穂乃果「真姫ちゃん ちょろいな ちゃちぃちゅちぇちょ」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ13
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 15:45:43.15 ID:aRl7jDepO


真姫「はぁ?」ギロッ

穂乃果「真姫ちゃん…上級生だよ」

真姫「ごめんなさい」

穂乃果(ちょろいなー)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426747543

元スレ: 穂乃果「真姫ちゃん ちょろいな ちゃちぃちゅちぇちょ」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 15:47:06.97 ID:aRl7jDepO


ある日の部室



穂乃果「にゃー」

真姫「……」

穂乃果「にゃーにゃー」

真姫「……」

穂乃果「にゃんにゃんにゃーん」

真姫「……」

穂乃果「……」


穂乃果「まだわかんないの?」

真姫「なにがよ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 15:47:44.50 ID:aRl7jDepO


穂乃果「モノマネなんだけど」

真姫「…誰の?」

穂乃果「それを当てるのが真姫ちゃんの仕事でしょ」

真姫「違うわよ」

穂乃果「違くない!」

真姫「違うってば!」

穂乃果「真姫ちゃんでも分からないことあるんだなぁプププ」ボソッ

真姫「当ててみせようじゃない」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 15:48:55.53 ID:aRl7jDepO


真姫「さくっと当ててあげるから、もう一回やってよ」

穂乃果「にゃーん」><

真姫「……」

真姫(単純に考えてそんな言動をよくするのは凛しかいないし、今みたいな表情も凛ならよく見る)

真姫(でも本当に…? こんなに単純な答え、問題にするかしら)

真姫(凛以外に同じような口調の人が実はいるとか? もしくは、凛のマネをモノマネしてる…?)

真姫(まあ穂乃果だし、深く考えてないってのも大いにあるわね。それに、もしかしたらわざと簡単に答えを思いつくよう仕掛けて怪しませようって目論見の可能性もある)

穂乃果(さくっと当てるんじゃなかったのかな)

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 15:51:04.74 ID:aRl7jDepO


真姫(そんな性根の悪そうな考えを穂乃果がするとも思えないけど…)

真姫(ま、いずれにしても直感で閃いたほうの答えが正しかったってことになるわね)


真姫「ふん…」

真姫「なめられたものね。この西木野真姫、そんなよくある手にあわれ引っかかったりしないわ」

穂乃果「うんうん」


真姫「答えは凛よ」

穂乃果「ブー」

真姫「イミワカンナイ」

穂乃果「正解は朝みたノラネコでした」

真姫「イミワカンナイ!!」

穂乃果「キレた!?」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 15:58:31.97 ID:aRl7jDepO


真姫「アリエナイ。ヒトじゃないなんて言われてない」プンスカ

穂乃果「ヒト以外は無しとも言ってないよ?」

真姫「『誰の』って聞いたじゃない」

穂乃果「真姫ちゃんがそう聞いただけで、穂乃果は『誰の』マネかを当ててなんて言ってないもん」

真姫「むぅー!」

穂乃果(かわいい)


真姫「屁理屈ばっかり!」

穂乃果「真姫ちゃんがだよね!?」

真姫「テスト赤点間際なくせに!」

穂乃果「す、数学だけじゃん!」

真姫「バカ穂乃果のくせに!」

穂乃果「真姫ちゃん…上級生だよ」

真姫「ごめんなさい」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 15:59:40.08 ID:aRl7jDepO






真姫「〜〜♪」トコトコ


ガララッ


穂乃果「あ、真姫ちゃん」

真姫「なんだ、穂乃果だけなの」

穂乃果「それどんなキノコなの?」

真姫「ホノカダケなんて言ってない」

穂乃果「うそ? でも確かに今イントネーションが…」

真姫「言ってないし」

穂乃果(触れないでおこう)


真姫「……」

真姫「言ったかも」

穂乃果「えらい」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:00:33.49 ID:aRl7jDepO


