梨子「曜ちゃんと新しいことをしたいなー……ん?」

シェアする

梨子-アイキャッチ17
1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:04:11.15 ID:UUuLIHDd.net
・本屋


雑誌「猿でもわかる!ドキドキ!?女の子だけのアート・フェスティバル開催記念大特集!」

梨子「……ふむ……ふむふむ……」

雑誌「ちょっぴり引っ込み思案なあなたは、もしかして恋人を困らせてしまうような我が儘をお抱えかな?!あの子に嫌われたくない、けれど心の底に燻る欲望は誰にも止められないの!」

梨子「っ!」

雑誌「愛しのあの子を私色に染め上げたい、そんなあなたへオススメのアートはコレ!」

梨子「……これよ!いい!いけるわ!」

元スレ: 梨子「曜ちゃんと新しいことをしたいなー……ん?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:05:59.25 ID:UUuLIHDd.net
・梨子ちゃんの部屋



梨子「曜ちゃん!♡今日呼んだのは他でもないの!実はお願いがあって♡」

曜「ヤダ!」

梨子「まだ何も言ってないじゃない!」

曜「声の調子でわかるよ!またいかがわしいことをするつもりでしょ!背中に隠してる奇抜な雑誌みたいに!そう、その雑誌みたいに!」

梨子「いかがわしくないよ?これは芸術のために必要なの!」

雑誌「ドキドキ!?ガールズ・ボディ・ペイント♡愛しのあの子の柔肌を、デロデロな絵具でアナタ色に塗りたくってしまえ!筆使い次第ではそのまま本番も!?♡」

曜「イヤー!いかがわしいってレベルじゃないよー!」

梨子「違う!!」
4: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:08:01.34 ID:UUuLIHDd.net
曜「ほ、本番まで匂わせてるのに!?///」

梨子「違うわ!これは神聖な儀式なの!」

曜「儀式ぃ…?」

梨子「そう!女の人の裸が描かれてるからって宗教画をいかがわしいとは思わないように!そして神々しささえ覚えるように!わたしは曜ちゃんの身体を神聖な作品に仕立ててあげたい……わかって?♡」

曜「うわあ…これ絶対あかん奴だわ…」

梨子「たしかにあわよくば曜ちゃんの身体を調教して……ううん何でもないわ。わたしを信じて、さあヤろう♡」

曜「そーいえーばー↑きょーはー↑飛び込みのー↓れんしゅーが↓ーあるのー↑だからーかえらーせーt」

梨子「実はもうアトリエにボディ・ペイントの準備してあるの♡」

曜「帰らせていただきまーす!!」

梨子「逃がさない」
5: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:09:58.64 ID:UUuLIHDd.net
・梨子のアトリエ


曜服「スッポンポン」

曜「ごめんなさいお父さん…お母さん…千歌ちゃん…今日…わたしの身体が汚されます…」

梨子「ああ大丈夫。使うのは水性絵具だから、洗えば簡単に落ちるから安心して?」

曜「当たり前だよ!むしろ油絵具だったら絶交ものだよ!」

梨子「油絵具もペンキもあるけど持って来よっか…?」

曜「今絶交ものだって言ったでしょ!?もっとエグいものまで挙げてさあ!」

梨子「うふふ、塗って楽しんで、洗って楽しんで、二度美味しい♡」

曜「美味し……うわあ……」ゾクッ
6: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:11:59.43 ID:UUuLIHDd.net
梨子「はあ……曜ちゃんの身体…いつみても綺麗……♡」

曜「うぅ…変態……///」

梨子「二の腕の引き締まった感じ……たくましくて素敵…」さわさわ

曜「うひぃ……高飛び込みのときにそれくらい言われ慣れてるはずなのに…恥ずかしー!いやー!ゆるしてー!///」ササッ

梨子「逃げちゃダメだよ?モデルの丹念な観察は芸術の基本なんだから。ほら腕を広げて?」

曜「だ、だって…そしたら胸が……」

梨子「恥ずかしがることないよ。曜ちゃんのおっぱいは素敵よ。むしろ誇って?」

曜「誇る胸ってなに……もう…///」スッ
8: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:14:00.76 ID:UUuLIHDd.net
梨子「はあん♡こんにちは、曜ちゃんのおっぱい♡」つんつん

