にこ「ファンサービスをするわよ!」

シェアする

にこ-アイキャッチ15
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 01:29:59.88 ID:benJ0Tcg0
※遊戯王ZEXAL33話ネタです。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423931399

元スレ: にこ「ファンサービスをするわよ!」

スポンサーリンク
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 01:40:04.45 ID:benJ0Tcg0
デュエリストのデータが書かれた紙を壁に投げつけ、さらにそこにカードを投げつけるにこ

にこ「これが今日の対戦相手ね……」

にこ「念入りのファンサービスをしてあげなくちゃね……あはははははは!」

絵里「相変わらず悪趣味ね……あえて自分のファンを選んで、地獄に突き落とすなんて。」

にこ「対戦者探しには苦労するのよ。何しろファンが多いものでね。」

にこ「どいつもこいつもヘボデュエリスト……全く疲れるわ。」

にこ「ナンバーズ集めも楽じゃないわよ。」

絵里「だったらそのナンバーズ……もっと大切に扱ったらどうかしら、にこ。」

にこ「あぁん?文句があるなら自分で集めなさいよ、絵里。」

絵里「今はまだ私が動く時ではない。」キリッ

にこ「はぁ?私はあんたの手駒だって言いたいわけ?」

にこ「だったら今ここで決着をつけても……」

希「やめるんや、二人とも。喧嘩はよくあらへんよ。」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 01:49:04.88 ID:benJ0Tcg0
にこ「あんたは黙ってなさいよ、希。」

希「にこっちは少々口が過ぎるようやね。うちと絵里ちのように高貴な心を忘れちゃいかんよ。」

にこ「何よ、私は問題児ってわけ!?」

絵里「にこ、いいからあなたは自分の役目を果たせばいいの。それが私たちのためでもあるんだから。」

にこ「チッ……わかったわよ。」

絵里「希、今日のあなたの役目、わかっているわね?」

希「うん、わかっとるよ絵里ち。まかしとき。」

絵里「西木野真姫は血眼になってにこを探している……」

希に向かってNo.32 海咬龍シャーク・ドレイクのカードを投げる絵里

絵里「そのナンバーズを渡しておくわ。」

絵里「西木野真姫は必ずあなたたちの前に現れる……」

希「ふふ、ありがと。じゃ、行ってくるね。」

にこ「ったく、しょーがないわねー。」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 01:58:36.82 ID:benJ0Tcg0
穂乃香「見てみてことりちゃん!ハートピースがもう3個も集まったよ!」

ことり「さすがだね!穂乃香ちゃん!」

穂乃香「この調子で一気に決勝進出を決める!かっとビングだよ私!」

スケボーに乗ってさっそうと現れる凛

凛「かよちん~、早く来るにゃー!」

花陽「待って凛ちゃん~。置いてかないでよぉ~。」

ことり「凛ちゃんも、花陽ちゃんも、はりきってるね!」

凛「かよちん、急ぐにゃー!」

花陽「だから待ってよぉ~。」

凛「もぉ~早くするにゃー!遅刻しちゃうよ?」

穂乃香「ねえねえ二人とも!何慌ててるの?」

花陽「聞いてよ穂乃香ちゃん!とどのつまり、これだよ!」

可愛らしいロリ系アイドルの写真を見せる花陽

穂乃香「え?誰これ?」

ことり「ことりも知らないなぁ……」

凛「二人とも知らないのかにゃー?」

花陽「今話題沸騰中の大人気アイドルデュエリスト、にこにーだよ!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 02:07:14.31 ID:benJ0Tcg0
花陽「ほら、真姫ちゃんと全国大会決勝で戦った……」

ーーーーーーー
回想

真姫「にこちゃんは、大会で私を罠にはめた相手……」

真姫「そんなにこちゃんが、私の前に現れた……!」

ーーーーーーー

海未「真姫が行っていた相手とは、この女の事だったのですか……!」

花陽「そんなにこにーと、デュエルするんだよ!しかも、にこにーのご指名で!」

凛「憧れのにこにーとデュエルできるなんて、こんなうれしい事ないにゃー!」

穂乃香「この人って、ヤバい相手じゃ……」

穂乃香「勝つために手段を選ばない、って聞いたことあるよ。」

凛「何言ってるのかにゃ?にこにーほど可憐なデュエリストはいないよ?きっと気のせいにゃ。」

花陽「にこにーとデュエルできるなら……もう思い残すことなんてないよ!」

凛「あー!かよちん!急がなきゃ!」

花陽「そうだった!じゃあ私たちは急ぐね!」

穂乃香「あ、ちょっと待ってよー!」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 02:16:32.47 ID:benJ0Tcg0
資材置き場に着いた凛たち

