穂乃果「8月31日は野菜の日」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 19:09:10.92 ID:MdcZfmMF.net
【十年前・高坂家】

ほの母「なーにをして、よーろこぶ♪」コネコネ

穂乃果「わあ、ハンバーグ?」ワクワク

雪穂「はんばーぐ?」

ほの母「はい、今日はピーマンの肉詰め♪」

穂乃果「えー!やだー!」

雪穂「いただきます」パク

ほの母「ピーマンは体にいいのよ。食べないと長生きできないわよ?」

雪穂「…」モグモグ

穂乃果「ほのか、しんだらドラゴンボールでいきかえるもん!」

ほの母「そんなのないわよ。いいから食べなさい」

穂乃果「やだー!」ジタバタ

雪穂「おいしいよー?」

穂乃果「えっ」

雪穂「ピーマン、おいしい♪」ニヘー

穂乃果「ふーん。…じゃあ」

ほの母(さあ、食べるのよ穂乃果!)

穂乃果「ピーマンのとこだけ、雪穂にあげる!」

ほの母「こらっ、穂乃果!」

【三年前】

雪穂「お姉ちゃん。野菜も食べたほうがいいよー?」

穂乃果「トマトジュース飲むからいいの。行ってきまーす!」

雪穂(ジュース…そうだ!)

雪穂(ピーマンもジュースにしちゃえば…何だかわからないよね)

雪穂(サイダーを混ぜれば…うん、見た目は完璧♪)

穂乃果「ただいまー!暑ーい!のど渇いたー」

雪穂「はい、お姉ちゃん。ジュース」

穂乃果「ありがとー♪」

穂乃果「…ん?」クンクン

雪穂「ど、どうしたの?お姉ちゃん」

元スレ: 穂乃果「8月31日は野菜の日」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 19:12:14.45 ID:MdcZfmMF.net
穂乃果「なんか変なニオイがする…ピーマンみたいな…」

雪穂「ぎくっ」

穂乃果「お母さーん!麦茶はー?」

ほの母「冷蔵庫にあるでしょー?」

穂乃果「ジュースは雪穂飲みなよ!それか、お母さんにあげて!」パタパタ

雪穂(お姉ちゃん…犬みたいに鼻がきくなぁ)ゴク

雪穂「」ブッ

雪穂「うえぇ…マズい…」

【一昨年】

雪穂「…っていうことがあってさ」

海未「ピーマンは唐辛子などと似た独特の香りがありますからね…苦手な人ほど生では厳しいでしょうね」

ことり「香りかぁ…それなら」

チーン

ことり「ケーキできたよー♪」

穂乃果「わあ、美味しそう♪」

ことほのりじ「いただきます♪」

穂乃果「なんか生地が緑色だけど、抹茶でも入れた?」パク

理事長「へえ。抹茶ケーキもいいわね」

ことり(穂乃果ちゃん、気づいてないみたい…)

穂乃果「ごちそうさま!美味しかったー♪」

理事長「…でも、これだと野菜の栄養がほとんど残らないんじゃない?」ヒソヒソ

ことり「そうだよね…カロリーも結構高くなっちゃうし…」

【昨年】

海未「一口餃子です!」

穂乃果「わー、形もキレイで美味しそう!海未ちゃん、餃子包むの上手だね♪」

海未「最近やっとコツをつかみました。さあ、冷めないうちにどうぞ」

ほのうみ母「いただきます♪」

穂乃果「…」ハフハフ

海未(細かく刻んで混ぜ込み、ニンニクをきかせて…中身を見ないように小さく作って一口で食べさせれば!)
4: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 19:14:41.09 ID:MdcZfmMF.net
穂乃果「おいしい♪」

海未(全く気づいていない…完璧です!)

海未母「きぃちゃんも餃子は作れますよね?」

穂乃果「はい。でも餃子って結構手間かかるし、うちではあんまり…」

海未(穂乃果はパン好きですし、メニュー的に餃子の出番は少なそうですね…)

【今年・夏合宿】

希「穂乃果ちゃんに」
絵里「ピーマンを」
にこ「食べさせる?」

海未「はい。できれば協力していただきたいのですが…」

にこ「あー、OKOK。そういうの慣れてるから。私に任せなさいよ」

絵里「さすがにこね」

希(ついでにエリちの好き嫌いも克服させたいところやな…)

グツグツ

にこ(カレーに入れちゃえば、だいたい何でもカレー味よ!)