曜「ちょっ、突かないで…」

梨子「真っ白くて、柔らか…苺マシュマロを思い出すわ…」すりすり

曜「ンクッ…撫でるなぁ…///」

梨子「運動してる子っておっぱいも引き締まるイメージがあったけど、曜ちゃんのは弾力もあって、……最高♡」つつつー…

曜「んにゃっ!?さ、さ先っぽはダメ!ダメダメ!///」

梨子「どうして?こんなに勃ってるのに?♪それに乳首ちゃんの周囲をなぞってるだけだよ?」ついー…ついー…

曜「ひっ、うひぇっ…やぁ…ん…///」
10: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:15:58.58 ID:UUuLIHDd.net
梨子「……もしかして、えっちなスイッチ入っちゃった?」ついー…

曜「ふぁ…ち…違うよ…こんな状況で…そんな変態じゃ…んっ…///」

梨子「んーん?曜ちゃんは変態だよ?」ついー…

曜「ちがうぅ…ヒッ…わたしは健全な…ふつうの…ぁ…」

梨子「こんな変な状況で感じちゃってるのに?」つんっ

曜「にゃあっ!?///」

梨子「ごめんなさ〜い、曜ちゃんの乳首ちゃんがあまりにも触って欲しそうだったから、つい♡」つんっ、つんっ

曜「はにゃん、ひんっ!!や、やめ…」

梨子「もう曜ちゃんったら、猫みたいな声であえいじゃって♡どれ、一度イカせてあげないと曜ちゃんも乳首ちゃんもかわいそうね」

曜「し、しらな……///」

梨子「えい、摘まんじゃえ♡」きゅっ

曜「んにゃああん……ひゃっ、はっ、にゃ…」

梨子「ちょこっとイっちゃったね?イイ子、イイ子♡」ナデナデ

曜「ぁ…ぅ……ご、ごめん…///」
11: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:18:04.06 ID:UUuLIHDd.net
梨子「どうして謝るの?」

曜「ぅぅ…今のでちょっと洩らしちゃって…始める前から、ブルーシート汚しちゃった…」

梨子「なんだ、そんなこと?別にいいのに?」

曜「は…恥ずかしーの…せめて雑巾で拭こう…///」

梨子「それに曜ちゃんの汁も画材に使うつもりだし、どんどん垂れ流しちゃって♡」

曜「ちょっと待った!?」
13: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:20:01.31 ID:UUuLIHDd.net
5分後


曜「梨子ちゃんの変態度が常軌を逸してたおかげで正気に戻れた……」

梨子「ああ……芸術が…わたしの…」

曜「いーい?私は梨子ちゃんと違ってノーマルなの。ノーマル。アンダースタン?」

梨子「はあ…至高の画材が…」

曜「んもう!聞いてる?」

梨子「っ!」

梨子「……ええ…ごめんなさい……突然ボディ・ペイントしてあげようだなんて、やっぱり迷惑だったよね…」

曜「えっ」
22: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:22:02.44 ID:UUuLIHDd.net
梨子「……ええ…ごめんなさい……突然ボディ・ペイントしてあげようだなんて、やっぱり迷惑だったよね…」

曜「えっ」

梨子「怒って当然よね……今日はもうお開きにしよっか…」

曜「い、いや!迷惑じゃない!」

梨子「え…」

曜「梨子ちゃんが変態なのはもう慣れたよ!でも、それでも限度が……あ、いや、梨子ちゃんのレベルに追い付けないっていうか、ね?」

曜「だからって梨子ちゃんの好意を迷惑だなんて思ってないよ!」

梨子「曜ちゃん・・・・・・」

曜「時間は掛かるけど、梨子ちゃんの希望にできるだけ応えられるように、いつか絶対になるから!今回のは流石にアレだけど…」

梨子「曜ちゃん・・・・・・ありがとう♡」

曜「わ、わたしにとっては梨子ちゃんの前で服を脱ぐだけでも緊張するんだよ…あー!意識したらまた恥ずかしいー!///」

梨子「うっふふ♪」

曜「そうやってねっとりと見ないでー!///」
30: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:24:01.18 ID:UUuLIHDd.net
梨子「早く曜ちゃんを彩りたいの…♡そうだ、天使風にしてみる?繊細な筆遣いを必要とするけど、曜ちゃんのためなら頑張るよ?」

