果南「鞠莉に彼女が出来た」

シェアする

果南-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/08/29(月) 20:18:40.49 ID:QtRFkhYo.net
果南「そう‥‥‥なんだ‥‥‥」

鞠莉「そうなの!もうね、すっごくかわいくってシャイニー!!って感じなの!」キラキラ

果南「そんなに仲よかったっけ‥‥‥?2組の◯◯さんと」

鞠莉「前から良く話が合ってたんだけどね、段々と気になりはじめて‥//」

果南「‥‥そっか」

果南「おめでとう、鞠莉」

鞠莉「果南ー!♡ありがとう♡」

果南「それじゃ、私今日早く帰らなきゃだから‥」

鞠莉「あっうん、バイバイまた明日ね!」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


果南「う゛っううっぅ鞠莉、まり‥‥ぅうお゛ぇ‥‥‥ゔっ‥うぅ‥なんで‥‥‥なんでさ‥‥‥まりぃ‥‥」ボロボロ

元スレ: 果南「鞠莉に彼女が出来た」

スポンサーリンク
37: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 11:10:46.40 ID:IiW+qBMO.net
果南「…正直さ……彼氏ができたって言うならさ…諦めたし…寂しいけど…素直に祝福だってするよ…」

ダイヤ「………………」

果南「………なんで…なんで女の子なのさ…!!どうして…どうして私じゃないの!?」

ダイヤ「果南さん…」

果南「どうしてよりによって女の子なの!?そんなの諦めきれないじゃん!!どうして私じゃダメなの!?こんなの…あんまりだよ………なんでさ鞠莉…バカ…うっ…うぅ…グス…」ボロボロ…

ダイヤ「……………」

百合女子高校生あるある
1.男の子なら諦められた
39: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 11:23:11.21 ID:IiW+qBMO.net
ダイヤ「…………果南さん…元気だしてください…」

果南「…ゔっ…うぅ…ダイヤにはわかんないよっ!!…うぅ…グズっ…」ボロボロ…

ダイヤ「…………わかりますよ」

果南「………えっ…」

スッ…

チュッ………

果南「………!?」

ダイヤ「……私も…女の子が好きな女の子を好きになってしまった……女ですもの…」ポロポロ…

果南「ダ、ダイヤ…」

ダイヤ「果南さん……私じゃ…ダメ…でしょうか…」ポロポロ…


百合女子高校生あるある
2.相談に乗ってくれてた友達も百合
41: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 11:33:18.89 ID:IiW+qBMO.net
果南「……ダイヤ………」

ダイヤ「………………」ポロポロ…

果南「……………ご、ごめん…私…その…」

ダイヤ「……………」ボロボロ…

果南「その…か、考えた事も…なくて…あっ…いや…その……」

ダイヤ「構いません…」ボロボロ…

果南「えっ……」

ダイヤ「構いませんっ!…果南さんが私の事をただの親友としか思っていない事なんて…そんな事ずーっと前から…わかっています…!」ポロポロ…

果南「ダイヤ……」

ダイヤ「果南さん………私の事…鞠莉さんと思って頂いて…結構ですから…」

果南「!!そんなことっ…!」

ダイヤ「……果南」

果南「……!」

ダイヤ「お願い…果南………お願い…好きなの…果南…」

百合女子高校生あるある
3.あの娘の代わりでもいいから…
44: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 11:51:13.57 ID:IiW+qBMO.net
次の日

鞠莉「あっ…果南、ダイヤ!グッモーニンッ♪」

果南「あっ…鞠莉…」

ダイヤ「おはようございます、鞠莉さん」

鞠莉「今日も天気がシャイニーねっ♪」

ダイヤ「そうですわね?フフ…」ニコニコ…

鞠莉「あら?ダイヤ随分とご機嫌ねぇ〜?何かいい事あったの?」

果南「…………!」

ダイヤ「フフ…果南さん…鞠莉さんには言っておきませんか?」

果南「……っ!」

鞠莉「………?」

ダイヤ「ダメなのかしら…?」

果南「……うん……そうだね…言っとこう…」

鞠莉「なぁに二人してぇ〜マリーに隠し事なんてやめてよ?」

ダイヤ「…鞠莉さん、私達…お付き合いをする事になりした」

果南「…………」

鞠莉「……ワッツ?誰と誰が…?」

ダイヤ「私と…果南さんですわよ」

鞠莉「………!!」


百合女子高校生あるある
4.当てつけのように交際宣言をする
46: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 12:13:25.04 ID:IiW+qBMO.net
鞠莉「……へ、へぇ〜…あ、あんびりーばぼー…ダイヤと果南が…ねぇ…」

ダイヤ「えぇ、そうなんですわ」ニコニコ

果南「うん…」

鞠莉「そ、そうだったの〜……びっくりね…こ、コングラッチュレーション!おめでとう…」

ダイヤ「フフ…ありがとう鞠莉さん」ニコニコ…

果南「……………ありがとう…鞠莉…」

鞠莉「果南〜?ダイヤを泣かせたら激おこプンプン丸だからねっ!」

ダイヤ「ウフフ…心配ありませんわ!こうして一緒にいてくれるだけで…私はとても幸せなんですもの♪」ギュッ

果南「ちょ、ちょっとダイヤ…//」

鞠莉「………oh〜…ラブラブねぇ〜!それじゃあお邪魔虫は退散しようかしら♪また学校でね?グッバァーィ?」ヒラヒラ…

タタタ…

果南「…あっ…鞠莉」グイッ…

ダイヤ「………ダメですわ」ギュゥ…

果南「………!」

ダイヤ「……今は…私のそばにいてください」

果南「……うん…わかってる…ごめん…」

百合女子高校生あるある
5.案の定軽くヤンデレ化する
49: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 12:28:18.04 ID:IiW+qBMO.net
鞠莉(ダイヤと…果南が…ね……)

鞠莉(…………なんだろ……この感じ…)

2組女「あっ…マリー♡おはよう♡」

鞠莉「あっ…グッモーニン…」

2組女「朝一マリーに会えるなんて幸せ♡」

鞠莉「……そうね」

2組女「……マリー?」

鞠莉「……え?」

2組女「なにかあったの?」

鞠莉「…ドンゥォーリー?なんにもないわ♪ごめんなさい?」ニコッ

2組女「ならいいんだけど」

鞠莉「心配かけてソォーリー?手を繋ぎましょうっ♪」

2組女「うんっ♡」


百合女子高校生あるある
6.今更気になり始める。また、傾向として間女はちょっとウザく描かれる事が多い
54: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 12:54:46.61 ID:IiW+qBMO.net
放課後 校門前

ダイヤ「果南さんお待たせしました…生徒会の仕事が立て込んでおりまして…帰りましょうか」

果南「あっ…ダイヤ…今来たところだよ」

ダイヤ「ねぇ果南さん…今日は少し寄り道して帰りませんか?今日はルビィも練習で遅くなりますし花丸さん達とお食事をして帰るそうなんですの…父も母も仕事で遅くなりますし…」

果南「そうなんだ?わかった、どこかでご飯食べて帰ろうか」

ダイヤ「はいっ♪」



繁華街

果南「何食べて帰ろうか?」ワクワク

ダイヤ「そうですわね……あっ…」キョロキョロ…

果南「…?あっ……鞠莉……」

鞠莉「あっ…果南…ダイヤ…」

2組女「…?あっ…生徒会長さんと……えと…」

果南「………鞠莉の幼馴染の果南です」

2組女「ふーん…」

ダイヤ「……鞠莉さん?デートですか?」

鞠莉「…ええ、そうなの…お洋服を見にね…」

百合女子高校生あるある
7.デート中の二組がバッタリ会う
56: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 13:10:42.41 ID:IiW+qBMO.net
ダイヤ「フフ…仲睦まじくて幸いですわ」ニコニコ

2組女「あっ…そう見える?ありがとっ!」ギュッ

果南「……!」

鞠莉「…え、ええ…ありがとダイヤ…それじゃあ…私達はこっちだから…」

ダイヤ「フフ…お幸せに…」

2組女「ありがと生徒会長さん!」

鞠莉「シ、シーユートゥモロー?」

果南「うん…それじゃあ…」

ダイヤ「また明日」

果南「……………」

ダイヤ「………果南さん」

果南「………………」

ダイヤ「果南さんっ!」

果南「へっ!?…あ…ごめん…ダイヤ…」

ダイヤ「……」

百合女子高校生あるある
8.どう見ても未練たらたら
59: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 14:07:46.63 ID:IiW+qBMO.net
ダイヤ「……果南さん…お食事の前に…行きたいところがありますの」