穂乃香「え、こんな場所でデュエルするの?」

花陽「こんな場所だからこそ、誰にも邪魔されずにデュエルできるんだよ!」

凛「そのとおりにゃー!」

凛「あ!にこにー発見にゃ!おーい、にこにー!」

花陽「にこにー!」

にこ「にっこにこにー☆あなたのハートににこにこにー☆」

にこ「笑顔届ける矢澤にこにこー☆にこにーって覚えてラブにこー☆」

凛「やっぱり間近で見るにこにーはとっても可愛いにゃー!」

花湯「ああ…もう…私幸せ……!」

にこ「お待たせにこ!凛ちゃん!花陽ちゃん!では早速デュエルを始めるにこよー!」

花陽「そ、その前に……デュエルディスクにサインしてください!」

凛「凛のにもお願いしますにゃ!」

にこ「喜んで!ファンサービスはにこのモットーにこ!」

キュッキュッ

にこ「はい、ど・う・ぞにこ~!」

凛「やったぁ!にこにーありがとにゃ~!」

花陽「にこにーさん!ありがとうございますぅ!私感謝感激です!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 02:23:55.18 ID:benJ0Tcg0
今気付いたけど穂乃果の漢字間違ってた、ごめんなさい

にこ「じゃあデュエルするにこよ~」

花陽「あ、凛ちゃん。順番どうしよう……」

凛「そうだにゃ~」

にこ「よかったらぁ~3人一緒にどうにこ?」

凛&花陽「ええ!?」

にこ「ルールはバトルロイヤル。ハートピースは全部でどうにこ?」

穂乃果「バトルロイヤル?」

海未「本気なのですか?」

海未「バトルロイヤルルールでは、自分以外の相手が全員的になります。」

海未「ですが凛と花陽の狙いはにこにーとなるはずです。」

海未「つまり、これは事実上凛と花陽対にこにーのデュエルとなります。」

海未「上級者とはいえど、この条件は圧倒的に不利です。」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 02:33:07.49 ID:benJ0Tcg0
にこ「にこにーはぁ~二人に知ってほしいの……」

にこ「デュエルの無限の可能性を!」

にこ「あなたたちにだって、にこにーを倒せるかもしれないにこ!」

にこ「それがデュエルなんだって!」

穂乃果「なんだ!にこにーっていい人じゃん!」

にこ「じゃ、いくにこよ~」

凛・花陽・にこ「デュエルディスク・セット!」

凛・花陽・にこ「D・ゲイザー、セット!」

 デュエル!

凛「凛からいくよ!バトルロイヤルだと、最初のプレイヤーはドローできないんだよね……」

凛「凛のターン!凛はアイアイアンを召喚!」

 アイアイアン
 ☆4
 攻1600

凛「アイアイアンの効果、発動にゃ!
  アイアイアンは攻撃を放棄する代わりに、攻撃翌力を400ポイントアップできるにゃ!」

 アイアイアン
 ☆4 地属性 機械族
 攻1600 守1800
 (1):1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
 このカードの攻撃翌力は400アップする。
 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 アイアイアン:攻1600→攻2000

凛「バトルロイヤルルールでは最初のターンは全員攻撃できないけど、これならデメリットも相殺されるにゃ!」

凛「凛はこれでターンエンドにゃ!」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 02:46:22.60 ID:benJ0Tcg0
花陽「わ、私のターン、ドロー!」

