にこ「絵里と付き合いたい」

シェアする

にこ-アイキャッチ5
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:11:47.68 ID:z20W0FUU0
初投稿です。
にこ絵里の百合SSです。
作者の趣味全開です。
駄文ですが、生暖かい目で見てやってください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387584707

元スレ: にこ「絵里と付き合いたい」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 09:12:52.37 ID:z20W0FUU0
- 3年生教室 -


にこ「これは随分前から考えてきたこと」

にこ「にこはアイドルだから、恋愛はダメ」

にこ「でも、それを踏まえた上でも…アイドルより、絵里のことが好きっていう感情の方が、強い」

にこ「にこのアイドル精神に勝つくらい、好きなのよね…」

にこ「もう、突き進むしかない…わよね」

にこ「…どうすればいいのかしら」

にこ「まあ問題は、どうアプローチするかよね…」ブツブツ

にこ「とにかく、考えるより行動したほうが早いわね」

にこ「絵里はどこにいるかしら…」キョロキョロ

希「にこっち、そんなにキョロキョロしてどないしたん?」

にこ「うわぁっ!?…希、びっくりさせないでくれる!?絵里を探してんのよ」

希「絵里ちやったら、生徒会室におるよ。カードがうちにそう告げてるんや!」

にこ「あんたのカード、ほんとに万能ね…ともかく、行ってみるわ。ありがと、希」

希「うん、大丈夫や~」バイバイ

希「にこっちは、絵里ちのことが好きみたいやね…カードがうちにry」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:14:06.37 ID:z20W0FUU0
- 生徒会室 -


にこ「絵里ちゃーんっ☆」バンッ

絵里「あら、どうしたのにこ?練習なら、今行こうと思ってたんだけど」

にこ「にこにーが、迎えに来てあげたよっ☆」

絵里「そう、じゃあ一緒に行きましょうか」

にこ(反応が薄い…)

にこ「…ええ、行きましょう」テクテク

絵里「突然素に戻るのね…」テクテク

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:16:20.07 ID:z20W0FUU0
- 屋上 -


海未「では、いつも通りペアを組んで、ストレッチを開始してください」

海未「穂乃果、やりましょうか」

穂乃果「うんっ!」

凛「やろっか、かよちん!」

花陽「うん、凛ちゃん」

にこ(これは…絶好のチャンス!)

にこ(絵里と組めれば、絵里のあんなところやこんなところを…って、にこはアイドルよ、何考えてるのよ!)

にこ(…ともかく、絵里と組みたい、でもにこはいつも真姫ちゃんと…)

希「にこっちは絵里ちと組んで、余った二人はうちとストレッチ、やろか」

真姫「…わかったわ、やりましょ。ほらことり、行くわよ」グイッ

ことり「ま、真姫ちゃん、そんなに引っ張らないで~…」

希(にこっち、折角の機会、無駄にしたらわしわしマックスやで~…)

にこ(こいつ、直接脳内に…!?)


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:18:18.21 ID:z20W0FUU0
にこ(ともかく、絵里とストレッチできる…!)

にこ(希には感謝しないとね)

絵里「さ、やるわよ。にこ、前屈からやりましょうか」

にこ「よいしょっと。遠慮無く押しなさい!」

絵里「行くわよー…ふっ」グググ

にこ(え、絵里の胸が背中に…///)

にこ「って、痛いじゃない!押しすぎよ!」ジタバタ

絵里「あ、ごめんなさい…次は少し弱めにするわね」

にこ「仕方ないわね、許してあげるわ。次は絵里の番よ、座りなさい」

絵里「さっきのお詫びというのはおかしいけど、好きなだけ押していいわよ」

にこ「ええ、そうさせてもらうわ…行くわよ」グググ

絵里「もっと押しても大丈夫よ」

にこ(え、絵里が近くに…絵里の匂いが…///)
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:20:20.97 ID:z20W0FUU0
絵里「にこ?どうしたの?」