果南「ん…?どこ?」

ダイヤ「……こっちですわ」グイッ

果南「おとと…ダイヤ…そんな引っ張らないで…」

ダイヤ「………………」グイグイ

果南「…ダイヤ?自分で歩くから……えと…どこ行くか教えてもらっても…?」

ダイヤ「……………」ズンズン…

果南「ダイヤ〜?だいぶ繁華街から外れてきたけど……えと…この辺りってなにかあったっけ…?」

ダイヤ「…………」グイグイ

果南「あのー…ダイヤ…せめて何か喋って…」

ダイヤ「…………少し黙っててください」グイグイ

果南「は、はい……」

百合女子高校生あるある
9.飛躍的にヤンデレ化が加速する
70: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 19:14:22.53 ID:VkL5W/z8.net
ラブホ街

果南「ちょ、ちょっとちょっとダイヤ…!この辺りって…///」

ダイヤ「…………」グイグイ

果南「ま、まずいって…誰かに見られたら…」

ダイヤ「…………」グイグイ

果南「ダ、ダイヤってば…!」

ダイヤ「………果南さん」

果南「………!」

ダイヤ「……お願いです…怖いの…不安なんです……お願い…」

果南「…ダイヤ……」

ウィーン…

果南「ちょ…!////」

ダイヤ「…………////」グイッ

果南「ダメだって…!ちょっと…いい加減にしなよっ!ダイヤっ!」バッ

ダイヤ「………!」

果南「どう考えても良くないよ…こんな事…!」

百合女子高校生あるある
10.焦って繋ぎ止めたくて衝動的に身体の関係を持とうとする
75: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 19:41:22.70 ID:VkL5W/z8.net
ダイヤ「……どうしてですの…」

果南「どうしてって……と、とにかく良くないよ…こんな事…」

ダイヤ「…………」

果南「ダイヤらしくないよ……」

ダイヤ「…私らしく……?」ピクッ

果南「そうだよ…こんなの…ダイヤらしくないって…」

ダイヤ「……………ダイヤらしく…ってなんですの…?」ギリ…

果南「えっ…?」

ダイヤ「果南さんは私が私らしくしていたら私の事を好きになってくれましたのっ!?果南さんが私の何を知っているんですの!?…ずっと…ずーっと…私の想いも何も…知らなかったくせに…!!」ボロボロ…

果南「……っ!………ごめん……」

百合女子高校生あるある
11.大人しかったはずの幼馴染(現恋人)が突然感情を爆発させる
80: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 21:07:00.28 ID:VkL5W/z8.net
果南「でもダイヤ……その…まだ付き合ったばっかりだよ…?こんな事…それに私達まだ18だし…その…」

ダイヤ「………………」

果南「ね?だからさ…その……もっとお互いの恋人としての距離感を掴んでさ…その……」

ダイヤ「………果南…」

果南「………!」

ダイヤ「………お願い………果南……」

果南「ダ、ダイヤ……ダメだってば…」

ダイヤ「私の事…鞠莉って…呼んでいいから………」

果南「………!!」

ダイヤ「お願い…果南……お願い………」

果南「………何それ…」

ダイヤ「果南………」

果南「やめてよっ!!」

ダイヤ「………!」ビクッ

果南「……怒鳴ってごめん………今日はもう…帰る…」

ダイヤ「ダ…ダメっ…果南…!お願い…側にいて…!果南…!」

果南「……ダイヤ…ちょっと頭冷やしなよ…私も…少し気持ちの整理しておくから…」

ウィーン…

ダイヤ「!!…か、果南さん…!行かないで…果南さん…!果南さん…!!」ポロポロ…


百合女子高校生あるある
11.真似をし過ぎor代わりでいいという事を強調し過ぎて逆効果になる
なお男女モノの場合良くも悪くもここでほぼ抱いちゃう
87: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 22:44:54.63 ID:VkL5W/z8.net
鞠莉「……………」

2組女「ねぇマリー♡この後どうする…?」

鞠莉「……………」

2組女「……ねぇ…マリー…」

鞠莉「……………」

2組女「マリーってば!」

鞠莉「はっ…あっ…ソォリー…なんだったかしら?」

2組女「…………もぉ!…この後!どうするって聞いてたの!」

鞠莉「あぁ…そうねぇ…………今日はもう…ゴーホームしない?」

2組女「……………」

鞠莉「ちょっと…疲れちゃって……ソォリー…今迎えの車を手配するわ」

2組女「いや」

鞠莉「……ワッツ?」

2組女「いやよっ!まだ一緒にいたい!」

鞠莉「oh…気持ちは嬉しいけど…ちょっと…今日は…ごめんなさい…」

2組女「……あの果南って娘のせい?」

鞠莉「………………」ピクッ

百合女子高校生あるある
12.こういう時やたら良く働く女の勘。ピンポイントで当ててくる
89: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 23:17:39.66 ID:VkL5W/z8.net
鞠莉「ホヮイ?何言ってるの?」

2組女「しらばっくれないでよ!あの娘に会ってからずーっと上の空じゃない!」

鞠莉「そんなことないわ…」

2組女「………マリー…あの娘の事好きなんでしょう!?」

鞠莉「!?な、な、何言ってるのよ!?ち、違うわ!///」

2組女「あるよっ!絶対そう!なによっ!マリーのばかぁ!!」

鞠莉「ちょ、ちょっと…落ち着きましょう」オロオロ…

2組女「私の事遊びだったんでしょう!?」

鞠莉「ワ、ワッツ!?飛躍しすぎよっ!?」

2組女「いいえ!絶対そうよ!私が黒髪でポニーテールだからあの娘の代わりで遊んでるんだわ!マリーなんかもう知らないっ!」プイッ

タタタ…

鞠莉「oh…」

百合女子高校生あるある
12.短編の場合、尺の都合であまりにもあっけなく間女との仲が終わる。
なおモブキャラの場合は気の毒な事にその後のフォローはほぼない
93: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 23:54:27.73 ID:VkL5W/z8.net
鞠莉「……はぁ…フラレちゃったじゃない…果南のせいよ…もう…」トボトボ…

鞠莉「はぁ……………あら……?あれは……」

ダイヤ「……グスッ………スンッ…」トボ…トボ…

鞠莉「…っ!?ダイヤっ!」ダッ

ダイヤ「…!?ま、鞠莉さんっ!?」ハッ!?

鞠莉「ダイヤ…?泣いてるの?」

ダイヤ「な、泣いてなどいませんわ!」グイッ

鞠莉「ウソっ!泣いてたじゃない…!どうしたの!?」

ダイヤ「なんでもありません…!」

鞠莉「なんにもないことはないでしょ…」

ダイヤ「放っておいてくださいなっ…!」プルプル…

鞠莉「…………果南は?」キョロキョロ…

ダイヤ「…………」ピクッ

百合女子高校生あるある
13.嫌なタイミングで、そっちかー…という方とバッタリ会っちゃう
98: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 00:40:13.19 ID:f7sHl4Mf.net
鞠莉「…………果南に泣かされたの…?」

ダイヤ「……っ!……違いますわ」

鞠莉「……ダイヤは昔からウソをつくのが下手ね…お見通しよ?ダイヤはわかり易いもの…トゥーイージー」

ダイヤ「………鞠莉さんには」

鞠莉「………?」

ダイヤ「鞠莉さんには関係ありません!」ドンッ…

鞠莉「キャッ…」ドサッ…

ダイヤ「あっ…」ハッ!?

