真姫「ヴェェェェ! >>3が>>5だったの!?」

シェアする

真姫-アイキャッチ21
1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 16:33:22.08 ID:K8+HMf0k.net
 好奇心から訊いた質問が、まさかこんなことになるなんて……

元スレ: 真姫「ヴェェェェ! >>3が>>5だったの!?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 16:35:32.81 ID:nyenRRXJ.net
理事長
5: 名無しで叶える物語(フンドシ)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 16:36:07.71 ID:HxltpIh8.net
お母さんの元カノ
9: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 16:42:36.73 ID:K8+HMf0k.net
真姫「お母さんが……理事長先生の元カノ?」

希「スピリチュアルやね」

真姫「いやいやいやいや! そういう問題じゃないわよ、女同士で恋愛なんて……」

希「せやろか」

真姫「じゃ、じゃあ、二人は望まれない結婚を強いられたってこと?」

希「今でこそ円満にしているみたいやけど、当初は荒れとったらしいね」

真姫「じゃ、じゃあ……私とことりちゃんは望まれない子どもだったってことじゃ……」

希「違うで」

真姫「なんでそんなことが言えるの?」

希「カードがウチにそう告げるんや 安価2↓ やって」
12: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 16:43:38.97 ID:0mDQLJ/W.net
過去に戻って詳しく見てみよう
14: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 16:47:58.67 ID:K8+HMf0k.net
真姫「過去に戻って見てみるって、どういうことよ」

希「ふふ、ウチのタロットはなんでも出来るんよ?」

真姫「出来るんよって、え、過去に戻ることが?」

希「意識だけやけどね」

真姫「十分すごいわよ、どうなってんのそのタロット」

希「西木野家のサイエンスっぷりには負けるけど」

真姫「サイエンスって何よ、うちはただの病院経営!」

希「さあ、目をつぶってみて……あとはタロットが導いてくれるから……」
15: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 16:56:18.34 ID:K8+HMf0k.net
〜20年前〜

ことりママ「話って何?」

真姫ママ「知ってるでしょう?」

ことりママ「……なんのことかしら、ちょっと分からないわね」

真姫ママ「結婚するの」

ことりママ「……そう」

真姫ママ「あなたにだけは話しておかないとと思って」

ことりママ「気にすることはないわよ、ただの元カノよ?」

真姫ママ「……私は今でもあなたのことを」

ことりママ「やめて」

真姫ママ「でも!」
17: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 17:02:40.07 ID:K8+HMf0k.net
ことりママ「それ以上言ったら、私とあなたは友達に戻れなくなる」

真姫ママ「……相手は、病院の跡取り息子、お金持ち」

ことりママ「噂には聞いていたわ」

真姫ママ「一目見た時から好きだったなんてチープよね」

ことりママ「うまく行っているの?」

真姫ママ「あなたと私が昔付き合っていたなんて話をしたらきっとうまくいかないでしょうね」

ことりママ「ふふ、冗談」

真姫ママ「まあ、あの人のことだから、そんな過去を気にしないなんて言うかもしれないけど」

ことりママ「私はしばらく勉強をして……そうね、オトノキに戻るのもいいかもしれない」

真姫ママ「あなたが教師? 向いていないんじゃない?」

ことりママ「あなたが医者になるのだって十分向いてないと思うわ」
19: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 17:07:24.09 ID:K8+HMf0k.net
ことりママ「きっと患者さんが死んじゃったら脇目もふらず泣くんでしょうね」

真姫ママ「泣き虫の私はもう卒業したわ」

ことりママ「そうかしら? 今も辛そうな顔をしているのに」

真姫ママ「それは……」

ことりママ「昔から頭だけは良かったものね」

真姫ママ「昔からテストの点数で争って、いつの間にかに好きになって」

ことりママ「あなたが医大に行くって訊いた時は腰を抜かしたわ」

真姫ママ「だいじょうぶ? そろそろ加減の利かない年になってきたんじゃない?」

ことりママ「まだ花の大学生活よ、地味なのは認めるけれど」

真姫ママ「こうして話すのも久しぶりよね」

ことりママ「お互い忙しいんだもの、仕方ないわよ」
21: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 17:13:40.80 ID:K8+HMf0k.net
真姫「お母さんと理事長先生って音ノ木坂学院のOGだったのね」

希「知らなかったん?」

真姫「あんまり過去のことは話したがらないから」

希「まあ、確かにあんまりべらべらと話す過去でもなさそうやし」

真姫「……お母さんが私をオトノキに入れたのって」

希「おんなじ制服を着せてみたかったんかなあ?」

真姫「お父さんは地元のコネを作るとか色々言ってたけど」

希「……はは、確かに権力者にはコネが必要やね」

真姫「お母さんにとっては、思い出の場所だったのかな」

希「きっとつらい思い出もあったろうに」

夕食で離れる
続きかける人は書いてくれると嬉しい
24: >>11の人ごめんなさい 見逃してた(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 17:37:54.36 ID:K8+HMf0k.net
真姫ママ「あなたの方はどうなの?」

ことりママ「私? そうね、就職活動は順調だけど」

真姫ママ「違うわ、恋人さんの話」

ことりママ「あら、知ってたの?」

真姫ママ「風のウワサでね」

ことりママ「……そうね、とりあえずは順調かしら?」

真姫ママ「とりあえずってところに不安が拭えないんだけど」

ことりママ「最初はお試しで付き合ってみたのよね、そうしたらうまく行ったって感じかな」

真姫ママ「ヴェェェェ……そんなに尻軽女だったの、あなたって」

ことりママ「あら? それは安産型のあなたが言う台詞かしら?」
25: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 17:42:57.24 ID:K8+HMf0k.net
真姫「ねえ、希ちゃん」

