花陽「私の憧れの先輩」

シェアする

花陽-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:47:10.32 ID:CZ9ut3Oa.net
――部室――

花陽(そういえば海未ちゃんと二人になるのって久しぶりかも)

花陽(たしか、穂乃果ちゃんの部屋で…見ちゃったとき以来?)

花陽(あの後、雪穂ちゃんも来たから二人になったのか微妙だけど)

花陽(あの時は本当に怖かったなあ…)

海未「花陽?どうかしましたか?」

元スレ: 花陽「私の憧れの先輩」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:48:16.74 ID:CZ9ut3Oa.net
花陽「ううん!なんでもないよ」アセアセ

海未「そうですか?顔色が良くないようですが…」

花陽「そ…そうかな…ちょっと考え事してたからかも…」

海未「もしかして悩み事ですか?私でよかったら相談に乗りますよ」

花陽「だ…大丈夫!気にしないで大丈夫だよ!」

花陽(絶対海未ちゃんには話せないし…)

海未「分かりました、あまり一人で抱え過ぎないようにしてくださいね」

花陽「うん、ありがとう」
3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:49:13.74 ID:CZ9ut3Oa.net
花陽(海未ちゃんって優しいよね)

花陽(海未ちゃんは厳しい時もあるけど、私達の事を考えてくれて怒ってくれるんだし、理想の先輩だもん)

花陽(美人で優しくて頼りがいもあるし、それに花陽のクラスの子にも人気あるもんね)

花陽(今考えると、あの時の海未ちゃん可愛かったなあ)

花陽(他の子が知らない海未ちゃんの1面を知ってるってちょっと嬉しいかも)フフッ
5: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:49:59.08 ID:CZ9ut3Oa.net
花陽(でも、海未ちゃんは凛々しい表情の方が似合ってる…かも)

花陽(今は詩を作ってるみたいで集中してるみたいだから、真剣な顔してる…かっこいいなあ)

花陽(花陽には絶対あんな表情できないし…)

花陽(花陽も海未ちゃんみたいにかっこよくなりたいなあ)ハァ

海未「…」ジー
7: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:50:37.78 ID:CZ9ut3Oa.net
花陽「あ…もしかして、花陽邪魔だった?」

花陽「にこちゃんの雑誌読ませてもらってるだけだから、帰っても…」

海未「いえ、花陽の表情が先ほどから良く変わるので、つい見てしまいました」フフッ

花陽「ううっ…///」

海未「それに、穂乃果みたいにやかましくないですし、大丈夫ですよ」

花陽「あはは…じゃあもう少し読んでるね」

海未「はい、私の事は気にしないで構いませんよ」
9: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:51:40.41 ID:CZ9ut3Oa.net
花陽(来年、新入生が入ってきたときに、花陽も海未ちゃんみたいな頼りがいのある先輩って思ってもらえるようになりたいなあ)

花陽(でも、花陽がなれるわけないし…)

花陽(海未ちゃんみたいにダンスもできないし…スタイルも良くないし…頼りがいもないし…)

花陽(はあ…なんか落ち込んできちゃった…あ、このアイドル海未ちゃんに似てる)

花陽(この人、昔は体型がぽっちゃりだったんだ…そうは見えないけど…)

花陽(食事制限と運動でこんなに変わるんだ、凄いなあ)
11: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:52:37.22 ID:CZ9ut3Oa.net
花陽(ダイエット中の食事メニューが載ってるけど…)

花陽(食事制限ってこれしか食べないの!?こんな量じゃ絶対お腹いっぱいにならないよぉ)

花陽(海未ちゃんや真姫ちゃんより厳しい…花陽には絶対こんな事できないよ…)

花陽(野菜中心のメニューで…お米はほとんど食べてないみたい)

花陽(主食はおそばかお豆腐をメインにしてるみたいだね)
13: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:53:56.15 ID:CZ9ut3Oa.net
花陽(どっちも栄養があって健康にも美容にも良い食材だけど…あ、お米の日もある!)

花陽(お米を食べるなら、玄米だけ…そんなあ…)

花陽(玄米は確かに沢山栄養もあるし、完全栄養食の一つなんだよね)

花陽(ちゃんと炊けば美味しいけど、どうしても精米したお米に比べるとパサパサしてるし食感も…)

花陽(食事の量を減らすのは頑張れば何とかなると思うんだけど、お米食べられないのは厳しいよぉ…)
14: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:54:43.89 ID:CZ9ut3Oa.net
花陽(次のページは運動メニューが載ってるんだ)

花陽(ストレッチの時間が長くとってるみたいだけど、やっぱり柔軟性って大事だよね)

花陽(私達も沢山やってると思ったけど、この人はもっと長くやってるんだ)

花陽(身体が柔らかければ色々な振り付けもできるし、これなら花陽にもできそう)

花陽(血行も良くなって、代謝も良くなるからダイエットに繋がるんだ…知らなかった)

花陽(それに疲れにくい身体にもなるみたいだし、頑張ってみようっと!)

