千歌「ダイヤさんの匂いに全身包まれる幸せ」

シェアする

千歌-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語(こんにゃく【23:18 震度1】)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 23:32:36.05 ID:kHvXOJSZ.net
ダイヤ「急な大雨…全く困ったものですわ…」

ダイヤ「まぁ生徒会の仕事がある私には関係ありませんが」

ダイヤ「(この雨では練習は中止ですわね…)」

元スレ: 千歌「ダイヤさんの匂いに全身包まれる幸せ」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(こんにゃく【23:18 震度1】)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 23:32:58.15 ID:kHvXOJSZ.net
ダイヤ「(そうですわ…部室に大事なモノ忘れていましたわ…)」

ダイヤ「ふんふふ〜ん♪」スタスタ

ダイヤ「(放課後食べようと冷やしていたプリン♪一人、雨を眺めながら食べるのも、乙、なものですわね)」

ダイヤ「ルビィに食べられている心配も、ありませんし♪」
6: 名無しで叶える物語(こんにゃく【23:18 震度1】)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 23:35:04.27 ID:kHvXOJSZ.net
ダイヤ「〜〜〜♪」スタスタスタ

ガチャッ

千歌「やっ…!」

バタンッ

ダイヤ「(何ですか、今のは…)」
7: 名無しで叶える物語(こんにゃく【23:18 震度1】)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 23:37:08.69 ID:kHvXOJSZ.net
ダイヤ「(ものすっっっごい…肌色が見えた気がしましたけど…)」

ダイヤ「………」

ダイヤ「(千歌さん…ですわよね…?)」

ダイヤ「(なぜ一人だけ部室に…)」
9: 名無しで叶える物語(こんにゃく【23:18 震度1】)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 23:37:58.82 ID:kHvXOJSZ.net
カチャッ…


千歌「うぅ…/////////」モシ…゙モシ…゙



ダイヤ「(…なぜ、千歌さんが全裸で部室にいるのですか…)」
11: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 23:41:10.70 ID:kHvXOJSZ.net
ダイヤ「(しかも全裸…ありえませんわ…)」

千歌「うぅ…寒いよぉ…」ポタッポタッ…

ダイヤ「(………んん?よく見たら全身ずぶ濡れじゃないですか…)」

ダイヤ「(髪から水滴がポタポタ滴り落ちてますわね…)」


ダイヤ「(………!!!)」
12: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 23:45:46.15 ID:kHvXOJSZ.net
ダイヤ「(もしや…イジメ…?)」

ダイヤ「(いやいやまさか…!そんな事は…)」


ダイヤ「(でも…もしかして…)」ホワンホワンホワン
13: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 23:46:27.82 ID:kHvXOJSZ.net
(千歌『うわぁっ!』)

(???『千歌ちゃんかかったズラwww』バシャーン)

(???『びしょ濡れだね!千歌ちゃん!』ケラケラ)

(千歌『うぅ…ひどいよぉ…』)

(???『先輩だからって偉そうにするんじゃないズラ!今日はずぶ濡れで帰るズラよ』)

(千歌『そんな…ひどいよぉ…』)
14: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 23:49:18.28 ID:kHvXOJSZ.net
ダイヤ「(…よくよく考えてみたら常識的にありえませんわね…そんな事)」

ダイヤ「(そんな事をする人は、私達の中には絶対いませんわ!断言できます!)」

ダイヤ「(まぁとりあえず千歌さんに話を聞かない事には始まりませんわ!)
20: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 23:52:08.04 ID:kHvXOJSZ.net
カチャッ

ダイヤ「千歌さん、いいですか?」

千歌「ひゃいっ!!!///」サッ

ダイヤ「(本当に真っ裸ですわね…)」

ダイヤ「あの、隠さなくてもよろしいのですわよ」

千歌「えぇと…でも…///」モジモジ

ダイヤ「私と千歌さん以外、誰もいませんわ?それに女同士、恥ずかしがる事はありません」
27: 茸をNG(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 23:54:58.58 ID:kHvXOJSZ.net
ダイヤ「(濡れた制服とパンツ…乾かしてるんですか…)」