鞠莉「いたた…ダ、ダイヤ…?」

ダイヤ「ご、ごめんなさい…ごめんなさい…私…」オロオロ…

鞠莉「ダイヤ……」

ダイヤ「……すみません」ダッ

鞠莉「あっ……」

タタタタ…

鞠莉「あのダイヤがあんなに取り乱して……なにがあったの……」

鞠莉「…………果南…!」

百合女子高校生あるある
14.女の友情とは時に美しく、そして時にややこしく、また厄介である
100: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 00:51:57.25 ID:f7sHl4Mf.net
タタタ…タ…タ……トボトボ…

ダイヤ「はぁ…はぁ……うっ…くっ…」

ダイヤ「私は…一体何を…して…うぅ…」ポロポロ…

ダイヤ「私……最低ですわ……」ポロポロ…

トボトボ…

黒澤家前

ダイヤ「……………」グシグシ…

ダイヤ「…ルビィの前では…しっかりしませんと…」

ガララ…

ダイヤ「ただいま帰りましたわ…」

トトト…

ルビィ「お姉ちゃんお帰りー!遅かったね!」

ダイヤ「ええ…ごめんなさいルビィ…果南さん…達と外で食事をしてきましたの」ニコッ

ルビィ「……………」ジッ…

ダイヤ「……ルビィ?」

ルビィ「………お姉ちゃん…何かあった?」

ダイヤ「なっ…」ピクッ

百合女子高校生あるある
15.やたら可愛い不肖な妹がいつもより鋭い
101: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 00:54:32.23 ID:f7sHl4Mf.net
ルビィ「………お姉ちゃん…ルビィじゃなんの役にも立たないかも知れないけど…その…何かできる事があったら…」

ダイヤ「……ルビィ………フフ…心配してくれるのね?ありがとう…大丈夫よルビィ」ナデナデ…

ルビィ「あ……えへへ…」

ダイヤ「妹にも心配かけてしまうなんて…お姉ちゃん失格ね?」

ルビィ「んーん!そんな事ないよ!お姉ちゃんは…ルビィの一番の自慢のお姉ちゃんだもん」ニコッ

ダイヤ「…ありがとう…ルビィ」ナデナデ…

ルビィ「エヘヘ…」

ダイヤ「そうですわ…!気晴らしにアイスを食べましょう?昨日買っておいたハーゲンダッツ(抹茶味)がありますの!後でお姉ちゃんと一緒に食べましょう?」

ルビィ「あっ……」

ダイヤ「フフ…先にお風呂に入ってきますわ」ニコニコ…

ルビィ「う…うゅ…」

百合女子高校生あるある
16.家族という無償の愛の偉大さに気付かされる

黒澤家あるある
1.無償の愛の代償は大きい
121: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 20:02:09.30 ID:WcUfVjrC.net
小腹家 

鞠莉「……………」

チカ…チカ…

鞠莉「……来たわね」

例の密会場所

ザバーン…

果南「……………」

鞠莉「……………」

果南「……なに…?急に呼び出して」

鞠莉「……自分でわかってるんじゃないかしら?」

果南「…………なんの事」

鞠莉「あの後…帰りにダイヤに会ったわ…!」

果南「……っ!」ピクッ

鞠莉「あの子…泣いてたわよ…!」

果南「……っ!」

鞠莉「……何があったの?」

果南「………それは…言えない」

鞠莉「……どうして?」

果南「……どうしても」

百合女子高校生あるある
17.頼んでもないのに首を突っ込みがち。そして三竦み状態になってややこしい事になる
123: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 20:17:41.43 ID:WcUfVjrC.net
鞠莉「……何があったか聞いても何も言ってくれないし…もう!ダイヤを泣かさないでって言ったでしょう!?どうして放って帰ったりしたのよっ!」

果南「それは……!!し、仕方なかったの!」

鞠莉「何が仕方ないの!?ダイヤを傷付けて…!果南の事見損なったわ!」

果南「…っ!!…たしかにそれは…悪かったよ!でも…!」ムカッ…

鞠莉「なに…?何か理由があるなら言ってよ!」

果南「……ま、鞠莉には関係ないでしょっ!?」

鞠莉「ワッツ!?くっ…腹立つぅ…!!関係ないわけないでしょう!?ダイヤは私の大切な親友なんだからっ!!」

果南「私だって!ダイヤは大切な親ゆ…!こ、恋人だよっ!!」タジ…

鞠莉「………!」ピタッ…

果南「………な、なに」

鞠莉「…果南…貴女…まさか…」

果南「……!」

鞠莉「ダイヤの事…好きじゃないのに…付き合ったの…?」

果南「………!!」

百合女子高校生あるある
18.お前が言うな的なツッコミが必要な場面が多々ある
126: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 20:28:16.39 ID:WcUfVjrC.net
果南「ち、違うっ!!そんなわけない!私はダイヤの事…ちゃんと考えてる!」

鞠莉「……本当に…?」

果南「………本当だよ」

鞠莉「じゃあどうして泣いていたの…?」

果南「……だから…それは言えない…」

鞠莉「どうして…?」

果南「……………………」

鞠莉「…黙ってたらなにもわからないわよっ!果南っていつもそう…!大事な事は何も言わないで…一人で抱え込んで黙り込んで…」

果南「………………」プイッ…

鞠莉「どうしていつも何も言ってくれないの?……私達…親友じゃないの…?」

果南「………要件はそれだけ?…じゃあ私…もう帰るから」クルッ…

鞠莉「あっ…!果南っ…!また逃げるの…!?」

果南「…………」ピタッ…

鞠莉「……果南…!」

果南「…………」クルッ…

スタスタ…

果南「…そんなに聞きたいなら教えてあげるよ」ズイッ

鞠莉「………っ!…か、果南…?」タジ…

ザバーン…

果南「ダイヤはね…私の前で鞠莉の真似をよくするんだ…」

鞠莉「……?ホヮイ?なぜそんな事…」キョトン…

果南「わからないかな…?そうだね、わからないよね?鞠莉には」

鞠莉「な、なによ果南…はっきり言ってよ」


果南「私がね…鞠莉の事…………好きだからだよ…!」


鞠莉「……!!?」


ザッバーン…

百合女子高校生あるある
19.なんでそのタイミングで…というアカン状況でのアカン告白
129: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 20:43:32.20 ID:WcUfVjrC.net
鞠莉「か、果南……ウソでしょう…?//」

果南「……………///」カァァ…

鞠莉「だって…そんな素振り…一度も…///」オロオロ…

果南「なにさ………!」

鞠莉「か、果南……?」

果南「こんなウソ…つくわけ無いでしょう!?///」

鞠莉「……!///」ビクッ

果南「ダイヤがさ…私の前で…鞠莉の真似するんだ…!鞠莉の代わりでいい…ってさ!…私が鞠莉の事…諦めきれないから…!そんな事…させたくないのに……諦め…たいのに…」ポロポロ…

鞠莉「か、果南…!?///」

果南「痛々しくて見ていられなかった…!ダイヤも…!……私も………!」プルプル…

鞠莉「果南…………」

果南「…………帰る…」クルッ…

鞠莉「あっ…待って…果南っ!」

タタタ…

鞠莉「果南…………」

百合女子高校生あるある
20.言うだけ言ってその場から消える
131: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 21:11:32.19 ID:WcUfVjrC.net
黒澤家 ダイヤ寝室

ダイヤ「…………」携帯ポチポチ…

携帯「送信されました」

ダイヤ「…………果南さん…………鞠莉さん…」ポソ…

ダイヤ「覚悟を…決めなければいけませんね…」

ダイヤ「……………はぁ…」ズーン…

コンコン…

ダイヤ「……?はい…?」

ガチャ

ルビィ「お姉ちゃん…?」

ダイヤ「ルビィ…?どうしたんですの?」

ルビィ「あ…うん…その……今日…一緒に寝ていい…?」

ダイヤ「ルビィ……ええ…こっちいらっしゃい?」スッ

ルビィ「…!うんっ…えへへ…ありがとう…」トトト…

モゾモゾ…

ルビィ「お姉ちゃん…あったかい…ねぇねぇ…寝るまでお話してもいい?」ニコニコ
ダイヤ「フフ……全く…いくつになっても甘えてばかりなんだから…」ナデナデ…

ルビィ「えへへ…あのね、お姉ちゃん…今日ね……学校でね……それで…練習で……花丸ちゃんたらね…」ツラツラ…
ダイヤ「そう…フフ…そうなんですの?…へぇ…そう…フフ…頑張ってるのね…ルビィ…」ナデナデ…

ーーーーーー

ルビィ「それでね……善子ちゃんがね……ふぁ〜…」アクビ
ダイヤ「……フフ……ルビィ…そろそろ寝ましょうか」

ルビィ「ウン…そうだね…おやすみ…お姉ちゃん……」ウツラウツラ…
ダイヤ「…………ルビィ」

ルビィ「…?なぁにお姉ちゃん?」
ダイヤ「………ありがとう」

ルビィ「…ぅ…ル、ルビィはただ寂しかったから…」
ダイヤ「そう?フフ…ルビィは優しい子ね…」

ルビィ「うゅ…///」

ダイヤ「……でも今度アイスを勝手に食べたらお覚悟…ですわよ?」
ルビィ「ピギィ…ごめんなさいお姉ちゃん」モゾモゾ…

ダイヤ「全くもう…フフ…」クスッ

百合女子高校生あるある
21.ドロドロ現場とは対極的に描かれる温かい家族(妹)のおかげでヤンデレ成分が完全に浄化される
135: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 21:32:16.45 ID:WcUfVjrC.net
次の日…

