千歌「ダイヤさんにどーしても聞いておきたいことがあるんだよね」

シェアする

千歌-アイキャッチ14
1: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:29:26.07 ID:CG9jBqnl.net
キャラ崩壊ありです



千歌「ねえねえ、ダイヤさん」

ダイヤ「おや、千歌さん、なんですの?」

千歌「どうしても聞きたいことがあるんですけど…」

ダイヤ「はあ…まあ私に答えられることであればお答えいたしますが」

千歌「ほら、私がスクールアイドル部を作りたいって言ったときに、ダイヤさん反対したじゃないですか」

ダイヤ「うっ…そんなこともありましたわね」

千歌「どうしてあのときあんなに反対したんですか?」

ダイヤ「それは……」

千歌「あ、怒ってるとかじゃ全然無いんです」

千歌「ただ、純粋に何でだろうって思ってて…よければ教えてもらえないかなーって」

元スレ: 千歌「ダイヤさんにどーしても聞いておきたいことがあるんだよね」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:30:24.09 ID:CG9jBqnl.net
ダイヤ「そうですわね……あの時は千歌さんが言ったとおり、あなたの根性を試した…というのが本当のところですわ」

千歌「やっぱりそうだったんだ」

ダイヤ「ええ、千歌さんも知ってのとおり、今スクールアイドルは本当にたくさんの数が活動しています」

ダイヤ「ですので、生半可な気持ちで目指してもすぐに挫折してしまうのではないかと思いまして…」

ダイヤ「でも、千歌さん達の気持ちは本物でした」

ダイヤ「そして、私たちの問題も解決してくださって…」

ダイヤ「今まで言う機会がありませんでしたが、本当に感謝していますの」

ダイヤ「あらためてお礼を言わせてもらいます、ありがとうございますわ」ペコリ

千歌「いやいや!私はぜんぜんたいしたことなんてしてませんよー」ブンブン
3: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:31:27.23 ID:CG9jBqnl.net
ダイヤ「そんなことはありませんわ、あの時千歌さんが教室に乗り込んできてくださらなかったら…」

千歌「もう!堅苦しいのはやめましょうよー!」

千歌「私だってダイヤさんとマリちゃんと果南ちゃんがAqoursに参加してくれて、本当に感謝してるんですよー」

千歌「あっ…Aqoursと言えば……」

ダイヤ「?どうしたんですの?」

千歌「ダイヤさん、せっかくなんでもう少し聞いてもいいですか?」

ダイヤ「ええ、かまいませんわよ」

千歌「Aqoursって名前、3人が1年生のときにも使ってたんですよね?」
4: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:32:34.01 ID:CG9jBqnl.net
ダイヤ「そうですわね、それが何か?」

千歌「で、私と梨子ちゃんと曜ちゃんがグループ名を考えているときに、こっそりAqoursって書いたのもダイヤさん…」

ダイヤ「まっ…まあ、そうですわね…」

千歌「でもあのときって、私達のファーストライブの前ですよね?」

千歌「つまりライブの前には、もう私たちのことをもう認めてくれていたんですか?」

ダイヤ「それは…その……あれですわ!練習も真面目にやっているようでしたし、人を集める努力もちゃんとしていましたし…」

ダイヤ「だから…えと…私達の想いを託したくなった…と申しますか…」

千歌「認めて…」

ダイヤ「いましたわ!!!もう!これでよろしいですの!?」

千歌「えへへ…ごめんなさい」ペコリ
5: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:33:31.22 ID:CG9jBqnl.net
ダイヤ「まったく!年上をからかって、そんなに面白いんですの?」

千歌「そんなつもりはないですよー、でも実はまだ聞きたいことが…」

ダイヤ「まだあるんですの?……ふぅ…もう諦めましたわ、なんでもお聞きなさい」

千歌「ありがとーございます!じゃあ遠慮なく…」

千歌「ほら、あのファーストライブのとき、ダイヤさんが『勘違いしないようにっ!』って言ってきたじゃないですかー」

ダイヤ「……そうですわね」

千歌「すでに私達のことを認めてくれていたダイヤさんが、なんであんなことを言ったんですか?」

ダイヤ「それは…」
6: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:34:35.53 ID:CG9jBqnl.net
千歌「正直、ないなーって思いましたもん」

