海未「海色少女は純白天使に魅せられて」

シェアする

海未-アイキャッチ57
1: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 19:50:59.48 ID:FB0PlgpV0
海未「こんにちは……ってことりだけですか?」

ことり「うん。ことりが来たときはまだ誰もいなくて」

海未「遅いですね……」

ことり「うん。海未ちゃんと2人きりなんて久しぶりだね」

海未「言われてみれば最近はいつも穂乃果や他のμ'sメンバーも一緒でしたね」

ことり「ことり、海未ちゃんともっとゆっくりお話ししたかったんだ!」ニコッ

海未「っ!」カアアアアアアアア

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424861459

元スレ: 海未「海色少女は純白天使に魅せられて」

スポンサーリンク
2: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 19:53:43.61 ID:FB0PlgpV0
海未「……ことりはずるいです」

ことり「え?」

海未「そういう風に素直に気持ちを伝えられて、ずるいです」

ことり「海未ちゃんだからだよ?」

海未「私だから、ですか?」キョトン

ことり「大好きな海未ちゃんだからことりも素直になれるの」

海未「っ! よ、よくもまあそんな恥ずかしいことを……!」カアアアアアアア
3: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 19:55:28.95 ID:FB0PlgpV0
ことり「海未ちゃんは?」

海未「はい?」

ことり「海未ちゃんはことりのこと、嫌い?」

海未「き、嫌いではありません!」

ことり「じゃあ、好き?」

海未「……す、好きですよ」カアアアアアアアア

ことり「やったっ! じゃあことりと海未ちゃんは両想いだね」ニコッ

海未「りょ、りょうおも……っ! そういう話ではないでしょう!」カアアアアアアアア
5: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 19:58:22.74 ID:FB0PlgpV0
海未「まったく、ことりにはペースを乱されますね……」

ことり「海未ちゃん、すぐ赤くなって面白いんだもん」アハハ

海未「私で遊ばないでください!」

ことり「ことりは海未ちゃんのそういう生真面目なところが大好きなんだよ?」

ことり「かっこよくて、かわいくて、優しくて、厳しくて。海未ちゃんはことりの自慢のお友達です!」

海未「わ、私も……。その、ことりのことは自慢の友達だと思っていますよ」

ことり「……っ! 海未ちゃんっ!」ギュッ

海未「こ、ことりっ! 離れてください!」カアアアアアアアアア
6: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:01:37.12 ID:FB0PlgpV0
花陽「こんにちはー、ってあわわ! ご、ごめんなさい!」アワアワ

海未「は、花陽っ! 違うんです!」アセアセ

ことり「うふふ、かよちゃんも、ぎゅーっ!」モギュッ

花陽「うぇえっ!? こ、ことりちゃん!?」

ことり「かよちゃんもことりの自慢のお友達だよっ!」

花陽「え? えっと、花陽もことりちゃんは自慢のお姉ちゃ――こほん。友達だと思ってます!」

ことり「お姉ちゃんでもいいんだよ?」ニコニコ

花陽「い、言い間違えただけだよ!」カアアアアアアアアア
7: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:04:49.93 ID:FB0PlgpV0
ことり「かよちゃんかわいいっ!」ナデナデ

花陽「うぅ……」

海未「…………。ことり、花陽、みんなが来る前に準備運動でも済ませておきましょうか」

ことり「はぁい。それじゃあまずは着替えないとだね」

花陽「助かったぁ……」ホッ

ことり「かよちゃんはことりが着替えさせてあげますねっ!」

花陽「ぴゃあっ! 一人で着替えられるよぉ……」

海未「…………」
8: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:08:05.02 ID:FB0PlgpV0
ことり「いいから、お姉ちゃんにお任せですよ」プチプチ

花陽「ふわっ、こ、ことりちゃん。ダメだったら……!」

ことり「よいではないかー」ヌガセヌガセ

花陽「恥ずかしいよぉ……」

ことり「ほら、ことりに身をゆだねて……」

海未「……」イライラ

花陽「ことり、ちゃん……」トロン

ことり「かよちゃん」ナデナデ
9: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:11:32.19 ID:FB0PlgpV0
海未「早く着替えなさいっ!」