弁天島 早朝

ダイヤ「………」

タタタ…

果南「…ダイヤ」

ダイヤ「……来て…くれましたのね」

果南「……当たり前だよ」

ダイヤ「………昨日は…ごめんなさい…私とした事が取り乱しましたわ」

果南「…!ダイヤ!ごめん!謝るのは私の方だよ…あんな所で放って帰って…本当にごめん」

ダイヤ「いいえ…私もどうかしていましたわ…果南さんが怒るのも当然です…すみませんでした」ペコッ

果南「ダ、ダイヤ…やめてよそんな…私が不安にさせちゃったのがそもそもの原因なんだから…」

ダイヤ「いいえ……違うんです…全ては私の我儘ですの…」

果南「ダイヤ………」

ダイヤ「私…果南さんとお付き合いをさせて頂く条件として…代わりでもいい…鞠莉さんの事が好きなままでもいいと言っておきながら…結局は私を見て欲しくて…見て…欲しくて…」プルプル…

果南「…!ダイヤ…!」タッ…

ダイヤ「来ないでくださいっ…!」バッ

果南「えっ…」ピタッ…

ダイヤ「今優しくされると……決心が…揺らぎます…」

果南「……ダイヤ…?」

百合女子高校生あるある
21.もう優しくしないで…
137: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 21:48:37.89 ID:WcUfVjrC.net
果南「ダイヤ…それってどういう…」

ダイヤ「果南さん……終わりにしましょう…」プルプル…

果南「……!」  

ダイヤ「恋人ごっこはもう…お終いにするんです…」

果南「そんな…!ダイヤ!」

ダイヤ「果南さん……私の我儘に付き合わせてしまって…すみませんでした…」

果南「ダイヤ…そんな事…言わないでよ…私…」

ダイヤ「いいえ…果南さん…貴女もわかっているんでしょう…?それに……このまま貴女といると私は…いずれ……壊れてしまいます」

果南「…!!」

ダイヤ「今ならまだ…引き返せるんです…」

果南「………ダイヤ」

ダイヤ「……果南さん…短い間でしたけど…ありがとうございました…本当に…幸せで………夢のようでした…」プルプル…

果南「……っ!ダイヤ!そんなこと言うのはやめてよ!私は…ダイヤの事…」

ダイヤ「やめてくださいっ!!」

果南「…っ!……ダイヤ…」ポロポロ…

ダイヤ「果南さん…貴女は優しいから……私の事…とても大切に想って頂いていることは…よく…わかっています…」

果南「違うよ…私は…優しくなんかないよ…!私なんか臆病で…卑怯者で…未練がましくて…」

ダイヤ「いいえ……果南さんはとても優しい人ですわ…私は…いつも果南さんの事を見ていましたから…よく知っています」

果南「ダイヤ…!」ポロポロ…

ダイヤ「そんな貴女の事を…あろうことか私は…その優しさを…利用したんです…本当に卑怯なのは……私…」

果南「やめてよっ…!」

百合女子高校生あるある
22.貴女の優しさを利用していました
138: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 21:57:13.50 ID:WcUfVjrC.net
ダイヤ「………私が…自分で自分の事を…本当に嫌いになってしまう前に……終わりにしたいんです」

果南「ウッ……グスッ…ダイヤ…!」

ダイヤ「果南さん……泣かないで…本当に…貴女はお優しい人ですわね…」

果南「グスッ…私の気持ちは…どうなんのさっ…!」ポロポロ…

ダイヤ「貴女の気持ち…それは…貴女が一番よくわかってる筈ですわ」

果南「…グスッ…ゥウッ……ダイヤは…ズルイよ…!」ポロポロ…

ダイヤ「ええ…私はズルいんです…果南さんが私のお願いを決して断らない事も知っていて…今も利用しているんですもの」

果南「…グスッ……はぁ…ダイヤには…ホント…敵わないよ…」ポロポロ…

ダイヤ「フフ…黒澤家に相応しいのは、常に勝利のみですわ?貴女に泣かされて終わるだけのつもりは…ありません」クスッ…

果南「グスッ……フフッ…なにそれ?…強くなったね…ダイヤ……小さい頃は妹みたいに思ってたのに…」

ダイヤ「ウフフ…果南さんのお陰ですわ…私は…私がこうして強くある為に…また貴女の優しさを利用して自分から幕を下ろすのです」ニコッ

果南「はぁ…ホント…敵わないよ…」

百合女子高校生あるある
23.貴女が私のお願いを断れない事…知っています
140: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 22:05:52.00 ID:WcUfVjrC.net
ダイヤ「果南さん…最後に一つ…お願いがありますの」

果南「ん…なに?なんでも聞くよ」

ダイヤ「フフ…そんな事言っても良いんですか?」

果南「私にできる事なら…」

ダイヤ「そうですか?それでは………ビンタさせていただけませんか?」ニコッ

果南「………ん?」

ダイヤ「あら…?聞こえませんでしたか…?頬を叩かせていただけませんか…?」

果南「いや…言い方の問題じゃなくて…聞こえてたし…」

ダイヤ「ならお願いしますっ♪」ニコッ

果南「え、えぇぇ…い、いいけど…なんか今日一番の笑顔で言われると…それに…なんだろ…えと…フラれたのにビンタされるの…?私…」

ダイヤ「フフ…この私にここまで恋をさせた罪…と言うやつですわ♡よくある話ですのよ?恋をさせるのはそれだけで罪なんです!理不尽でも仕方ありませんの♪それに…一度やってみたかったんです!伝説の…あれを…」ワクワク

果南「え…?伝説…?」

ダイヤ「フフ…こちらの話です…では…いきますわよ?お覚悟を…!」スッ

果南「うっ…うんっ…!」ギュッ…

ダイヤ「ア ナ タ は 最 低 で す っ ! ! 」ビュンッ

バシーーンッ!

果南「へぶっ!?」

百合女子高校生あるある
24.色々とあった問題をビンタ一発で済ませてくれる

サンシャインSSあるある(予測)
1.果南ちゃんが多少理不尽にビンタされる
152: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 22:24:23.24 ID:WcUfVjrC.net
果南「っ〜!!いったー…!」ヒリヒリ…

ダイヤ「ウフフ…ありがとうございます、果南さん?」

果南「ダイヤぁ…もうちょっと手加減してよぉ…」ヒリヒリ…

ダイヤ「私に恋をさせた罪は想像以上に重いのですわよ?ウフフ…」

果南「なにさそれぇ…はぁ…敵わないよ…ホントに…」ニヘラ…

ダイヤ「フフ…貴女のその困ったような笑顔…大好きでした」ニコッ

果南「あはは…ありがとう…」

ダイヤ「果南さん…少し…時間がかかるかもしれませんが…私にとって貴女は大切な幼馴染であることに変わりはありません……また…私と…元のように親友としてこれからも付き合っていって頂けますか…?」

果南「ダイヤ……もちろんだよ…!」

ダイヤ「ありがとうございます…果南さん!」ニコッ

果南「ダイヤ……強くなったね……ホント…私なんかとは…大違いだよ」

ダイヤ「ウフフ…果南さんのお陰ですわ?もちろんこれは…皮肉ですのよ?」

果南「勘弁してよ…」ハハ…

ダイヤ「……果南さん………次は……貴女の番ですわ…」

果南「………!」

百合女子高校生あるある
25.私もやったんだから次はお前もやれという結構な無茶振り
154: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 22:30:12.43 ID:WcUfVjrC.net
果南「ダイヤ……?」

ダイヤ「確かに今鞠莉さんにお付き合いをしている女性がいますが…貴女自身のケジメのために…鞠莉さんとちゃんと話をしてください」

果南「ダイヤ……」

ダイヤ「……実は…昨日泣いて帰っている所を見られてしまいました…果南さん…もしかしたら鞠莉さんから何かアクションがあるやもしれません」

果南「あ……えと……ごめん…もうあった…」

ダイヤ「……やはりそうでしたか…さすが…行動派の鞠莉さんらしいですわね…」

果南「その…それに……もう好きって…勢いで言っちゃってるし…」

ダイヤ「えっ…?」

果南「…ごめん…ダイヤの事問い詰められて…私が鞠莉の事…好きだから不安にさせたって……」

ダイヤ「………そうなんですか…」

果南「うん……」

果南(真似してた云々まで喋っちゃったのは黙っておこう…)

ダイヤ「それで…鞠莉さんはなんと…?」

果南「え…?」

ダイヤ「ですから…鞠莉さんはなんと…」

果南「え…?いや……何も…と言うか…何も聞かずに帰ってきちゃった……」

ダイヤ「………………」

百合女子高校生あるある
26.基本的に人の話を聞かない
172: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 20:39:00.83 ID:4pCs5aFh.net
ダイヤ「果南さん……それは話をしたとは言いませんわ…」ジト…