真姫「ほかのみんなは?」

穂乃果「さあー?」

真姫「さあって、まだ誰もきてないわけ?」

穂乃果「まだ穂乃果しか来てないよ」

真姫「むむ……みんな朝練やる気ないのかしら」

穂乃果「いやあ、たまたまだよきっと」

真姫「穂乃果じゃないんだから、7人同時に揃って遅刻なんて変よ」

穂乃果「失礼な… っていうか、まだ始める時間じゃないし、遅刻かどうかは分からないよ」

真姫「それもそうね」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:01:29.09 ID:aRl7jDepO


カチコチ カチコチ


穂乃果「……」

真姫「……」



真姫「おそい」

穂乃果「こりゃみんな遅刻だね…」

真姫「信じらんない。どんだけたるんでるのよ」

穂乃果「ほんとだね。ミューズたるんどる!」

真姫「穂乃果のお腹並みね」

穂乃果「真姫ちゃん…上級生だよ」

真姫「ごめんなさい」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:02:29.27 ID:aRl7jDepO


カチコry


真姫「おそいおそいおそい」イライラ

穂乃果「ほんとに遅いね…」

真姫「このままじゃ授業始まっちゃうじゃない」

穂乃果「うーん、海未ちゃんにメールしてみよう」


穂乃果「……」ピッ ピッ

真姫「……」イライラ

穂乃果「……」タップタップ

真姫「皆いつになったら来るのかしら」

穂乃果「フヒ……」ピピピピ

真姫「……」イライラ


真姫「あーもう! 何やってるのよ!」ダンッ!

穂乃果「ヒィ!?」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:04:40.93 ID:aRl7jDepO


真姫「あ…」

穂乃果「びくびく」

真姫「ごめんなさい、穂乃果に言ったわけじゃないの」

穂乃果「うぅ」ビクビク

真姫「そんなに怖がらないでよ」


真姫「それで、海未から返事きたの?」

穂乃果「それが…」

真姫「まだ来てないの?」

穂乃果「その…」

真姫「?」


穂乃果「ゲームしてました」ビクビク

真姫「……」


真姫「メールは?」

穂乃果「してないであります!」シュビッ

真姫「引っぱたいていい?」

穂乃果「勘弁してください」

真姫「一回でいいから。引っぱたいていい?」

穂乃果「真姫ちゃん…上級生だよ」

真姫「ごめんなさい」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:05:39.21 ID:aRl7jDepO


真姫「なんでゲームしちゃったの?」

穂乃果「画面開いたら反射的に指が動きました」

真姫「なんのゲームしちゃったの?」

穂乃果「しゅ、しゅみれーしょん…ぽいの…」

真姫「シミュレーション?」

穂乃果「みたいな…?」

真姫「なんてゲームしちゃったの?」

穂乃果「黙秘権を」

真姫「……」ギロッ

穂乃果「こちらです」スッ

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:07:09.74 ID:aRl7jDepO


真姫「えっと… Galdier Game?」

穂乃果「……」ビクビク

真姫「なによこれ」

穂乃果「うぇええ!? 真姫ちゃん知らないの?」

真姫「知らないわよ」

穂乃果「そっかぁー……… あれ?」


穂乃果「えっ? プスプスほんとに? 超有名なのにプスス。知らないの? ねえ真姫ちゃんこれ知らないの?」ニタニタ

真姫「知らないってば」

穂乃果「…つまんないの」

真姫「イミワカンナイ」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:09:13.91 ID:aRl7jDepO


真姫「私、ゲームなんてしないし」

穂乃果「しかたない。ならば教えてしんぜよう」


穂乃果「いまや学生から社会人まで、世間の男子で知らぬ者はいないほどの人気絶頂期を迎えつつある基本無料しゅみれーしょんゲーム!」

真姫「シミュレーション」

穂乃果「シミュレーションゲーム! その名も『Galdier Game』! 略して…」

真姫「ジャームね」

穂乃果「ギャルゲだよ!! 見事に文字全回避で逆にすごいよ!」

真姫「え? も、もちろん知ってたわ。わざとよわざと、トーゼンでしょ?」

穂乃果「あ、そうそれそれ。そういうのが見たいなって」

真姫「ふん」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:10:46.73 ID:aRl7jDepO


