【SS】μ'sお化け屋敷

シェアする

絵里-アイキャッチ2
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/31(水) 23:52:19.54 ID:fYzDpZATO
亜里沙「お姉ちゃんはやく〜。」

絵里「走ると危ないわよ〜。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472655139

元スレ: 【SS】μ'sお化け屋敷

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/31(水) 23:57:41.19 ID:fYzDpZATO
絵里「希が亜里沙が遊園地に行きたがっ
てると言ったらチケットをくれたけど。
希はどこで貰ったのかしら?」

亜里沙「お姉ちゃん次はあれに入ろう。」

ーお化け屋敷ー

絵里「ダメよ亜里沙。」

亜里沙「何で?もしかして怖いの?」

絵里「そそそんな訳ないでしょう?ただ
こういう死者を冒涜するようなのはダメ
なのよ。」

亜里沙「ただのアトラクションだよ?」

絵里「だけど………。」

亜里沙「いいから入ろうよ。」

絵里「ちょっと押さないで。」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 00:02:41.05 ID:ZSfMgywBO
案内「いらっしゃいませ〜。」

亜里沙「二人で。」

案内「1332円になります。」

絵里「ず、随分半端な値段なのね。」

案内「お一人様666円ですので。」

絵里「ちょっと、不吉じゃない。」

亜里沙「なんで不吉なの?」

絵里「亜里沙はオーメン知らない?」

亜里沙「うん。知らない。」

絵里「そう。」

亜里沙「そんな事より早く入ろう。」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 00:07:39.05 ID:ZSfMgywBO
案内人「それでは、これから案内を
するよ、絵里ちゃん?」

絵里「絵里ちゃん?」

亜里沙「お姉ちゃん、知り合い?」

案内人「フードを被ってるから気付
かなかったかな?」バサッ

亜里沙「あー!」

絵里「は、花陽!どうして?」

花陽「うん。ちょっとバイトをね。」

絵里「そ、そうだったの。」

亜里沙「ハラショー。」






5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 00:12:01.14 ID:ZSfMgywBO
花陽「えっと、それじゃあこれから
説明するね。」ガサゴソ

絵里「え、ええ。」

花陽「呪いの館へようこそお出で
下さいました。案内役を勤めさせ
て頂きます……だ、ダレカタスケ
テー。」

亜里沙「チョットマッテテー。」

絵里「いや、なんでコールをして
るのよ。」

花陽「ごめんなさい。書いてある
ので。」

絵里「いや、いいのよ?いいけど
ね、怖さ半減よ?助かるけどね?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 00:21:31.25 ID:ZSfMgywBO
花陽「この館は昔殺人鬼が逃げ込み
隠れて居たと言われる館です。遠い
昔の話ですがご主人様は今も愚かな
客人がこの館に迷い込む事を首を長
くして待っています。ご主人以外に
も住人がいますがくれぐれも刺激を
しないで下さいね。」

絵里「ち、ちょっと花陽?き、急に
どうしたのよ?」

亜里沙「お姉ちゃん。仕事だから。」

絵里「そ、そうね。」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 00:28:37.17 ID:ZSfMgywBO
花陽「それでは、これからご案内しま
すが注意事項を。
当館は途中退場は一切できません。
又、お化けに暴力を振るうのも禁止で
す。呪われますから。
最後に当館を訪れた後の心霊現象、
怪奇現象、水虫、リウマチ等が発生
しても一切責任は負いません。」

絵里「ちょっと、怖くて聞き流す
所だったけど最後のはなに?水虫
になる要素あるの?そっちのが嫌
なんだけど。女の子として。」

花陽「か、書いてあるから。さ、
さあ、これから案内致します。」








8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 00:30:40.43 ID:ZSfMgywBO
花陽「さあ、このペンライトを持っ
て下さい。」

絵里「あ、ありがとう。」

亜里沙「お姉ちゃん、私持ちたい。」

絵里「ダメよ。」

亜里沙「えー。」

花陽「……。それでは、どうぞ。
その扉からお入り下さい。」

ガチャ
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 00:32:29.63 ID:ZSfMgywBO
スタスタ