果南「うっ……でも…」タジ…

ダイヤ「でもじゃありません!…果南さん…鞠莉さんとちゃんと向き合ってください」

果南「うぅ…でもさ…鞠莉にはもう…」

ダイヤ「……これは私の勘ですが…正直…鞠莉さんがあの方と長続きするようには見えません…案外…もう別れていたりするんじゃないですか?」

果南「ダイヤ…それはあんまりじゃない?いくら鞠莉が気まぐれな所があるからってさ…そんな早く別れるなんていくらなんでも不誠実な……」

ダイヤ「………果南さん?…それ私の前でよく言えましたね?」ゴゴゴゴ…

果南「あっ…!ご、ごめんっ!」オロオロ…

ダイヤ「冗談ですわよ」ニコニコ…

果南「お、脅かさないでよ…」

百合女子高校生あるある
27.その辺についてはわりとお互い様なのでは?という場面でも主人公が一方的に責められがち
174: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 20:47:39.86 ID:4pCs5aFh.net
ダイヤ「まぁとにかくそんな事は些細な事なのです…どちらにせよ、鞠莉さんとは話をつけてください。このままでいいわけないでしょう?せめて返事を聞いて、ちゃんと決着をつけてくださいな」

果南「うぅ…ダイヤはキツイなぁ…だって負けるとわかっている戦に特攻しろなんてさ…もう既にフラレてるようなものなのに…」

ダイヤ「このまま中途半端にしていると…またすれ違いになってしまいますよ?………私にも出来たんです…果南さんだって出来るずです……それに……」

果南「……?…」

ダイヤ「……いえ、なんでもありませんわ」

果南「……?そう……。はぁ……鞠莉にフラれたら慰めてくれる?」

ダイヤ「絶対にお断りですわ♡」ニコッ

果南「…やっぱり?」

ダイヤ「当たり前です!いつまでも私に甘えないで下さい!むしろ…ざまぁみろ!と言って笑ってやりますわ♪」

果南「アハハ…そうだよねぇ…はぁ〜…ダイヤぁ…もしかしてそれが目的なんじゃない?」ニヤ

ダイヤ「さぁ?それはどうでしょうか?…ウフフ…アハハ」クスクス…

果南「ダイヤってば…アハハハ」

ダイヤ「さぁ…そろそろご実家のお仕事の手伝いの時間ではなくて?私はもう少し休んでから戻りますので…朝から弁天島の階段はやはりくたびれましたわ」

果南「あっ…そうだね…………ダイヤ」

ダイヤ「…なんでしょうか?」

果南「……ありがとう…」

ダイヤ「………こちらこそ…。果南さん…あの時ホテルで私の事を怒ってくれて…大切に思ってくれて………ありがとうございました」

果南「ダイヤ……」

百合女子高校生あるある
28.同情で抱かないで怒ってあげることも優しさ
175: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 20:54:38.95 ID:4pCs5aFh.net
ダイヤ「………貴女を好きになって…本当に良かったですわ…」

果南「…………ダイy

ダイヤ「もう行ってくださいっ…!」

果南「………!」

ダイヤ「………また来週…学校でお会いしましょう…」クルッ…

果南「…………………わかった………またね…ダイヤ」

ダイヤ「ええ……」

果南「………………」クルッ…

タッタッタッタッ…

果南「…………」タッタッタッ…

果南「…………」タッ…タッ…タッ…

果南「……………………」トボトボ…

果南「…………ごめん…ダイヤ…グスッ…ごめんね…ウッ……」ポロ…ポロ…

百合女子高校生あるある
29.ごめん…と本人に言ってはいけない事はわかってる
176: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 20:59:52.14 ID:4pCs5aFh.net
タッタッタッタッ…タッ…タッ…タ…

ダイヤ「………………」

シーン……

ダイヤ「果南さん…頑張って下さい…それから……本当に…ありがとうございま…し…た…」プルプル…

ダイヤ「………うっ…」ブワッ…

ダイヤ「うっ……うぅ…グスッ…ゔぅ…ぅえ…」ポロポロ…

ダイヤ「うっ…うっ…ゔぇ…グスッ…うぅぅ…」ボロボロ…

ダイヤ「グスッ…うっ…グスグス………」ボロボロ…

ーーーーーー
ーーーー
ーーー
百合女子高校生あるある
30.案の定やっぱり無理してる
177: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 21:02:18.91 ID:4pCs5aFh.net
黒澤家前

ダイヤ「……………」手鏡ジー…

ダイヤ「………さすがに2日続けて妹に心配かける訳にはいきませんものね……」

ルビィ「お姉ちゃん?」

ダイヤ「ひぎっ!!?」ビクゥッ!?

ルビィ「ピギィ!?…お、お姉ちゃん…?大丈夫?」ビクッ

ダイヤ「ル、ルビィ!?いきなり後から話しかけるのはおやめなさいっ!」

ルビィ「ピギ……ご、ごめんなさいお姉ちゃん…」

ダイヤ「まったく…!それで…出かけていたんですの?」

ルビィ「あ…うん…ちょっとコンビニまで…エヘヘ…」

ダイヤ「そうなの…」

ルビィ「……………」ジー…

ダイヤ「な、なんですの?ジロジロと…」タジ…

ルビィ「あ…ううん……ねぇねぇお姉ちゃん!見てこれ!」ガサガサ…ヒョイッ

ダイヤ「これは……ハーゲンダッツ…?」

ルビィ「えへへ…ハーゲンダッツだけじゃないよ!他にも雪見だいふくに…パピコもあるよ!それから…プリン!お姉ちゃんと一緒に食べようと思ってお小遣いで買ってきちゃった!…お姉ちゃん…一緒に食べよう?」

ダイヤ「ルビィ……」ジーン…

ルビィ「エヘヘ…」

ダイヤ「まったく…あまりお菓子を買い過ぎてはお母様に叱られますわよ?食べ過ぎも良くありませんし」

ルビィ「う、うゅ…」タジ…

ダイヤ「ですが……フフ…今日の所は…見逃して差し上げましょう?」ウインク

ルビィ「お姉ちゃん…!」パァァ…

ダイヤ「後で私の部屋にいらっしゃい?それから……せっかくですからμ'sのDVDを見ながらいただきましょうか?」ニコッ

ルビィ「えっ!?いいのぉっ!?」キラキラ…

ダイヤ「今日だけ解禁です♪」

ルビィ「やったぁぁ!!お姉ちゃん大好きっ♡」ダキッ

ダイヤ「あらあら…まったく…ウフフ………ありがとう…ルビィ…」ナデナデ

ルビィ「エヘヘ…」ギュッ

百合女子高校生あるある
31.この様に人気のある負けヒロインには確実に救済措置が設けられる。今回の場合は家族愛。下手に新しい恋をさせるより格段に救いが大きい
179: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 21:12:11.51 ID:4pCs5aFh.net
その夜…

小原家 例の密会場所 

鞠莉「……………」ポー…

ガチャ…

鞠莉「…………!」チラ…

ウェットスーツ果南「…………」ポタ…ポタ…

鞠莉「……とりあえず…先ずは身体拭きなさい…後ビーサン脱ぎなさい今すぐに」バスタオルポイッ…

ウェットスーツ果南「…………そうだね…ごめん」バサッ…フキフキ…

鞠莉「全くどいつもこいつも連絡もなしに…どうして毎回毎回無断で上がってくるのかしら…?うちのセキュリティゆる過ぎない?これは今度こそ減給ね…」

果南「…だって…鞠莉…合図送っても来てくれないかもしれないし…」ブツブツ…

鞠莉「ならスマホで連絡しなさいっ!…あとこれ着替え!風邪引くから身体拭いたらそこの廊下で着替えなさいっ!」ポイッポイッ

果南「わ、わかったよ…」

百合女子高校生あるある
32.主人公のダメ亭主感or後に尻に敷かれそう感

サンシャインSSあるある(予測)
2.鞠莉の部屋にはバスタオルと簡単な果南の着替えが常備されている
180: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 21:22:30.75 ID:4pCs5aFh.net
果南「おまたせ…」

