曜「スレを過去ログ倉庫にしまう仕事?」

シェアする

曜-アイキャッチ7
2: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:33:19.29 ID:v1XYc323.net
『そう。無限に立つスレはいずれ落ちるもの』

『そのスレ達を過去ログ倉庫と呼ばれる場所にしまう仕事だ』


曜「な……なんで私が…」

『ここがどこか分かるか?』

曜「え……っと?」

『ここはお前の夢の中。お前は自己嫌悪の余り深い夢に堕ちている。所謂、現実逃避というやつだ』

※ 前作記事へのリンクです(管理人)

真姫「スレを過去ログ倉庫にしまう仕事?」

元スレ: 曜「スレを過去ログ倉庫にしまう仕事?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:33:46.33 ID:v1XYc323.net
曜「…そんなはずないよ。別に……」

ス-..

『上を見ろ。スレが落ちてくるぞ』

曜「え?」チラッ

曜「なにあれ……箱みたいな…キャッチすればいいってこと…?」
4: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:34:17.30 ID:v1XYc323.net
曜「っと……っとと?……」


ス-..


曜「えいっ。なにこれ。軽いよ?」

『それがスレだ。そのスレを過去ログ倉庫に運んでもらう』

曜「……だから、なんで私が…」


ブォン...


曜「わ!え?道みたいなのが…………。これ……歩けるの…?」トントン
6: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:34:47.07 ID:v1XYc323.net
曜「……で?この先にあるんだね?」



曜「…」

曜「仕方ない………」トントン

曜「……真っ暗なのにこの道だけ光って…………不思議だねぇ……」
7: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:35:34.01 ID:v1XYc323.net



曜「ふぅ……ここがその倉庫?」

『そうだ。それはKの102885の列だ。順番に並べていけ』

曜「え?Kの……え?」



曜「あ。箱に書いてある。えー…っと、、、って!あんな高いところ届かないじゃん!」
8: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:36:18.63 ID:v1XYc323.net
『そこの昇降機を使え』

曜「昇降機……?これ?……どうやって使うの?」

曜「…」ジ-

曜「…」ピ ピッ

曜「…………ポチッとな!!!」ガコン!!!


ガ-..........................ド-ン!!!...

ポ-ン


曜「……」チラッ
9: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:36:54.27 ID:v1XYc323.net
曜「……うわ…高い……」

曜「んで?……道……って!なにこれ透明?!!」

曜「…」コツコツ

曜「だ……大丈夫かな……」

曜「…………行こう。えっと……」

『念のために言っておく』

曜「うわぁ!!!!」ビクッ
10: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:37:27.49 ID:v1XYc323.net
曜「へ……お、落ちる落ちる?!!!」アワワワ

曜「……お、っっと……え?危ない………え?」

『…………もし落下すると2度とこの夢から覚めることはできない』

曜「………つ、つまり…」

『すなわち、死を意味する』

曜「………冗談……よして…。……」
11: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:38:06.11 ID:v1XYc323.net
曜「…」ブルブル

曜「どうして…………こんな事に。…」



曜「…」グスン

曜「………っ……………っ……」ゴシゴシ

曜「…」

曜「…………………やるよ………。だって……………帰れないんでしょ?」
12: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:39:08.56 ID:v1XYc323.net
ヒュ-----.........


曜「……?」

曜「風……?どこから……」



曜「よし…。行こう…。ええと……K…の1、02…885…………あった」

曜「ここだ。よいしょ…」

曜「……これでいいんだよね?」
13: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:39:51.44 ID:v1XYc323.net
曜「…戻ろう。………」


ヒュ------....


曜「…」

曜「怖くない…怖くない…………」

曜「…」ピ ピッ


ガコン!!! ゴ----.......

ポ-ン
14: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:40:45.21 ID:v1XYc323.net
『ご苦労』

曜「…………あといくつ運ぶの?」

『それは言えない』

曜「なんで?」

『そういう決まりだ。だが出られないということはない』

曜「…………方法は?」

15: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:41:26.84 ID:v1XYc323.net
曜「………なんでよ……」

曜「…」トントン


ブォン....