曜「わたし天使って柄じゃないよう……」

梨子「だいじょうぶ……上から下まで……全部まかせて……ね♡」

曜「ひぇぇ……」

曜「だ、大体ね!わたしだけ脱ぐのって不公平だと思うんだよ!」

梨子「え?」
34: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:26:02.46 ID:UUuLIHDd.net
曜「不思議そうな顔しない!ずるいよ!梨子ちゃんも脱いでよ!」

梨子「え、え、…ほら、わたし、そういうの苦手で…;」

曜「えー……自分は苦手なのに他人には強いるんだー……」

梨子「あ、いや、苦手じゃなくて……そう!わたしは曜ちゃんを染め上げる側だから脱ぐ必要はなくて!;」

曜「そんなことない。服に絵具が飛び散ったらまずいよ」

梨子「えと、でもほら、やっぱり女の子二人が密室で裸でいたら、いろいろマズイと思うのよ、ね?;」

曜「梨子ちゃんがヤろうとしていたことに比べたら健全だよ」

梨子「いやそれは、えと……こ、来ないで……;」

曜「梨子ちゃん…覚悟ー!」

梨子「ひゃーーーーーーーああああああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑」
40: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:27:58.47 ID:UUuLIHDd.net
1分後



梨子服「スッポンポンッ」

梨子「ひゃうぅ……///」

曜「自分だけ脱がないなんてズルいもんね!」

梨子「ダ、ダメよう……わたしのからだなんて曜ちゃんに比べたら地味だし肉付き悪いし…///」

曜「でも良いんじゃない?服を汚す心配がなくなったんだし?」

梨子「はぁぁ……///」

曜「それに、私は好きだよ?梨子ちゃんのスレンダーな身体」

梨子「身体が好きって……///」

曜「い、いかがわしい意味合いはないからね!」

梨子「わたしはそれでも…いいよ……?♡///」

曜「真昼間からそういうのは止そうね!!」
48: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:30:10.35 ID:UUuLIHDd.net
梨子「そう……でもやっぱり曜ちゃんに見られてると思うと恥ずかしい…///」

曜「は、恥ずかしいのは私もなんだから……身体にペイントされちゃうんだし///」

梨子「う、うん……///」モジモジ

曜「さ、さっ!早くやっちゃってよ!帰りのバスの時間までに終わらせてね……梨子ちゃん?どうして座り込んでるの?」

梨子「じつは……曜ちゃんにムリヤリ脱がされてから興奮が止まらなくて…」

曜「止まらなくて…?」

梨子「みるみる滴ってきて止まらないのぉ…///」

曜「うわあ!?雑巾!ってあれ、未使用の雑巾がもう無い!?」

梨子「無いなら仕方ないね…じゃあこの液体を画材に使っても…♡」

曜「それは勘弁して!///」
54: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:34:10.17 ID:UUuLIHDd.net
・濡れてない場所に移動した


梨子「絵具…パレット…筆…水…カメラ…」

曜「とうとう…だね」

梨子「うん。……じゃあ……行くわよ?」

曜「う、うん……」

梨子「楽にして寝ててね……」

曜「うん///」

梨子「……ふー……ふー……」

曜「…………///」
55: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:37:31.16 ID:UUuLIHDd.net
梨子「……曜ちゃんはどうしてそっぽ向いてるの?自然体でいいよ?」

曜「だって梨子ちゃんの…その…良く見えちゃって…///」

梨子「うぅ…我慢してたのにぃ…」

曜「ごめん。目瞑ってるね…」

梨子「いいのよ…曜ちゃんばっかり恥ずかしい思いをしてたら不公平だもんね……あ、ごめん…また滴ってきてる…///」

曜「念を押しとくけど、絵具に混ぜないでよ…?」

梨子「そっちも我慢する……」

曜「信用していいのかなー…やっぱり目開けるね」

梨子「うん……」

梨子「ふー……ふっふっふー……」

曜「…………っ」

筆「ぺちょっ」

曜「ひゃうっ///」

梨子「冷たい?もう少し水を温めた方がいい?」

曜「いや…いきなり胸から描くんだね…」

梨子「だって曜ちゃんの先っちょちゃんが触って欲しそうだったもの♡」
56: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:39:03.05 ID:UUuLIHDd.net
筆「にゅるんにゅるん」