花陽(他は走り込みしたり色々な筋トレしたり…大変そう…こっちはちょっと厳しいかな…)

花陽(にこちゃんにお願いしてこの雑誌借りようっと)
15: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:55:21.41 ID:CZ9ut3Oa.net
海未「ふぅ…私はそろそろ帰りますが、花陽は?」

花陽「花陽も帰ろうかな?」

海未「わかりました、では一緒に帰りましょうか」

花陽「うん、わかったよ」

海未「花陽は先ほどより元気になりましたね」

花陽「そ…そうかな?」

海未「笑顔になりましたし良かったです。ちょっと心配だったので」

花陽「心配かけちゃってごめんね、でも大丈夫だから」

海未「ええ、それでは行きましょうか」
16: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:56:27.13 ID:CZ9ut3Oa.net
花陽(そういえば海未ちゃんって家に帰っても何かしてるのかな?)

花陽「海未ちゃん、ちょっと聞いてもいい?」

海未「なんでしょうか?」

花陽「海未ちゃんって体型維持の為に何かしてることってあるの?」

海未「体型維持ですか?そうですね…」

海未「運動するのは基本的にμ’sの練習ですが、家に帰ってからは稽古があるので」

海未「後は弓道部の方の活動と合わせて…特別には何もしていませんね」

花陽(それでも十分凄いと思うけど…)

海未「後は、元々和食中心の食生活なのでバランス良く食事をしているというところでしょうか」

花陽「そうなんだ…」

海未「あまりお役に立てずにすみません…」
17: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:57:14.52 ID:CZ9ut3Oa.net
花陽「そんな事無いよ!ありがとう海未ちゃん!」

花陽(海未ちゃんってすごいな…やっぱり)

花陽(花陽ももっと頑張らないと…)

海未「花陽?」

花陽「どうしたの?」

海未「花陽の家はあちらでは?」

花陽「あっ!ご…ごめんね…」

海未「ふふっ、考え事をしながら歩くと危ないですからね。気をつけて帰ってください」

花陽「うん…ありがとう」
18: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 23:59:08.37 ID:CZ9ut3Oa.net
花陽(はあ…こんなドジな花陽が海未ちゃんみたいになれるのかな…)

花陽(ストレッチだけで海未ちゃんみたいに絶対なる事なんてできないし…)

花陽(きっとこのままじゃ変わらない…凛ちゃんと真姫ちゃんに頼りっぱなしじゃダメ!)

花陽(もっと頑張らないと!!今日の晩御飯はお米なしで…)

花陽(それと、今日は沢山走り込みして、沢山ストレッチして…)

花陽(少しでも海未ちゃんに近づかないと…)
19: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:00:18.55 ID:8MbOBnNp.net
――3日後――

花陽(練習の後にも走り込み続けられてるし、晩御飯でもお米食べないでなんとか…)

花陽(今朝もご飯少しにしたし…朝練も頑張ったし…)

花陽(でも…あまり体重も変わってない…今日からお昼ご飯も減らさないと…)ゲッソリ

真姫「ちょっと花陽、どうしたのよ」

花陽「え?」
20: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:01:01.86 ID:8MbOBnNp.net
真姫「え?じゃないわよ。誰がどう見たって体調悪そうじゃない」

凛「かよちん、体調悪いの?保健室行く?」

花陽「だ…大丈夫!元気だから!!」

真姫「ならいいけど…体調悪いなら無理して朝練なんてしなくてもいいのよ」

花陽「うん…無理はしてないから大丈夫だよ」

花陽(これぐらいしないと海未ちゃんみたいにはなれないもん!)
21: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:02:24.68 ID:8MbOBnNp.net
――昼休み――

凛「かよちん!これしかご飯食べないの!?」

凛「どこか悪いの?真姫ちゃんのお家で見てもらわないと」

花陽「ええっ!?そんな事しなくても大丈夫だよ!!」

真姫「いくらなんでも大げさよ…凛」

真姫「でも確かに、花陽が小さいおにぎり一つだけしか食べないなんて珍しいわね」

真姫「あら?玄米のおにぎりかしら?」

花陽「そうだよ?」

真姫「確かに栄養はあるけど…お腹膨れないじゃない」

真姫「良かったら…私のパン食べてもいいのよ?」
22: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:03:31.04 ID:8MbOBnNp.net
花陽「だ…大丈夫!」