ダイヤ「ぅえっ!!??」

千歌「いやーだってほら、せっかくお客さんもいっぱい来てくれて、ライブも盛り上がったのになんであんな水を注すようなこと言うのかなーって」

千歌「あのときは、私がうまく答えられたからなんかいい感じになりましたけど、私が答えられなかったらどうするつもりだったんですか?」

千歌「やばい空気のまま終わっちゃいましたよ?」

千歌「そしたら3人の東京でのライブみたいなことになって、解散しちゃってたかもしれませんよ?」

ダイヤ「………」
7: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:35:25.83 ID:CG9jBqnl.net
千歌「ダイヤさんは自分が味わった嫌な経験を、私達にも味あわせたかったんですか?」

ダイヤ「……そっ、そんなことは……」

千歌「じゃあ、どういうつもりだったんです?」ニッコリ

ダイヤ「…その…それは……この成功に慢心せず…気を引き締めてもらおうと…その…」

千歌「そうだったんですか!それはありがとうございます!!確かに、あのままなら私達、気が緩んでたかも知れません!」

千歌「さすがダイヤさんですね!」ニコー

ダイヤ「そっ、そうですわ、分かって頂けましたか…」ホッ…
8: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:36:14.27 ID:CG9jBqnl.net
千歌「でも…」

ダイヤ「ヒッ!………まだ何か」ビクッ!!

千歌「でもそれって、ライブの後じゃダメだったんですか?」

ダイヤ「ッッッ!!!」

千歌「ライブが終わるまで待って、私達だけに個人的に話をするだけじゃダメだったんでしょうか?」

千歌「あの盛り上がったライブ会場を、見事に静まり返らせなきゃいけなかったのは……なんでです?」

ダイヤ「………………………」
9: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:37:02.11 ID:CG9jBqnl.net
千歌「だんまりですか…」

ダイヤ「……えっ…と」

千歌「まあいいです、後でまとめて聞きます」

千歌「…私は、ちゃんと後まで待てますので」

ダイヤ「…うっ……」ウルウル
10: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:37:31.19 ID:CG9jBqnl.net
千歌「じゃあ次の質問です」

千歌「ルビィちゃんに聞いたんですが、ダイヤさんって一度Aqoursを解散した後、ルビィちゃんにこう言ったそうですね」

ダイヤ「…えっ…」

千歌「『片付けて、それ、見たくない』って」

ダイヤ「……………ッ!!」

千歌「なんのことか思い出したみたいですね、そうです、ルビィちゃんが見ていた、スクールアイドルの雑誌です」
11: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:38:21.13 ID:CG9jBqnl.net
千歌「どうしてそんなこと言ったんです?」

ダイヤ「…それは…」

千歌「解散して、辛かった気持ちは理解できます。……いえ、解散していない私には本当の気持ちまでは理解できないのかもしれません」

千歌「でも、それってルビィちゃんには関係無いですよね?」

千歌「なぜあんな酷い事を言ったんですか?」

千歌「ルビィちゃんはそれが原因で、大好きなスクールアイドルを嫌いにならなきゃいけないとまで思いつめてたんですよ」
12: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:39:06.81 ID:CG9jBqnl.net
ダイヤ「…ルビィが…そのことを千歌さんに相談したんですの?」

千歌「それって今の話に関係あります?」

ダイヤ「うっ…いや、関係は……無いですわね…」

千歌「まあいいです。私に相談はしてませんよ。相談したのは花丸ちゃんに、です」

千歌「私は偶然聞いてしまっただけです」

ダイヤ「そうですの…」

ダイヤ「確かにルビィには酷い事をしてしまいましたわ。」

ダイヤ「あの時は、私もAqoursが解散したという事実を自分自身で受け止めきれておりませんでしたので…」
13: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:39:51.06 ID:CG9jBqnl.net
千歌「八つ当たりをしてしまった…と?」

ダイヤ「そういうことですわ。馬鹿な私のせいで、たった一人の大切な妹を傷つけてしまったのですわね」

ダイヤ「今更許してもらえるかは分かりませんが、精一杯謝ろうと思いますわ」

千歌「そうですね。それがいいんじゃないかと思います」

ダイヤ「千歌さん…もしかして、それを私に気づかせるために…」ハッ!