曜「…」トントン

曜「戻ってきた」

曜「……で、待ってればいいのかな……」キョロキョロ
16: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:41:59.08 ID:v1XYc323.net
曜「何にも…ない。待つしかないね……んー……」キョロキョロ

曜「…」

曜「上から箱落ちてきたんだから……どうにかしていけないかな…」

曜「………?少し光が射してる………」ゴシゴシ

曜「……でも……高いね。無理か」
17: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:42:30.49 ID:v1XYc323.net
曜「そもそも。スレって………なに?」

『次のスレが落ちるぞ』

曜「………よし…!」

曜「…」


スッ.. ゴォ--!!!


曜「?!!早い!!?……っとと!!!!!」
18: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:43:07.98 ID:v1XYc323.net
曜「……っ!」

ゴ---!!!!!!!!

曜「う゛ぁあああああ゛…!!!!…………」ドォ--ン......





曜「…………ぅう………」パチッ

曜「っ!!!あれ?!!私……」

曜「……!そっか………ここもまだ夢の中……」
19: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:43:50.88 ID:v1XYc323.net
曜「……気絶してたのかな…」

曜「……っと。いてて……ん?………箱に何か……書いてある」


ーーーーー【悲報】曜、ソロwww K102886


曜「……なに、これ。」

曜「…」

曜「よし、運ぼ」
20: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:44:34.14 ID:v1XYc323.net
曜「……昇降機……っと」ピ ピッ


ガコン!!! ゴォ----.....

ポ-ン


曜「重いな……」

『箱の重さはレスの量が多いという事。それは200レス程度だろう』

曜「ふぅん……。だからレスって?」

21: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:45:01.37 ID:v1XYc323.net
曜「はいはい……わかりましたよ……っと。ん……しょ、」

曜「さっきと同じトコだよね。番号1つ違いだし」


ヒュ------.......


曜「落とさないようにしないと………」

曜「…」

曜「落としたらどうなるんだろ…」
22: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:45:32.63 ID:v1XYc323.net
曜「…」

曜「…」ヌギヌギ

曜「ってかなんで制服なんだろう。…靴下ならいいよね」ッポイ



曜「…」

曜「…」

24: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:46:15.79 ID:v1XYc323.net
曜「………なにも起こらないね……」


ファッ


曜「まぶし!……………………………? ……焦げ臭い…」クンクン

曜「………はははは………」ゾクッ

曜「…」

曜「そういう事。…続けよう」

曜「……ここだね。っと」


25: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:46:52.97 ID:v1XYc323.net
曜「次は………まだかな」



曜「………………暇だね……」

曜「…」ペシン!

曜「っ……」

曜「覚めないのね……。なにか方法を考えないと…」
26: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:47:32.94 ID:v1XYc323.net
曜「……さっきの光る道…スレが落ちてこないと無くなるみたいだね。この空間が広いのか……狭いのか……」

曜「……そうだ」ヌギヌギ

曜「やっぱり。ブラジャーもしてた」ッポイ

曜「…」

27: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:48:08.79 ID:v1XYc323.net
曜「……………消えた…の………?」



曜「………さっき倉庫から落としたら一瞬光って……たのに」

曜「…どうなってるんだろ…」

曜「…んー。ってか、まだかなスレ」

『…今は多くのスレッドが保守されている』

曜「保守?」
28: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:48:53.77 ID:v1XYc323.net
『落ちるはずのスレッドも中々落ちてこない。いつ落ちてくるか分からない。落ちる時はお前に呼びかけるつもりだが唐突に落ちる事もある』

曜「え…?ってことはオチオチ休む事も出来ないんだ」

『来るぞ』

曜「ほーい……」


スッ...ヒラ...ヒラ.....


曜「え?箱が紙みたいに………」
29: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:49:23.29 ID:v1XYc323.net
ヒラ...ヒラ.......


曜「………遅い」

曜「…」

曜「はいキャッチ。楽だね。これはレスの少ないスレってことか。…
えーっと……」


ーーーーー曜「」パンパンパンパンパン K102887


曜「…なにこれ」
31: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:50:00.65 ID:v1XYc323.net
『まだ来るぞ』

曜「え?一気に2個??」


スッ スッ スッ ヒラ...ヒラ....ヒラ...


曜「えええっぇ?!さらに3つ?!!」


ヒラ...ヒラ....ハラ....