曜「ひゃんっ!?ちょ、ちょっと待っt///」

梨子「うっふふふ♡無防備にわたしを求める曜ちゃん……♡」

ダブル筆「にゅるにゅるにゅるにゅる」

曜「んにゃあ!!やめ、やめぇ!!きもちわるいぃ!///」

梨子「ハッ……良いアイデアが浮かんだわ」

曜「すとーっぷっ!すとーっぷっ!!」

梨子「動かないで!!」

曜「ヒッ」
57: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:40:59.98 ID:UUuLIHDd.net
梨子「天使もイケるけど……こっちのアイデアは…美しさと艶めかしさ……それでいて儚さを包含してる……」

梨子「イイ…イケるわ…この構図…この身体…そして曜ちゃんの痴態…全てがマッチするこのイケない全体像は…!!」

曜「あ…これヤバイやつだ……」

梨子「曜ちゃん…やっぱりわたしも脱いで正解だった……」

曜「えっ……あのー……すこし頭冷やしたほうが…筆を洗う用だけど水もあるし…」

梨子「う・ご・か・な・い・で」

曜「アワワワワワワワワワワ」

梨子「この熱を冷ますなんて有り得ない…罪深い情欲の炎が消えないうちに…」

曜「あの…梨子ちゃん?すごく恥ずかしいこと…言ってますよ?」

梨子「曜ちゃん……あなたはレズ・アートのために生まれてきたのよ…!!」

曜「い…いやーーーーーーーーーーーーーーー!」
58: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:42:04.75 ID:UUuLIHDd.net
・帰りのバス待ち


梨子「あはは…疲れたね……」

曜「そりゃあ…片付けた後に本番までヤればね…///」

梨子「だってシャワーを浴びてる曜ちゃんの爽やかな姿が…すごく素敵で……」

曜「り…梨子ちゃんこそ…その…抱きしめ合うと、梨子ちゃんの髪がわたしの背中に貼りついてきて…そのまま包み込まれそうで……もにょもにょ///」

梨子「プックス」

曜「うぅ…思い出すんじゃなかった…恥ずかしー///」

梨子「ふふっ、笑ってごめんなさい。そして今日はわたしの芸術に付き合ってくれてありがとう♡」

曜「いいよこれくらい…恋人だもん…あはは…」
59: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:44:00.92 ID:UUuLIHDd.net
梨子「不思議なの…曜ちゃんと過ごしていると芸術のアイデアが次々と浮かんでくる……曲も、歌詞も、絵も、料理も」

曜「そ、それは楽しみだね。今日みたいなのじゃなくて、Aqoursのみんなにも見せられるものも作ってみれば?」

梨子「できるかしら?」

曜「うん、て頷いて欲しかった……」

梨子「みんなのために…普通なものを…うーん…インスピレーションが湧かない…」

曜「悩まないでよ…むしろどうしたらあんないかがわしいものを作れるのか不思議だよ…」

梨子「あれくらいまだ序の口の上くらいよ?」

曜「十分過ぎる!」

梨子「いつか曜ちゃんが慣れてくれるのを待ってるね♡」

曜「いつになるやら…」

曜(いやあ……梨子ちゃんに半ば流されたとはいえ、流石に私が協力してあんなものを作り上げるとは思わなかった…)
61: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:45:59.93 ID:UUuLIHDd.net
回想:1時間前



曜「ほ…本当にこんな体勢で撮影するの……?///」

梨子「はぁ…はぁ…もちろん…♡」

曜「なんていったっけ……これ…ろく……きゅう…」

梨子「69」

曜「そうそれ……凄く恥ずかしい……」

梨子「69って重なるものらしいんだけど、今日はお互いに横向きの69。重なっちゃうと二人でしっかりカメラに写れないから」

曜「うぅ…どんな風に撮れるんだろう……梨子ちゃんの恥ずかしいところに顔を埋めて…変態だよ///」
62: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:47:13.09 ID:UUuLIHDd.net
梨子「わたし、ずっとこれに憧れてたの……初めてインターネットの情報で69を知ったときに、コレだ、て。絶対に曜ちゃんとこういうことしたいって思った…」