絵里「ま、真っ暗ね。あ、亜里沙、
怖くない?ひ、引き返しましょう
か?」

亜里沙「お姉ちゃん。まだ、2mも
歩いてないよ?それに、引き返す
のは禁止でだよ?」

絵里「うう。」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 00:35:07.62 ID:ZSfMgywBO
にゃーーーー。

絵里「きゃぁぁぁぁぉぁあ。」

亜里沙「?」

凛「にゃー。」

絵里「きゃぁぁぁ………って凛!?」

亜里沙「凛さん。」

凛「え?絵里ちゃん?」

絵里「り、凛もバイトしてたのね?」

凛「え?凛?違うよ?凛は猫娘だよ?
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 00:36:59.90 ID:ZSfMgywBO
亜里沙「凛さんだよ〜。」

凛「違うよ、亜里沙ちゃん。凛は
猫娘だよ。凛って誰の事?」

亜里沙「え〜、絶対凛さんだよ。」

凛「だから、凛は猫娘にゃ。」

絵里「何を言ってるのよあなた達は。」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 11:14:08.69 ID:DFiYXW86O
凛「凛は変な事言ってないよ。」

絵里「いや、言ってる事は目茶苦
茶よ?」

凛「絵里ちゃんのがおかしいよ。」

絵里「あなたは凛じゃなくて猫娘
なんでしょ?なんで、私の事を
知ってるのよ。」

凛「そ、それは。」

亜里沙「やっぱり、凛さんだ。」

凛「し、知らないにゃ〜。」ダッ

絵里「あっ、逃げた。」

亜里沙「凛さん行っちゃったね。」

絵里「なんだったのかしら。おかげ
で恐怖心が薄れたけど。」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 11:16:10.75 ID:DFiYXW86O
亜里沙「さあ、お姉ちゃん行こ?」

絵里「え、ええ。」

ガッシャーン

絵里「きゃぁぁぁぁぉぁあ。なに?
なんなの?」

亜里沙「お皿の割れた音?」

一枚、二枚、三枚、四枚……
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 11:44:35.38 ID:DFiYXW86O
ことり「ど、どうしよう。ご主人
様に怒こられちゃうよ〜。えーん
穂乃果ちゃん〜。」

絵里「こ、ことり。」

ことり「あっ……み〜た〜な〜」

絵里「か、可愛すぎる。」

亜里沙「ことりさんだー。」

ことり「あ、亜里沙ちゃん。こ
んにちわ。絵里ちゃんも。」

絵里「か、隠す気はないのかしら。」

ことり「そうだった。う〜ら〜
め〜や〜。」

絵里「何をしても可愛さが増すばかり
だわ。」

ことり「怖がってよ〜。ご主人様に
怒られちゃいます。」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 11:47:35.30 ID:DFiYXW86O
絵里「一つ聞いていいかしら?」

ことり「何?」

絵里「ふ、普通に答えるのね。あなたは
お菊さんよね?」

ことり「そうです。」

絵里「なんでメイド服なの?」

亜里沙「ことりさん可愛い。」

ことり「ありがとう。」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 11:50:35.30 ID:DFiYXW86O
ことり「だめかな〜?」

絵里「ダメよ。お菊さんは四谷怪談
でしょ?メイドは思いっきり洋風
じゃない。」

ことり「和洋折衷だよ。」

絵里「ただのミナリンスキーよ。」

亜里沙「カリスマメイドだ〜。」

ことり「う〜ん。いいもん。ご主人様
に言い付けちゃいます。穂乃果ちゃん
〜。」ダッ

絵里「思いっきりネタバレして言った
わね。」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 14:51:41.43 ID:7tVIWcmDO
絵里「それにしてもいたたまれない
くらい怖がりな私でも全然平気ね。
凛とことりのお陰で…。」