にこ「な、なんでもないわ…じゃあもう少し強めに押すわよ…///」

絵里「…ちょっと待って。にこ、顔赤いんじゃない?体調悪いの?」

にこ「だ、大丈夫よ…///(さっきの絵里の匂いがまだ…)」

絵里「さっきより赤くなってるような…おでこ、触るわよ」ピタッ

にこ「ひゃぁっ!?と、突然何するのよ!?///」

絵里「予告したじゃない…熱はないみたいだけど、一応保健室に行っておきましょう」グイッ

にこ「だ、大丈夫だって言ったじゃない!///」

絵里「万が一ってこともあるのよ。文化祭の穂乃果のこと、忘れたの?」

にこ「うっ…それを言われると…(絵里が手を握ってるぅぅ)///」

絵里「わかればいいのよ。海未、ちょっとにこを保健室に連れて行くわね、体調が悪そうだから」

海未「わかりました…にこ、くれぐれも体調には気をつけてくださいね、お大事に」

にこ「ええ、ありがと…///」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:23:14.17 ID:z20W0FUU0
- 保健室 -


絵里「大丈夫?少し横になったほうがいいんじゃない?」

にこ「…ええ、お言葉に甘えるわ」

絵里「そういえば…こんな時に話すことではないかもしれないけど…。今日の希、ちょっと変だったわね」

にこ「どういうふうに?」

絵里「いつもは私とストレッチするのに、今日は私をにこと組ませたわよね」

にこ「そ、そうね…(まさかバレた…!?)」

絵里「…きっと、またカードがうちにそう告げるんや、とか言って、変な理由をつけるんでしょうね」

にこ「…まあ、そうかもね(バレなくてよかったけど…ちょっと悲しいわ)」

絵里「あ、ごめんなさい。しんどいのに話しちゃって。少し寝ておきなさい」

にこ「まあ大丈夫なんだけど…寝込みを襲っちゃダメだよっ?」

絵里「アイドルがそんなこと言わない。ほら、ゆっくり休みなさいよ」スクッ

にこ「あ…ま、待って!」

絵里「な、なによ、どうしたの?」

にこ「え、えっと…寝るまで、ここにいてほしいな」

絵里「…ふふっ、寂しいの?仕方ないわね、じゃあここにいてあげるわ」ハァ

にこ「あと、一つだけ…。嫌だったらいいんだけど…手、繋いでほしいな」

絵里「い、一体どうしたのよ?いいけど…」ギュッ

にこ「ちょっと、こうしたくなったのよ…」ギュッ

絵里「寝るまで、手を繋いでてあげるから…さ、早く寝なさい」

にこ「うん…おやすみ」

絵里「おやすみ」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:26:13.87 ID:z20W0FUU0
~約3時間後~

にこ「…ん」

絵里「あら、起きた?」

にこ「うん…おはよう」

絵里「ええ、おはよう。気分はどう?」

にこ「もう大丈夫よ、最初からそう言ってるじゃない…って、ずっと手を繋いでてくれたの?」

絵里「ええ、離れようとしても、にこが離してくれないもの」ヤレヤレ

にこ「そ、それは悪いことをしたわね…(寝てる時まで好きな人と手を繋いでるって…どれだけ貪欲なのよ…)」

絵里「別にいいわよ、それよりもう時間も時間だし、帰りましょ?」

にこ「え、もうこんな時間!?みんなはもうとっくに帰ったわよね…」

絵里「ええ、1時間前くらいにね。みんなお見舞いに来てくれたわよ、後で御礼のメールでも送っておきなさい」

にこ「うん、そうするわ。じゃあ、帰りましょうか」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:28:25.71 ID:z20W0FUU0
- 帰路 -


にこ「ねえ、絵里」

絵里「なに?」

にこ「泊まっていい?」

絵里「…私の家に?」

にこ「それ以外に何があるのよ」

絵里「着替え、取って来なさい」

にこ「めんどうだから、絵里の借りたい」

絵里「サイズ合わないんじゃない?」

にこ「別にいいわよ」

絵里「何がいいのよ、風邪引いても知らないわよ?」

にこ「そうなったらその時はその時よ」

絵里「…そう。なら、帰りましょうか」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:30:21.43 ID:z20W0FUU0
- 絵里の家 -