千歌「…はぃ………///」カァァァ

ダイヤ「(何でそんなに乙女全開な表情するんですか///こっちが恥ずかしくなりますわ///)」
30: 訂正(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:01:43.98 ID:9qxxSmMN.net
ダイヤ「えぇ〜…千歌さん、その………なんでそんな全身ずぶ濡れなんですか?」

千歌「それはぁ…そのぉ…」ホワンホワンホワン


(千歌『こう雨だとやりたくなる事があるよねぇ〜』)

(梨子『何を?』)」

(千歌『ほらっ!凛さんの…ハロ星だよ!!!すっごい楽しいのだ!』)

(梨子『またμ's?本当に好きよね千歌ちゃん』)

(梨子『でも、凛ちゃんは花丸ちゃんの領分じゃない?』)

(千歌『花丸ちゃん、凛ちゃん借りるよ!』)

(千歌『ほら、見ててね梨子ちゃん…こう………大丈夫にゃっ!』ピョーン!


ズルッ!

(千歌『え"』)

サップーン…


(梨子『あぁ〜ぁ…千歌ちゃん…そこ…深くなってるのよね…』)

(千歌『……はぁ…ついてないなぁ…』)
31: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:05:11.78 ID:9qxxSmMN.net
千歌「って事があって…」

ダイヤ「バ カ で す か 」ドーン

千歌「う"ぇぇ…」

ダイヤ「凛さんの真似したらズッコケて全身ずぶ濡れって中々できる事じゃないですわ」クスッ

千歌「ごめんなさ〜い…」

ダイヤ「…まぁ…ルビィも中学生の頃、同じ事やらかした事がありましたのよ」フフッ

千歌「へぇ〜ルビィちゃんも…」

ダイヤ「千歌さんは中学生のルビィと同じ行動をやったのですわよ?」ズイッ

千歌「う"っ」
33: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:08:47.94 ID:9qxxSmMN.net
ダイヤ「ふふっ…まぁいいですわ」

ダイヤ「ところで…服が乾くまでずっとその格好で待ってるつもりでしたの?」

千歌「えぇまぁ…はい、梨子ちゃんには悪いから先に帰ってもらいました」

ダイヤ「(ちょっとぉ…それは…)」

ダイヤ「(上から下まで全裸の千歌さん…桜色の乳首も、うっすら生えた恥毛も、全て丸出しで…)」

ダイヤ「ア ホ で す か ! 」デコピンッ
34: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:11:00.68 ID:9qxxSmMN.net
千歌「痛っ!ちょっとぉダイヤさ〜ん…」

ダイヤ「そんな格好で待ってて、知らない誰かが入ってきたらどうするんですか!」

千歌「えぇ…でも、ここ女子校ですし…」

ダイヤ「中には変な人もいますし、男性教師だっていますわ!危機感が無さすぎです!」

千歌「はい…」シュン

ダイヤ「それに、せめてパンツの一枚でも履いたらどうですか?」

ダイヤ「だって…パンツまでグチョグチョで気持ち悪いんですよ?」
35: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:13:22.02 ID:9qxxSmMN.net
ダイヤ「(ふ〜んそうですわね…私の制服を着せるわけにはいけませんし…)」

ダイヤ「(そうだ…)」

ガサガサッ…

千歌「ダイヤさん…これは…?」

ダイヤ「私の体育着です、今日はちょうと体育があって良かったですわ」

ダイヤ「これを千歌さんが着れば万事解決です!制服が乾くまでその格好で待っていれば…」
36: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:16:51.48 ID:9qxxSmMN.net
千歌「///」モジモジ