穂乃果「おいしい♪にこちゃんってお料理上手だねー!」

にこ「フフン…どーよ?」

海未「カレーと餃子は大丈夫みたいですね…」

花陽「ぎょうざ?」

海未「い、いえ。こちらの話です…」

ほのまきりんぱな「?」

【翌日】

海未「…どう思います?」

ことり「無理じゃないかなぁ…」

希「おはよ。みんなして何の相談?」

絵里「穂乃果がこれを食べられるかどうかって話…」

希「それは…ゴーヤー?」

花陽「う、うん。穂乃果ちゃん、プロフィールにはピーマンしか書いてないし…」

真姫「でも苦味が問題だったら、どう考えても結果は見えているわよ」

にこ「ピーマンなら幾らでもごまかせるけど、これはどうやったってピーマン以下にはならないし…」
6: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 19:18:19.08 ID:MdcZfmMF.net
ことり「ふきのとうは?…穂乃果ちゃん食べられたっけ?」

海未「どうだったでしょうか…覚えている限り、食べているのを見たことはないと思いますが…」

にこ「あれは苦味だけならゴーヤー以上よね。それ以外の理由でピーマンだけが苦手なら、もしかしたらってのはあるけど…」

絵里「とにかく、やってみましょう…にこ。あなたが頼りよ」

にこ「ま、やるだけやってみるわ」

ジュー

穂乃果「おなかすいたー」

にこ「できたわよ!」ドン

凛「わあ、美味しそう♪」

穂乃果「うぐっ…こ、これ…ゴーヤー?」

にこ「そーよ。…さ、早く食べましょ」

ことうみのぞえりにこまきりんぱな「いただきます♪」
穂乃果「い、いただきます…」

穂乃果「…」ヒョイ

ガサ ヒョイ サッ

ことり「穂乃果ちゃん…」

花陽「な、なにしてるの?」

穂乃果「えっ。い、いやぁ…お箸のトレーニング的な?」

海未「ゴーヤーだけきれいに取り除いてますね…」

穂乃果「だ、だって…苦いし」

にこ「あんたねぇ…私の作ったものが食べられないっての?」

穂乃果「ゴーヤーはにこちゃんが栽培したわけじゃないでしょ?」

凛「屁理屈にゃ」

真姫「…ま、予想通りの結果ね」

希「やっぱり苦味がアカンみたいやね」

絵里「ほ、ほら穂乃果。ことりがおまじないしてくれるから…」

ことり「おいしくなーれ。はい、ちゅんちゅん♪」

海未「これで大丈夫ですね。さあ、穂乃果。食べてみてください」

穂乃果「そ、そんなので変わるの…?」パク

穂乃果「うえぇ…やっぱり苦いよ!」

真姫「当たり前でしょ…」
7: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 19:22:50.29 ID:MdcZfmMF.net
ことり「家でお母さんが料理したの食べたことあるんだって」

海未「ゴーヤーを見ただけで嫌そうな顔をしていましたからね…」

にこ「でも、これ食べたあとならピーマンくらい平気なんじゃない?」

絵里「その可能性に賭けてみましょうか…」

【夜】

絵里「今夜はグラタンよ」

穂乃果「わー!私、グラタンって大好き♪」

九人「いただきます♪」

穂乃果「…この緑色のって、もしかして…?」

絵里「そ、それは…ハラペーニョよ!」

凛「原ペーニャ?」

穂乃果「ハラショーみたいなもの?」

真姫「どんな物よ…イミワカンナイ」

絵里「じゃなくて、メキシコ原産の青唐辛子なの」

穂乃果「へー」ハフハフ

穂乃果「…なんか、思ったより全然辛くないね。おいしい♪」

絵里(…本当はピーマンだけど)

にこ「グラタンもいけるみたいね。濃い味付けだから?」ヒソヒソ

ことり「匂いもチーズとかでごまかせるし…」ヒソヒソ

海未「それと、やはりゴーヤーが強すぎましたね。あれの後なら苦味のうちに入らないと思います」ヒソヒソ

希「単なる食わず嫌いで、ピーマンの味自体は意外と平気なんやない?」ヒソヒソ

穂乃果「?…みんな、何の話してるの?」

花陽「えっ。えーと…絵里ちゃん、いいお嫁さんになりそうだねって…」

絵里「え!?…花陽///」カァァ

真姫「…なに照れてるのよ」クス

【翌日】

にこ「今日は青椒肉絲よ!」

穂乃果「ってことは、これ…ピーマン?」

海未「い、いえ。万願寺唐辛子という、辛くない唐辛子なんですよ」
9: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 19:28:43.79 ID:MdcZfmMF.net
穂乃果「本当に唐辛子…?」ジーッ

真姫「そうよ。食べたことないの?」

穂乃果「あるような、ないような…どうだったかな?」

にこ「食べてみればわかるわよ」

ことうみのぞえりにこまきりんぱな「いただきます♪」
穂乃果「…いただきます」

花陽「おいしい♪」モグモグ

絵里「さすがにこね」

穂乃果「ホントだ、おいしい♪」

希(どう見てもピーマンやんな…もう大丈夫みたいやね)