曜「どう反応したらいいのさ……///」

梨子「素敵よ、曜ちゃん……水泳部の活動で見せる足も、普段はじっくり見れない……ふぅっ♡ココも♡」

曜「あの…息をもう少し抑えて欲しいんだけど…さっきから刺激されて、その…///」

梨子「…ふぅ〜♡」

曜「んにゃひぃっ!!///」

梨子「はぁ…曜ちゃんの恥ずかしいトコロ…こんなにじっとり濡れて……欲しそうにしてるよ…?♡」

曜「やめてってばぁ…そういうことしないって約束でしょぉ…///」

梨子「だって曜ちゃん…かわいいんだもん♡」
63: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:49:02.96 ID:UUuLIHDd.net
曜「うぐぅ…やめてよう…梨子ちゃんが興奮すると、梨子ちゃんのココからどんどん溢れて…すごく…イイ匂いが…///」

梨子「やだ……曜ちゃんが…わたしで興奮してくれる…///」

曜「するに決まってるよ……こんな……はぁ、ふぅっ…はぁっ///」

梨子「……やっぱり、シちゃう?」

曜「だめだよぅ…さっさと撮影するんでしょ…ふっ、ふぅ///」

梨子「じゃあ……このあと♡」スリスリ

曜「んんっ!?」

梨子「アンッ!」ビクッ

曜「ち、ちが!梨子ちゃんが急に内股で私の頬を擦るから、鼻が…ゴニョニョ…当たって…///」

梨子「ん…んん…ほんとうに我慢してない…?♡」

曜「我慢してるのは梨子ちゃんの方だよね…」
64: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:51:39.47 ID:UUuLIHDd.net
梨子「……このあと、お風呂に、いっしょに、入ろうね」

曜「もちろんそのつもりだけど……あっ、えっちなことはしないからね?帰りのバスの時間に間に合わない」

梨子「…今ばっかりは意地悪されたら本気で怒るかも」

曜「……わ、わかったよう…///」

梨子「うふふっ、ありがとう♡曜ちゃんは優しいね♡」

曜(え、えー…半ば脅されたんだけど…)

梨子「じゃあ早く撮っちゃおう♪私がリモコン操作でカメラを動かして上から撮影ボタンを押すから、曜ちゃんはお願いした通りのポーズを準備しててね」

曜「うう……本気であのポーズを……?」

梨子「もちろん。曜ちゃん、これは芸術のためなのよ」

曜「梨子ちゃんの欲のためでもある、と」

梨子「この作品が完成したら曜ちゃんにその魅力を教えてあげる♡」スリスリ

曜「うにゃあ!?///」

梨子「ンアァッ!!」ビクンッ
65: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:53:02.96 ID:UUuLIHDd.net
回想終わり:現在


曜(で、その写真がコレ……絶対誰にも見せられないよ……)


曜(お互いに恥ずかしいところに今にも口を付けようとして、瞼を薄く開いて…、梨子ちゃんなんて微笑んで…美人だからとっても映えるなあ…惚れ惚れとしちゃう。……あれ、これわたしだよね?わたしの顔、少し色っぽい…?こんな表情できたんだ///)

曜(そしてボディ・ペイントの作品として見ると……やっぱりえっちぃよう///)

曜(二人が瑞々しい緑の茎から生る白いユリの花に扮して、お互いの花の…中心に…口をつけようとしてる。私たちを花に見立てて、首元からお腹のくびれ辺りまで茎、そこから足先まで白い花、腕を葉っぱとして)

曜(……ココを花の奥のつもりで…花の蜜が出ている設定で……うあーん!むりむり!冷静に分析できない!///)

曜(でも恥ずかしがってても、梨子ちゃんにボディ・ペイント施したのはわたしなんだよねえ……。梨子ちゃんの指導があったとはいえ、我ながら凄いのかも?……ううん、写真を見る限り梨子ちゃんのペイントの方が凄いや。わたしの脚が本物の花びらみたいに繊細で…)

曜(凄い絵面だなあ……花が花の蜜を求め合ってる…どんな世界観なんだろう…梨子ちゃんの頭の中は難しい…)

曜(まあ、そんな梨子ちゃんに惚れちゃった時点で、私にも梨子ちゃんと通じる変な素質があるのかもね?)
66: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:55:01.46 ID:UUuLIHDd.net
曜(あっ、そうだ)