ことり「ぴぃっ! ご、ごめんなさぁい……」ウルウル

海未「まったく、ことりは……」ハァ

花陽「うぅ、もうお嫁にいけません……」ウルウル

海未「大丈夫でしたか、花陽?」

花陽「うん……。ことりちゃんを止めてくれてありがとう、海未ちゃん」ニコッ

海未「っ! い、いえ。ことりも悪ふざけが過ぎましたので……」

花陽「ありがとう、海未ちゃん!」
10: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:14:36.98 ID:FB0PlgpV0
ことり「……。かよちゃん、早く着替えちゃお?」

花陽「う、うんっ! そうだね!」

花陽「海未ちゃんも」

海未「はい?」

花陽「海未ちゃんも着替えなきゃ、だよね?」

海未「あぁ、はい。2人が着替え終わったらと思いまして」

ことり「海未ちゃんも一緒に着替えよ? ね?」

海未「……いいでしょう。ただし! ことり」

ことり「は、はいっ!」

海未「先ほどのようなことをしたら、どうなるかわかっていますね?」ギロリ

ことり「こ、コトリガソンナコトスルワケナイヨー」
11: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:18:11.56 ID:FB0PlgpV0
海未「………」

海未「…………はあ」

海未「ことり?」ギロッ

ことり「え? 何? 海未ちゃん」キョトン

海未「……私のこと、見ていましたか?」

ことり「見てないよ?」

海未「おかしいですね、視線を感じたのですが……」

花陽「ご、ごめんなさい……。海未ちゃんの肌が白くて綺麗だったから……」

海未「花陽ですか……。すみません、ことり、疑ってしまって」

ことり「………」
12: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:21:16.82 ID:FB0PlgpV0
海未「ことり……?」

ことり「あ、ううん。ことりも疑われるようなことをしちゃったから」

花陽「花陽が見とれちゃってたから……。ごめんなさい……」

海未「いえ、花陽に悪気があったわけではありませんし。ただ、見るなとは言いませんが次からはあまり見ないでくださいね」

海未「その、じっくり見られるのは恥ずかしいので……」

花陽「う、うん! 気を付けるね」

ことり「……ふーん」
13: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:23:17.92 ID:FB0PlgpV0
――――

練習後

ことり「絵里ちゃん! 一緒に帰ろ!」

絵里「珍しいわね、ことりから誘ってくるなんて」

絵里「いいわよ、他に約束があるわけでもないし」

海未「………私もいいですか?」

絵里「海未、いいわよ。ことりもいいでしょ?」

ことり「うーん、今日はことり、絵里ちゃんとお話したいことがあって……」

海未「そう、ですか。わかりました」
14: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:26:58.18 ID:FB0PlgpV0
絵里「そうだったの? ごめんなさい、海未」

海未「いえ、絵里が謝ることではありませんよ」

海未「……」チラッ

ことり「」ニコッ

海未「っ! 穂乃果! 帰りますよ!」

穂乃果「え? うん! クレープ食べて帰ろう、海未ちゃん!」

海未「夕飯前にそんなものを食べたら太りますよ?」

穂乃果「海未ちゃんのけちー」ブーブー

ことり「……」チラッ

ことり「いこっ、絵里ちゃん!」
15: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:30:15.00 ID:FB0PlgpV0
―――

別日

ことり「わぁ、海未ちゃんの家に来たの久しぶりー」

海未「そうですね。最近集まるときはいつも穂乃果の家でしたからね」

ことり「そういえば穂乃果ちゃんは呼んでないの?」

海未「呼んだのですが、店番があるとかで来れないと」

ことり「そっかぁ……。残念」

海未「ことりは私と2人は嫌ですか?」

ことり「っ! 嫌じゃないよ!」アタフタ

ことり「前も言ったけどことりは海未ちゃんともっともっと話したいんだもん!」

海未「で、ですから! 恥ずかしいことは控えてください!」

ことり「うふふ」ニコニコ
16: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:33:12.45 ID:FB0PlgpV0
海未「では、お茶を持ってくるので少々お待ちください」