亜里沙「良かったね、お姉ちゃん。」

絵里「さあ、行きましょうか。」

亜里沙「ハラショー。怖くないと分か
ったとたん強気。さすが、お姉ちゃん!」

スタスタ

絵里「ここは……井戸?」

亜里沙「だね。」

絵里「も、物凄く気味が悪いわ。」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 14:55:16.18 ID:7tVIWcmDO
亜里沙「お、お姉ちゃん。い、井戸
からて、手が。」

絵里「ぎゃぁぁぁぁぁ。」

亜里沙「今日一番の叫び声。」

絵里「あわわわわわ。」

亜里沙「さっきまでの強気が嘘みたい
。」

絵里「私、知ってるわ。さ、貞子よ。
黒くて長い髪で白いワンピースの霊
。」

亜里沙「ああ、上がってきたよ。」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 15:00:07.15 ID:7tVIWcmDO
アアアアア。

絵里「ぎゃぁぁぁぁ、きたぁぁぁ。
貞子ォォォ……赤毛?」

真姫「ふう、井戸のなか尋常ない
くらい暑いわ。」

絵里「真姫?」

真姫「絵里……それに、亜里沙ちゃん。」

絵里「貞子……真姫?」

真姫「!?ああ、そう言うこと。
そうよ。一応貞子よ。」

亜里沙「真姫さん白のワンピースすっ
ごく似合ってます。」

絵里「貞子と言うよりも普通にワン
ピースの少女ね。」

真姫「何よ、悲鳴あげてたくせに。
イミワカンナイ。呪うわよ?」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 15:03:25.21 ID:7tVIWcmDO
絵里「そ、それは遠慮するわ。」

真姫「なら、もう行って。」

亜里沙「真姫さん、頑張って。」

真姫「ありがとう、亜里沙ちゃん。」

絵里「…ただの真姫じゃない。」

亜里沙「お姉ちゃん悲鳴あげてたけどね。」

絵里「い、いいのそれは。」

絵里「さあ、い、行きましょうか。
早く終わらせましょう。」

真姫「そうしなさい。私は少し
休憩するから。」

絵里「設定が目茶苦茶ね。」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 15:05:02.50 ID:7tVIWcmDO
絵里「た、たぶんこの調子だとあと
希と穂乃果とにこ……海未もいるか
しら?」

きゃぁぁぁぁぁ。

いい度胸してるではないですか。

絵里「な、なに?なんなの?」

亜里沙「他のお客さんかな?」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 15:08:16.83 ID:7tVIWcmDO
海未「私を脅かそうなど……私は
日々精神統一をしているのですよ?」

にこ「だからって、お化けを脅かすの
は反則でしょ?」

海未「にこはお化けなのですか?」

にこ「じゃあ、何をしてると思ったの
よ。」

海未「小学生のコスプレを……。」

にこ「花子さんよ。」

海未「……どなたですか?」

にこ「トイレの花子さんよ。」

海未「にこ、ここはお化け屋敷です。
トイレではありませんよ?」

にこ「話にならないわ。」

絵里「……海未とにこ。」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 20:23:27.94 ID:7tVIWcmDO
海未「話にならないとはなんです
か?」

にこ「話にならないから話になら
ないと言ったのよ。」

絵里「何をやっているのよ2人とも。」

海未「絵里?」

にこ「……来たわね?」

絵里「え?」

海未「亜里沙も一緒ですか。」

亜里沙「にこさん可愛いです。」

にこ「そ、そう。」

亜里沙「小学生みたい。」

にこ「は、花子さんだからね。」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 20:29:32.58 ID:7tVIWcmDO
海未「やはり、小学生なのですか?」

絵里「海未。トイレの花子さんしら
ない?小学校のトイレに出るって言
う霊。」

海未「なるほど。幼児体系のにこに
はぴったりですね。」

にこ「あんた、失礼よ。」

海未「しかし、ここのお化け屋敷は
全く怖くないですね。」

絵里「そうよね。」

亜里沙「お姉ちゃん、結構叫んで
たよ?」

海未「さて、私は行きます。」

絵里「へ?一緒に行きましょうよ。」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 20:32:48.07 ID:7tVIWcmDO
海未「せっかく亜里沙と来てるの
ですから邪魔はしたくありませし。
ではっ!」ダッ