凛「ことりちゃん?…食べないのー?」

ことり「えっ。…い、今食べようと思ってたの…アハハ」

ことり(…にんにく入ってる…)シクシク

【後日】

ほの母「明日から学校行くんでしょ?…しっかり食べなさい」

穂乃果「わかってるよ…」パク

穂乃果(ラブライブ…出たかったな…)モグモグ

穂乃果「って、これピーマン入ってるじゃん!?」

ほの母「そうよ。もう食べられるでしょ?」

穂乃果「あ、あれ?…風邪で味覚がおかしくなったのかな?」

雪穂「じゃあ私が食べさせてあげるよ。あーん♪」

穂乃果「い、いらないよ。マズくないけど別に好きじゃないもん!」

【また後日】

ことり「あ、あのね…穂乃果ちゃん」

穂乃果「うん…」ボーッ

花陽「穂乃果ちゃん、ずっとあんな感じだよね…」

希「穂乃果ちゃーん?そんな顔してると、ゴーヤー食わすよ?」

穂乃果「そ、そんなどこかで聞いたようなセリフを…」

にこ「ピーマンが平気なら大丈夫でしょ?特別に私が料理してあげるわよ」

穂乃果「やだよ!あんな苦いの絶対無理!」
12: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 19:32:19.77 ID:MdcZfmMF.net
\カンパーイ!/

花陽「穂乃果ちゃん。これ食べてみて」

凛「その次はこれね♪」

穂乃果「って、なんでこんなにピーマン入ってるの…あれも、これも」

真姫「もう食べられるんでしょ?」

穂乃果「食べられるけど…そんなにピーマンばっかりいらないよ!」

にこ「じゃあ、ゴーヤーいっちゃう?」ニヤリ

穂乃果「これお祝いだよね?罰ゲームじゃないよね!?」

海未「ことり…」

ことり「でも、今は…」

【夜】

穂乃果「…」

雪穂(お姉ちゃん、またボーッとしてる…今なら)サッ

穂乃果「…」パク

シャキシャキ

穂乃果(…苦い)シクシク

雪穂(うわぁ、つらそうな顔してる…やっぱりゴーヤーはまだ無理かな)

穂乃果「雪穂の意地悪…」グス

雪穂「あ、バレた」

穂乃果「うぅ…」ポロポロ

雪穂「ごめん、ごめん…」ナデナデ

雪穂「…私は、ずっとそばにいるからさ」ギュ

穂乃果「雪穂…うん」ギュー

【翌日】

にこ「あんた…本気で言ってんの?」

希「ちょっ…にこっち!?」

凛「丸ごとはさすがにマズいにゃ」

花陽「せめて料理しないと…」

にこ「ふざけたこと言う口には、これで充分よ!」

真姫「にこちゃん!」
13: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 19:34:54.35 ID:MdcZfmMF.net
穂乃果「や、辞めます!」ガシッ

海未「それで…逃げられると思っているのですか?」

穂乃果「う、嘘!?」

\ダレカタスケテー!/

にこりんぱな「チョットマッテテー」

穂乃果「うえぇ…オエッ」

穂乃果「ひどいよ…まだ口の中が苦いよ」グス

にこ「まったく…辞めて何になるってのよ」

穂乃果「だって…ことりちゃんもいないし…」

ことり「あ、あの…」

穂乃果「…ことりちゃん」
14: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 19:35:26.54 ID:MdcZfmMF.net
穂乃果「えっ…行かない!?」

ことり「…はい」

にこ「どういうこと?」

海未「ことりの留学先…にんにくの消費量が世界一らしくて」

希「どこへ行っても、にんにくの入った料理が出てくるんやって。それも大量に」

花陽「ど、どこだろう…韓国とか?」

穂乃果「ことりちゃーん!」ギュー

ことり「穂乃果ちゃん…ごめんね」

穂乃果「ううん…よかったぁ」グス

絵里「ことりのニンニク嫌いは当分克服しないほうが良さそうね」

希「じゃあ、次はエリちの番やね」

絵里「えっ。…私!?」

希「海苔と梅干し…どっちにしようか?」ニヤリ

絵里「は、ハラショー」ガクブル

花陽「それと、凛ちゃんの魚嫌いも…」チラ

凛「お魚なんて食べなくても大丈夫にゃ!」ピョーン

にこ「あ、逃げた」

海未「待ちなさい!弱点を克服しなければ全国制覇などできませんよ!」

絵里「ロシアに帰る!」プルプル



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「8月31日は野菜の日」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。