真姫「どういうゲームなの?」

穂乃果「おや? 真姫ちゃん気になる?」

真姫「別に、気になるわけじゃないけど」

穂乃果「えー? やればきっとハマるよ」

真姫「キョーミない」

穂乃果「ほんとにー?」

真姫「……」プイ


穂乃果「みんなやってるのになぁ」

真姫「……」

穂乃果「女子高生なら正直やってないと友達との会話についてけなくなるかもなぁ」

真姫「……」ピクッ

穂乃果「会話に入れない。空気読めない。からの疎外感。そして不信」

真姫「……」

穂乃果「続く孤立。そして孤独。周囲との隔絶。迫り来る暗闇。出口のない絶望…」




穂乃果「次からがチュートリアルでね」

真姫「ほらこの子も、こんなに目で訴えかけてるじゃない? 私にプレイして欲しいってお願いしてるの。だから仕方なくよ?」

穂乃果「うん。で、ここで自分の名前を決めるんだけど」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:13:00.92 ID:aRl7jDepO


真姫「3人?」

穂乃果「そう! 最初から攻略できるキャラは3人で、ランクがあがったり課金したりで増えるんだよ」

真姫「はぁ? なにそれ。その3人以外はキャリアかお金目当てってことじゃない」

穂乃果「ランクと課金はあくまでこっちの世界のお話です」


真姫「とりあえずどうすればいいの?」

穂乃果「どうせ全員できるし、まずその3人からパッと見で好きな子を選べばいいよ」

真姫「穂乃果って、節操なしのサイテークズ人間だったのね」

穂乃果「ああ……穂乃果はたぶん悪くないのに言い返せない!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:14:59.25 ID:aRl7jDepO


真姫「見た目はどの子も悪くない…っていうかレベル高いわね。特にこの赤い巻き髪の子」

穂乃果「うん? カンナちゃん?」

真姫「カンナちゃんっていうのね。初見だとダントツで好きかも」

穂乃果「ここ押すともう少し詳しいデータ見れるよ」


Name: イミワ・カンナ
Age: 16
Blood: AB
Like: Tomato
Hate: Orange
Color: Red


真姫「いい感じじゃない。やっぱりこの子かしらね」

穂乃果(っていうかこれほぼ真姫ちゃんじゃん)

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:15:47.62 ID:aRl7jDepO


真姫「選んだけど」

穂乃果「やり方でてくるからポンポン進んで大丈夫だよ」

真姫「ふーん」ポンポン ポンポン



真姫「大体分かったわ。簡単じゃない」

穂乃果「飲み込み早いね」

真姫「さすが真姫ね」

穂乃果(わざとなのかな)


穂乃果「それじゃ、いってみよー」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:20:30.74 ID:aRl7jDepO


ヴェシモ!


ニシキノマキ『オトノキ学園にようこそ。ここは本来女子高だったんだけど、今年度から共学になって、僕はその第一期生なんだ』

ニシキノマキ『僕は君、君は僕。君が僕の目となり、口となって、素敵な女の子達と仲良くなってほしいんだ。そのために…』



真姫「この男子、常に目が真っ暗で見えないんだけど」

穂乃果「プレイヤーへの配慮だよ」



ニシキノマキ『あ、自己紹介が遅れたね。まあ必要ないとは思うんだけど』

ニシキノマキ『僕は ニシキノニシキノマキ。晴れて今日から高校一年生。僕のこと、よろしくね』



真姫「ちょっ、名前… ナニヨコレ!」

穂乃果「さっき入力してたよ? 『名前は?』と『苗字は?』って」

真姫「『名前は?』って最初に聞かれたらふつう氏名だと思うわよ! っていうかこんな名前あり得ないでしょ、察しなさいよ!」



カンナ『隣の席は…ニシキノニシキノマキ君? だっさい名前ね』



真姫「うっさい!」

穂乃果(ぷっ……!!)ダンダン!