梨子「曜ちゃん。写真は一枚だけでいいの?焼き増しならいくらでも」

曜「一枚でいいです」

梨子「そう?小さいのは写真立てサイズから、大きいのは曜ちゃんの部屋の天井サイズまで出来るけど」

曜「一枚でいいです、写真立てサイズの」

梨子「そう…」

梨子「まあいいわ。この後パソコンで背景を編集して完成したら、改めて送るね♡」

曜「まだ作業あるんだ…」

梨子「当然っ。ブルーシートが背景なんて寂しいもの」

曜「それもそうか…」

梨子「きっと曜ちゃんが天井に飾りたくなるような、素敵な画にしてみせる!」

曜「たぶんそんなことは一生ないかなあ」

曜「そういえば梨子ちゃん、この作品の名前は?」
67: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:57:00.66 ID:UUuLIHDd.net
梨子「んっふふ♡」

曜「ん?」

梨子「実はまだ無いの」

曜「無いの?」

梨子「さっきシャワー室でシて二人でぼうっと抱き合ってたときに考えたんだけど、どうしても良い案が浮かばなくて…」

曜「うっ…うわあ…また思い出しちゃったよ……恥ずかしくて顔が熱い…水着きてたら海に飛び込みたい…///」

梨子「でも曜ちゃんが恥じらってても説得力ないよ?曜ちゃんの方が体力あるんだもん、わたしが音を上げてるのに曜ちゃんったらムリヤリ」

曜「わあああああ!わあああああ!!」

梨子「そんな天邪鬼な曜ちゃんが大好きよ♡」

曜「だ、だいすきだよ!わたしも!でもそうじゃなくて!」

梨子「クスクス」

曜「むぅ…またそうやってからかう…」

梨子「だって面白いんだもの♪」

曜「梨子ちゃんには一生頭が上がらないや…」
68: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 21:59:10.71 ID:UUuLIHDd.net
梨子「それで作品名だけど、今晩考えてこようと思う」

曜「今じゃムリ?」

梨子「今……うーん……」

曜「わたしも作品名を考えたいんだ」

梨子「曜ちゃん…!うれしい…。でもどういう風の吹き回し?」

曜「ほら、この作品って…私が初めて梨子ちゃんと協力して作ったものだから」

梨子「あ…そういえば」

曜「これまでは梨子ちゃんが一方的に私を…イロイロしてくれたでしょ?も、もちろんそれがイヤというわけではなくて」

梨子「曜ちゃんと初めての共同作業だね♡」

曜「そう表現されると特別感が増すね///」

梨子「じゃあ曜ちゃんにも作品の名前、つけてもらおうかな」
69: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 22:01:53.57 ID:UUuLIHDd.net
曜「『わたしたち』」

梨子「わたしたち…それ、作品名?」

曜「そう。じつはもう決めてたりするんだ。理由はもちろん、初めての…共同作業の記念品♪」

梨子「…………」

曜「わたし的にはシンプルで良いと思ったんだけど……てへへ♪」

梨子「・・・・・・」

曜「…あれ?梨子ちゃん?」

梨子「……普通ね」

曜「えっ」
73: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 22:09:34.68 ID:UUuLIHDd.net
梨子「捻りが無いわ。シンプルって線は良いのよ。この作品自体シンプルに仕上げたから。でも『わたしたち』?申し訳ないわ曜ちゃん。レズ・アートはもっと神聖にして官能的でなければいけないのよ」

曜「あ、うっ、すいません」

梨子「ううん、初めてだから仕方ないよ!そうだ、曜ちゃん!今日は特別に曜ちゃんにレズ・アートの極意を伝授してあげる♡」

曜「え、いやあの、そろそろバスが……ってそこまで来てるー!!」

梨子「今日はうちに泊まっていって!曜ちゃんならきっと悟りを開ける!」

曜「で、でもママが帰ってこいって」

梨子「お母さんには私から連絡するから!さあ!行きましょう!まずは秘蔵のGL同人誌から読破してもらうわ!」

曜「いや〜〜!!またいかがわしいことされる〜〜!!!千歌ちゃんたすけて〜〜〜〜〜!!!!」


*あなたの身も心も私色と好色*
74: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 22:10:06.65 ID:UUuLIHDd.net
おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「曜ちゃんと新しいことをしたいなー……ん?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。