にこ「お邪魔しまーす」

絵里「今日は亜里沙も友達の家に泊まりに行ってるし、二人きりだからあまり気遣いしなくていいわよ」

にこ「そ、そう…(二人きり…急に恥ずかしくなってきた…///)」

絵里「とりあえず御飯作るわね」

にこ「あー、絵里にやらせるのもあれだし、にこが作るわよ?」

絵里「別に気遣いはいいって言ったでしょ?」

にこ「なら、せめて手伝わせなさいよ」

絵里「まあ、それならいいけど…」

にこ「じゃあ、作っちゃおうか」

絵里「ええ、そうしましょう」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 09:32:01.99 ID:z20W0FUU0
- 台所 -


にこ「あんた…エプロン似合うわね」

絵里「そ、そう?…そ、そんなことより、そこの玉ねぎとってくれる?」

にこ「これ?はい」

絵里「ありがと」

にこ「…こうしてると、新婚みたいね」

にこ(って、何言ってるのよにこはあぁぁぁぁ!!)

絵里「ふふっ、言われてみればそうね」

にこ「え、ええ…」

にこ(あれ?満更でもなさそう?でも、スルーされたって可能性も…)トントン

にこ「いたっ!?」

絵里「どうしたの!?…指、切ってるじゃない」

にこ「考え事しながら切ってたから…」

絵里「見せてみなさい」

にこ「う、うん…消毒とか、痛いのは勘弁よ…」

絵里「ええ…はむっ」

にこ「っ!?///な、なななに咥えてるのよ!///」

絵里「こうしたら痛くないでしょ?」チュー

にこ(す、吸われっ…///)

絵里「…はい、これで水で流せば大丈夫よ…にこ?」

にこ「ひゃいっ!?///」

絵里「どうしたのよ、もう終わったわよ?」

にこ「あ、ありがと…///」

絵里「ええ、ちゃんと水で流しておきなさいよ」

にこ「う、うん…」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:34:18.73 ID:z20W0FUU0
にこ(この指、絵里が咥えてたのよね…絵里が近くにいるのはわかってるけど…咥えたい)チラッ

絵里「~♪」トントン

にこ(幸い絵里は野菜を着るのに集中してる…今なら…)ハムッ

にこ(あ、頭がピリピリする…///)ペロペロ

絵里「に、にこ…?」

にこ「えっ!?ど、どうしたの…?(まさかバレた…!?)」

絵里「まだ傷が痛むの?やっぱり消毒したほうがいいんじゃ…」

にこ「も、もう大丈夫よ!痛くも痒くもないわ!(絵里が人思いでよかったわ…)」

絵里「そう、ならいいんだけど…そろそろご飯ができるわよ、お皿並べてきてくれる?」

にこ「わ、わかったわ」

にこ(絵里のことになると、ドンドン自分がおかしくなっていく)

にこ(これは…ちょっとまずいわよね)

にこ(でも、絵里のことを考えると…仕方ないで割り切れるようなことじゃないけど、仕方ないのよね…)

にこ(はたして、絵里に告白したら…受け入れてくれるの?)

にこ(振られたら…μ'sにいられなくなる、よね)

にこ(少しリスクが高い、けどこの想いを伝えないままなんて…)

にこ(そんなの、嫌よ)


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:37:27.74 ID:z20W0FUU0
- リビング -


にこ絵里「ごちそうさまでした」

にこ「美味しかったわね」

にこ「そうね、じゃあ片付けましょうか」

絵里「そうね。悪いけど、また手伝ってくれる?」

にこ「言われなくても、そうするつもりよ」

- 10分後 -


絵里「片付けも終わったし、先にお風呂入りなさい」

にこ「え、一緒に入らないの!?」

にこ(って、素で残念そうにしてしまったわ…)

絵里「逆に一緒に入るの?」

にこ「に、にこは絵里ちゃんと入りたいなー…♪」

絵里「キャラ作らなくても、頼まれたら断らないわよ」ヤレヤレ

にこ「やったぁ!じゃあ、早速行きましょ!」

絵里「着替えを先に用意してからよ」

にこ「あ、忘れてた…」

にこ(絵里とお風呂がどれだけ嬉しいのよ、にこは…)