花陽「私はキラー・トマトを召喚します!」

 キラー・トマト
 ☆4
 攻1400

花陽「ターンエンドです……」

にこ「二人ともユニークなモンスターを召喚したにこ!」

にこ「にこにーもぉ~、負けてられないにこ!」

にこ「そうこなくっちゃぁ~にこにーも戦いがいがないにこ!」

花陽「凛ちゃん凛ちゃん!私たちにこにーに褒められたよ!」

凛「アイドルデュエリストに褒められるなんて、照れるにゃー!」

にこ「にっこにっこにー!ニコのターンにこ~!ドロー!」

にこ「にこにーはぁ~モンスターをセット!」

にこ「そして手札からフィールド魔法、エクシーズコロッセオを発動するにこ!」

にこ「このカードは、フィールドの全てのエクシーズモンスターの攻撃翌力を200ポイントアップさせてぇ~」

にこ「エクシーズモンスター以外の攻撃を封じるカードにこ!」

 エクシーズ・コロッセオ
 フィールド魔法
 (1):このカードがフィールドゾーンに表側表示で存在する限り、
 エクシーズモンスターの攻撃翌力は200アップし、エクシーズモンスター以外のモンスターは攻撃できない。

にこ「さらにカードを2枚伏せてぇ~ターンエンドにこ!」

ことり「なんか不気味なフィールドだね……」

凛:手札4
モンスター:アイアイアン(攻2000)
魔法・罠:なし

花陽:手札5
モンスター:キラー・トマト(攻1400)
魔法・罠:なし

にこ:手札2
モンスター:伏せモンスター1体
魔法・罠:エクシーズ・コロッセオ、伏せカード2枚
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 02:56:39.01 ID:benJ0Tcg0
エクシーズ・コロッセオで誤字した……
攻撃翌翌翌力→攻撃翌力の間違いです。

海未「エクシーズモンスター縛り……どうしてこんなフィールド魔法を……」

海未「これでは相手のエクシーズモンスターの攻撃翌力も上がってしまいます……」

凛「エクシーズモンスターを召喚するまで、時間稼ぎをしようって作戦かにゃ?」

花陽「でも、これって逆に私たちもエクシーズモンスター以外からは攻撃を受けない、って事だよね!」

凛「凛がにこにーより先にエクシーズモンスターを召喚するにゃ!」

凛「凛のターン、ドロー!」

凛「凛は、ブリキンギョを召喚するよ!」

 ブリキンギョ
 ☆4
 攻 800

凛「ブリキンギョが召喚に成功した時、手札にレベル4モンスターがあれば、特殊召喚できるにゃ!」

 ブリキンギョ
 ☆4 水属性 機械族
 攻 800 守2000
 (1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
 手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚する。

凛「もう1体のブリキンギョを特殊召喚するにゃ!」

 ブリキンギョ
 ☆4
 守2000

穂乃果「これで、凛ちゃんの場にレベル4モンスターが3体……!」

凛「凛は、レベル4のアイアイアンと、ブリキンギョ2体でオーバーレイ!」

凛「3体のモンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築!エクシーズ召喚!」

凛「現れろー!ブリキの大公!」

 ブリキの大公
 ★4
 攻2200
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 03:07:45.08 ID:benJ0Tcg0
にこ「すっごいにこ~!エクシーズモンスターをもう召喚するなんて!」

凛「エクシーズ・コロッセオの効果で、ブリキの大公の攻撃翌力は200ポイントアップにゃ!」

 ブリキの大公:攻2200→攻2400

凛「よぉーし、行くにゃー!」

凛「ブリキの大公のモンスター効果発動にゃ!」

凛「オーバーレイ・ユニットを1つ使うことで、モンスター1体の表示形式を変更するにゃ!」

凛「凛はにこにーの場の伏せモンスターを攻撃表示にするにゃ!」

にこ「ま、まさか~!こうもあっさりにこの伏せモンスターが攻撃表示にされるなんて!」

にこ「なんてデュエリストにこ!」

凛「えへへ、また褒められちゃったにゃ。」

花陽「凛ちゃん……いいなぁ……」

にこ「にこがセットしていたのはぁ~」

にこ「キュートなお人形さんモンスターにこ!」

 伏せモンスター
   ↓
 ギミック・パペット-ベビーフェイス
 ☆1
 攻 0

花陽「これはチャンスだよ、凛ちゃん!」

凛「うん!ブリキの大公で、ギミック・パペット-ベビーフェイスに攻撃するにゃ!大公の一撃!」

 ブリキの大公:攻2400→ギミック・パペット-ベビーフェイス:攻 0

にこ「きゃあああああああぁぁぁぁあ!」

 にこ:LP4000→1600
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 03:22:04.93 ID:benJ0Tcg0
にこ「もぉ~いったぁ~い!」