鞠莉「もう…!それで…?」

果南「…………それで…って…」

鞠莉「………なんの用なの?」プイッ…

果南「用って…そりゃ………その……」モジモジ…

鞠莉「…………………」チラチラ…

果南「………昨日の…」

鞠莉「………………!//…」ドキッ

果南「………………その………」モジ…モジ…

鞠莉「……………………」ドキドキ…

果南「………………こ、告白…の………」モジ…モジ…

鞠莉「………あ、あぁもぅっ!ハリィー!?私はヒマじゃないの!はっきり言いなさいっ!」クワッ

果南「な、なにさ…わかったよ!昨日の私の告白の事だよっ!」

鞠莉「………!//」

百合女子高校生あるある
33.主人公はだいたいヘタれ
182: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 21:33:09.07 ID:4pCs5aFh.net
果南「……昨日さ…返事も何も聞かないで帰っちゃったし…ケンカ別れみたいになってたから…」

鞠莉「…………」

果南「ちゃんと話をしようと思って…」

鞠莉「………そうね…」

果南「……それからもう一つ…謝らないといけないことがあるんだ…」

鞠莉「……ん?」

果南「……ダイヤの事……」

鞠莉「………………」

果南「……………別れちゃった…一応私がフラレたんだけど……私がそうさせちゃったんだ……結局…傷付けただけだった…」

鞠莉「………………そう…」

果南「…あんまり驚かないんだね」

鞠莉「…………まぁ…ね…」

果南「……それでね…ダイヤが言うんだ…果南さんも
鞠莉さんとケジメをつけてこいっ…て…」

鞠莉「……強いわね…ダイヤは…」

果南「そうだね…昔はあんなに小さくて…言い方はあれだけど小動物みたいだったのに…今じゃ誰からも頼りにされる生徒会長だもん…」

鞠莉「……ノンノン…ダイヤは昔からガッツあったわよ?…ダイヤみたいなお嬢様からしてみれば野生児の果南の後ろにくっついて回るのってすっごーく大変なんだから…」

果南「…そう…だね………もっと…ちゃんとダイヤを見てあげていたら…ちゃんと…好きになってあげていれば…」

鞠莉「…っ!!果南…!…それ…ダイヤに失礼だから絶対本人の前で言っちゃ駄目よ…!…そういうのは意識するものじゃないの…自然に目で追っちゃうものなんだから…」

果南「……ごめん…わかってるよ」

百合女子高校生あるある
34.女の子は好きになろうとしてもそう簡単には好きになれないし、そもそもなろうとするものではない
184: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 21:40:41.56 ID:4pCs5aFh.net
果南「……そうだね……たしかに…その通りかもね…たしかに私…自然と鞠莉ばかり…目で追ってた…」

鞠莉「………!」

果南「……鞠莉さ…私が鞠莉の事好きって事…ほんの少しでも気付いてた?」

鞠莉「………いいえ…ごめんなさい…全然…わからなかった……」

果南「……だろうね……必死で…隠してたから…」

鞠莉「………」

果南「……初めて見た時さ…鞠莉の事…子供心に(天使が転校してきた!)ってわりと本気で思ったんだ…私なんかとは全然違う女の子………
気になって…凄く気になって仕方なくて…転校生の天使の女の子の事…もっと知りたくて…ダイヤに引き止められながら庭に忍び込んでさ…」

鞠莉「……………………///」

果南「……触れて…みたかったんだ…天使…ううん、鞠莉に…//」

鞠莉「………か、果南……///」

果南「……困ったことにさ…今も…その想いは変わってないんだ…その想いが何なのか…子供の頃はわからなかったし…気にもしなかったけど……今ならわかるよ……私…子供の頃からずっと……鞠莉の事…好きだった」


百合女子高校生あるある
35.ヘタレかと思えば唐突に饒舌になってロマンチックな告白をしだす
186: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 21:50:33.38 ID:4pCs5aFh.net
鞠莉「果南…………」

果南「………引いたよね…?……ハグとか言って誤魔化してさ…子供の頃の悪知恵…今もずっと使い続けてるんだもん…バカだよね…ハハ…」

鞠莉「…………………」

果南「…………それで結局……ダイヤまで巻き込んで…迷惑かけちゃった…」プルプル…

鞠莉「………………」

果南「………ごめんね…鞠莉………鞠莉の事…ずっと…そういう目で見てた…ホントに…ごめん……」ポロ…ポロ…

鞠莉「言いたい事はそれだけ…?」

果南「……うん…」

パァンッ

果南「ぶっ!?」

鞠莉「………なに勝手に自己完結してんのよ…!!迷惑?…引く…?ぜーんぜんよっ!!」

果南「ま、鞠莉…?」ヒリヒリ…

百合女子高校生あるある
36.こんな想い…迷惑だよね?に対して派手にキレる

サンシャインSSあるある3.
鞠莉さんのビンタはだいたい不意討ち
190: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 22:06:30.50 ID:4pCs5aFh.net
鞠莉「どうして今まで言ってくれなかったの!?どうしてこんなに隠そうとしたのよ!」ズイッ

果南「…っ!なにさ…!!そんなの…!当たり前でしょう!?」

壁ドンッ

鞠莉「……っ!///」タジ…

果南「だって……こんな想い…おかしいよ…!ずっとだよ…!?鞠莉と…もっと触れたいとか思ってさ…!!こんなの……鞠莉への…最悪の裏切りだよ…!」ギリッ

鞠莉「………裏切り?裏切りって言った今!?果南はダイヤの果南への想いも自分に対する裏切りだっていうの!?」ズイッ

果南「………っ!?」ハッ!

鞠莉「違うでしょう!?また勝手に自分だけで結論出して…!!これ以上…ダイヤを侮辱するのは…絶対許さない…!それと……あまり私を見くびらないで…!!」

果南「鞠莉…?」

鞠莉「私の果南への想い…見くびらないでっていったの!!」

果南「鞠莉………でも……!」

鞠莉「果南にそんな目で見られたからって…私が果南の事引いたりとか…あるはず無いでしょう!?果南がそんな想いで苦しんでるのよ!?そんなの…私が…迷惑に思うはずないっ…!」

果南「鞠莉…」

鞠莉「それに…私だって…!果南の…こと……!」

果南「え……?」

鞠莉「…………っ!…///」

果南「ま、鞠莉…?」キョトン…

百合女子高校生あるある
37.そんな無茶な…と思われがちなキレ文句の王道台詞「どうして黙っていたの!?」
196: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 22:36:34.59 ID:4pCs5aFh.net
>>191
訂正…

鞠莉「あぁもうっ!!ここまでいったらわかりなよっ…!あのねぇっ…私も果南の事…子どもの頃から好きだったって事!」ドンッ

果南「わとと…え?……それって…え?私を?鞠莉が…?///」

鞠莉「………///」プルプル…

果南「そんな…だって…鞠莉こそ…今までそんな素振り一度も……//」

鞠莉「うるさいっ!そんなのお互い様でしょ!?…果南……今日わざわざ忍び込んで来たのは昨日の告白の返事が欲しい…ってことよね!?」ズイッ

果南「そ、それは…平たく言えばそうだけど……でも…」タジ…

鞠莉「先に答えを教えてあげる!!こうよっ…!!」ガシッ

果南「え…っ!?…ちょ…鞠莉!?まっ…

グイッ

チュー…

果南「…………ンッ!?」

鞠莉「……………ン…!」

チュ……

果南「ぷは…!…ま、まり…///」カァァ…

鞠莉「…ン………こういう事よっ…!///」カァァ…

百合女子高校生あるある
38.行動で示すとか言って不意討ちのキス。
百合の場合最初のダイヤさんの行動然り、好きと言う言葉だけではどうにも曖昧になりがちなので行動で示す事が多い
192: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 22:18:48.96 ID:4pCs5aFh.net
果南「ま、ま、まずいよ鞠莉…だって鞠莉には…付き合ってる人が…///」カァァ…

鞠莉「関係ないわよ…!!あ、いえ…と言うか…彼女とは昨日もう別れたし」

果南「えっ…?………へ?もう別れたの!?…え?なんで?」

鞠莉「はぁ?果南…貴女がそれ言うの?」ジト…

果南「え、あっ…ごめん……」タジ…

鞠莉「昨日果南達と会ってから様子がおかしくなって…その…フラれたの!」

果南「そ、そっか…!」ヘラ…

鞠莉「な、なにちょっと嬉しそうな顔してるのよ!!果南のせいなんだからねっ!?///」

果南「え…私関係ある…?」

鞠莉「そ、それは……!と、とにかく!こういう事だからっ!」

果南「え、えと……鞠莉もその…私の事好きってことでいいの…?」

鞠莉「は、はぁっ!?さっきもそう言ったし今の今行動で示したのでしょう!?」

果南「そ、そっか……そうなんだ…えへへ…そっか…///」パァァ…

鞠莉「…っ!な、なによ…もう…果南ってばだらしない顔っ…///」プイッ

百合女子高校生あるある
39.二人が両想いというならなんかもう色々なツッコミは全て野暮なことになる
195: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 22:34:31.67 ID:4pCs5aFh.net
果南「あれ…ちょっと待って…」ピタッ…