ダイヤ「…?どうしたのですか?赤くなって…」

千歌「だってぇ…」

千歌「ダイヤさんの匂いが…いっぱい私の中に感じるですよ…///?」

ダイヤ「…///な…な…汗臭かったですか?ごめんなさい!脱いでも…」

千歌「ぃゃ…///脱がさないで…」

千歌「ダイヤさんの匂い…私、好きだから…///」

千歌「いっぱいいっぱい堪能したいです…///」
37: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:20:17.20 ID:9qxxSmMN.net
ダイヤ「〜〜〜〜〜//////!!!」カァァア

ダイヤ「(こんな恥ずかしいセリフをよく言えますわね///)」

ダイヤ「(そんな事言われたら意識しちゃうじゃないですか…)」チラッ

千歌「///(恍惚の表情)」

ダイヤ「(そういえば…下着は上下共に履いてないんですわよね…)」

ダイヤ「(私のショートパンツが…千歌さんの濡れた下半身に沿って…皺に…浮き出て)」

ダイヤ「…///」ゾクゾクゥ
38: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:24:46.45 ID:9qxxSmMN.net
ダイヤ「髪を下ろして濡れている千歌さん、いつもより大人っぽくて好きですわよ」

千歌「…えっ///」ポッ

ダイヤ「(…つい口が動いてしまいました)」

千歌「そうですか…ならこれからいつもこの髪型でいます…///」

ダイヤ「(あるぇ〜〜〜…何ですの千歌さんの乙女式れんあい塾っぷりは…)」
39: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:29:00.23 ID:9qxxSmMN.net
ダイヤ「(千歌さんがなぜこうなっているか、考えられる仮説は1つ…!)」

ダイヤ「(千歌さんが私に惚れてる…!ぶっちゃけこれ以外無さそうなんですわねぇ…)」

ダイヤ「(まぁ…千歌さんは私に対して結構絡んできてる気がしますし、私に尊敬してる風ですし…)」

ダイヤ「(好意を向けてくれるのなら、お返ししてもいいのですよ…?」


千歌「…///」モジモジ

ダイヤ「(さぁ!女黒澤ダイヤ!待っている後輩を待たせていいのですか!否!すぐにでも行動するのですわ!)」
40: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:31:12.36 ID:9qxxSmMN.net
ダイヤ「え〜…コホンッ」アラタマリー

千歌「///!?」ドキッ

ダイヤ「え〜と…アレ…ですか?千歌さん…」

千歌「アレ…って?」

ダイヤ「その…千歌さんは私にホの字なのですよね?って事ですわ!!!」

千歌「………?」

ダイヤ「どうしたのですか…?千歌さん黙りこくって…」
41: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:33:56.58 ID:9qxxSmMN.net
千歌「…ほの字って…なんですか?」

ダイヤ「(………やってしまいましたわ…)」

ダイヤ「(直接的な言葉を言うのは恥ずかしくてついこんな言い回しに…)」

ダイヤ「えぇと…それは〜…その…///」キョロキョロ

千歌「目を逸らさないでください!どういう意味なんですか…?」ガシッ

ダイヤ「うぅ…それは…」

千歌「それは?」ズイッ

ダイヤ「(ていうか何で私が問いつめられてるんですかぁ!!!」
42: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:39:42.23 ID:9qxxSmMN.net
ダイヤ「そうですわ!ホの字ってのは穂乃果さんのホで…」アセアセ

千歌「だから…本当の意味を教えて欲しいです…」ウルウル

ダイヤ「………惚れる、ですわ!」

千歌「えっ…?」

ダイヤ「だから!千歌さんが私に惚れている!そういう意味です///」

千歌「…!!///」カァァ

ダイヤ「そうなの…ですね…?」

千歌「…///ハイ…ソウデス…」モジモジ

ダイヤ「ふふっ…」ダキシメー

千歌「ぁっ…///」

ダイヤ「やっと素直になってくれましたわね…」ナデナデ

千歌「…///」コクン
43: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:47:15.10 ID:9qxxSmMN.net
ダイヤ「(う〜ん…こうして抱きしめると、私の体育着の匂いと千歌さんの匂いが混ざってるのが…)」