花陽(本当はとってもお腹すいてるけど…)

凛「かよちん…」

真姫「まあ、花陽がいいならいいけど…ダイエットするのもいいけど無理しないでよ」

真姫「食事減らすのはいいけど、栄養はちゃんと取るのよ」

花陽「うん、ちゃんと考えてるつもりだから…」

凛「かよちんダイエットしてるの?」

花陽「ま…まあ…」アハハ

凛「かよちんはこのままでも可愛いのに…」

花陽「そんな事無いよ!」

花陽(今のままじゃ絶対ダメだもん!!もっと頑張らないと!)
23: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:04:17.32 ID:8MbOBnNp.net
――数日後――

花陽(はあ…お腹すいたなあ…)

花陽(最近少ししかご飯食べてないんだもん…しょうがないよね)

花陽(でも、海未ちゃんみたいになるには…もっと)

海未「花陽!」

花陽「は…はい!!」

海未「そろそろ練習を始めるので、屋上に行きますよ」
24: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:05:14.42 ID:8MbOBnNp.net
海未「花陽、最近体調が良くなさそうですが大丈夫ですか?」

花陽「大丈夫…」

海未「そうですか?明らかに顔色も悪いですし、今日は休んでも…」

花陽「だ…だめ!!」

海未「!」ビクッ

花陽「あ…ごめんなさい…」

海未「花陽…?」

花陽「気にしないで…花陽は大丈夫…」

海未「………分かりました」
25: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:06:23.79 ID:8MbOBnNp.net
――練習後――

凛「か〜よちん♪帰ろう?」

花陽「ごめんね、凛ちゃん。花陽もう少し練習したいから」

凛「そう?なら凛も一緒に…」

真姫「ほら、凛。今日は明日のテスト勉強するんでしょ?」

真姫「また追試になったら困るって言ったのは凛じゃない」

凛「だってかよちんが…」

真姫「花陽、絶対無理しちゃだめよ。何かあったらすぐに呼びなさい」

花陽「うん、ありがとう」

花陽(もっと頑張らないと海未ちゃんみたいには慣れないもん)

海未「…」
26: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:07:25.83 ID:8MbOBnNp.net
花陽「はあ…はあ…」

花陽(まだまだ、海未ちゃんや絵里ちゃんみたいにダンスできないし…)

花陽(もっと頑張らない…と)フラッ

花陽(あ…あれ…体に力が入らないや…)

海未「花陽!」
27: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:08:57.33 ID:8MbOBnNp.net
花陽「あ…あれ…?海未ちゃん…?」

海未「花陽、立てますか?」

花陽「うん…あ…あれ…?身体がいう事聞かなくて…」

海未「少し横になりましょうか、力抜いてリラックスしてください」

花陽「はぁ…はぁ…」

海未「大きく深呼吸して落ち着きましょうか」
28: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:10:11.81 ID:8MbOBnNp.net
海未「少し落ち着きましたか?」

花陽「う…うん…そういえば…海未ちゃん帰ったはずじゃなかったの?」

海未「なんとなく花陽が心配で戻ってきました、それとスポーツドリンク買ってきましたので飲んでください」

花陽「ごめんね…心配かけて…ちょっと無理しちゃったかも…」

海未「花陽、練習を頑張るのはいいことですが、無理は禁物ですよ」

花陽「うん…」
29: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:11:39.34 ID:8MbOBnNp.net
海未「それに、最近食事の量も減らしていると真姫から聞きまして」

花陽「真姫ちゃんが…?」

海未「ええ、練習中に様子がおかしくなったら止めてと言われていましたので…」

花陽「花陽ってやっぱり…」

海未「花陽、何かありましたか?話したくなければいいですが…」

海未「私よりも凛や真姫の方が話しやすいでしょうし」

花陽「…」
30: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:12:14.19 ID:8MbOBnNp.net
花陽「あの…花陽ね…」

花陽「海未ちゃんみたいに何でもできるようになりたいの…だから…」

海未「何でも…ですか?」

花陽「海未ちゃんは運動も勉強もできるし花陽と違ってかっこいいし…頼りがいのある先輩だから…」

花陽「来年、後輩が出来たときに私も海未ちゃんみたいになれたらいいなって…」
31: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:13:23.03 ID:8MbOBnNp.net
海未「花陽…」

