ルビィ「私、本当は『悪い子』なんです」

シェアする

ルビィ-アイキャッチ6
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:05:53.91 ID:NcFdcyUlO
注意事項
・キャラ崩壊あり
・微百合要素あり
・短いです

以上、ご了承の上続きをお読みください。

〜〜〜

ー放課後・淡島神社ー

千歌「ルビィちゃん、お待たせ! ゴメンね、待たせちゃった?」

ルビィ「いえ、私もさっき来たところです。すみません、こんなところに呼び出したりして...」

千歌「全然大丈夫だよ! みんなとのトレーニングの成果かな、最近はここまで結構楽に上がれるようになったし! それで、話って?」

ルビィ「はい...。その、千歌さん...!」

ルビィ「ごめんなさい!!」

千歌「わわっ、いきなりどうしたの!? ルビィちゃんに謝られることなんてないよ!? 」

ルビィ「あります! 私、千歌さんや、Aqoursのみんなに、嘘をついていることがあって...」

千歌「ルビィちゃんが、私たちに嘘を...?」

ルビィ「はい...。あの...、千歌さんは、私のこと、どんな風に思ってますか?」

千歌「え?」

ルビィ「千歌さんの思う私の印象って...どんな感じですか?」

千歌「うーん...。改めて聞かれると困るなあ...。そうだな、恥ずかしがり屋だけど、可愛くて頑張りやさんで、すごく『良い子』だと思ってるよ?」

ルビィ「っ...。やっぱり...」

千歌「え? 私、何か悪いこと言っちゃった、かな?」

ルビィ「千歌さん...。私は...良い子なんかじゃないんです」

ルビィ「本当はみんなが思ってるよりずっと...ずっとずっと『悪い子』なんです」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473588353

元スレ: ルビィ「私、本当は『悪い子』なんです」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:07:05.89 ID:NcFdcyUlO
千歌「悪い子? ルビィちゃんが?」

ルビィ「はい、そうです」

千歌「そんなことあるわけないよ! ルビィちゃんが良い子じゃないなら、私なんて不良さんだよ?」

ルビィ「だから、千歌さんは私に騙されてるんです。それにAqoursのみんなも...。だけど、もうこのまま隠し続けるのはつらくて...。今日、千歌さんに来てもらったのは、私は本当は悪い子なんだってことを、打ち明けようと思ったからなんです」

千歌「...えっと、冗談だよね?」

ルビィ「冗談じゃ、ないです...」

千歌「...わかった。ルビィちゃんがそんなに言うなら、話聞かせてもらう。けど、私はルビィちゃんがもし『悪い子』だったとしても、絶対に嫌いになったりしない。だから、安心して話してほしいな」

ルビィ「千歌さん...。ありがとうございます。なら、話しますね。私が今まで、どんな悪いことをしてきたのか...」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:07:57.03 ID:NcFdcyUlO
ルビィ「あれは、お母さんにおつかいを頼まれて、近くのスーパーに行った時の話です」

ルビィ「夕方だったので店内はとても賑やかで、店員さんがとても忙しそうにしてたのを覚えています」

ルビィ「大変だな、なんて考えながら、ふと、こんなことを思ったんです」

ルビィ「『今なら、私が何をしても店員さんは気づかないんじゃないか』って...」

千歌「ルビィちゃん!? まさか...!」

ルビィ「はい。多分、千歌さんの考えてるとおりのことです...。私は絹ごし豆腐を...」



ルビィ「陳列されている商品の一番奥から取りました...っ!!」



千歌「............ん?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:08:33.50 ID:NcFdcyUlO
ルビィ「罪悪感がなかったわけじゃないんです...! ただ、家族のみんなに少しでも新しいお豆腐を食べてもらいたくて...! 先入れ先出しのために苦労して陳列してる店員さんの想いを裏切って...」

ルビィ「消費期限が新しいお豆腐を買ってしまいました...っ!」

千歌「ああ、うん...」

ルビィ「...千歌さん、どう思いましたか、こんな私のこと...」

千歌「良いお嫁さんになりそう、かな?」

ルビィ「からかわないでくださいっ! ちゃんと叱ってくれないと、ルビィは...もっと悪い子になっちゃいますよ...?」ウルウル

千歌(かわいい)
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:09:24.43 ID:NcFdcyUlO
千歌「ええと、ルビィちゃんがした悪いことっていうのは、それだけ? やっぱりルビィちゃんって良い子じゃ...」