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:38:41.90 ID:z20W0FUU0
- お風呂 -


にこ(改めて考えると、すごい恥ずかしいわね…)

にこ(絵里が好きとか以前に、この差は…くっ)

絵里「ほら、入るわよ?」

にこ「あ、うん…(絵里の背中…綺麗)」

にこ「ひ、広っ!?」

絵里「そんなに驚くこと?」

にこ「ええ…広すぎるわよ」

絵里「まあいいわ、にこは湯船に先に浸かる?それとも洗う?」

にこ「えっと…二人同時に洗いたいなー…なんて」

絵里「今日のにこは随分甘えん坊というか…私と一緒に居たがるわね」

にこ「に、にこは寂しがりやなのよ…(誤魔化すのも大変ね…)」

絵里「寂しがりや、ねぇ…さ、洗いましょう」アタマゴシゴシ

にこ「…」アタマゴシゴシ


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:40:18.84 ID:z20W0FUU0
絵里「そういえば、こうやって誰かが泊まるのも久しぶりね」

にこ「そうなの?」

絵里「ええ、希が大分前に泊まりにきて、それっきり。μ'sのメンバーになる前だから…本当にすごい前ね」

にこ「そうなんだ…じゃあμ'sのメンバーでは、にこが初めてなのね」

絵里「そうなるわね」

にこ「そ、そう…(嬉しい、嬉しすぎるわ…)///」

絵里「頭は洗ったし、私は体洗うわね」

にこ「ま、待った!にこも頭洗い終わったから、背中流してあげるわよ?」

絵里「どうしたのよ、そんなに必死になって…」

にこ「い、いや…泊まりに来てるんだし、少しくらいご奉仕?しないと…(絵里の体に触りたいだけなんて言えない)」

絵里「…わかったわ、じゃあお願いするわね」

にこ「ええ、任せなさい!」ゴシゴシ



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:42:44.44 ID:z20W0FUU0
にこ(絵里の背中…絵里の体…全部触れるんだ…)ゴシゴシ

にこ(本当に綺麗ね…ぬ、濡れたうなじが…セクシーすぎよ…)ゴシゴシ

にこ(…ちょっとくらい触っても、罰当たらないわよね)ツンツン

絵里「ひぁっ!?な、なにうなじ触ってるのよ!?」

にこ「あ、ごめん…見てたら手が勝手に…(って、変態のおじさんみたいじゃない!)」

絵里「あなた…そんな特殊な趣味が…?」

にこ「あー!冗談よ、そういうこと言うのやめなさいよ!」

絵里「ふふっ、冗談よ。にこにどんな趣味があっても、それ以前にμ'sのメンバーでしょ?そんな些細なこと、気にしないわ」

にこ「そ、そう…」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:44:42.51 ID:z20W0FUU0
絵里「背中流し終わったし、次はにこの背中を私が洗ってあげるわ」

にこ「う、うん…お願いするわ…」

にこ(にこに特殊な趣味があっても、気にしない…)

にこ(にこが、女の子を好きでも…?)

にこ(にこが、絵里を…好きでも?)

にこ(それは…告白してみないと、わからない…)

にこ(でもまだ、その時じゃないわよね…もっとムードのいい場所で…)

絵里「よし、終わったわ。じゃあ湯船に浸かりましょうか」

にこ「ふぇ?…あ、そうね」

ザブーン

絵里「湯船はいいわね…一日の疲れを全部取ってくれるわ」

にこ「そうね…人と浸かる湯船は、いつもと違った温もりがあっていいわ」

絵里「ふふっ、そうね」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:46:34.26 ID:z20W0FUU0
にこ(え、絵里の胸が目の前に…大きい…それに比べてにこは…)