凛「にこにー大丈夫?」

花陽「怪我はない?」

にこ「二人ともにこの事心配してくれるなんて……にこにー嬉しい!」

にこ「でもぉー手加減はし・な・い・ぞ!」

にこ「罠カード、リペア・パペット発動!」

にこ「このカードは、ギミック・パペットモンスターが破壊された時、同じモンスターをデッキから特殊召喚できるにこ~!」

 リペア・パペット
 通常罠
 (1):自分の「ギミック・パペット」モンスターが戦闘またはカードの効果によって破壊され墓地に送られた場合に発動できる。
 そのモンスターと同名モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

にこ「もう1体のベビーフェイスを特殊召喚するにこ!」

 ギミック・パペット-ベビーフェイス
 ☆1
 守 0

凛「さすがアイドルデュエリストだにゃ!すぐに壁を用意するなんて!」

凛「凛はこれでターンエンドにゃ!」

花陽「よし、私のターン、ドロー!」

花陽「私はキラー・トマトを召喚!」

 キラー・トマト
 ☆4
 攻1400

にこ「あ!レベル4のモンスターが2体!」

花陽「私もエクシーズ召喚するよ!」

花陽「レベル4のキラー・トマト2体でオーバーレイ!」

花陽「2体のモンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築!エクシーズ召喚!」

花陽「来て、カチコチドラゴン!」

 カチコチドラゴン
 ★4
 攻2100

花陽「さらに、エクシーズ・コロッセオの効果で、攻撃翌力が200ポイントアップするよ!」

 カチコチドラゴン:攻2100→2300
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 03:32:09.26 ID:benJ0Tcg0
花陽「カチコチドラゴンで、ギミック・パペット-ベビーフェイスを攻撃するよ!」

 カチコチドラゴン:攻2300→ギミック・パペット-ベビーフェイス:守 0

凛「この瞬間、ブリキの大公のモンスター効果発動にゃー!」

凛「オーバーレイ・ユニットを1つ使って、ベビーフェイスを攻撃表示にするにゃー!」

 ブリキの大公
 ★4 攻2200 守1200
 レベル4モンスター×3
 (1):1ターンに1度、フィールド上に存在するモンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターの表示形式を変更する。
 この時、リバースモンスターの効果は発動しない。
 この効果は相手ターンでも発動できる。

 ギミック・パペット・ベビーフェイス:守 0→攻 0

にこ「エクセレント!ブリキの大公は相手ターンにも効果を発動できるにこね!」

にこ「ってもしかしてにこにーピンチ!?」

花陽「凛ちゃん、ありがとう!これでにこにーに大ダメージだよ!」

にこ「やーん、負けちゃう!にこにー負けちゃう!」

花陽「これはもしかすると!?もしかすると!?」

凛「凛たち勝っちゃうにゃー!」

にこ「きゃああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

凛&花陽「やったああぁ!」

穂乃果「すごい!アイドルデュエリストに勝っちゃうなんて!」

凛「やったよ、かよちん!凛たち勝ったんだ!」

花陽「うん、やったね!まさかにこにーに勝っちゃうなんて!」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 03:44:29.26 ID:benJ0Tcg0
にこ「いやー見事ね。素晴らしい攻撃にこ。」

にこ「でもにこはダメージを受けていないにこ。」

 にこ:LP1600

穂乃果「そんな……モンスターを破壊したのに……」

花陽「ど、どうして……!?」

にこ「残念だけど、今の攻撃でにこは永続罠、ギミック・ボックスを発動していたにこ。」

にこ「このカードは、バトルで発生したダメージを無効にして、そのダメージを攻撃翌力に変換して、モンスターとして特殊召喚されるの。」

 ギミック・ボックス
 永続罠
 (1):戦闘ダメージ計算時に発動できる。
 その戦闘でお互いが受ける戦闘ダメージは0になる。
 その後、このカードは効果モンスター(機械族・闇属性・☆8・攻?/守0)としてモンスターゾーンに特殊召喚する。
 このカードの攻撃翌力は、発動時に発生する戦闘ダメージと同じ数値になる。
 このカードは罠カードとしても扱う。