ルビィ「違います! 私は本当に悪い子なんです! 他にもたくさん悪いことをしました!そ、そうだ! この前、たまたま私が一番先に部室に来た日に、机の上に新品のナース服が置いてあって...」

千歌「多分曜ちゃんのだね」

ルビィ「曜さんが制服をこよなく愛していることを知りながら、私は誘惑に負けてその制服を先に着て、鏡の前でポーズを取ったりしてしまいました!!」

千歌「う〜ん...確かにそれはちょっと悪い、かな...?」

ルビィ「で、ですよね! えへへ、でも結局、曜さんに見つかって...、洗って返すって言ってもこのままで良いからって全然聞いてくれなくて...。曜さんに迷惑かけるばっかりになっちゃいました...」

千歌さん(でも、私も見たかったなあ。あれ? そういえばこないだ曜ちゃんの家に行った時に、部屋にショーケース入りのナース服が飾られてたっけ...。もしかしてあれって...)

ルビィ「気持ち悪いですよね...(私が)」

千歌「そうだね...(曜ちゃんが)」

ルビィ「っ...! えへへ、分かっていても、千歌さんにそう言われると、胸が痛くなりますね」グスッ

千歌「ああっ!? 違う! そうじゃないから!」

ルビィ「良いんです、悪いのは私ですから...」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:12:14.79 ID:NcFdcyUlO
ルビィ「ところで...私が悪い子だって、わかってもらえましたか?」

千歌「ん〜...けど、曜ちゃんのだと分かってるんだし、可愛い服着たいって気持ちは分かるから...。それほど悪いってこともない気がしてきちゃった」

ルビィ「ぴぃ...!? むぅ...! 千歌さんは分からず屋ですね! それなら次です!」

千歌(それなら、ってなんだろ...)

ルビィ「この前、善子ちゃんの『生放送』っていうのにゲストで出させてもらったとき、調子に乗って善子ちゃんの真似をしちゃったんです...」



ルビィ『る、るびぃと一緒に...だ、堕天しません、か...?』



ルビィ「その瞬間、画面が文字で埋め尽くされて全然見えなくなって...。後から調べてわかりました。あれって、炎上って言うんですよね...? 私ができもしないのに善子ちゃんの真似なんてするから、きっとファンの方が怒っちゃったんです...。これでAqoursに迷惑がかかっちゃったら...」

千歌「ルビィちゃん、わざとだよね? 確信犯だよね? いつからあざとかわいいキャラに方向転換したの?」

ルビィ「?」キョトン

千歌「ああ、もう可愛いなあ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:13:07.24 ID:NcFdcyUlO
千歌「やっぱりルビィちゃんは良い子だよ」

ルビィ「ちがっ...なんで、なんで分かってくれないんですか! まだ! まだあります!」

千歌「ルビィちゃんって見かけによらず頑固なんだね...。ダイヤさんの妹なんだってちょっと納得だよ...。ちなみにどんなこと?」

ルビィ「風邪をひいたときに、シロップのお薬が嫌で飲まなかったことがあります!」

千歌「ほら、もう可愛いもん」

ルビィ「もっと詳しく聞いてください!!」

ルビィ「風邪気味の私にお姉ちゃんが『苦い薬は飲みにくいから』ってジュースと混ぜて飲ませようとしてくれたんです」

千歌「厳しそうに見えるけ優しい人だもんね、ダイヤさん」

ルビィ「はい! 自慢のお姉ちゃんです♪ 」

ルビィ「なのに私は、お薬を飲むのが嫌で、お姉ちゃんがいない間にそれを飲んだフリして流しに捨ててしまって...」

千歌「そっか...」

ルビィ「その夜、私の部屋にお姉ちゃんが来たんです。それで『寝てるわよね? お薬飲んだんだものね』って私に話しかけてきて。お薬を飲んでない私は『もしかしたらお薬を飲まずに寝たフリをしているのがバレちゃったのかな?』って思って強くなって声が出せませんでした...」