絵里「にこ、そんなに沈んだ顔してどうしたのよ?また気分悪くなってきた…?」

にこ「そういうわけじゃないけど…え、えっと…あんたとにこの胸の差が、ね」シュン

絵里「そんなことを気にしてたの?」

にこ「そ、そんなことってなによ!?」

絵里「アイドルや、女の子の優劣を決めるのは胸だけじゃないわ。にこにはかわいいルックスと、自慢のキャラがあるじゃない」

にこ「うっ…か、かわいい…///」

絵里「そうやって顔を赤くするところとか、ね」ナデナデ

にこ「うぅ…///」ブクブク
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:48:15.12 ID:z20W0FUU0
- リビング -


絵里「な、長い間浸かりすぎたわ…」

にこ「そ、そうね…二人でのぼせたわね」

絵里「ええ…」

にこ「…時間も時間だし、そろそろ眠くなってきたわね」

絵里「そうね…布団、敷きましょうか」

にこ「あ、にこは布団入らないわ。絵里の分一つ、出すだけでいいから」

絵里「え、じゃあにこはどこで寝るの?まさか、ここのソファとか言うんじゃないでしょうね」

にこ「そうじゃなくて…絵里と一緒に寝たい」

絵里「ほ、本気で言ってる?狭くなるけど、大丈夫?」

にこ「にこの身長なら大丈夫よ」

絵里「…それもそうね、じゃあ私の部屋に行きましょ」





20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:50:24.57 ID:z20W0FUU0

- 絵里の部屋 -


絵里「じゃあ寝ましょうか」

にこ「そうね…」

絵里「おやすみ」

にこ「おやすみ」

絵里「…」

にこ「…」

絵里「…」

にこ「…絵里、起きてる?」

絵里「ええ、まだ寝てないわよ」

にこ「手、繋いでいい?」

絵里「…ええ、いいわよ」

にこ「ありがと…」ギュッ

絵里「ええ…さ、本当に寝るわよ」

にこ「うん…おやすみ」

絵里「おやすみ」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:51:33.46 ID:z20W0FUU0
- ??? -


にこ「絵里…私、絵里のことが…」

絵里「…ごめんなさい、にこ。私はあなたの気持ちには応えられないわ」

にこ「ま、待って、絵里…最後まで…」

絵里「じゃあ、さようなら」スゥ

にこ「え、絵里…!?待って!聞いてよ!」

にこ「ねぇ…消えないでよ、絵里ぃっ!!」ガバッ

にこ「…ゆ、夢…?」

にこ「あ、あれ…絵里が、いない…」

にこ「絵里、どこよ!?絵里、絵里っ!!」

にこ「え、絵里ぃ…」グスッ

絵里「どうしたの、にこ!?…な、何で泣いてるのよ?」アセアセ

にこ「絵里…もうどこにも行かないで…」ポロポロ

絵里「行かないわよ、私はここにいるわ」モギュ

にこ「あっ…絵里ぃ…」モギュ


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 09:54:32.14 ID:z20W0FUU0
~5分後~


絵里「落ち着いた?」

にこ「うん、ごめん…」

絵里「…何があったのよ?朝ごはんの用意してたら、突然にこの声が聞こえてきて…驚いたのよ?」

にこ「絵里が…絵里がいなくなる夢を見たの…それで、起きたら絵里がいなかったから…気が動転したのよ」

絵里「そう…朝ごはん、食べれる?」

にこ「ええ、じゃあ頂くわ、ありがとう」


- リビング -


にこ絵里「いただきます」

にこ「今日は土曜日だし、練習もなかったわよね?」

絵里「そうね、今日はずっと休みよ」

にこ「絵里さえよければ…出かけない?」

絵里「ええ、いいわよ」ニコッ

にこ「て、適当にショッピングに行きましょう」ドキッ

にこ(か、かわいい…)

絵里「そうね、じゃあ食べ終わったら一旦にこの家ね」

にこ「どうして?」

絵里「その服は、誰の服よ?」

にこ「あ…そうね、じゃあにこの家ね」アハハ

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:57:13.98 ID:z20W0FUU0
- にこの家 -


