穂乃果「モンスターハンター??」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ6
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:01:03.55 ID:eo3T2N2Q0.net
エリチカ 「そうよ!部の結束を強める為に楽しく協力できる物がないかと思ってね」

希「なんかスピリチュアルやん」

ことり「私はゲーム苦手かなぁー。」

真姫「メンドクサイ」
花陽「動物いじめるのはちょっと・・」
凛「凛はおもしろそうにゃー!」

海未「私も上手くできるかわかりませんし。」
にこ「しょーがないわねーあんたたち!こうなったらスーパーヘビィボウガン使いのにこちゃんが・・」

穂乃花「とにかく買いにいってみよう!!」

元スレ: 穂乃果「モンスターハンター??」

スポンサーリンク
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:02:05.51 ID:eo3T2N2Q0.net
翌日部室
エリチカ 「じゃあ早速始めましょう!学年ごとにチームで別れて!」
「にこはこのゲームやったことあるのよね?」

にこ「うぇっ!?そ、そうね・・に、にこはこのヘ、へビィボウガンを使うのよ!」

希「じゃあウチはカードによるとハンマーみたいやね」

エリチカ「ガンランス・・?ハラショー・・」

穂乃果「ことりちゃんはこれだねー!ランス!チュンチュンできるよ!」

ことり「あ、あたしはなんでもー・・」
海未「あら、弓などあるのですか?私はこれにします。穂乃花は?」

穂乃果「あたしはねー、これっ!太刀」シャキーン♩
4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:02:38.79 ID:eo3T2N2Q0.net
凛「かーよちんはなににするにゃー??」
花陽「わ、わたしは・・この1番普通な片手剣にしようかな・・り、凛ちゃんは・・?」

凛「凛はこれー!双剣にゃ!なんか二つあってお得な感じがするにゃ!真姫ちゃんは?」

真姫「別にわたしはなんでもいいわ。」
凛「じゃーあーこれにゃ!」ポチッ♩
真姫「ち、ちょっと!なにするのよ!狩猟笛??イミワカンナイ!」


エリチカ「いいわねー始めるわ、1番先にアオアシラを倒したチームの勝ちよー!」
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:04:57.20 ID:eo3T2N2Q0.net
希「にこっちさっきからなにしてるん?しゃがんでばっかやん?」

にこ「う、うるさいわねぇ!ちょっとブランクがあるのよ!」
にこ(しゃがんでばっかで全然動けないじゃない!)

ことり「ほのかちゃーーーんやめてよぉぉぉー動けないぃーーーっ」

穂乃果「ことりちゃんが前にいるからだよー!穂乃花はこの切り下がりってのと気刃切りってのをしてるだけだもん!」

海未「穂乃果もことりもきちんとしてください!」
海未(しかしこの弓という物は本当に効いているのでしょうか?)
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:06:04.11 ID:eo3T2N2Q0.net
凛「たーのしいーにゃぁー!」ザシュザシュ

花陽「すごいなぁ凛ちゃん・・!」
凛「かよちんもくるにゃー!」

真姫「ちょっとなんなのよ笛って!何もできないじゃない!!」
花陽「旋律ってのがあるみたいだよ真姫ちゃん」
真姫「そんなのいきなり覚えれるわけないでしょう!」

凛「流石の真姫ちゃんでも無理かにゃーー?」ザシュザシュ

真姫「で、できるに決まってるでしょ!!」

「もー適当にメロディになればいいのよ!!」ピーヒョロロー♩

凛「真姫ちゃんの曲なんかテンションあがるにゃーー!」
花陽「力がみなぎってくる・・なにかしなくちゃ・・私・・シビレ罠!」サッ!

花陽「ぶ、ぶぎだじだままだぜぢゃうのおぉ??」

真姫「花陽!凛!いまよ!」
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:08:41.51 ID:eo3T2N2Q0.net
希「なんかウチが叩いてたらピヨってるやん?」

にこ「えぇーい!もぅこうなったらしゃがんだままーー!」ドンドン

エリチカ「えーと竜撃砲??ハラショーー!!!!!!」ドドドドドッ!