にこ「よってギミック・ボックスの攻撃翌力は2300となる。」

 ギミック・ボックス
 ☆8
 攻2300

希「にこっち、急ご。今の攻撃で繰り出してないってことは、この子らはナンバーズを持ってへん。」

穂乃果「ナンバーズ!?」

海未「まさか……彼女たちもナンバーズを集めているのですか!?」

にこ「分かっているわよ……」

にこ「そろそろ受けてもらおうかしら……」

にこ「私の本当のファンサービスを……!」

花陽「にこにー……?」

凛「何を言ってるんだにゃ……!?」



眠くなってきたので、今日はここまでにしておきます。
携帯から書くかもしれないので、ID変わるかもしれません。

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 23:22:51.07 ID:benJ0Tcg0
続き投下します。
なぜか「こうげきりょく」が正しく変換できないので、いっそのこと平仮名で書きます。

にこ「希望を与えられ、それを奪われる……」

にこ「その瞬間こそ、人間は一番美しい顔をするの……」

にこ「それを与えてあげるのが、私のファンサービスってわけ……」

にこ「私のターン!ドロー!」

にこ「あんたたちのデュエルは素晴らしかったわ!」

にこ「コンビネーションも、戦略も!」

にこ「だが!」

にこ「しかし!」

にこ「まるで全然!」

にこ「この私を倒すには程遠いのよねぇ!」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 23:35:58.86 ID:benJ0Tcg0
にこ「私はギミック・パペット-ボム・エッグを召喚!」

 ギミック・パペット-ボム・エッグ
 ☆4
 攻1600

にこ「そしてギミック・パペット-ボム・エッグのモンスター効果を発動!」

にこ「手札のギミック・パペット1枚を墓地に捨て、このカードのレベルを8にする!」

 ギミック・パペット-ボム・エッグ
 ☆4 地属性 機械族
 攻1600 守1200
 「ギミック・パペット-ボム・エッグ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):手札から「ギミック・パペット」モンスター1体を捨て、以下の効果から1つを選択して発動できる。
 ●相手に800ダメージを与える。
 ●このカードのレベルはターン終了時まで8になる。

 ギミック・パペット-ボム・エッグ:☆4→☆8

にこ「とくと味わいなさいよ……」

にこ「私のファンサービスを!」

 にこの手の甲に謎の紋章が現れる

にこ「私はレベル8のギミック・ボックスとボム・エッグでオーバーレイ!」

にこ「2体のモンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築!エクシーズ召喚!」

にこ「現れなさい……No.15!」

にこ「地獄からの使者……」

にこ「運命の糸を操る人形……!」

にこ「ギミック・パペット-ジャイアントキラー!」

 No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
 ★8
 攻1500
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 23:46:09.18 ID:benJ0Tcg0
>>21
試しに入れてみます。
あと内容には少しだけアレンジを加えてます。

花陽「な、ナンバーズ!?」

穂乃果「あの人はナンバーズだったの!?」

にこ「エクシーズ・コロッセオの効果で、攻撃力は200ポイントアップ!」

 No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー:攻1500→攻1700

にこ「そして、私はジャイアントキラーの効果を発動!」

にこ「オーバーレイ・ユニットを1つ使うことで、特殊召喚された相手モンスター1体を破壊する!」

にこ「私はブリキの大公を破壊する!」

 ジャイアントキラーの胸部ローラーに粉砕されていくブリキの大公

 キュイイイイイイイインン

凛「ひ、ひえええぇぇぇぇ!」

にこ「そして、破壊したモンスターがエクシーズモンスターだった場合……」

にこ「あんたは破壊されたモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受けることになるわ!」

凛&花陽「そんな!」

にこ「ブリキの大公の元々の攻撃力は2200……!」

にこ「私のファンサービスよ!」

にこ「受け取りなさい!」

 ジャイアントキラーから放たれる光線に吹っ飛ばされる凛

凛「にゃあああああぁぁぁぁぁぁぁあああぁぁぁ!」

 凛:LP4000→1800

穂乃果&ことり「凛ちゃん!」

花陽「凛ちゃん……!」

凛「うう……うううぅ……」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 23:53:46.10 ID:benJ0Tcg0
にこ「人の心配をしている場合?次はあんたの番よ!」