ダイヤ「ねぇ、千歌さん…千歌さんはいつから私の事を…?」

千歌「…気付いたら一人えっちの時…いつもダイヤさんの顔が浮かんできて…それから意識するようになって…」

ダイヤ「…!///ハレンチ…ですわ…///」

千歌「ごめんなさい…///」

ダイヤ「私は千歌さんに恋愛感情は抱いた事はありませんわ」

千歌「(ジワッ…)そうですよね…すいません、ご迷惑かけて…」

ダイヤ「でも、これから千歌さんの事を恋愛感情を持って接する事にします」

ダイヤ「今日がその第一歩ですわ、私の千歌さんに対する恋心の…」

千歌「…それって///」

ダイヤ「今日から千歌さんは私の彼女さんですわ、これからずぅっとお願いします♡」

千歌「(ジワッ)」ポロポロ

ダイヤ「な、千歌さん泣かないでください…」アセアセ

千歌「だって…嬉しいんです、ダイヤさんと恋人になれた事が…♡」ニコッ
44: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:55:00.40 ID:9qxxSmMN.net
しばらくして…


ダイヤ「そろそろ乾きましたかね…」

千歌「う〜ん…まだちょっと湿気ってるような…」サワッ

ダイヤ「でもそろそろ着れるんじゃないですかね…」

千歌「え〜と…でも…私はこの服、脱ぎたくないかな…///」モジモジ

ダイヤ「っ…///」

ダイヤ「千歌さん、今日、返さなくていいですわその服、明日返してくれれば…」

千歌「それって…」パァァ

ダイヤ「恥ずかしいセリフ言わせないで下さい///♡」

千歌「〜〜〜///」
45: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 00:58:04.32 ID:9qxxSmMN.net
ダイヤ「何なら…今日私が千歌さんの家にお邪魔していいんですよ///」

千歌「えっ///♡」

ダイヤ「別に…変な意味はありませんよ…///」

千歌「そうですよね…」

ダイヤ「清く正しく、順序立てて…そういうものです」

千歌「はいっ♪」

千歌「じゃあ…」ンー

ダイヤ「(キス…ですわね…)」

ダイヤ「はい…千歌さん瞳を閉じて…」


チュッ
46: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 01:00:08.50 ID:9qxxSmMN.net
千歌「ふふっ///キス…しちゃいましたね…///」

ダイヤ「はい…///」

ダイヤ「今はこれが精一杯ですわ…///」

千歌「でも、これからいっぱい時を過ごして、色々やっていきましょうね…///」

ダイヤ「はい…///」
48: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 01:07:30.26 ID:9qxxSmMN.net



千歌「…そういえば、ダイヤさん、今日はなんで練習無いのに部室へ…」

ダイヤ「はっ…そうでした…忘れていましたわ…」ガラッ

ダイヤ「冷やしておいたプリンを食べようと…これこれ♪」ウキウキ

ダイヤ「そうだ、千歌さんも一緒に食べましょう!」

千歌「えっでもダイヤさんの…悪いですよ!」

ダイヤ「恋人になったんですから、食べさせ合いっこしましょう!こういうの、結構憧れていたんですよ?」ウキウキ

千歌「…はい///いただきます///」


ダイヤ「はい、千歌さん、あ〜ん…♡」

千歌「あ〜…ん!」パクッ

千歌「あっ………まい!!」

ダイヤ「それじゃあ千歌さんからも、さぁ!」ワキワキ

千歌「はい…///じゃあ…」ズィィッ

ダイヤ「………?」

千歌「…♪」ムッチュゥゥゥ

ダイヤ「…!?」

千歌「どう…ですか…?///」

ダイヤ「そういうのは…」プルプル

ダイヤ「そういうのをするのはまだ早いですわ〜〜〜///」

千歌「わ〜ごめんなさ〜い!」


ワーワーギャーギャー



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「ダイヤさんの匂いに全身包まれる幸せ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。