ことり「あ、お構いなく」

海未「いえ、ことりは私の大切な客人ですので。くつろいでお待ちください」ニコッ

ことり「海未ちゃんの部屋、やっぱりきれいだなぁ」

ことり「作詞ノートとかないかなぁ? 」

ことり「もし見つけたらいっぱい海未ちゃんをからかっちゃうんだから!」

ことり「どこかにないかなー……」
17: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:35:34.64 ID:FB0PlgpV0
――

海未「ことり、お待たせしました」

ことり「ぴぃっ!? う、海未ちゃん!」アセアセ

ことり「は、はやかったね」アハハ...

海未「何か、探してたんですか?」ジロッ

ことり「ナニモサガシテナイヨ」メソラシ

海未「嘘おっしゃい! 目が泳いでいますよ?」

ことり「オヨイデナイヨ」メカクシ

海未「はあ……。まあいいです」
18: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:38:34.27 ID:FB0PlgpV0
海未「折角入れたお茶が冷めないうちにどうぞ」

海未「お茶請けは穂乃果の家のお饅頭です」ニコッ

ことり「海未ちゃんって本当に昔から穂乃果ちゃんの家のお饅頭が好きだよね」

海未「甘くて、上品な味で、お茶請けにぴったりなんですよ」

海未「そのお茶を飲んでから食べてみてください、絶対おいしいはずですから!」

ことり「あはは。もう、海未ちゃん必死すぎるよ」ズズッ

海未「……」
19: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:41:10.80 ID:FB0PlgpV0
海未「……さて、今日はことりのために面白いものを用意しておきました」

ことり「面白いもの?」

海未「はい、貝合わせです!」

ことり「貝、合わせぇっ!?」カアアアアアアアアアアアア

海未「ことり、うるさいですよ」

ことり「海未ちゃん、ほ、本気?」アセアセ

海未「本気ですよ。ちゃんと用意もしましたし」

ことり「よ、用意って!? 何か用意したの!?」
20: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:44:54.70 ID:FB0PlgpV0
海未「何か、って貝がないとできないでしょう?」

ことり「え? 貝?」

ことり「え、えっと、貝はことりたちは元から持ってるっていうか……」カアアアアアアアアアアア

海未「? ことりは何を言っているのですか?」

海未「これですよ?」ジャラジャラ

ことり「これ、貝……? わー、きれいな絵」

海未「貝がないと貝合わせは出来ないでしょう?」

ことり「……海未ちゃんにそんな度胸ないか」ハァ
21: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:48:42.28 ID:FB0PlgpV0
海未「さぁ、やりますよ! 私も実は初めてなんです!」パアアアアアアアア

ことり「うん、やろっか」

ことり「って、あれ? なんだか眠くなってきちゃったかも……」フワァ

海未「もしや、衣装つくりで夜更かしでもしていたんですか?」

ことり「うーん、昨日はそんなことなかったと思うんだけど……」ウツラウツラ

海未「きっと、普段からの疲れがたまっているんですよ」

海未「ベッドをお貸ししますから少し寝たらどうですか?」

ことり「でも、せっかく海未ちゃんの家に来たのに……」
22: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:52:09.34 ID:FB0PlgpV0
海未「眠いんでしたら遠慮せずに寝てください」

ことり「でもぉ……」カックン

海未「舟を漕いでいますよ?」

海未「ほら、ベッドを使いなさい」サッ

ことり「ごめんね、海未ちゃ……」ポスン

ことり「…………」スゥ

海未「いいんですよ、ことり」

海未「ことりが眠いのは、ことりのせいではないんですから」
23: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:55:50.87 ID:FB0PlgpV0
――――
――