花陽「や……やだ…ダレカタスケテ……」

にこ「私はジャイアントキラーの効果を発動!」

にこ「カチコチドラゴンを破壊する!」

 ジャアントキラーに粉々にされるカチコチドラゴン

にこ「そしてその攻撃力分のダメージをあんたに与える!」

 凛に続き吹っ飛ばされる花陽

花陽「きゃあああぁぁぁぁああぁぁぁぁ!」

 花陽:LP4000→1900

穂乃果「花陽ちゃん!」

凛&花陽「うう……ぁぁぁぁぁ……」

にこ「素晴らしいわ……美しいわ……!」

にこ「その苦しみに歪んだ顔……!」

にこ「それでこそ、私もサービスのしがいがあるってものよねぇ!」

にこ「本気のファンサービスはこれからよ!」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/16(月) 00:07:25.35 ID:xyLhbqt70
にこ「墓地に2枚眠るギミック・パペット-ベビーフェイスの効果を発動!」

にこ「このカードを墓地から除外する事で、相手の墓地のエクシーズモンスターを相手の場に復活させる!」

 ギミック・パペット-ベビーフェイス
 ☆1 光属性 機械族
 攻 0 守 0
 (1):墓地のこのカードを除外し、相手の墓地のXモンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターを相手フィールド上に特殊召喚する。

にこ「私はブリキの大公とカチコチドラゴンを復活させる!」

 ブリキの大公
 ★4
 攻2200

 カチコチドラゴン
 ★4
 攻2100

凛「ど、どうしてわざわざ復活させたにゃー!?」

花陽「ジャイアントキラーのオーバーレイ・ユニットはもう残ってないのに……」

にこ「この瞬間エクシーズ・コロッセオの効果で2体のモンスターはパワーアップする……」

 ブリキの大公:攻2200→攻2400

 カチコチドラゴン:攻2100→攻2300

にこ「あんたたちはなぜ自分たちのモンスターを復活させたか、そう言ったわよね?」

にこ「今から見せてあげるわよ。」

にこ「私があんたたちのモンスターはわざわざ蘇らせてあげた本当の理由をね!」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/16(月) 00:19:51.60 ID:xyLhbqt70
にこ「私はジャイアントキラーをリリースし、ギミック・パペット-ナイトメアを特殊召喚!」

 ギミック・パペット-ナイトメア
 ☆8
 攻1000

海未「ナンバーズを、リリースしてしまうのですか!?」

にこ「そしてこのカードが特殊召喚に成功した時、」

にこ「墓地に別のナイトメアがあれば、そのモンスターを特殊召喚できる!」

 ギミック・パペット-ナイトメア
 ☆8 闇属性 機械族
 攻1000 守2000
 「ギミック・パペット-ナイトメア」の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
 (1):このカードは自分フィールド上に表側表示で存在するXモンスター1体をリリースし、手札から特殊召喚できる。
 (2):このカードの(1)の方法によって特殊召喚に成功した場合に発動できる。
 自分の手札・墓地から「ギミック・パペット-ナイトメア」1体を選んで特殊召喚する。
 (3):このカードが特殊召喚に成功したターン、自分は「ギミック・パペット」モンスターしか特殊召喚できない。

穂乃果「いつの間にもう1体のナイトメアを墓地に送っていたの!?」

海未「おそらく、ボム・エッグの手札コストとして墓地に送っていたのでしょう。」

にこ「現れなさい!もう1体のギミック・パペット-ナイトメア!」

 ギミック・パペット-ナイトメア
 ☆8
 攻1000

にこ「私の場にレベル8のモンスターが2体……」

にこ「この意味がわかるわよね、あんたたち。」

花陽「ま、まさか……」

凛「も、もう嫌にゃああぁぁぁ!」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/16(月) 00:27:46.34 ID:xyLhbqt70
にこ「私はレベル8のギミック・パペット-ナイトメア2体でオーバーレイ!」

にこ「2体のモンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築!エクシーズ召喚!」

にこ「現れなさい……No.15!」

にこ「運命の糸を操る地獄からの使者、漆黒の闇の中より舞台の幕を開けろ!ギミック・パペット-ジャイアントキラー!」

 No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
 ★8
 攻1500

海未「同じナンバーズを2枚も所持しているのですか!?」

穂乃果「どういう事なの!?」

にこ「エクシーズ・コロッセオの効果で、攻撃力は200アップ!」

 No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー :攻1500→攻1700

にこ「さぁーて、たーんとファンサービスをしてあげなくちゃねぇ……」

花陽「もうお家帰りたい……ダレカタスケテ……」

凛「嫌だよぉぉぉ……びええぇぇぇんん!」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/16(月) 00:47:01.23 ID:xyLhbqt70
にこ「あんたたちは破滅の糸に操られた木偶人形……」