希「んー?」

真姫「この会話を聞いていると、お母さんは今でも理事長先生を恋慕してるように感じるんだけど」

希「不安?」

真姫「当然じゃない! その、自分の両親が愛し合ってないんじゃないかと思うと」

希「愛の形は人それぞれやし、そんなに気にすることでもないと思うんやけど」

真姫「希ちゃんは当事者じゃないからそんなに楽観的なのよ!」

希「ああ、この過去は真姫ちゃんを不安にさせるだけだったみたいやね、ちょっと待ってな」

真姫「どうしたの? タロットカードなんて取り出して」

希「不安を解消するための過去に飛ぶんや!」
26: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 17:49:20.69 ID:K8+HMf0k.net
真姫「ん……ここはうちのベッド?」

希「愛しあう二人がすることといえば、一つしかないやろ?」

真姫「って、希ちゃんはなんて現場を私に見させようとしてるの!」

希「いやいや、そんなこと言うても、興味はあるんやろ?」

真姫「自分の両親のシているところを見るとか、そんなのトラウマにしかならないから!」

希「あ、それはそうやね」

真姫「そうよ! だから二人が来ないうちに……」

希「じゃあ、ウチが一人で観察して」

真姫「希ちゃん!」

希「じょ、冗談やって、そんな怖い顔せんといて」

真姫「あ、二人が……って、あれは理事長先生にお母さん?」

希「お父さんもおるね」
27: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 17:55:59.54 ID:K8+HMf0k.net
真姫パパ「そうだったんだね、二人がお付き合いをしていたと」

真姫「若いころのお父さんだ!」

希「イケメンやね」

真姫ママ「軽蔑したでしょう? だから婚約の話はなかったことに」

真姫「婚約!? またずいぶんと早急ね」

希「あれから時間も経ってるからね、でもなんで理事長が?」

真姫パパ「いや、軽蔑をするつもりはないよ」

真姫ママ「え?」

真姫パパ「僕の君への愛は、そんなことでは崩れやしない!」

真姫ママ「でも、今でも彼女のことを好きでいるかもしれないのに」

真姫パパ「じゃあ、僕は彼女の何倍もの愛を捧げようじゃないか」
29: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 18:02:02.13 ID:K8+HMf0k.net
真姫ママ「あなた……馬鹿なの?」

真姫パパ「ああ、僕はバカだ、愛する人のためならバカにも阿呆にもなる」

真姫ママ「あなたを愛しているのかどうかもわからないのに?」

真姫パパ「僕は君の気持ちを信じているよ」

真姫ママ「私の気持ち?」

真姫パパ「嘘でも仮初でも一度は僕のことを好きとも愛しているとも言った君を僕は信じる」

ことりママ「あなたの負けね」

真姫ママ「負けって」

ことりママ「こんなに素敵な人なんだもの、あなたの気持ちは本当よ」

真姫ママ「……愛している……か」

真姫パパ「僕は君を愛している、じゃあ、君は?」
30: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 18:07:56.86 ID:K8+HMf0k.net
真姫ママ「あ、愛しているなんて気軽に言うものじゃないわ」

ことりママ「照れてる〜、カワイイ!」

真姫パパ「だいじょうぶ、そんな君のこともとても愛しているよ」

真姫ママ「ヴェェェェ! べつに! 別に対して好きでもないわよこんなの」

ことりママ「その反応は少し時代遅れね」

真姫パパ「ははは!」

真姫ママ「負けたわ、私の負けです」

真姫パパ「君が僕に? やめてくれ、最初から僕は君に負けっぱなしだよ?」

真姫ママ「もう!」

希「良かったやん、真姫ちゃん。二人の気持ちを再確認できて」

真姫「うん」

希「じゃあ、現世に戻ろうか」

真姫「うん!」
31: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 18:23:14.59 ID:K8+HMf0k.net
真姫「最初はお母さんが理事長先生の元カノって聞いてびっくりしたけど」

希「うちのカードは万能なんよ、なんだったら穂乃果ちゃん夫婦の馴れ初めも見る?」

真姫「いやよ、そんな趣味の悪いことはできないわ」

希「でもね、過去は見るだけで、未来は占うことしかできないんよ」

真姫「突然どうしたの?」

希「このタロットは過去は変えられないけど、未来はいくらでも変えれる」

真姫「今日、おかあさんに昔のオトノキの話を聞かせてもらおうかな」

希「それがいいよ、たまにはスキンシップはからんとね」

真姫「ちょっと、まるで私が甘えん坊みたいに言うのはやめて」

希「真姫ちゃんはウチから見ても子どもやで」

真姫「ヴェェェェ! 頭を撫でないで!」
33: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 18:30:19.15 ID:K8+HMf0k.net
〜その夜〜

真姫「ねえ、お母さん」

真姫ママ「あら、珍しい、お勉強の休憩?」

真姫「そんなとこ。あのさオトノキってどんなとこ?」

真姫ママ「そうね……」

真姫ママ「って、お母さんがオトノキのOGだって話したことあったかしら?」

真姫「人づてに聞いたの」

真姫ママ「そうなの、あ、もしかして……」

真姫「お父さんじゃないよ? 私の知り合い」

真姫ママ「……自分と同じ学校に通わせたいなんて、バカみたいって思う?」

真姫「思わないよ、もしも自分に娘が生まれたら同じことをすると思うし」

真姫ママ「オトノキは無くなっちゃうかもしれないのに?」

真姫「させないよ、そんなこと」
36: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 18:33:41.78 ID:K8+HMf0k.net
真姫「だってそのために私たち、μ'sがいるんだもの」

真姫ママ「……そう、素敵なお友達ができたのね」

真姫「うん!」


おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「ヴェェェェ! >>3が>>5だったの!?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。