアレはノーカウントよ」

真姫「ハードル高いのね」

真姫「それにすごく自然に二人きりで遊ぶ流れになってたじゃない」

にこ「あの後も色々褒めてみたけど、結局ことりは照れてくれなかったわ」

真姫「………」

真姫(にこちゃんが満足してないだけでことり自身は結構照れてたんじゃ……)
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:26:19.48 ID:QgtNr3os0
にこ「で、ここの皆やってみてダメだったのよ」

真姫「へえ……じゃあせっかくだし、私もやってみようかしら」


真姫(思うと、ことりって穂乃果達の陰に隠れててあんまり私の方から近づいてなかった気もするし)

真姫(ことりと親しくなるいい機会ね)


にこ「え?真姫ちゃんが?」

凛「勝ち目が見えないにゃぁ」

希「ごめん真姫ちゃん……ウチフォローできへん」

真姫「何でよ!!」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:26:50.25 ID:QgtNr3os0
凛「だって真姫ちゃんクール系だし」

にこ「うん、クール系だもん」

希「………」

真姫「何よ!クール系ってだけでダメってひどくない!?」

希「だって…」

凛「ほら、そっち見てよ」



海未「破廉恥です…」

絵里「はらしょー…」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:27:20.71 ID:QgtNr3os0
真姫「………何あれ」

凛「海未ちゃんと絵里ちゃんだにゃ」

真姫「それはわかるけど……」

凛「またの名を敗残兵にゃ」

真姫「酷い呼び方ね」

凛「うん、実は真姫ちゃんが来る前に来ててね……」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:27:46.38 ID:QgtNr3os0
――――――――――――――――――――――――――――――――――

にこ『海未ちゃん、幼馴染なのにことりちゃんを照れさせることもできないんだー♪』

海未『な、そ、そんな事ありませんよ!ことりを照れさせることぐらい私には造作もないです!』

――――――――――――――――――――――――――――――――――


真姫「チョロいわね、海未」

凛「まあクール系だからね」

真姫「………ん?」

凛「で、行ったんだけど……」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:28:40.12 ID:QgtNr3os0
――――――――――――――――――――――――――――――――――

海未『ダメでした……』

にこ『やっぱりかぁ…』

希『じゃあさ、こうしたら?』

希『まずことりちゃんに好きって言う、それからことりもだよって返して来たら私はこれだけ好きなんだよって言いながらハグする』

希『これならことりちゃんも照れるんじゃない?』

海未『なるほど……って、そんな告白はできませんよ!』

希『でもこれくらいしないと照れてくれないんじゃない?』

海未『た、確かに…いいですね。よし、やってみます!』

――――――――――――――――――――――――――――――――――

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:29:15.44 ID:QgtNr3os0
希「それで、意気揚々と行ったんやけど…」

真姫「あぁ…もう言わなくてもわかるわ」

希「まぁ……そうだよね」


海未「ことりはずるいんですよ……あんな笑顔で『好きだよ』とか言われたら……」

凛「ちなみにそのあと穂乃果ちゃんにも挑んで惨敗したにゃ」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:29:49.79 ID:QgtNr3os0
希「それで、ウチと一緒に話を聞いていたエリちが……」

絵里『じゃあ私が海未の作戦を借りるわね』

希「って言って……」



――――――――――――――――――――――――――――――――――

絵里『ねえことり、私はあなたのこと、好きよ』

ことり『え!?』

ことり『う、うん……ことりも絵里ちゃんの事、好きだよ♪』

絵里『うっ……で、でも私の方があなたの事を好きよ』

ことり『むっ、ことりの方が好きだもん!』

ことり『このぐらい!』 

ダキッ

絵里『え!?』

絵里『こ、ことり!?』


ことり『あっ、ご……ごめんね//』

絵里『あぅ……べ、別に大丈夫よ』

絵里『私も同じことしようとしてたし』

ことり『え?』

絵里『あっ、ちがっ…』

 
――――――――――――――――――――――――――――――――――
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:31:34.71 ID:QgtNr3os0
訂正
真姫「で、そこから墓穴を沢山堀っちゃったって感じかしら」

絵里「はらしょー」プシュー

凛「すごいにゃ!よくわかったね」

真姫「まぁ、なんとなく気持ちはわかるし」

凛「やっぱり同じ穴の狢って事?」

真姫「私が暴力嫌いでよかったわね」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:32:28.98 ID:QgtNr3os0
真姫「………あっ、穂乃果に貸してた本返してもらわなきゃ」

真姫(生徒会室にいるかしら?)