花陽「だけど、やっぱり無理だったみたい…」

海未「そんな事ありません」

海未「花陽は優しさと誰にも負けないアイドルへの情熱を持っていますから、慕ってくれる後輩は必ずできますよ」

花陽「えっ…」

海未「私は頼りになるというか…どちらかといえば口うるさいだけかと…穂乃果にもよく言われますし」

花陽「そ…そんな事…」
32: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:14:33.72 ID:8MbOBnNp.net
海未「それに、花陽は本当に成長していますよ」

海未「花陽がμ’sに入ったころから比べると体力もついてダンスも上手くなりましたし」

花陽「でも…海未ちゃんに比べると…」

海未「私が多少踊れたりするのはそういう家に生まれただけですので」

海未「花陽の努力の成果は確実に出ていますよ。ただ一つ勘違いしてほしくない事は」

花陽「うん…」

海未「ローマは一日にして成らずということわざがあるように簡単には人は成長しないものです」

海未「弓道を始めた頃は矢がそもそも的に届かないなんて普通でしたから」

花陽「そうなの…?」

海未「そうですよ、毎日練習してようやく的に当たるようになるまで大変でしたから」
33: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:15:42.36 ID:8MbOBnNp.net
海未「ですが、ただやみくもに練習しても意味がないんですよ」

海未「確かに練習量は大事です、でも無理な練習が原因でけがをしたり体調を崩したりすると、一番大切な継続するという事が出来なくなってしまいますから」

海未「時間がたつと忘れてしまうことも多いですからね」

海未「毎日の努力の成果は確実に出ていますので、ゆっくり成長していきましょう」

花陽「うん…ごめんなさい…」
34: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:17:16.19 ID:8MbOBnNp.net
海未「それに、急に食事量を減らすのはどう考えてもよくありませんし…」

海未「美味しそうに食事をする花陽を見られないのはちょっと寂しいような気がします」

花陽「そんなこと…」

海未「いえ、花陽の笑顔を見ながら食事するといつもよりご飯が美味しく感じるような気がするんですよ」フフッ
35: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:17:51.40 ID:8MbOBnNp.net
海未「それと、一番よくないのは他の人に心配をかけてしまった事ですね」

花陽「うん…ごめんなさい」

海未「花陽、私達はμ’sの仲間ですよ」

海未「だから、何かあったときには相談してほしいです…それが私でないとしても大丈夫ですよ」

海未「真姫や凛だけじゃなくて、穂乃果もことりも3年生も心配してましたから」

花陽「そうだったんだ…後で謝らないと…」
36: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:19:02.22 ID:8MbOBnNp.net
穂乃果「花陽ちゃん!おにぎり買ってきたから食べよ!」

ことり「デザートもあるよ♪」

花陽「あれ…穂乃果ちゃんとことりちゃん…」

花陽「二人とも…ありがとう…」

にこ「なんだ、穂乃果達もいたのね」

希「あれま、考える事は一緒みたいやったね」

絵里「花陽大丈夫?最近無理してたみたいだから心配で」

花陽「みんな…」
37: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:20:32.87 ID:8MbOBnNp.net
真姫「花陽、ご飯買ってきたから…あら?」

凛「あれ?なんでみんないるの?」

穂乃果「花陽ちゃんが心配で来ちゃった」

花陽「二人とも…勉強してたんじゃ…」

凛「真姫ちゃんがかよちんの事心配だから戻るって言ってたにゃ!」

凛「強引に凛に勉強させようとしたくせに…」ブー

真姫「…たまたま気が変わったの」フン

花陽「みんなごめんね…」
38: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:21:37.92 ID:8MbOBnNp.net
海未「花陽、こうして全員が心配しているのですから、きっと大丈夫ですよ」

花陽「うん…」

海未「少しずつ成長していきましょう、お互いに」

花陽「ありがとう、海未ちゃん」
39: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 00:23:33.02 ID:8MbOBnNp.net
真姫「その…ずっと気になってたんだけど…」

花陽「何かな?」

真姫「なんで…膝枕してるの…?」

花陽「えっ!?あっ!?」

海未「花陽の身体が動かないという事だったので、直接床に寝るのも良くないと思ったのですが…おかしいでしょうか?」

真姫「い…いや…おかしくはないけど…」

ことり「王子様とお姫様みたい♪」キャー

花陽「は…恥ずかしいよぉ…///」

海未「花陽、もう少し休んでもいいですよ?」

花陽「…ダレカタスケテェ!!!」

花陽(花陽は海未ちゃんみたいにはなれなさそうです…)




おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「私の憧れの先輩」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。