花丸「へっくしゅん」

シェアする

花丸-アイキャッチ6
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:16:53.69 ID:F26gtivd.net
花丸「今日、誰かが怯えてる」

元スレ: 花丸「へっくしゅん」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:17:36.62 ID:F26gtivd.net
鞠莉「私はいつも通り果南を追いかけてたの」

そしたら言われちゃったの、"貴女の顔なんか見たくない"。

私はただ、2年前の時間を取り戻したかったがけなのに・・・

私と、ダイヤと、貴女の3人。

「死んじゃいたい」
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:18:56.21 ID:F26gtivd.net
曜「死んじゃえ!」

こんな惨めならいっそ死んじゃえ!

プールの塩素と藻屑と一緒に消えちゃえ!

曜「何?あんな事言った私が悪いの?」

梨子ちゃんに言われたかった?
4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:21:21.77 ID:F26gtivd.net
こんな事考える私の行くとこはきっと天国じゃないって、思い出したら止まらなくて。

嫌だ!あぁ、こんな思いにさせないでよ。

いつからか覚えたこの気持ち、毎日突き刺さる悲しみ、痛み。

今は梨子ちゃんが隣で、支えてくれる唯一の光?

じゃあ私は、"これ"を頂戴だ!
5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:23:37.59 ID:F26gtivd.net
鞠莉「ああぁぁぁぁぁぁ!」

諦めたくなかった、諦めてほしくなかった、3人で居たかっただけなのにそれは拒絶された。

2年経った後も私は拒まれた。何もかも。

どうしてそうなるの!?

わからないまま私は教室をめちゃくちゃにする。

使われてない部屋、使われてない机、椅子を潰し、黒板を破る。
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:25:23.92 ID:F26gtivd.net
ロッカーが凹む程殴っても収まらない。

教卓がばらばらに壊れてもわからない。

私にどうしろっていうの!?

私なんかより果南こそ言いたいであろうセリフを、私は無機物の山にぶつけるの。
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:29:32.78 ID:F26gtivd.net
曜「ふんっ!」

私の中にある触れちゃいけないところに、私はたまにわざと触ってみる。

私は何?なんて事を考える時私は自分を殺してみる。

鞠莉「あぁぁ!」

窓ガラスが砕け散る。

誰にとっても理不尽な怒りが、言葉になってしまうのを恐れ逃げ出した。

私は2人が、あの6人も、集まるのを信じてひたすら待っていた。

私が諦めれば果南は、笑ってくれるってわかっていた。

それでも、私だって、いつも、何も考えてないわけじゃないの。
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:31:44.13 ID:F26gtivd.net
曜「うわぁぁぁぁ!」

千歌ちゃんが、皆が守りたがった学校を、私は傷つけてる。

これが私のための痛みだとでも言うなら。

この痛みが。

声が?

黒が!

私は、今から。
9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:33:49.37 ID:F26gtivd.net
今を捨てて、"僕"を忘れ、故郷の海を窓から見るの。

笑いたいな。

歌いたいな。

それとも息を止めようかな。
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:35:35.51 ID:F26gtivd.net
「うぅぅ・・・ぐずっ、ぁぁ・・・」

私は夢を見ていたの。

私は歌っていたの。

叶わなかったけど、私は夢を見ていたんだよ。

成功したりとか、何かを達成したりとかは求めずに、ただ一緒に居られる夢を。
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:38:32.59 ID:F26gtivd.net
「・・・ぁぁぁぁあああ!」

私はまた金属のバットを拾い上げて、目の前の窓を叩き割って走り出すの。

私はまたぼろぼろの椅子を拾い上げて、扉を押し破って教室から飛び出すの。

こんな事してどうなるというの?

知らない!

答えは見つからないまま、ただ溢れてしまった衝動のままに目の前の物を破壊し尽くすの。
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:42:10.32 ID:F26gtivd.net
朝になったら、これを見た皆が悲しむのかな。

どうして守りたかった場所にこんな事をしているのだろう。

いいえ、違う。

守りたかったのはこんなたかが建物じゃない。

暖かくて、優しかった自分の居場所だったの。
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:45:23.58 ID:F26gtivd.net
がしゃん。

鞠莉「・・・ぁ」

ついに身体が止まった。

曜「ぇ・・・鞠莉、さん・・・」

それでも止まらない心臓も、声も全部時が動かしてるの。

きっと誰も。

曜「・・・私も」

きっと今も。

「・・・あははははは!」

"静"など知りえないの。
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:47:31.66 ID:F26gtivd.net
響いていた叫び声と破壊音は止まり、代わりに泣き声が校内を支配している。

いつだって、誰かがこうなる。

どうして、それが誰なのか、いつだって・・・

花丸「知りえないの」

できる事だって、何も無い。

所詮、人間は1人。
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:48:03.33 ID:F26gtivd.net
花丸「今日も、誰かが怯えている」



おわり
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 21:52:16.60 ID:F26gtivd.net
11話をまだ観れてない腹いせでRADWIMPSのへっくしゅん聴きながら書いた
9話のビンタシーンが遅れてたらこうなってるかもというやつ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花丸「へっくしゅん」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。