希エリにこ「あとすこし!!」

ことり「ほのかちゃーーーん切り下がりやめてよーーぉぉ

穂乃果無双

穂乃果「でもこれでも倒せるよー?」

海未(ビシッ・・!いまのエフェクトは!?)
「そうですか、距離によって弓のダメージが違うのですね!」

海未「穂乃花!ことり!わたくしに任せてください!」

ことり「海未ちゃんたすけてぇぇーー!」

海未「ラブアローシューーート!!!!!」

テッテレテー♩


全員「やったー!!!」

エリチカ「・・という訳でほぼ3チームの引き分けね、お疲れ様♩」
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:11:16.83 ID:eo3T2N2Q0.net
穂乃果「海未ちゃんすごいよ!ハンターだよ!ことりちゃんはお辞儀してばっかだったね!」

ことり「うみちゃーんありがとぉぉぉぉ」

海未「いえ・・私は別にいつもの練習の時の様に・・///」

希「にこっちもやるやん?」ニヤリ

にこ「あ、あったりまえでしょ!あたしの手にかかればモンスターなんて・・」

エリチカ「にこはずっとしゃがんだままだったけどね♩」
にこ「うぇっ!」

凛「真姫ちゃんすごいにゃー真姫ちゃん真姫ちゃん♩」
真姫「う、うるさいわねー当たり前でしょ!」
凛「かよちんもすごいにゃー♩かっこよかったよ?」

花陽「凛ちゃんと真姫ちゃん見てるとなんだかあたしも勇気が湧いてきて・・」

エリチカ「とりあえずいい経験にはなったみたいねみんな!さ、練習に戻りましょう!」
16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:12:35.98 ID:eo3T2N2Q0.net
練習後

穂乃果「わたしの家でゲームの続きしようよことりちゃん!」
ことり「もぅ私はちょっと疲れちゃったかなぁ今日・・(穂乃果ちゃんとは2度としたくない!)」

海未「宿題も朝練もあるのですよ穂乃果!」

穂乃果「はーい・・」

希「穂乃果ちゃんはよっぽどあのゲームが楽しかったみたいやねエリチ」
エリチカ「そうね、あの二人も」

凛「凛はかよちんのオトモアイルーにゃー♩シャーっ」
花陽「やめてよーりんちゃんくすぐったいよぉぉ」

エリチカ「じゃあみんなここで。また明日ね」
バイバーイ


にこ「真姫ちょっといいかしら」
真姫「にこちゃん・・?」
18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:15:44.41 ID:eo3T2N2Q0.net
にこ「今日はあんたの家に泊まるわ!」

真姫「はぁ?なにそれイミワカンナイ!」
にこ「今日の狩り、あたしとあんたは活躍できなかったでしょ!あんたの家で二人で特訓よ!あたしのプライドが許さないのよ!」

真姫「あ、あたしは別にメロディ奏でて貢献してたわ!第一にこちゃん一人で練習すればいいじゃない!なんであたしのウチなのよ!」
にこ「う、うるさいわねぇ!とにかく練習よ!あたしはプロハンになりたいの!」

真姫「1人でなればいいじゃない面倒臭い人ね。」クルクル

にこ「・・ははーん♩真姫ちゃんゲームとか苦手だもんね♩わかったわごめんね無理言って真姫♩」

真姫「デキルニキマッテルデショ!」
「ママに電話するわ!さっさといくわよにこちゃん!」
にこ「チョロいけどかわいい真姫ちゃん///」


希「スピリチュアルやね」
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:16:46.46 ID:eo3T2N2Q0.net
真姫「タダイマー」

にこ(・・別荘といい相変わらず凄いわね・・フン!)