曜「……っ!とぉ!はっ!!えいっ!!!」
32: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:50:32.29 ID:v1XYc323.net
曜「ふぅ……」


ーーーーー千歌「曜ちゃーん」曜「ん?」K102888
ーーーーー千歌「」パンパンパンパンパン K102889
ーーーーー曜「は……生えて…る?」K102890


曜「………」

曜「4つ積み重ねてさっさと行こう」


33: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:51:11.08 ID:v1XYc323.net
曜「…………はぁ………飽きたよ…」

曜「……それにしても……時間の感覚が変だね。何も感じない……。お腹も空かないし」

『来るぞ』


スッ!


曜「っ?!!ぐ………」ドッス--ン!!!!

曜「……ぅ……………そ…………」

『…』
34: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:51:41.16 ID:v1XYc323.net
曜「動け……な……………」

曜「ちょ………やば……」

曜「、、、助けて………………、、、」

曜「………………………あ………れ…………………あれ?」

曜「……痛くない………」

曜「……んんっ………ぐ……」グッ
35: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:53:12.31 ID:v1XYc323.net
曜「………ん………しょ、………っと………出れる…大丈夫…」グイッ

曜「あとは………足だけ……」

曜「………ふん!!!………」

曜「…………………………っ!!!!!…………………とと!!」スッ..ドン!!



曜「………ふぅ………良かった……。でもどうして。痛くない」

曜「全然動けるし……」グイグイ
37: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:53:51.23 ID:v1XYc323.net
曜「……?」

曜「なにこれ…?絆創膏のゴミ……?



曜「…」

曜「とにかく…運ぶか……。」


ーーーーーー梨子「千歌ちゃんダイスキ」 K102923


曜「…」ズキ
38: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:54:22.66 ID:v1XYc323.net
曜「……重いし……もう、なんなの……ほん……と!」ガッ ズリズリ

曜「…ふん!……」ズリズリ

曜「……」ズキズキ

曜「違う、違う違う。関係ない……」ズリズリ..

曜「…」

曜「…………無理。………こんなの運べないよ。…」
39: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:55:12.31 ID:v1XYc323.net
曜「……出してよ。こんなとこにいる場合じゃないんだから」



曜「この気持ちにケリつけなきゃ。現実逃避?するわけないじゃん」

曜「……勝手に人の夢に入ってこないでよ、意味わかんないよ」

曜「…」

曜「確かにツライって思ったけど逃げるつもりなんてさらさらない。ちゃんと自分の気持ちに向き合わなきゃ。だからさ」

曜「……!」
40: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:55:50.01 ID:v1XYc323.net
曜「……」

曜「そう。……ちゃんと向き合う」

曜「……だからさ…!!!」ダッ!!

曜「……」タッタッタッ

曜(いける……大丈夫…………戻れる…………!)タッタッタ


タッタッタタタタッ


曜「……っ!!!!」ダッ......


41: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:56:58.65 ID:v1XYc323.net
ブ-...ブ-...ブ-...ブ-...


曜「………?」

曜「ん……ぅ…………」ゴシゴシ

曜「…………電話?」

曜「………………はい……もしもし…」


42: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 04:58:57.25 ID:v1XYc323.net
千歌「心配したよ。ずっと連絡取れないから…」

曜「え?ずっと……?」

梨子「そうよ。何かあったのかと…」

曜「………そう……?」

千歌「とにかくさ、予選もこれからだし、みんな体調管理とか気をつけないとね!」

梨子「そうね!」
43: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 05:01:00.10 ID:v1XYc323.net
曜「うん!」


あれ・・・


梨子「どうしたの?」

曜「ううん………なんでもない!あ、それよりさ!!」



ダイヤ「……どうやら何もなかったみたいですわね」

果南「そだね」

ダイヤ「数日前から元気がないように思えましたが……」
44: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 05:02:51.05 ID:v1XYc323.net



曜「ただいま…」

曜「…………ふぅ……」キ-ン..

曜「……ん……?」

曜「何これ?なんで絆創膏のゴミ?使ったっけな…はて?」
45: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 05:04:50.73 ID:v1XYc323.net
終わり…
スレ立て代行ありがとう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「スレを過去ログ倉庫にしまう仕事?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。