ことり「……うーん」

海未「起きましたか、ことり?」

ことり「海未ちゃん? ことり寝ちゃって……、ってあれ?」ガチャガチャ

ことり「ねえ、海未ちゃん?」

海未「はい、なんでしょうか?」

ことり「……なんでことりは手錠をされてるの?」

海未「さあ?」

ことり「海未ちゃんがやったの?」

海未「何のことやら」
24: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 20:58:36.47 ID:FB0PlgpV0
ことり「とぼけないで!」

ことり「ことりが何かした?」

海未「……です」

ことり「……なんて?」

海未「とぼけているのはことりの方です!」

ことり「え?」

海未「思わせぶりな態度をとって、私をからかっていたのはことりでしょう!」

ことり「思わせぶりな……?」
25: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:01:37.16 ID:FB0PlgpV0
海未「……」

海未「ことりは覚えていますか?」

ことり「何を?」

海未「初めて会った時のことです」

海未「穂乃果と、私とことりの3人の出会いを」

ことり「……もちろん覚えてるよ」

海未「私は、鮮明に覚えています」

海未「その時、何を思ったか、何を見たか。鮮明に覚えています」

ことり「……うん」
26: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:04:55.91 ID:FB0PlgpV0
海未「小学校に入る少し前にあなたは転園してきました」

海未「あの日も、ことりはロングのワンピースを着ていて」

海未「あなたを一目見たとき、私はあなたを天使だと思いました」

海未「とても甘い香りをした、純白の、天使」

海未「思えばその時からすでに、私は――」

海未「園田海未は、ことりに惹かれていました」

海未「ことりの笑顔を見るたびに、ことりの事を知る度に、惹かれていきました」
27: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:08:00.10 ID:FB0PlgpV0
海未「この間、ことりに両想いとからかわれて胸が高鳴り、抱き付かれてさらに高鳴りました」

海未「純白の天使の、小悪魔的な笑みに魅せられました」

ことり「……かってない」

海未「はい?」

ことり「ことりはからかってないもん!」

海未「ことりにそのつもりはなくても、ことりは天然小悪魔なんです」

海未「私を魅せておきながら、花陽や絵里、他の人にも同じように接する」

海未「私が勝手にことりに魅せられただけですが、私はそれを見るのがつらかった!」
28: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:11:06.00 ID:FB0PlgpV0
海未「私を魅了しきった後は、その背中の羽根でどこかへ飛び去ってしまう……。そんな気がして」

海未「あなたを、あなたの羽根を折って、私のものにしたかった!」

海未「あなたを籠の中に閉じ込めたかった!」

海未「こんなに苦しいのに、あなたは他の人と仲良くしていて、それが耐えられなかった……!」

海未「だから、今日。捕まえました」

海未「穂乃果は最初から呼んでいません。あなただけを、私の天使だけを呼びました」

ことり「……海未ちゃんはわかってないよ」

海未「何がですか!? 私の気持ちに気付かなかったのはことりの方でしょう!?」
29: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:14:11.24 ID:FB0PlgpV0
ことり「海未ちゃんだって! ことりの気持ちに気付いてないもん!」

ことり「ことりだってつらかったのに!」

ことり「ことりだって初めて会った時のこと鮮明に覚えてるもん! 同い年なのにちょっぴりかっこよくて大人っぽかった海未ちゃんを!」

ことり「ことりの膝の傷のことを知ってもありのままにことりを受け入れてくれた海未ちゃんに――」

ことり「海みたいにおっきくて素敵な心を持ってる海未ちゃんにことりだって惹かれてたんだもん!」

海未「っ!」

ことり「……ことりは一度も海未ちゃんをからかったことなんてないよ」

ことり「全部ことりの本心だもん」

海未「こと、り……」
30: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:17:20.82 ID:FB0PlgpV0
ことり「海未ちゃんだってそのつもりはないだろうけど」