真姫母「あら矢澤さんいらっしゃい♩本当にかわいいわね♩」
にこ「こ、こんばんはお邪魔します・・(美人!!)」

真姫母「矢澤さんの事は1番真姫からよく聞いてるわ♩さ、どうぞ♩」

真姫「余計な事イワナイデ!」
にこ(ど、どういうことよ・・)

真姫「適当にくつろいでて・・あたし着替えてくるから。」バサッ

にこ「そ、そうね」

にこ「ブレザーだけ脱いでいったわ・・」

真姫の匂い・・クン・・いい匂い・・薔薇みたいな上品な匂いがする・・他の1年にはない感じが・・

にこ「だめよにこ!ダメダメぇ!アイドルがこんな事しちゃ・・」

ガチャッ

真姫「なにしてるの人の服で・・てか、なにしにきたの・・?」

にこ「い、いやぁこれはその・・ほら!シワになるかなーって・・」にこっ♩

真姫「キモチワルイ・・」
21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:17:32.43 ID:eo3T2N2Q0.net
真姫「さ、夕飯も済ませたしさっさとやってあたしお風呂に入りたいんだけど」

にこ「そうね、まずあんたはその狩猟笛でいい訳!?」
真姫「あたしは別になんでもいいわ、今更他のを覚える気力もないし。」

にこ「そうね、音楽に関してあんたに合ってるかもね」
真姫「にこちゃんは変えるつもりはないの?」

にこ「にこはーアイドルだからー、こんな重いもの持てないにこっ♩」
真姫「キモチワルイ・・」

にこ「時代はライトボウガンよ!!」

真姫「シラナイ・・」

にこ「とにかく始めるわよ!」
23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:19:48.99 ID:eo3T2N2Q0.net
にこ「真姫、攻撃強化よ!」
真姫「ハイハイ」ピーヒョロロー♩

にこ「よしっ、麻痺入ったわ!行きなさい!」
真姫「どこに?」
にこ「どっ、どこにってモンスターに攻撃するに決まってるでしょ!あんたバカぁ!?」

真姫「なんであたしがそんな面倒な事しなくちゃならない訳?笛の旋律で十分貢献してるわ。」
にこ「そんなんで許されるわけないでしょ!吹き専って訳!?そんなんじゃ叩かれるわよ!」

真姫「叩かれるって・・誰によ・・」

にこ「ぐぬっ、・・とにかく真姫も攻撃しなさーい!」

真姫「にこちゃんって本当に面倒。」
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:20:56.00 ID:eo3T2N2Q0.net
にこ「さぁ真姫!もぅすぐもぅ一回麻痺が入るわ!チャンスよ」

真姫「そんな急に言われても旋律も忙しいんだから!!」
にこ「この際笛の効果が切れても仕方ないわチャンスなの!今回だけね!」

真姫「しょうがないわねー!(こうするとこっちに動いてこの音色だから・・こうして・・叩いて・・演奏して・・こう・・)」
ピーヒョロロー

にこ「げぇっ!!旋律叩き!!しかもスタンとってる!!・・・この子天才・・!?」

真姫「笛の効果も延長してるわ、にこちゃんなにやってるの!?そんなに離れてて効く物なの?」

にこ「は、はいぃっ!」

真姫「ふぅー疲れたわ、ねぇお風呂にしていいかしら?」

にこ「そ、そうね・・し、初心者にしては上出来じゃない・・」
25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:21:32.96 ID:eo3T2N2Q0.net
真姫「じゃあにこちゃん先に入っていいわ」


にこ「背中流してあげるわ・・」
真姫「ゔぇえっ!い、いいわよそんなの!!」
にこ「頑張ったから背中流してあげるって言ってるのよ!!!」

シーン・・

真姫「わ、わかったわよ・・そんな大声出さないで・・」
にこ「ご、ごめん真姫・・」

シーーン

真姫「準備できたわ。」

にこ「あれは真姫ちゃんのパンティ・・黒とか履くんだ・・」

真姫「な、なにジロジロ見てんのよ!下よお風呂・・いきましょ・・」
にこ「うん・・」


希「ほんまスピリチュアルやね」
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:22:45.06 ID:eo3T2N2Q0.net
ゴシゴシ・・