にこ「私の支配からのがれる事が出来るわけないじゃない!」

にこ「あはははははははは!」

海未「なるほど!わざわざ二人のモンスターを復活させたのはこのためだったのですか!」

穂乃果「どういうこと?穂乃果よくわからない。」

海未「エクシーズモンスターを蘇らせて、再びジャイアントキラーで破壊し、攻撃力分のダメージを与える……」

海未「いわゆるループ攻撃です。」

にこ「ジャイアントキラーのモンスター効果を発動!」

にこ「オーバーレイ・ユニットを使って蘇ったあんたたちのモンスターを破壊する!」

 No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
 ★8 闇属性 機械族
 攻1500 守2500
 レベル8モンスター×2
 (1):このカードのX素材を1つ取り除き、
 相手フィールド上の特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターを破壊する。
 破壊したモンスターがXモンスターだった場合、さらにそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
 この効果は1ターンに2度まで使用できる。

にこ「あはははははははは!」

 再び破壊されていくブリキの大公とカチコチドラゴン

にこ「その苦しみを食らいなさい!」

 そしてまたもや吹っ飛ばされる凛と花陽

凛「にゃあああああぁぁぁぁぁあああぁぁぁ!!」

花陽「きゃあああぁぁぁぁああぁぁぁ!!」

 凛:LP1800→LP 0
 花陽:LP1900→LP 0

ことり「ひどすぎるよ……」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/16(月) 00:57:28.71 ID:xyLhbqt70
にこ「ま・だ・よ!」

にこ「まだ私のファンサービスは終わってないわ!」

にこ「行きなさい、ジャイアントキラー!」

にこ「あの二人にダイレクトアタック!」

穂乃果「待ってよ!もう勝負はついたじゃん!」

にこ「あんたにはあの子たちがファンサービスを喜んでいるのがわからないわけ?」

にこ「行け!ジャイアントキラー!」

 No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー:攻1700→凛&花陽:LP 0

にこ「ファイナルダンス!!」

 凛と花陽に鞭を振るうジャイアントキラー

 バシッバシッ!!

花陽「あああぁぁぁぁ!!」

凛「にゃあああぁぁぁぁ!!」

 エクシーズ・コロッセオに凛と花陽の墓が立つ(※死んでいません)

穂乃果「凛ちゃん!花陽ちゃん!」

ことり「このお墓って……もしかしてにこにーが倒したデュエリストの……」

穂乃果「ねえ!大丈夫!?凛ちゃん!花陽ちゃん!」

凛「うっ……凛のことよりも……かよちんを……!」

穂乃果「しっかりして!」

海未「なんて事です……!」

 勝者:にこ!
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/16(月) 01:11:07.70 ID:xyLhbqt70
穂乃果「なんでこんな事するの!?」

穂乃果「凛ちゃんも花陽ちゃんも、本当にあなたに憧れてたんだよ!?」

穂乃果「なのになんでこんなひどい事を!?」

にこ「ふふ、あはははは!」

にこ「スターはファンに全てを曝け出すものじゃない?」

にこ「その全てをね。」

希「でもちょっとやりすぎやよ……」

にこ「希、あんたは黙ってなさいよ。」

穂乃果「許せない……!」

穂乃果「私とデュエルだよ!」

にこ「あんたも私のファンになったわけ?ん?」

 ギュイイイイイイン!

 バイクに乗ってかっこよく登場する真姫ちゃん

真姫「見つけたわ……」

にこ「ふふ……」

真姫「忘れたとは言わせないわ、あなたの一番のファンの顔を……」

真姫「にこちゃん!!」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/16(月) 01:16:34.06 ID:xyLhbqt70
気付かないうちにID変わってた、1です。

その後いろいろあり、穂乃果たちは絵里・にこ・希たちと和解
ハートランドを陰で操る理事長を倒し、穂乃果たちに平和な日常が戻ってきました。
凛ちゃんと花陽ちゃんは全治2カ月の重傷を負いました。

おしまい

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
にこ「ファンサービスをするわよ!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「ファンサービスをするわよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。