ことり「海未ちゃんは天然王子様だよ!」

海未「天然、王子様……?」

ことり「かっこよくて、優しくて……」

ことり「みんなのことを魅了しちゃう王子様!」

ことり「あの時だって、かよちゃんに優しくして、かよちゃんのこと落としにいってたもん!」

海未「あの時はことりが花陽にべたべたするから思わずいらいらして!」

ことり「海未ちゃんにやきもち焼いてほしかったの!」
31: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:18:14.84 ID:FB0PlgpV0
海未「妬いてましたよ! 耐えられないくらい!」

ことり「海未ちゃんわかりづらすぎ! いつもはあんなにわかりやすいのに!」

海未「むっ……」ジッ

ことり「むぅ……」ジッ

海未「……そう、だったんですね」

ことり「ふふ、2人とも鈍感だったんだね」クスクス

海未「……ですね」クスクス
32: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:19:38.47 ID:FB0PlgpV0
ことり「……正直、嬉しかった」

海未「何がですか?」

ことり「海未ちゃんがことりのこと、こんなにしちゃうまで好きでいてくれたこと」

ことり「海未ちゃんってこういうことできないヘタレかと思ってた」ウフフ

海未「……できませんよ」

ことり「でも、現に今ことりは手錠されて、動けないよ?」

海未「ことりだから、ですよ」
33: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:21:39.44 ID:FB0PlgpV0
海未「本当に好きで、おかしくなるまで私を魅了したことりだから」

ことり「……いつも恥ずかしいのダメって言ってるくせに海未ちゃんだって恥ずかしいこと言うんだね」

海未「いつもの仕返しです」クスッ

ことり「…………」

ことり「このまま、ことりの羽根を折って」

海未「羽根を? どういうことですか?」

ことり「ことりのこと、もっと夢中にさせて」

ことり「海未ちゃんの側から離れられないようにして!」

海未「……っ! ことり、いいんですか?」

ことり「うん」
34: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:23:42.60 ID:FB0PlgpV0
海未「では、ことり、失礼して」スッ

ことり「うん……」ツムリ

海未「ことり、好きですよ」チュッ

ことり「んっ、海未、ちゃんっ……! ちゅ、ちゅるっ」

海未「っ! し、舌を……?」カアアアアアアアア

ことり「……こんなんじゃことりの羽根は折れないよ?」

ことり「ことりの羽根を折って、籠の中に閉じ込めるんでしょ?」

海未「は、はいっ……!」ガッ
35: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:26:48.33 ID:FB0PlgpV0
海未「ちゅっ、んちゅっ。ちゅるっ、ちゅぱっ」

ことり「んっ。海未ちゃん、これだけじゃないよね?」

海未「ことりが、望むなら」

ことり「ことりは、海未ちゃんがしてくれることならなんだって嬉しいよ?」

海未「はい。では……」シュルッ

ことり「……んっ」

海未「ことりの肌、白くて透き通っていて。とてもきれいですよ」

ことり「海未ちゃんも」

海未「え?」

ことり「ことりだけ脱がせて、海未ちゃんは脱がないの?」
36: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:29:34.93 ID:FB0PlgpV0
海未「そ、それもそうですね。では失礼して……」シュルッストッ

ことり「……海未ちゃんだって真っ白できれいな肌だよ?」

海未「あ、あまり見ないでください……。恥ずかしいです……」

ことり「ちゅっ」

海未「なっ……! こ、ことり!? な、なぜ私の足の甲に接吻を……?」

ことり「キスってする場所によって意味が違うの」

ことり「足の甲は隷属。ことりは海未ちゃんのものっていう証明」

海未「なるほど、では、私も――」

ことり「海未ちゃんは違うところ」

海未「へ?」
37: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:32:35.63 ID:FB0PlgpV0
ことり「まず、胸。胸は所有の証」

海未「む、胸……」ゴクリ

ことり「次に腰。腰は束縛を意味するの」

海未「腰……」ジッ

ことり「最後にふともも。ふとももは支配」

海未「所有に、束縛に支配、ですか」

ことり「ことりのこと、所有して、束縛して、支配して」

ことり「ことりを逃げられなくして」

海未「わかりました。ことりを私のものにします!」
38: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 21:34:10.29 ID:FB0PlgpV0
海未「まず、胸に……。んっ、ちゅっ」