にこ「すぐ戻ってくるから、ちょっと待ってて」ガチャ

絵里「ええ、わかったわ」

にこ「さてと…絵里とだし、一番かわいい服で行かないとね…」ゴソゴソ

にこ「これと…これと…これ…あとはこれとこれ…」ゴソゴソ

にこ「とりあえず、この中から…って、10セット以上あるじゃない!?」

にこ「やっぱりこれはなしね…これも、これもこれもなしっと…」ゴソゴソ

にこ「ようやく5セットに絞れたわ…」

にこ「どうしよう…」

~5分後~


にこ「ああ、もう!決まらないじゃない!」

にこ「こうなったら絵里に決めてもらおうかしら…」

にこ「え、絵里…ちょっと来てくれる?」

絵里「どうしたの?虫でも出た?」

にこ「違うわよ…こ、この中から一番にこに似合う服を選んで欲しいの…」

絵里「えぇっ!?にこの方がファッションセンスあると思うわよ…」

にこ「いいのよ、絵里に選んで欲しいの」

絵里「仕方ないわね…じゃあ、これでいいんじゃない?」

にこ(にこが考えていたのと同じ服…ちょっと嬉しい)

にこ「じゃあこれ着るわね、ありがと!」

絵里「ええ、じゃあ外で待ってるから」ガチャ

にこ「…見ててくれても良かったのに…って、何言ってるのよにこはぁ!///」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 09:59:18.85 ID:z20W0FUU0
- ショッピングモール -


絵里「服、いっぱい買ったわね」

にこ「うん、絵里のファッションセンスに任せたけど、なかなか良いのばかり選ぶじゃない」

絵里「ま、仮にもアイドルだしね」

にこ「お腹減ってきたわ…」

絵里「じゃあ、そこでクレープ買ってくるわ。すぐ戻ってくるから、待っててくれる?」

にこ「あ…一緒に行きましょ?朝の夢がまだ、ちょっと不安で…」

絵里「じゃあ、一緒に行きましょうか」スッ

にこ「あ、ありがと…///」ギュッ


- クレープ屋 -


絵里「クレープ、どれがいい?」

にこ「にこはぁ~、にこみたいに~、甘~いチョコがいいな~☆」

絵里「と、突然キャラ作るわね…じゃあ私は、イチゴにするわ。すみません、チョコとイチゴ、一つずつお願いします」

店員「かしこまりました、少々お待ちください」ニコッ

にこ「…」

絵里「にこ?どうしたの?」

にこ「え、な、なんでもないにこ~…(財布の中が…クレープ買えないくらい減ってる)」

絵里「…なるほどね、大丈夫よ。お金なら私が出すわ」

にこ「…え!?なんでわかったのよ!?」

絵里「顔に出てたわよ」ヤレヤレ

にこ「こ、今度返すわ…」

絵里「いいわよ、これくらい。気にしないで」

にこ「で、でも…」

絵里「大丈夫よ、ほらクレープ来たわよ?両方受け取っておいて」

にこ「う、うん」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 10:01:41.35 ID:z20W0FUU0
- 公園のベンチ -


にこ「はむっ…んー、美味しいわ!」

絵里「イチゴも美味しいわね…今度また来たら、食べようかしら」

にこ「あ、絵里…食べさせ合い、しない?」

絵里「いいわよ、はい」

にこ「そ、そうじゃなくて…あーん、してほしいな…///」

絵里「甘えん坊にも程が有るわよ…」ヤレヤレ

にこ「い、いいじゃない、減るもんじゃないんだし…」

絵里「ま、そうね…はい、あーん」スッ

にこ「はむっ…確かに美味しいわね!じゃあにこのクレープも…あーん」スッ

絵里「んっ…チョコも中々いけるわね。ってにこ、クリームついてるわよ?」

にこ「え、どこどこ?(よし、わざとつけたクリームに反応した…!ペロってしなさい、絵里!)」

絵里「じっとしてなさい」

にこ「…」ドキドキ

絵里「はい、拭き終わったわよ」

にこ「…えー!?そこは舐め取りなさいよ!?」

絵里「何必死になって言ってるのよ、私達は一応アイドルなのよ?外でそんなことできるわけないじゃない」

にこ「そ、それもそうだけど…まあいいわ」ハァ


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 10:03:13.99 ID:z20W0FUU0
~3時間後~