鞠莉「…え?」

果南「鞠莉……子供の頃から好きって?」

鞠莉「っ!…そ、そうよっ!悪い!?」

果南「………どうして隠してたの?」

鞠莉「っ…そ、それは…恥ずかしいし…///」

果南「それだけ…?迷惑とか…引かれる…とか考えてたんじゃないの?」

鞠莉「…そ、それは…その……」タジ…

果南「……………なんだ…じゃあ結局鞠莉も私と同じじゃない……」ジト…

鞠莉「」

果南「結局は鞠莉も私の鞠莉への想いを見くびってた訳でしょ?」ニヤニヤ

鞠莉「な、なによっ!?果南がそんな素振り全く見せなかったから!」

果南「それだってお互い様だよ!しかも彼女まで作っちゃってさ!」ムスッ…

鞠莉「そ、それだって果南が何にもアクションしてこないからよっ!自分だってすぐにダイヤと付き合ったくせにっ!だいたいっ!彼女が出来たって言っても表情一つ変えなかったじゃないっ!!」ムキー

果南「えーっ!?それはいくらなんでもズルいよ鞠莉!まるで当て付けで付き合ったみたいじゃん!」

鞠莉「あー!?言ったわね!?果南がヘタれるのが悪いのよ!こういう場合果南がリードしてくれないとダメなのっ!」

百合女子高校生あるある
40.二人が幼馴染の場合成立した途端にツンデレ喧嘩ップルに即時軌道修正される
197: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 22:40:39.23 ID:4pCs5aFh.net
果南「なにさそれっ!結局全部お互い様なのに私だけビンタされ損じゃん!」ムスッ…

鞠莉「そ、それは…!くぅ…いらない事蒸し返してコイツ…!もお!わかったわよ…!はいっ!」スッ

果南「へっ…?」

鞠莉「ほら……ここ…!これで…その…おあいこにしましょう…」チョンチョン…

果南「…………」

スッ

鞠莉「………!」グッ…

果南「…………ハグ…」

鞠莉「…………!」

果南「ビンタよりさ……仲直りに…ハグ…しよ?」

鞠莉「果南………」

果南「ほら……鞠莉…おいで?」パッ

鞠莉「………果南…もう…バカ…///」スッ

ギュッ…

百合女子高校生あるある
41.幼馴染喧嘩ップルの特徴として唐突に喧嘩したと思ったら瞬時に仲直りし、直後に甘い空気を漂す

サンシャインSSあるある(予測)
4.どんな事があっても果南ちゃんは鞠莉さんをビンタしない

サンシャインSSあるある(確信)
5.最後にハグさせとけば全て丸く収まる
215: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 19:11:43.25 ID:CVjdUmSa.net
翌週月曜

黒澤家

ダイヤ「ルビィ…!…ルビィ!起きなさい…!そろそろ起きなさいと遅刻しますわよ!」ユサユサ…

ルビィ「ぅゅ……ムニャムニャ…」スピー…

ダイヤ「まったく!…スクールアイドルで少しは成長したかと思えば…相変わらず寝起きは最悪ですわね………それにしても…」

ルビィ「ウーン…ムニャムニャ……オネェチャン…」スヤー…

ダイヤ「我が不肖な妹ながら……なんて愛らしいんでしょう…」ウットリ…

ルビィ「ゥュー…」スヤー…

ダイヤ「あぁ……とても無理矢理なんて起こせませんわ………はぁ…私も…まだまだ甘いですわね…」

ルビィ「ムニャムニャ……オネェチャン…」スヤー…

ーーーーーー
ーーーー
ーーー

ダイヤ「………結局起こしきれませんでしたわ………ま、たまにはいい薬でしょう…」スタスタ…

「あっ…ダイヤ…!」

ダイヤ「…………」クルッ…

果南「…お、おはよう…ダイヤ」

鞠莉「……ダイヤ…グッモーニン」

百合女子高校生あるある
42.まだ傷も癒えてないようなタイミングでわざわざ二人で会いに来る

黒澤家あるある
4.お互い重度のシスコンであるが互いの扱いが唐突にドライになったりして妙にリアル
216: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 19:26:02.00 ID:CVjdUmSa.net
ダイヤ「……フフ…おはようございます…果南さん…鞠莉さん」ニコッ

果南「あ、あのさ…」

ダイヤ「……鞠莉さん」スッ

鞠莉「…!な、なに…ダイヤ」

ダイヤ「先週末は突き飛ばしてしまいまして本当にすみませんでした……どこかお怪我はありませんでしたか?」ペコッ

鞠莉「ダ、ダイヤ…そんな、全然平気よ!そんな謝らないで…!」

ダイヤ「なら良かったです」ニコッ

鞠莉「ダイヤ…」

果南「………」シュン…

ダイヤ「果南さん…?」

果南「…!な、なに?」

ダイヤ「鞠莉さんの事…宜しくお願いしますね?」

果南「……!」

鞠莉「……!ダイヤ…!」ウルッ…

ダイヤ「鞠莉さんを泣かせたら…承知しませんことよ?」

果南「…わかってる」

鞠莉「ダイヤ……ありがとう…」

百合女子高校生あるある
43.負けヒロインはとにかくなんでも全てお見通し。そしてとにかくぐう聖
217: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 19:41:09.39 ID:CVjdUmSa.net
ダイヤ「果南さん……もし…鞠莉さんを泣かせでもしたら…更にパワーアップした伝説の"あれ"の再来ですから…お覚悟を…?」ニコォ…

果南「ひいっ…!?わ、わかった…!絶対幸せにするよ…!!」ビクッ…

鞠莉「果南…?」

ダイヤ「鞠莉さん」

鞠莉「…!」

ダイヤ「…おめでとう…もう間違えないで下さいね?…もう果南さんに泣きつかれるのは懲り懲りですから」クスッ

鞠莉「泣きつかれる?」キョトン…

果南「あっ!?ちょっ!ちょっとダイヤっ!///」アセアセ

ダイヤ「鞠莉があの女の子と楽しそうに喋ってた〜…また鞠莉と喧嘩しちゃった〜…鞠莉に嫌われた〜…などなど…はぁ…特に鞠莉さんに彼女が出来た時など…泣きじゃくって本当に大変でしたのよ?」ヤレヤレ…

果南「ダ、ダ、ダイヤ〜…!!////」

鞠莉「か、果南がそんな事を…///」

ダイヤ「 もうウンザリですの!面倒ですから果南さんのお世話はバトンタッチいたしますわ?」ニコッ

果南「勘弁してよ…///」

鞠莉「……わかったわ…ダイヤ……本当にありがとう…」

ダイヤ「……ええ」ニコッ

果南「……ダイヤ…」

ダイヤ「さ、お二人でサッサと学校行ってくださいな?私はのんびり歩きたいんですの」

果南「……え、でも…」

鞠莉「………」

ダイヤ「ごめんなさい…お二人とちゃんと幼馴染に戻るには…今しばし時間をいただけますか?」

鞠莉「………わかった……果南…行くわよ」

果南「鞠莉…でも…」

百合女子高校生あるある
43.今は一人にしてください
218: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 19:55:55.20 ID:CVjdUmSa.net
鞠莉「でもじゃないのっ!」グイッ

ダイヤ「鞠莉さん…ありがとう…」

果南「ダイヤ……」

タタタ…

「お姉ちゃ〜ん!」

かなまり「あっ…」

ダイヤ「……?ルビィ?」クルッ…

ルビィ「ハァ…ハァ…ひ、酷いよぉ〜お姉ちゃん…置いていっちゃうなんてぇ…ルビィ朝ごはん食べられなかったよぉ…」メソメソ…

ダイヤ「はぁ…貴女が何度起こしても起きないからでしょう…まったく…黒澤家の娘とあろうものが…」

ルビィ「うぅ…だからって置いていくなんて冷たいよぉ…お姉ちゃんと一緒に学校行こうと思ってたのにぃ…」

ダイヤ「ならサッサと起きなさいっ!」キッ

ルビィ「ピギッ…!?ごめんなさいお姉ちゃん……じゃ、じゃあ今から一緒に学校行こっ♪」グイグイッ

ダイヤ「ちょっ…ちょっと…そんな引っ張るんじゃありません…!…では果南さん、鞠莉さん…それではまた」

果南「あ、うん…」

鞠莉「バ、バァイ?」

ルビィ「…………」クルッ…

かなまり「………?」

ルビィ「…………」ジロッ…!