千歌「…………………………」ニッコリ
14: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:41:23.27 ID:CG9jBqnl.net
ダイヤ「ありがとうございま…」

千歌「違いますよ」

ダイヤ「すわ…えっ!?」

千歌「私はお礼を言われたいんじゃないんです。ダイヤさんに私と梨子ちゃん、そして曜ちゃんの3人に謝って貰いたいんです」

ダイヤ「そっ、そうでしたわね…」

千歌「で?」

ダイヤ「え?」ビクッ

千歌「いや、だから何が『そうでしたわね』なんですか?私達3人に、何を謝るつもりなんですか?」
16: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:42:17.83 ID:CG9jBqnl.net
ダイヤ「それは…私がライブを台無しにしてしまったことに対して…ですわ」

千歌「本当に悪いと思ってます?」

ダイヤ「ぇえ!もちろんですわ」

千歌「…じゃあ、出来るんですか?」

ダイヤ「え?」

千歌「出来るんですか?本当に誠意をもって謝ることが…」
18: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:43:20.35 ID:CG9jBqnl.net
ダイヤ「誠意…そうですわね…」

ダイヤ「で…できますわ」

千歌「具体的には?」

ダイヤ「具体的…ど、土下座を…させていただきますわ」

千歌「…」ニヤッ
19: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:44:13.60 ID:CG9jBqnl.net
千歌「わかりました。じゃあ土下座をしてもらいますね」

千歌「ただ、本来であればあの時いたお客さん全員の前で、土下座をしてもらいたいんですが」

千歌「それだけのためにまた集まって貰うのは不可能なので、こんなものを用意しておきました」

ダイヤ「えっ…」

千歌「おいっ」ユビパッチン!

梨子・曜「はっ…」ガラッ
21: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:45:06.54 ID:CG9jBqnl.net
ダイヤ「お2人とも…」

ダイヤ「それに…それは…?」

梨子・曜「…」ゴロ…ゴロ…ゴロ…

千歌「本当にすまないという気持ちで……胸がいっぱいなら……!」

千歌「どこであれ土下座が出来る…!」

千歌「たとえそれが…」

千歌「肉焦がし…骨焼く…鉄板の上でもっ……!」ジジ…ジジジ…ジジ…

ダイヤ「ヒィッ!」ビクッ

千歌「それでこそ誠意というものっ…!」

ダイヤ「ッッッッ〜〜!!!」
22: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:46:11.02 ID:CG9jBqnl.net
善子「結局…何も教えてくれなかったわね」

花丸「うん……」

ダイヤさんはAqoursと学校をやめてしまったずら…。

そして、何かから逃げるように家族で内浦から引っ越してしまった。

皆、何があったのかを必死に聞いたけど、ダイヤさんは最後まで何も語らなかった。

でも、ダイヤさんの額と両手にひどい火傷の後があり、何かがあったことは明らかだった。

ルビィちゃんは本当に何も知らないようで、最後まで泣いてたずら。

ダイヤさんが引っ越してしまったことで、果南さんと鞠莉さんもAqoursを辞めてしまった。

まると善子ちゃんも、なんだか居づらくなってAqoursを辞めたずら。

2年生の3人に戻ったAqoursは、ラブライブに出場して…優勝したずら。

そのおかげで、入学希望者は増えて学校の存続は決定。

それはいいことだけど、まると善子ちゃんの胸には大きな穴が開いてしまったずら…。



おわり
23: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 00:48:40.53 ID:CG9jBqnl.net
短くてすみません

初SSでした

次はほのぼのした話を書きたいです

読んでくれた方ありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「ダイヤさんにどーしても聞いておきたいことがあるんだよね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。