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:22:56.91 ID:aRl7jDepO


穂乃果「とりあえず進めたら?」

真姫「それもそうね」



カンナ『………』ペラッ


ニシキノマキ『イミワさん、今日も本読んでるなぁ』

ニシキノマキ『いつも一人だし、誰かと一緒にいるのをあまり見ないような』

ニシキノマキ『思いきって話しかけてみようかな?』


1. 話しかける
2. 話しかけない



真姫「友達がいないのかしら。かわいそうだから話しかけてあげるわ」

穂乃果「…うん」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:24:40.98 ID:z8zstsLzO


ニシキノマキ『よし、ここはひとまず声をかけてみよう』


ニシキノマキ『あのー、イミワさん』

カンナ『っ!?』ガタッ

ニシキノマキ『ごめん。驚かせちゃったかな?』

カンナ『……なに?』

ニシキノマキ『あ、いや、特に用があるわけじゃないんだけど』

カンナ『はぁ?』ギロッ

ニシキノマキ(こわっ!)ビクッ

ニシキノマキ『えっと、その』

カンナ『用がないのに話しかけてきたの?』

ニシキノマキ『ご、ごめんなさい』

カンナ『イミワカンナイ。謝るくらいなら最初から気安く話しかけないでよね』

ニシキノマキ『はい…』

カンナ『ふん』

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:27:11.82 ID:z8zstsLzO


真姫「な…な……」

穂乃果(カンナちゃんは最初ひどいツンなんだよね)

真姫「なによコイツ!? すっごいむかつく! わざわざ話しかけてあげたっていうのに!」

穂乃果「どうどう」

真姫「もういい。別の子にする」

穂乃果「えぇー!? 早すぎるよ!」

真姫「だって! こんな子めんどくさいに決まってるし、好きになんてなれっこない!」

穂乃果「まあ、本物の真姫ちゃんもここまでひどくないとは思うけど…」

真姫「えっ?」

穂乃果「な、なんでもないっ! ほらまだ初対面だしさ、もう少しがんばってみない?」

真姫「初対面でこれだから嫌なの」

穂乃果「そう言わずに、騙されたと思って」

真姫「騙された」

穂乃果(めんどくさい…)

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:28:31.97 ID:z8zstsLzO


ニシキノマキ『お弁当忘れたから購買でパンとかいろいろ買ったけど、まさか妹が届けてくれるとは』


カンナ『………』ガサゴソ

ニシキノマキ『どうしよう。さすがに全部は食べきれないし…… おや?』

カンナ(お弁当忘れた…)ガーン

ニシキノマキ(イミワさん、あからさまにお弁当忘れた顔してるなぁ)


ニシキノマキ『あの』

カンナ『…なに?』

ニシキノマキ『もしかしてお弁当忘れたの?』

カンナ『忘れてない』

ニシキノマキ『そ、そう?』

カンナ『……』グ〜

ニシキノマキ『……』

カンナ『忘れてないから』

ニシキノマキ(顔赤くなってる)

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:32:53.03 ID:z8zstsLzO


ニシキノマキ『いや、いろいろあってお昼余っちゃったから、もし忘れたならどうかなと思ったんだけど』

カンナ『…!』

ニシキノマキ『ごめん、余計なお世話だったみたいだね。じゃあ僕はこれで…』

カンナ『ちょっと待って』

ニシキノマキ『え?』

カンナ『食べてあげてもいいわ』

ニシキノマキ『はい?』

カンナ『だから、お弁当。余っちゃったんでしょ?』

ニシキノマキ『あ、うん。でもイミワさんさっき自分のあるって』

カンナ『でも捨てちゃうんでしょ? 食べ物を捨てるなんてバチがあたるわ。だから代わりに私が食べてあげるって言ってるの』

ニシキノマキ『別に捨てるわけでは…』

カンナ『………』

ニシキノマキ『あ、いや。じゃあお願いしてもいいかな?』

カンナ『……!』パアッ

カンナ『仕方ないわね。いいわよ、そこ座って』

ニシキノマキ『う、うん』



真姫「なんでエサ与えられる分際でこうも高圧的なのよムカつく」

穂乃果「真姫ちゃんのカンナちゃん扱いもなかなかだね」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:35:28.43 ID:z8zstsLzO