かなまり「…っ!?」ビクッ

ダイヤ「ルビィ…どうかしたの?」

ルビィ「あ、ううん…なんでも!エヘヘ…お姉ちゃ〜ん♪」ルンルン

ダイヤ「まったく…フフ…」クスッ

スタスタ…

かなまり「………………」ダラダラ…

百合女子高校生あるある
44.主人公サイドへのモヤモヤ、不満等は負けヒロインの可愛い妹がひと睨みで晴らしてくれる
220: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 20:14:05.88 ID:CVjdUmSa.net
果南「…………完全にルビィちゃんに嫌われちゃったね…意外に鋭いね…ルビィちゃん…」シュン…

鞠莉「…oh…仕方なわよ…甘んじて受け入れるべきよ…」シュン…

果南「………ルビィちゃん…あんな顔するんだ…」

鞠莉「女の子は色々な顔を持っているものね…」

果南「そうだね……」

鞠莉「……果南もそうみたいだもね?」ニヤリ

果南「えっ?」

鞠莉「私に彼女が出来た時…そんなに泣いてたのぉ?」ニヤニヤ…

果南「なっ…!?///」カァァ

鞠莉「おぉっ!赤くなってる♪フフン…果南にそんな意地らしい一面があったなんてねぇ」ニヤリ

果南「うるさいっ…!///」プイッ

鞠莉「フフフ〜他には他には?私が他の子と喋ってたら嫉妬してたの?ねぇねぇ?ダイヤに相談してた事もっと教えてよ果南〜?♡」

果南「うるさいってばっ!知らないっ///」プイッ

鞠莉「え〜ダイヤには言えて私には教えられないのかなぁ〜ん?」ウリウリ…

果南「…だ、だからっ…!……ん?」ジッ…

鞠莉「…?どうしたの…?」

果南「…あれ?鞠莉…なんかイライラしてる?」

鞠莉「……っ!?なっ、なんで私がっ!そんなわけないでしょ!?///」ギクッ

百合女子高校生あるある
45.なぜかその幼馴染ならではの洞察力は恋愛事では活かせない
222: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 20:26:00.91 ID:CVjdUmSa.net
果南「いーや!絶対イライラしてるよっ!…んー…?」ジトー…

鞠莉「……なっ、なによっ…!///」タジ…

果南「…鞠莉…もしかして私がダイヤに色々と相談してたの嫉妬してる?」ニヤリ

鞠莉「っ!?///」ズボシッ…

果南「なぁ〜んだ!へぇ〜…鞠莉が嫉妬ねぇ…フフフ…///鞠莉だって意地らしいとこあるんじゃんか!アハハハ」

パァンッ

果南「…っ!?」

鞠莉「…か、果南のバカぁ〜!!///」タタタッ

果南「えっ…ええっ!?ちょっ…ちょっと待ってよ!待ってよ鞠莉ぃー!」ヒリヒリ…

タタタタ…

百合女子高校生あるある
46.どんな形であれ、百合はみな美しい

サンシャインSSあるある
6.どうせこの後ハグする

"かなまり"でわかる百合女子高校生あるある物語

223: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 20:30:55.52 ID:CVjdUmSa.net
ーーーーーー
ーーーー
ーーー

浦ノ星女学院 

部室

梨子「えー…以上を持ちまして今度の学園祭の出し物案…
寸劇『"かなまり"でわかる百合女子高校生あるある物語』
のプレゼン発表を終わります!企画、原案、監修は私、桜内梨子と…」

花丸「執筆は国木田花丸でお送りしましたズラ♪」ニコニコ

梨子「実は花丸ちゃんは過去に何度かのぞえりSSを投稿して完結させた実績の持ち主なの♪
その実績を見込んで今回執筆で協力してもらいました。いかがだったでしょうか?」ニコニコ

花丸「エヘヘ…照れるズラ♪このパソコンとスマホがあればたとえ真似事でも誰でも作家になれるなんて夢みたいズラ!便利な世の中だよね、凄い未来ズラ〜!」ニコニコ

ダイヤ「」

果南「///」プルプル…

鞠莉「///」プルプル…

千歌「うぅぅ…!いやぁ…良かったよぉ!梨子ちゃん!花丸ちゃん!私感動しちゃったよぉ!」ウルウル

曜「うん、良かった!良かったよ〜!果南ちゃん!鞠莉さんっ!うぅ…お幸せにねぇ…!」ウルウル…

ルビィ「ちょ、ちょっと待って下さい!こんなの…お姉ちゃんが……あんまりだよぉ!酷いよぉ!お姉ちゃぁ〜ん!」ビィィ!

ダイヤ「」ギュゥゥ…

千歌「ハッ!?…そうだよ!ダイヤさんは!?ダイヤさんはこの後どうなるの!?ダイヤさん可哀想だったよ!」ユサユサ!

ダイヤ「」ガグガク
224: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 20:35:16.65 ID:CVjdUmSa.net
善子「そうよっ!と言うか…ダイまり推しの私は納得できないわっ!あんまりよっ!こうなったら私のリトルデーモンを召喚して荒らしてやるぅ!」ムキー!

曜「あっ!そうだ!そうだよ!私もダイかなにすっごく可能性感じてたんだヨーソロー!ちょっと納得いかなくなってきた!」ガタッ!

ダイヤ「」

果南「」

鞠莉「」

ワイワイ…ガヤガヤ…

梨子「皆…!落ち着きなさい…座って!……座りなさーいっ!」

ピタッ…

ガタガタ…ストンッ…座り…

梨子「ゴホン…皆の言い分ももっともです!確かにこのお話はタイトルの通り"かなまり"の物語…ダイヤさんは残念ながら俗に言う負けヒロイン…悪い言い方をしてしまえば…当て馬です」

ルビィ「酷いよっ!!」ガタッ

梨子「ルビィちゃん座って…!最後まで聞いて」

ルビィ「ぅゅ…!」ムスッ…

梨子「確かに当て馬という存在は扱いとしてははあんまりです…でもね、今回のダイヤさんの様に丁寧に描写してフォローもしっかり行えば…あらゆる方面から二次製作でこぞってダイヤさんを救い出しにかかります」

ルビィ「救い出し…?」
225: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 20:38:03.62 ID:CVjdUmSa.net
梨子「物語の中でも救済措置としてルビィちゃんに頑張ってもらったけど…
それだけではあきたらず、SSやpixivなどの誰でも参入できる分野を始め、同人誌、さらには大手サークルなどが続々とダイヤさんにスポットを当てて救い出しにかかるんです!」

善子「…と、言う事は…!」

梨子「ダイまり、ダイかな…思いのまま…!もちろんメインカプは公式からの供給が尽きないし、それはそれとして二次製作の人気はでるだろうけど
妄想余地のあるマイナーカプの二次製作はある意味とっかかりやすいという特徴もあるの!
…公式では決して描くことの出来ないウフフな展開も…大手サークルのハイクオリティな絵柄で目白押しよ…!」ニヤリ

千歌「おぉ…!///」

曜「なるほど…!//」
226: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 20:39:38.62 ID:CVjdUmSa.net
梨子「もちろん…家族愛でない…禁断の姉妹百合もね…?」ウフフ…

ルビィ「……?」キョトン

花丸「やめるズラ?」チョップ ゴスッ

梨子「あ、はい…」シュン…

鞠莉「……///」ガタッ!!

一同「」ビクッ!


鞠莉「やはり予定通り、学園祭の出し物はシャイ煮で決定ですっ!!」


千歌「あああぁっ!!」

曜「のぉぉぉぉ!!」

梨子「くっ…!!」ギリィ…!

花丸「ズラぁ…!?」ガーン…

ルビィ「ピギィ…」ズーン…

善子「あ、悪夢よ…ナイトメアの再来よ…ふふ…」クラクラ…

ダイヤ「どうしてよりによって三年生組を題材にしたんですのっ…!」ギリギリ…

果南「なにもフォローができないよ…なにさ、かなまりって…!くっ…///」ギリギリ…


こうしてシャイ煮は決行された

ーーーーーー
ーーーー
ーーー

ダイヤ「……花丸さん花丸さん…」チョイチョイ…

花丸「ズラ?」

ダイヤ「ぜひ今後もあの調子でかなまりSSを…後それからのぞえりSSの過去作を教えて下さいな…!」ヒソヒソ…

花丸「……」

おしまい
227: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 20:40:44.44 ID:CVjdUmSa.net
以上です
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『果南「鞠莉に彼女が出来た」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。