にこ「よく遊んだわね」

絵里「そうね、もうこんな時間…そろそろ帰りましょうか」

にこ「うん…」

絵里「…にこ?元気ないようだけど、大丈夫?」

にこ「ねえ、絵里。最後に、公園によらない?」

絵里「いいけど…じゃあそこで少し休憩しましょうか」


- 公園 -


にこ(ここなら…夕焼けが綺麗でムードもいいし、告白するにはもってこいの場所)

にこ(ここで、にこの想いを伝える)

にこ「ねえ、絵里…にこの話、聞いてくれる?」

絵里「どうしたの、悩み事?」

にこ「ある意味、そうね…」

にこ(なんて伝えたらいいのか、正直分からない)

にこ(告白なんてしたことないし…)

にこ(でも、何か言わなきゃ)




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 10:04:42.78 ID:z20W0FUU0
にこ「あのね…」ドキドキ


にこ「絵里と付き合いたい」


にこ「にこは、絵里のことが好き」


にこ「にこと、付き合ってください」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 10:06:36.66 ID:z20W0FUU0
絵里「…ありがとう」

絵里「その気持ち、とても嬉しいわ」

絵里「…でも、私はその気持ちに応えることは、できない」

絵里「ごめん、にこ…」ダッ

にこ「ま、待って、絵里!」

にこ「理由だけでも聞かせなさいよっ…!」ダッ

にこ「ひ、引き離されていく…」

にこ「でも…μ'sで鍛えてきた、その前のスクールアイドルの時も鍛えたにこの体力…舐めんじゃないわよっ!」ダダダ

にこ「捕まえ…たっ!」ギュッ

絵里「…」

にこ「振る理由くらい、聞かせなさいよ…」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 10:09:27.17 ID:z20W0FUU0
絵里「…私達は、さっきも言ったとおり、アイドルよ」

絵里「アイドルに恋愛なんて許されない」

絵里「にこに告白してもらった時…さっきは、すごく嬉しかった」

絵里「ああ、私はにこに好かれてるんだって」

絵里「でも、アイドル以前にも、女の子同士」

絵里「世間からの風当たりも、酷いものよ」

絵里「だから…」チュッ

にこ「っ!?」

にこ(今、唇に…)

絵里「これっきりで、終わりにしましょう」

絵里「今ならまだ、無かったことにできるから…」
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 10:12:21.51 ID:z20W0FUU0
にこ「…泣きそうになってんの、バレバレよ」

絵里「別に…泣きそうになってなんか…」グスッ

にこ「それと、絵里…」

にこ「キスは、これくらいしないと」チュッ

絵里「んむっ…んっ!?んちゅ、れる…」

にこ「ちゅ…ぷはっ」

絵里(し、舌が中に…)

にこ「絵里は純情、だから好きじゃない人とキスなんてしない…そうでしょ?」

絵里「にこ…」

にこ「にこは、世間の目なんて気にしない、アイドルなんて関係ないって思う」

にこ「にこのアイドルへの気持ち、絵里は知ってるはずよ」

にこ「アイドルにあそこまで賭けてきたにこが、覚悟を決めて絵里に告白した」

にこ「それくらい本気だったってこと」

絵里「…」

にこ「絵里は…にこのこと、好き?」

絵里「…ええ、大好きよ…愛してるわ」

にこ「相思相愛、なら世間の目なんて関係ないわ」

にこ「だからもう一回、言うわね」

にこ「にこは絵里のことが好き」

にこ「これからも、ずっと一緒に過ごしたい」

にこ「だから、にこと付き合ってください」

絵里「…ええ、喜んで」ニコッ


おしまい

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 10:14:06.78 ID:z20W0FUU0
これにて終了です。
書き溜めてあったので、あとは投下するだけでしたが、いざ投下してみると、30…思ったよりかなり少なかったです。
にこ絵里もっと増えろ。

見てくださった方々、ありがとうございました

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
にこ「絵里と付き合いたい」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「絵里と付き合いたい」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。