にこ「なんだったのよ……海未。」

亜里沙「私は海未さんと行きたかった。」

絵里「え?」

亜里沙「行こ?」

絵里「じゃあ、にこ……行くわ。」

にこ「本来は立ち止まるのはよく
ないけどね。」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 20:36:30.99 ID:7tVIWcmDO
絵里「こーなってくると絶対
希と穂乃果はいるわね。」

亜里沙「うん。」

絵里「………あれ?人が立ってる?」

希「えりち?」

絵里「希?」

希「えりち……助けて?」くるっ。

絵里「へ?希……目から血が……。」

希「助けてえりちーーーー。」

絵里「ぎゃぁぁぁぁ。」ダッ

亜里沙「待ってお姉ちゃん。」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 20:39:18.02 ID:7tVIWcmDO
絵里「ぎゃぁぁぁぁ。」

希「あり?やり過ぎたかな?」

亜里沙「希さん。こんにちわ。」

希「亜里沙こんにちわ。」



絵里「ぎゃぁぁぁぁ。」

海未「絵里?」


穂乃果「ふっふっふ。希ちゃんの言うと
おり絵里ちゃんが来たよ。穂乃果が驚か
しちゃうよ。」

絵里「ぎゃぁぁぁぁ。」

穂乃果「はっはっは。我が館へ
ようk…。」

絵里「ぎゃぁぁぁぁ。」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 20:44:19.98 ID:7tVIWcmDO
穂乃果「行っちゃった。穂乃果なんにも
してない。グスン。」

ことり「穂乃果ちゃん……じゃない
ご主人様、どんまいです!」

海未「穂乃果……。」

穂乃果「海未ちゃん!?」



絵里「ぎゃぁぁぁぁ。」バタン


絵里「ハァハァハァ。あれ?ゴール?
亜里沙は?あれ?」

希「えりち。亜里沙ちゃんを置いて
ったらあかんやん。」

亜里沙「お姉ちゃん、もう、お姉ちゃん」

絵里「ご、こめんなさい。気が動転して。」

海未「絵里がこんなに怖がりとは。」

希「作戦成功やね。」

真姫「質が悪いわね。」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 20:46:48.94 ID:7tVIWcmDO
にこ「あんたも参加してるじゃない。」

真姫「あら、にこちゃん。居たの?
小学生だと思ったわ。」

にこ「何よ。ふん。」

凛「でも、にこちゃん似合ってるよ?
座敷わらし。」

ことり「花子さんだよ、凛ちゃん。」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 20:51:06.85 ID:7tVIWcmDO
穂乃果「穂乃果なんにもできなかっ
たーーー。」

海未「大丈夫ですよ。その伯爵の
衣裳。凄く良いです。」

穂乃果「ああ、うん。ありがとう。」

希「海未ちゃんはともかくえりちは
大成功やね。」

絵里「希……あなた、わざとなのね。」

希「ふふふ。ウチは悪戯大好きなんよ
。ねー、亜里沙ちゃん?」

絵里「亜里沙もグルなの?」

亜里沙「ごめんなさい、お姉ちゃん。」

凛「女優顔負けの演技にゃ。」

希「さて、えりちと海未ちゃんも
驚かせたし。」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 20:54:40.25 ID:7tVIWcmDO
凛「あとはかよちんだけだね。」

海未「私は驚いていません。」

絵里「ち、ちょっとまって?」

希「どしたん?」

絵里「………なんでもないわ。」

穂乃果「さあ、次こそは驚かすぞ。
花陽ちゃん覚悟。」

ことり「穂乃果ファイトだよ!」

穂乃果「それ穂乃果の決め台詞。」

アハハハハ



絵里「まさかね?」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 20:55:37.09 ID:7tVIWcmDO
ー完ー

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS】μ'sお化け屋敷
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【SS】μ'sお化け屋敷』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。