にこ「真姫ちゃんの背中綺麗・・」
真姫「に、にこちゃん?いつまで背中洗うつもりなの・・?」

にこ「ご、、ごめん・・その・・真姫の背中が綺麗で・・つい・・」
真姫「も、もぅいいわ!!あたしが洗ってあげる///」

にこ「・・!?」

ゴシゴシ・・
真姫「にこちゃんの背中小さい・・なんか抱きしめたくなっちゃう・・」・・ぎゅっ

にこ「ち、ちょっとあんた!!」
真姫「大きな声ださないで、ママに聞こえるわ。」
真姫「練習に付き合ってあげたんだからいいでしょ少しぐらい・・言うこと聞きなさいよ」
にこ「これじゃあどっちが先輩かわからないじゃない・・」

真姫「にこちゃんかわいぃ・・」
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:24:38.58 ID:eo3T2N2Q0.net
真姫「さ、寝ましょ、明日も朝練がある事だし今日は疲れたわ」

にこ「そうね、今日の事はみんなには内緒よ真姫」

真姫「そ、そのつもりだけどどうしてあたしの布団に入ってくるわけ?」

にこ「ダメにこっ?」

真姫「べ、別に寒かったから丁度いいけどっ!」
にこ「いい匂い・・おやすみ真姫ちゃん・・チュッ・・」

真姫「ば、馬鹿にこちゃん!」
にこ「ふふっ」


凛「スピリチュアルにゃー」
32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:26:55.84 ID:eo3T2N2Q0.net
翌日

穂乃果「おっはよー真姫ちゃんにこちゃん♩」
にこまき「おはようー・・」

海未「どうされましたお二人共、寝不足の様ですが?」

真姫「き、気のせいじゃない!?」

ことり「にこちゃんすごいクマだよー?」

にこ「あ、アイドルのDVDで遅くまで研究してたのよ!にこぐらいになると日頃から勉強はわ、忘れないわ!!」
花陽「ふむふむふむ・・!」

凛「あれー、真姫ちゃんからにこちゃんの匂いがするにゃー!」

真姫「き、気のせいって言ってるでしょー!」

エリチカ「みんな、早くいくわよー!」

希「ふふっ」

にこまき「・・・」
33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:28:07.41 ID:eo3T2N2Q0.net
放課後

真姫「にこちゃん・・これみて」
にこ「どうしたのよ珍しいわね、」

にこ「モンスターハンターフロンティア・・?」

真姫「そう、流石に毎日泊りに来るのはできないけどこれなら離れてても二人でこっそりできるわ。仕方ないからにこちゃんの練習手伝ってあげてもいいわよ・・」

にこ「あんた・・・」

真姫「な、なによ・・・」


にこ「にこーっ♩」ダッ

真姫「ゔぇえっ!」


こうして私とにこちゃんの新たなフロンティア生活が始まった・・・・
みんなには秘密だけどこれからも二人は一緒・・
35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/30(水) 00:28:37.82 ID:eo3T2N2Q0.net
くぅ~疲れましたwこれにて完結です!
実はスクフェス中にふと思いついたのが始まりでした
本当は百合ネタにするつもりではなかったのですが←ご厚意を無駄にする訳には行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、ミューズ達のみんなへのメッセジをどうぞ
海未「ご機嫌よう」希「たのしかったよ!」
穂乃果「ありがとう!」凛「また、会えるよね?」
花陽「寂しいよ・」真姫「これっきり、かもね」
エリチカ「ダ スヴィダーニァ」ことり「もう会えないの・・」にこ「じゃあね!」

ではミューズ一同俺「皆さんありがとうございました!」



ミューズ一同「ってなんで俺くんが?改めましてありがとうございました!」

本当の本当に終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「モンスターハンター??」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。