ルビィ「しばらくするとお姉ちゃんはやっぱり私が寝たフリしていることに気がついたみたいで、ベットの中に潜り込んで服の中に手を入れてくすぐったり、首筋にき、キスしたりして、私に声を出させようとしてきました」

ルビィ「でも私は、結局、お姉ちゃんがそのまま寝ちゃうまで寝たフリを続けてしまいました...。いつでも謝れたのに...。お薬飲まなくてごめんなさいって言えたのに...」




千歌「あ、もしもし、ダイヤさん? 2人きりで大切なお話があるので、体育館裏まで来てもらって良いですか? 何の話か? 胸に手を当てて考えてください」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:13:52.53 ID:NcFdcyUlO
ルビィ「まだ私が悪い子だと認めてもらえませんか...?」

千歌「ほかに悪い人なら見つかったんだけど...。やっぱりルビィちゃんは良い子にしか思えないなあ」

ルビィ「そうですか...」

ルビィ「...なら、これで最後にします。もう1つだけ、聞いてください」

千歌「うん」

ルビィ「私、好きな人のことが知りたくて、話を盗み聞きしたことがあるんです」

ルビィ「その人は一緒にいた友達に『あなたは真面目すぎるから、ちょっと悪いくらいがちょうど良いよ』みたいなことを言ってました」

千歌「えっ...?」

ルビィ「それで不安になったんです。もしかしたら、私はその人に、距離を置かれてるんじゃないかなって」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:14:39.10 ID:NcFdcyUlO
ルビィ「Aqoursのみんなに隠し事するのがつらい、なんてことはただの口実です。本当は好きな人に私のことを見てもらいたかっただけなんです...」

ルビィ「...嫌いになりましたよね? そんなことのために、みんなを言い訳に使ったりして」

千歌「ルビィちゃん...」

ルビィ「忘れてください、こんなの、気持ち悪いですよね? ほ、本当に...ごめんなさいっ...!!」 タタッ

千歌「待って!!」 ギュッ

ルビィ「え...?」

千歌「最初に、言ったよね? もしルビィちゃんが悪い子でも、私はルビィちゃんを嫌ったりしないって」

ルビィ「でもっ...! 私、女の子なのに千歌さんのこと好きになっちゃって...。気持ち悪い...」

千歌「そんなことないっ!!」 ギュウ!

ルビィ「千歌さん...っ」

千歌「全然そんなことない。気持ち悪くなんてないよ。...嬉しい」

ルビィ「...ほ、本当ですか...?」

千歌「うん、本当。でも、ルビィちゃんは本当に悪い子だったんだね。...今の言葉はもっとちゃんとした形で、私から言いたかったんだけどな」

ルビィ「千歌さんっ...!!」ギュッ

千歌「改めて言うね? 私はルビィちゃんのこと...」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:15:29.81 ID:NcFdcyUlO
〜〜〜

善子「ルビィは今からリトルデーモン召喚のために、ヨハネと黒ミサを執り行うの! 諦めなさい!」ギュウゥ

曜「い〜や! ルビィちゃんはこれから私と制服着て撮影会をするんだから、善子ちゃんこそ離してよ!」ギュウゥ

ルビィ「ぴぎゃあぁ...! わ、私は両方参加するからっ...! は、離してぇ...! 千切れちゃうぅ...!」

梨子「ふふ、文字通りの引っ張りだこ、ね。ルビィちゃん」

千歌「まあ、ルビィちゃんは可愛いから仕方ないね」

梨子「うん。可愛くて、すごく良い子」

千歌「ん〜...。良い子、か...」

梨子「千歌ちゃん? どうかした?」

千歌「いや、私はちょっと違うかなって思って」



千歌「ルビィちゃんって、ああ見えて結構悪い子なんだよ」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 19:17:07.81 ID:NcFdcyUlO
以上です。

初めてのSSで見苦しい点あると思いますが、失礼いたしました。

HTML化依頼してきます。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
ルビィ「私、本当は『悪い子』なんです」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ルビィ「私、本当は『悪い子』なんです」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。