ことり「ひぁん……!」

海未「ちゅっ、ちゅぷっ、ちゅぅっ」

ことり「んっ……。す、吸っても何も出ないよ、海未ちゃん!」

海未「失礼。次に腰ですね、ちゅっ」

海未「んっ」スーッ

ことり「ひゃんっ! 腰を舌でなぞっちゃダメっ……!」ビクン

海未「最後に、ふともも。ちゅっ」
39: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 22:30:18.62 ID:FB0PlgpV0
海未「ことりの身体はどこをとってもきれいですね」ジッ

ことり「……どこを見ながら言ってるの?」

海未「いえ、ふとももにキスをしたら目の前にあったもので」

海未「ことりのきれいな貝殻が」

ことり「……っ!」カアアアアアアアア

海未「私の貝と、合わせてみてもいいですか?」

ことり「ことりは海未ちゃんのものだよ?」

海未「……そうでしたね」
40: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 22:32:20.60 ID:FB0PlgpV0
海未「では、少々準備の方を……。んっ、ちゅっ」

ことり「んっ……! じゃあことりは海未ちゃんの方の準備するね。ちゅぷっ……」

海未「はぁんっ! こ、ことり! いきなりし、舌を……!」カアアアアアアアア

ことり「海未ちゃんったらはぁん! だって」クスクス

海未「誰のせいだと思ってるんですか!」

ことり「海未ちゃんってばもう準備万端みたいだったから」

海未「そういうことりだって、最初から準備できてましたけど」

ことり「だって、海未ちゃんが相手だもん」

海未「私も、ことりが相手ですから」

ことり「……いつでも、いいよ?」

海未「ことりっ……!」ガバッ
41: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 22:34:22.54 ID:FB0PlgpV0
―――――
――


翌朝

海未「ことり、起きなさい。出かけますよ」ユサユサ

ことり「……ことり、動けないよー」

海未「何を言ってるんですか、ほら。立って着替えてください」

ことり「なんで海未ちゃんはそんなに元気なの?」

海未「鍛え方が違いますから」

ことり「……海未ちゃんのむっつり」

海未「そ、そういう鍛え方ではありません!」カアアアアアアアア

ことり「っていうかでかけるってどこに? 今日っておやすみだよね?」
42: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 22:36:13.57 ID:FB0PlgpV0
海未「ことりにプレゼントしたいものがあるので、その買い物に……」

ことり「」バッ

ことり「海未ちゃん、早く行こっ」キチッ

海未「現金な人ですね……」フフ

――――

ことり「ここって雑貨屋さん?」

海未「はい。おそらくこのあたりに……。あ、ありました!」
43: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 22:38:42.77 ID:FB0PlgpV0
ことり「? それってチョーカー?」

海未「はい、この間見かけて。ことりに似合いそうだと思っていたんです」

ことり「かわいい!」

海未「それに」スッ

ことり「っ!」ドキッ

海未「今のことりは私のものですし、その証のようなものにもなるかと思いまして」ボソッ

ことり「……っ!」ゾクゾクッ

ことり「海未ちゃん! それいいよ!」
44: ◆ZTPjpycbhE 2015/02/25(水) 22:39:38.14 ID:FB0PlgpV0
海未「では、これは私から純白の天使へのプレゼントです」

海未「羽根を失った、私だけの天使」

ことり「白って、何にでも染まるんだよ。海未ちゃん」

ことり「私のこと、海色に染めてね、王子様?」

海未「……籠の中に閉じ込めてあなたを染め上げます」

海未「私とあなたの、2人だけの籠の中で」

ことり「海未ちゃんっ!」

海未「はい?」

ことり「大好きっ!」モギュッ

海未「私も、大好きですよ」ニコッ

おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
海未「海色少女は純白天使に魅せられて」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「海色少女は純白天使に魅せられて」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。