カンナ『へぇ、妹さんが届けてくれたのね』パクパク

ニシキノマキ『うん。できた妹でさ、そのお弁当作ったのもそうなんだ』

カンナ『すごいわね。とっても美味しい』パクパク

ニシキノマキ『それはよかった』

ニシキノマキ(あれ…? ごく自然に俺が購買パンを食べる流れになってる)

カンナ『…なに? お弁当分けてほしいの?』

ニシキノマキ『いや、元々僕のだけど… 妹がさ、必ず感想聞いてくるんだよ。それで何か食べておかないといけなくて』

カンナ『ふーん。じゃあ卵焼きにする?』

ニシキノマキ『え、いいの?』

カンナ『だって感想聞かれるのよね? 食べないのも、食べてもいないのに嘘つくのも妹さんがかわいそうじゃない』

ニシキノマキ『へぇ、イミワさんって意外と思いやりがあるんだね』

カンナ『い、意外とって何よ! 私は可愛いだけじゃなくて心優しく寛大なの。トーゼンでしょ』

ニシキノマキ『そ、そうだね』

カンナ『ふんっ』

ニシキノマキ(繰り返すがそもそも僕のお弁当である)

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:36:49.42 ID:z8zstsLzO


真姫「話すようになったと思ったらいきなり二人でお昼って… なに? この急接近」

穂乃果「早くもデレ始めた感だね」

真姫「それに自分で優しいとか可愛いとか、言ってて恥ずかしくないのかしら」

穂乃果「真姫ちゃんがそれ言っちゃう?」

真姫「…どういう意味?」

穂乃果「なんでもございません」


真姫「さて、続き続きっと」

穂乃果「やる気でてきたね、真姫ちゃん」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:38:45.70 ID:z8zstsLzO


カンナ『はい』スッ

ニシキノマキ『はい?』

カンナ『はい!』

ニシキノマキ『え? え?』

カンナ『早く…口あけてよ』

ニシキノマキ『ええ!? そういうこと? これって俗に言う…』

カンナ『言わなくていいから!』

ニシキノマキ(妹以外の女の子からおかずを食べさせてもらう日がもう来るとは。なんだこの状況は…)

ニシキノマキ『ちょっとどころじゃなく恥ずかしいんですけど』

カンナ『…私だって恥ずかしいの。だから早くして』

ニシキノマキ『あう、ごめん』


アーン


カンナ『……///』

ニシキノマキ『あ、ありがとう。美味しかった』

カンナ『うん…』

ニシキノマキ『……』

カンナ『明日からも一緒にお昼食べてあげても…いいけど』ボソッ

ニシキノマキ『えっ!?』

カンナ『な、なんでもない! なんでもないんだから!』


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:40:44.68 ID:z8zstsLzO


ニシキノマキ『入学して1ヶ月、こんなことがあってからイミワさんと僕は毎日お昼を食べる仲となったと思いきや、3日後には付き合うことになった』

ニシキノマキ『形式上は僕から告白したんだけど、実のところイミワ…いや、カンナさんに、強制的にそんな流れに持っていかれたというのが正しい』

ニシキノマキ『特にそこに不満があるわけでもない。これから、カンナさんとの付き合いへの期待と不安に苛まれる僕がいるということだけが確約された事実なのだ』


ニシキノマキ『さあ、素晴らしい青春に溢れた学園生活が僕らを待っている!』


ーーー Happy End ♪ ーーー





真姫「………」


穂乃果(カンナちゃん、ちょろすぎてストーリー超短いんだよね…)

真姫「………」

穂乃果(うわ、真姫ちゃんも選択肢1コで攻略するちょろ展開に言葉を失ってる。こりゃ怒るぞ〜)