……………………………………………………………………………………………

コンコン

「はーい!」

真姫「穂乃果、いる?」

ことり「あ、真姫ちゃん」

真姫「こ、ことり…」

ことり「穂乃果ちゃんに用事?」

真姫「ええ、ちょっと穂乃果に貸してた本があってね」

ことり「あっ、じゃあ穂乃果ちゃん呼んでくるね!」

真姫「え、いいわよ。いる場所さえ教えてくれれば」

ことり「まぁまぁ、じゃあ座っててね!」

真姫「………行っちゃった」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:33:00.14 ID:QgtNr3os0
真姫「でもことりって本当にできた娘よね…」

真姫「しっかりものだし、かわいいし…」

真姫「あら?これ手帳?」

真姫「ことりが落としたのかしら?」

真姫「………ちょっとだけ。、ちょっとだけなら」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:33:28.38 ID:QgtNr3os0
視界に飛び込んできたのは、1ページの半分を埋めたかわいらしい丸文字。

内容は……日記みたいね。

この時点で読むのをやめるべきだって思ったのに、ついつい最初の行を読んでしまった。

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:34:36.80 ID:QgtNr3os0
希ちゃんにいきなり「好き」って言われちゃった♡

ことりの顔、赤くなってなかったかな?





やっちゃった!

つい絵里ちゃんに大好きって言いながら抱きついちゃった♡


………あっ、これ本当に読んじゃダメなのだ

それでも、私の手はページをめくって、文字を追う目は勝手に動いちゃう
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:35:05.86 ID:QgtNr3os0
海未ちゃんに「好きです」って言われちゃったよ!「ことりも好きだ」って言っちゃたよ!

こんなことまっすぐ言われたのはじめてだし

どうしよう、これから海未ちゃんの事まっすぐ見れるかな?





(省略)

凛ちゃん走っていっちゃった。

凛ちゃんに抱きつきたかったなぁ…

(省略)






(省略)

にこちゃん、あんなに、ことりの事心配してくれて、うれしかったなぁ

いっぱい褒めてもらえてすっごくうれしかったし

今度はことりの方からにこちゃんを誘ってしてみようかな?

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:35:43.74 ID:QgtNr3os0
流し読みだけど、私の目はそこで止まった。

………結論から言うと、この手帳は日記だった。

ことりが溜め込んだ思いの捌け口っていうのかしら?


とにかく、文章からその瞬間に感じた幸福感が伝わって来て……

読んでるだけで変な罪悪感が湧いてきて…

これをことりが笑顔で書いてると思うと、なんだか変な気分になってくる
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:36:10.05 ID:QgtNr3os0
ん?希の下に何か続きが……


真姫ちゃんかわいいなぁ……今度メイド服の衣装とか着せてみたいなぁ

他にもきっとチャイナとか、ウェディングドレスみたいな衣装も似合いそう!


………これはことりの名誉のためにも見なかったフリをして、急いで椅子の上にでも……


バン!

……あっ。
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:36:58.38 ID:QgtNr3os0
ことり「ハァ……ハァ……あっ!」

真姫「えーっと…その……」

ことり「……見た?」

真姫「……ごめんなさい」

ことり「あぅ……どこを見たの?」

真姫「その……」

真姫(どこって言えば……そうだ!私の事だけならダメージも少ないはずよね!)

真姫「私にメイド服とか、チャイナ服をイメージした衣装を…ってとこ?」

ことり「つっ……ぅぅっ…」

真姫(ことりがトマトみたいになってる。これは失敗だったわね)
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:37:26.50 ID:QgtNr3os0
ことり「ご、ごめんなさい!この事は誰にも言わないで!」

真姫「だ、大丈夫よ。私も誰かに言ったりしないわ」

真姫(あっ、顔真っ赤にして泣きそうな顔してることりってこんなにかわいかったんだ)

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:37:57.03 ID:QgtNr3os0
真姫「そうだ!ね?これは私達二人だけの秘密にしましょ?」

ことり「秘密?真姫ちゃんとことりの?」

真姫「ええ、私達だけしか知らない秘密よ!」

真姫「絶対に他の人には言わないし、なんならチャイナでも着てあげるから!」

ことり「………ほんと?」

真姫「ええ!絶対に言わない!」

真姫「約束するわ、賭けてもいいわよ!」

ことり「その……」

ことり「ありがと……真姫ちゃん」

ことり「約束……破っちゃいやだからね?」

………その時、私から逸らした真っ赤な顔を手帳で半分隠して、こっちに目を向けることりを見て、私はこう思った。

真姫(ことりの照れてる顔がもっと見たいわね)
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:38:24.88 ID:QgtNr3os0
― Fin ―
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 00:39:13.37 ID:QgtNr3os0






終わりだよ

真姫ちゃんの口調難しいね


誰かチョコか手帳を口の前に置いてることりちゃんが真姫ちゃんに壁ドンされて

「どうしたの?顔が真っ赤よ」

って言われてる画像ください

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【ラブライブ】ことりハピネス
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【ラブライブ】ことりハピネス』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。