真姫「ハッピーエンドね…」ホロリ

穂乃果「あっれぇー!?」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:42:54.25 ID:z8zstsLzO


穂乃果「真姫ちゃんいいの!? こんな終わり方で」

真姫「こんなって何よ!!」ガタッ

穂乃果「ひいっ」

真姫「最初は話しかけることすらままならなかったわがまま娘が、なんとか男の子の厚意に応えて」

真姫「それから一緒にお昼食べて、様々な困難や紆余曲折を経てとうとうゴールインしたのよ! 感動的じゃない!」

穂乃果「盛ってる、盛ってるよ! ハナシマシマシだよ!」

真姫「はあ… Galdier Game、こんなに素晴らしいゲームアプリがあったなんて」

穂乃果(うんまあ、真姫ちゃんがいいならいいんだけどね)



真姫「あとの2人も気になってきたわ」

穂乃果「タイトルから見れるよ」



Name: ハラ・ショウコ
Age: 17
Blood: B
Like: Chocolate
Hate: Plum pickles, Seaweed
Color: Sky blue


Name: イエロダ・ヨウ
Age: 15
Blood: A
Like: Ramen
Hate: Fish
Color: Yellow

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:44:32.41 ID:z8zstsLzO


穂乃果「ショウコちゃんは3年生の先輩。金髪ポニーテールの綺麗な人で、どっかのクォーターみたい。生徒会にも入っててしっかりしてるけど、ときどき抜けてるところもあって…」

穂乃果「ヨウちゃんは同じクラスの1年生で、ショートカットが似合う元気な子! ボーイッシュに見えるけど、私服のスカートがとっても可愛いんだよ」

真姫「じゃあ、次は同学年のヨウちゃんからね」

穂乃果「『はじめから』を選択すれば新しくデータ作れるよ」

真姫「わかったわ」


真姫「ねえ、穂乃果」

穂乃果「どしたの?」

真姫「なんかこの2人、見たことない?」

穂乃果「うん。誰かにすごい似てる気がする」

真姫「やっぱり。でも、誰かしら…」

穂乃果(あ、誰かは気づいてないんだ)

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:46:55.95 ID:z8zstsLzO


真姫「じゃあさっそく…」

真姫「………」ピタッ

穂乃果「どしたの? 真姫ちゃん」


真姫「……授業!!!」

穂乃果「えっ? あ、ああああっ!!」

真姫「とっくに一時間目始まってるじゃない!」ガタッ

穂乃果「ほんとだ、全然気づかなかった!」

真姫「もうっ! チャイム聞こえないくらい夢中だったなんて。それに結局誰も来ないし!」

穂乃果「うわーん、一時間目、国語だったら最悪だよ〜! 今日って何曜だっけ?」

真姫「そんなの考えても仕方ないでしょ! えっと、今日は…」

穂乃果「たしか…」



真姫・穂乃果「「って土曜日やん!!」」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:48:35.56 ID:z8zstsLzO


真姫「道理で…」ヘタッ

穂乃果「誰も来ないし、チャイムも鳴らないわけだね…」ヘナッ


真姫「……」

穂乃果「……」

真姫「力抜けちゃった」

穂乃果「穂乃果もだよ」

真姫「……」

穂乃果「……」


穂乃果「ね、真姫ちゃん」

真姫「…なに」


穂乃果「恋人になってください」

真姫「ごめんなさい」


穂乃果「……」

真姫「……」


穂乃果「真姫ちゃん…上級生だよ」

真姫「大事にしてよね」




穂乃果「やったぜ」







穂乃果「真姫ちゃん ちょろいな ちゃちぃちゅちぇちょ」

fin.

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 16:50:03.41 ID:z8zstsLzO

以上です。
特に言うことないにゃー

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「真姫ちゃん ちょろいな ちゃちぃちゅちぇちょ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「真姫ちゃん ちょろいな ちゃちぃちゅちぇちょ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。